泣きながら痙攣イキする嫁┃セックス三昧の北海道温泉旅行!

ムチムチの太ももや巨乳おっぱいをはだけた浴衣から覗かせる妻はとても色っぽく、僕はふだんよりも燃えました。

30代後半になる嫁と2人で北海道内のド田舎へ温泉旅行へ行きました。

とにかく美味しいご飯と、気持ちのいい温泉という条件で選んだため、まわりに観光名所など皆無の山の中です。

何もする事がなく、僕らは晩ご飯の時間までSEXしまくりました。

 

僕らは結婚前から常にコンドームは使っておらず、その日ももちろん生挿入です。

 

まだ仲居さんが布団を敷いてくれるような時間ではなく、自分達で敷くと仲居さんが敷きに来てくれた時に「自分達で敷いちゃって、SEXでもしてたのかな」と思われるのも恥ずかしいので、小さな座布団を何枚か並べました。

 
もちろん、セックスが始まってしまえば座布団など吹っ飛んでしまうのですが…妻を正上位やバックで突きまくり、僕がそろそろ出そうになると、妻の反撃が始まりました。

 

僕を仰向けに寝かせると、ちんちんの上に自ら腰を沈め、ヌルンっという感触と共に僕のちんちんは妻のおまんこに咥えられました。

 
その時点で僕は出そうだったのですが、妻はM字開脚の体制になって、ちんちんがおまんこに入っているのを僕に見せつけるのです。

 
この体制の時の妻の動き方は腰を使うような動きではなく、膝を使ってお尻を上げたり下げたりして、ちんちんの根元から先っちょまで深くちんちんを咥えこむのです。

 

 
この体制だと妻の体と僕の体が触れている箇所はちんちんとおまんこだけなので、意識がちんちんに集中して、とても気持ちいいのです。

 
この時の妻の格好をわかりやすく例えるなら、カエルのような体制と言えばわかりやすいでしょうか。

 
僕が「だめ、出そう。このままだと中に出ちゃうよ」と言うと、「まだいっちゃだめ」と微笑みながら言い、下半身の動きを止めるのです。

 
僕が寸前で止められてハァハァ言うのを見ると、またすぐに下半身を動かして、浅く深くちんちんを咥えこむのです。

 

僕がまた「だめ!もう出ちゃう!もういきたいよ」と言うと、また妻は意地悪するような微笑みで「○○ちゃん(僕です)かわいい」って言ってキスをしてくれます。

 
そして「まだいっちゃだめ」と言って寸前で止めるのです。

 
経験者なら理解してくれるとは思いますが、何度も寸前で止められると、頭がおかしくなってきそうになります。

 
そんな生き地獄を何度も味わったあと、僕は妻を押し倒して上下逆になると、正上位で一心不乱に突きまくりました。

 
僕は射精するとき、必ず妻の膝の裏に腕を入れ、妻を大股開きにして上から下へと腰を叩き付けるようにして射精します。

 

うすると、妻が涙を流しながらヒィヒィ言っていくのです。

僕は「いくよ!中にだすよ!」と言うと、妻は「いいよ!いっぱい出してぇ!!私のまんまんにいっぱい出してぇ!」と言います。

 
僕はドクドクと妻のおまんこの中に精子を出しました。

例えようのない気持ち良さです。

 
妻はひたすら涙を流し、僕のちんちんが脈打つのをおまんこで感じていました。

 

…さて、まだ晩ご飯まで時間があります。

 

僕らはテレビを見たりしてすごしていたのですが、僕がちょっとふざけて妻のおっぱいを揉むと妻は好反応。

もちろんそのまま2回戦に突入です。

 
一度射精している僕は長持ちするので、様々な体位でひたすら妻のおまんこを突きまくります。

妻は頭がおかしくなったように喘ぎまくり、おまんこをビシャビシャにしています。

 

最後は愛を確かめあうように…というのは綺麗事で、妻のムチムチの体をめいいっぱい感じるようにギュッと抱き締めながら、妻のおまんこの中に2度目の中出しです。

 
さすがにちょっと疲れたので、晩ご飯まではおとなしくテレビ見てすごしました。

その後ご飯をたべ(これが最高においしかった!)、僕らは予約していた家族風呂に向かった。

 
清楚な温泉宿なので少しためらったが、やはり僕らはそこでも声を押し殺しながらお互いの生殖器をなめ合いました。

妻はフェラチオはあまり上手ではないのでイケず、湯船の縁に脚を開いて座らせ、僕が湯船の中に立つ体制で合体しました。

 

お湯がバシャバシャなるのであまり集中できませんでしたが、妻のおまんこはこれまでの女の中でも最高に締まるので、難なく中出しできました。

 
お風呂から上がり部屋に戻ってももちろんSEXは止まりません。

 
基本的にまじめな妻は、「エッチしすぎかなぁ…?」とエッチ三昧の一日に少し後ろめたさを感じているようでしたが、その後もフカフカの布団の上で3回も合体してしまいました。

もちろん、すべて精子をおまんこで受け止めてくれました。

 
僕らはきちんと安全日を計算してその日だけ中出ししまくっているのでまだ妊娠はしていません。

 

んなこんなで、温泉旅行の夜は終わりました。

妻のおまんこは僕の自慢のおまんこで、妻の体はムチムチで肉感のあるせいかおまんこがすごく締まっているのです。

 
いつも挿入する前にいきそうになるまでちんちんを触られて、いきそうな状態で挿入するというのもあり、入れたらすぐに出してしまいます。

普段は寸前で引き抜いて、おまんこの割れ目に沿ってちんちんをこすりながらお腹に出しています。

 
その時、ちんちんのかりでクリトリスを刺激できるので、ちんちんを引き抜かれた妻も気持ち良さが持続するようです。

 

結婚して1年、付き合ってからは4年経ちますが、僕ら夫婦のSEXは今でも濃厚ですごく気持ちいいです。

 

だからこそ、一度も浮気などせずにここまで来れたし、今後も浮気など絶対しない自信があります。

さー、今夜も思いっきりおまんこの中に精子を中出しするぞ!

 


 
【35万箱突破のモリモリw】

 

 

 
【画像】 管理人体験談
最新記事
ほへーっw
当サイトに掲載している体験談は妄想好きな作者の創作物です。実在の人物や事件とは全く関係ありませんので、ご理解の上お楽しみくださいませ。なお、当サイトでは熟女とのエッチな体験談を常時募集していますので、貴方のエロ体験談を是非教えて下さい!
投稿フォームはコチラ
PAGE TOP ↑