【実録!新婚初夜】処女の嫁のちび小陰唇なおまんこを観察しながら調教中

は俺の腕枕でスヤスヤ寝ている。

結婚式では男はたいした役割もないが、女性はたいへんだからね。

おまけに昨夜は、処女喪失といきなりお尻、お口もだからねぇ。

 

これで嫁も「娘」
から「女」になったんだ。

そのまま、しばらく嫁の寝顔を見ていた。

スッピンをじっくり見るのは初めてだ。

嫁のスッピン寝顔を見ながら、俺好みのメイクはどうしようか考えていた。

嫁のメイクと服装のセンスは、どうしても俺の好みに合わない。

 

服装のセンスは、淡いサイケデリックな柄を嫁は好んでいるが、俺にはババくさい柄にしか見えないのだ。

新婚旅行に行ったら、ハワイで俺が見立てやろう。

小一時間ほどして、嫁が目を覚ました。

「あっおはよう。どうしたの?」

「寝顔がかわいいなぁと思って。起きたら、昨日の続きをしようと思って、起きるのを待っていたんだ」

「やだぁw」とちょっとはにかむ嫁。

 

俺はそのまま布団の中に潜り込んで、嫁のパンティーを脱がした。

嫁も腰をちょっと浮かせて、脱げやすくしてくれた。

とりあえず、ノーではなさそうだ。

足を開かせ、股間に顔を埋めて、マンコへのクンニ開始だ、両手は左右のオッパイへ。

オッパイを揉みながら人差し指で乳首も同時に愛撫するが、嫁もその気のようだ。

 

にかくマンコがグショグショになるまでクンニしまくった。

嫁の大きなオッパイにしゃぶりつく。

嫁の足を大きく開き、右の乳房を左手で乳首を舌で、クリを右手の親指で、人差し指でマンコの穴を、中指でお尻の穴を同時に愛撫開始だ。

実はこれ以前、同棲していた元カノが大好きだった。

「お尻はいや」

「わかってる」マンコの穴も、肛門も指を浅く入れるだけだ。

 

右手の指をリズミカルに震わせる。

「あん、あっ、あっ、あっ、あっ、あっ」指の動きに合わせて、嫁もリズミカルに喘いできた。

嫁も好きなようだな。

マンコからお尻にマンコ汁が流れてくる。

お尻の穴に指入れちゃおうかなーという誘惑に駆られるが、昨日逆鱗に触れたのでやめておこう。

 

さぁ、バックいこう。

しかし、明るい中では、恥ずかしがって嫁はOKしない。

強引に嫁をうつ伏せにして、嫁のお尻に顔を埋める。

お尻を左右に開き、肛門を舐めて愛撫。

「もう・・・しょうがないわねぇ」嫁は、やっと応じてくれた。

 

「恥ずかしいから、見ないでぇ」昨晩と同じ、お尻を突きだした後背位だ。

しかし嫁は恥ずかしがって、股の間から手をまわしてマンコとお尻の穴を隠し、お尻をモジモジさせている。

いやいや、その方がエロいんだけど。

お尻フェチの俺は、このスタイルを眺めるのが至福の時だ。

明るい中で初めて見る嫁の大きくて形のいいお尻。

 

度も想像したっけなぁ。

それにしてもこの体位だと迫力あるでっかいケツだなぁ・・・よくあんな小さなパンティーが履けるな。

それにスカートにもしっかり収まるし。

お尻の穴からマンコにかけて、舌を震わせながら愛撫する。

「んんっ・・・はぁはぁ・・・」愛撫しながら、嫁のマンコもじっくり観察。

 

特徴は、小陰唇が小さいことだな。

大陰唇に隠れて、外からちょっと見える程度だ。

まるでたらこを2つ置いたみたい。

大人の女性で今までこんなマンコは見たことがない。

ほとんどの女性は、小陰唇が目立つ。

 

嫁のマンコは、指で小陰唇を開かなくても、比較的簡単にクリトリスに到達できる。

試しに後背位のまま、真横に嫁を寝せてみる。

閉じた股から見えるのは、まさしく2本のたらこ。

今度は足を閉じたまま、屈曲位にして2本のたらこをクンニした。

もう十分だろう、俺の口の周りもクンニのやり過ぎ、嫁のマンコ汁で荒れてきた。

 

