閉経甘熟女の嫁を他人に抱かせる変態です→中出しは必至ですw

可愛らしいフェースながら閉経甘熟女となった嫁を他人に抱かせる変態生活してますw

 

 
そう、柄な妻は今年で50歳になりますが、見た目は10歳は若いのです。
 

 
 

 

 
 

見た目は若くても閉経しました。
 

 
 

 

 
 

私は47歳で、見た目も年相応です。
 

 
 

 

 
 

したがって、誰も姉さん女房だと思う方がいませんでした。
 

 
 

 

 
 

私達が出会ったのは22年前の2月、小柄で可愛いけれど地味な女の子のくれたチョコには、手紙が添えてありました。

 

精一杯の愛情表現にノックアウトされた私は、その可愛いけれど地味な女の子と付き合うことにしました。
 

 
 

 

 
 

まずは居酒屋デートに誘うために年齢を確認すると、なんと3歳年上!でビックリしました。
 

 
 

見た目はともかく3歳年上の女性に好かれた以上、ヤラせてくれるだろうと押し倒したらまさかの処女!ベッド上で正座して赤い染みを見つめる妻にその場でプロポーズして翌年結婚しました。
 

 
 

 

 
 

元々性欲の強い私は、可愛くウブな姉さん女房を抱きまくりました。
 

 
 

だから可愛い顔のおばさんのアソコはすっかり真っ黒になりました。
 

 
 

 

下の子供も大学生で都会に出ましたので二人きりになりました。
 

 
 

いい年をした熟年夫婦が毎日体を重ねます。
 

 
 

 

 
 

妻の閉経を確認した日、妻に、

「俺しか知らないまま終わってもいいのか?もう、子育ても終わったから、お互いもっと楽しもうか?」
この一言が、妻を変えました。
 

 
 

そして今、私達夫婦は、夫婦交換に興じています。
 

 
 

 

 
 

名前は仮名、年齢は秘密のサークルは、何組の会員がいるかさえ知りません。

 

またお手合わせしたいご夫婦に対しては、管理人に

「お気に入り」
宣言をします。
 

 
 

 

 
 

双方がお気に入りであった場合、二度目、三度目と回数を重ねられます。
 

 
 

私達とお気に入り交際しているご夫婦は3組います。
 

 
 

 

 
 

正確にはわかりませんが、見た目60代、40代、30代のご夫婦です。
 

 
 

この3組は子作りを打ち止めとして奥様側で避妊の処置または閉経する等妊娠の心配がありません。
 

 
 

 

にハメ撮りもします。
 

 
 

妻が60代のご主人の白髪に囲まれた肉棒を咥える姿はエロいです。
 

 
 

 

 
 

妻はアソコを広げられて

「40歳そこそこなのに、こんなに真っ黒なマンコはよほどご主人がスキモノなんじゃのう。」
と言われて顔を真っ赤にしながら悶える妻のエロさは私の前では見せない類の顔です。
 

 
 

 

 
 

30代の若いご主人に激しく突かれて白目を剥く妻も凄いです。

 

若さに任せて突きまくられて、シーツを握り締めながらイクのです。
 

 
 

 

 
 

膣内にドクドク出して、真っ黒いマンコから流れ出る精液を指で掻き出す度に、妻が余韻の中

「あん、あん」
と体を震わせて可愛いのです。
 

 
 

そして40代のご夫婦ですが・・・奥様は明子と言って年は私の2歳下です。
 

 
 

 

 
 

明子は、私が大学3年のときの1年生で、私が明子の初めての男なのです。
 

 
 

大学3年、4年の2年間を、半同棲状態で過ごした仲です。
 

 
 

 

毎日、いや、毎朝晩と言っても言い過ぎではないセックス漬けの毎日でした。
 

 
 

でも、私が卒業して故郷へ帰るので、25年前抱き合って一晩中大泣きセックスして別れた思い出の女性です。
 

 
 

 

 
 

まさか、旦那さんの転勤先が私の故郷で、25年ぶりに公認で愛し合えるなんて夢のようでした。
 

 
 

学生時代の2年間の荒淫で、既に茶色の陰唇になっていた明子のアソコは妻よりも黒く内側に巻くように伸びていました。
 

 
 

 

 
 

懐かしい明子を25年前と同じ愛情で抱きます。

 

蘇る学生時代に、夫婦よりもネチッこいセックスを繰り広げています。
 

 
 

 

 
 

もちろんこのことは妻にも明子のご主人にも内緒です。
 

 
 

私と明子は、週1回の頻繁な夫婦交換で心の底から愛し合っています。
 

 
 

 

 
 

年を重ねてからの夫婦交換って、いいですね。
 

 
 

皆さんは夫婦交換するとき、配偶者が自分以外の人間とセックスしている姿をみて、またはその姿を想像して嫉妬しませんか?私は、自分で誘っておいてなんですが、物凄く嫉妬します。
 

 
 

 

以外の肉棒を挿入されて喘ぐ妻の映像を見ていると、嫉妬と悔しさで自分の肉棒がまるで20代の頃のように破裂しそうなほど反り返ります。
 

 
 

その状態で妻を抱くと、妻はあっという間にイキます。
 

 
 

 

 
 

若い頃でも妻を2回も3回もイかすのは困難でしたが、今は出来るのです。
 

 
 

不思議ですね。
 

 
 

 

 
 

学生時代の恋人の明子とは、毎回夫婦交換です。

 

私と明子だけが会うことはルール違反です。
 

 
 

 

 
 

私が明子を抱くときは、妻が明子のご主人に抱かれています。
 

 
 

そして、それぞれ配偶者とは違う精液を体内に残して持ち帰るのです。
 

 
 

 

 
 