屈曲位から、両足をがばっと開き、まんぐり返しの体位にした。

「恥ずかしいよぉ・・・」嫁は、また手でマンコを隠す。

ここでまた悪戯心が湧いた。

俺のペニスの先端をお尻の穴にスタンバイして、チラッと嫁の顔を見る。

嫁、めちゃめちゃきつい眼で俺を睨み付けていた。

 

尻に入れたらわかってるでしょーね!!」そんな眼だった。

「やべっ」さぁ、突入だ。

少しは痛さは消えたかなぁ?嫁が動きやすいように足をM字開脚のようにして、マンコの穴の入り口でペニスをスタンバイ。

嫁の顔見た。

眼をつぶって、これから襲ってくる激痛を我慢しようとする体勢のようだ。

 

ゆっくり挿入した。

「痛い・・・!」昨日よりも小さい声だが、まだ痛みがあるようだ。

俺はゆっくりゆっくりと奥へと挿入した。

嫁の眉間にシワが寄る。

俺は動きを止めた。

 

「やっぱり、痛いの?」

「うん・・・」俺は、ゆっくりゆっくりとピストンをした。

「いたーっ」やっぱり嫁は、ベッドの上の方に向かって後ずさりしだした。

今回は追わなかった。

ペニスが抜けた、昨日と同様に俺のペニスとベッドに血がついていた。

今回は、嫁が自らベッドの定位置に戻った。

 

「もう一度」

「どうしたの?痛いのに無理しなくていいのに」

「このまま新婚旅行に行ったら、ホテルのベッド汚しちゃうもん」再度、挿入した。

やっぱり嫁の眉間にシワが寄る。

でも、今回は我慢し続けた。

もう、こっちがかわいそうに思えてくる。

女性はたいへんだね。

 

もこれをクリアすれば、男性は一瞬の快楽、女性は永続的な快楽だもんね。

「もう、この辺でやめておこう。ホテルでは、バスタオルを敷けばいいよ」

「そうよね。でも、もう大丈夫だと思う・・・ねぇ、あ・な・た。いきたい?」おー、嫁が「あなた」だって。

 

俺のペニスは、朝立ちもあって痛いくらいにビンビンだった。

「できれば」今度は嫁が自分から進んでフェラをしてくれた。

相変わらずぎこちないが、一生懸命俺をいかせようとしている。

フェラしている間にコツを掴んできたようだ。

ズズッズズッと涎をすするような音がするが舌も微妙に使ってくる。

 

上目遣いで「口の中でいきたい?」

「うん」と俺。

一生懸命フェラを続ける嫁。

俺は嫁の手を玉袋にあてがった。

「玉袋を舌でするように優しく愛撫すればいいよ」

「うん」いいぞー嫁。

がんばれー嫁。

 

あっ、いきそうだ。

嫁の背中をトントンして発射の合図をした。

ドピュッ、ドピュッ、ドピュッ、あー嫁の口の中でいってしまった。

初の口内射精だ。

嫁は俺の精子を口に含んだまま、こぼさないようにしてモゴモゴ言っている。

 

んんんー、んんんんー」雰囲気で分かった「キスしよー、キスしよー」だ。

「わぁ、かんべんしてくれぇー」俺はベッドからフリチンで飛び出た。

嫁は「んんんんー、んんんんー」と言って、笑いながら追いかけてきて、そのまま洗面台へ。

「あー苦かった」洗面台から戻ってきた嫁は、ノーパンのまま朝食の支度に取り掛かった。

俺は後ろからネグリジェの中に頭を突っ込み、嫁のお尻の割れ目に沿って舐めた。

 


 
【35万箱突破のモリモリw】

 

 

 
【画像】 管理人体験談
関連体験談
最新記事
ほへーっw
当サイトに掲載している体験談は妄想好きな作者の創作物です。実在の人物や事件とは全く関係ありませんので、ご理解の上お楽しみくださいませ。なお、当サイトでは熟女とのエッチな体験談を常時募集していますので、貴方のエロ体験談を是非教えて下さい!
投稿フォームはコチラ
PAGE TOP ↑