昨夜も、明子を抱いてから4時間しか過ぎていないのに妻に挑みました。
 

 
 

妻を抱く前に、妻が明子のご主人に抱かれてヨガり、中出しされている映像を見てから妻を抱きました。
 

 
 

 

私が、妻が抱かれる映像を見ていると、妻は、

「あんまり見ないで。それは本当の私じゃないから・・・」
といいました。
 

 
 

 

 
 

そして嫉妬でムクムク立ち上がり、硬度がMAXとなった私の肉棒に頬ずりして、

「これがあの人(明子)の中に入ったのね。ああ・・・切ない・・・何故か、あの人(明子)だけには凄く対抗心が湧くの。どうしてかなあ・・・」
妻は、私と明子の間にある愛情を感じてるのです。
 

 
 

 

妻は明子に強いやきもちを焼きます。
 

 
 

だから昨夜は、私の肉棒を20分近く撫でたりしゃぶったりしていました。
 

 
 

 

 
 

そして、嫉妬に狂った妻は私に跨っていきなり激しく乱れだし、たった3分でイキました。
 

 
 

私は、4時間前に一度明子で射精していますから長持ちしましたので、倒れている妻の後ろから挿入してグラインドさせて膣内を抉りました。
 

 
 

 

 
 

「ひあああー!ひにゃ!ひにゃああ!」
50歳とは思えない可愛い妻が、フトンに爪を立てて猫のように啼きました。

 

してまた3分くらいでイキました。
 

 
 

 

 
 

少し休ませてから、正常位で愛情たっぷりに抱きました。
 

 
 

自分の妻を褒めるのは恥かしいですが、見慣れているはずの妻が、40歳どころか30代半ばにさえ見えました。
 

 
 

 

 
 

ニチャニチャと粘性のある音がしました。
 

 
 

妻の膣内に残る他の男の精液をヌルヌルと感じながら抱くと、より一層嫉妬感が増しました。
 

 
 

 

「あれ、夕方中出しされた他人精液が残ってるかな?」
と言えば、妻は涙を浮かべて、

「うう・・・うう・・・ごめんなさい・・・うう・・・」
と泣いてしまいました。
 

 
 

私は、妻が一番弱い場所をカリで削り取るように刺激しました。
 

 
 

 

 
 

「うあううう・・・あう、あうう・・・」
体を震わせる妻の可愛いイキ顔を見ながら、妻の膣に薄めの精液を放出しました。
 

 
 

私は、妻を他の男に抱かせることで精力の回復を図っているようなものです。
 

 
 

 

 
 

私は、若い頃は色々な女性と付き合いましたが、結婚してからは妻以外の女性を抱いたことがりませんでした。

 

だから、私も色々な女性を抱いてみたいと言うオスの本能がありました。
 

 
 

 

 
 

そして、学生時代の恋人と時を越えて再会できました。
 

 
 

遠い恋人時代に思いをはせて、学生時代には難しかった中出しをします。
 

 
 

 

 
 

この時ばかりは、妻を忘れて愛し合うのです。
 

 
 

嫉妬についてですが、夫婦を交換している最中は、私も目の前の奥様に集中しますから妻が他の男に抱かれていることについては考えません。
 

 
 

 

妻とは違う女体を味わう興奮でそれどころではありませんしね。
 

 
 

私が嫉妬を感じるのは、後々のことです。
 

 
 

 

 
 

ハメ撮り映像を見たり、妻が抱かれている様子を想像したりすると嫉妬するのです。
 

 
 

それから、ハメ撮りは

「お気に入り交際」
しているご夫婦だけで、単発でお手合わせ願うご夫婦とは絶対にしません。
 

 
 

 

 
 

一昨日の夜に3分でイッた妻は騎乗位でした。

 

奮して騎乗位になると、妻は自分で一番感じる所を刺激し続け激しく乱れ、いつも3~5分でイキます。
 

 
 

 

 
 

正確に測った時間ではありませんが、そのくらいだと思います。
 

 
 

一昨日の夜はその後、後背位でイカせて暫時休憩した後、仕上げは正常位で抱きました。
 

 
 

 

 
 

正常位では挿入から10分くらいで射精したように思います。
 

 
 

溜まっている時は刺激を抑えるように妻を焦らして射精を遅らせないと持ちませんが、一昨日の夜は4時間前に出しているので大丈夫でした。
 

 
 

 

妻は一度イクと、2回目3回目はすぐにイキたがる傾向があります。
 

 
 

ですから休憩を挟んでも、妻は腰を使ってイキたがりますから、今度は妻のイクのにあわせて私も射精しました。
 

 
 

 

 
 

実は、いい年をして1日2回は珍しいことではないんです。
 

 
 

夕方と夜の連続は珍しいですが・・・下の息子が家を出て二人きりになったら、毎日のように夫婦の営みがあります。
 

 
 

 

 
 

私の帰りが遅かったり、付き合いで飲んで帰ったりしない限り、どちらからともなく求め合います。

 

元々私はセックス好きですから、いい年をして生娘だった妻が性の喜びを覚えてからは、セックスをするために時間を作ってデートしていました。
 

 
 

 

 
 

妻を初めて抱いた日にプロポーズしてしまいましたから、翌年にはスキモノ新婚夫婦が四六時中まぐわっていましたね。
 

 
 

若かったですね。
 

 
 

 

 
 

休日などは下半身裸のまま過ごして、性器を弄りあっては繋がり、洗ってきてはまた弄り合って一日が終わるなんてこともありました。
 

 
 

今でも夫婦交換を含めて特に予定がない週末は、午前中と夜の2回妻を抱くこともあります。
 

 
 

 

私はクンニが好きで、妻の黒い陰唇をかき分けて淫核に吸い付くのがいつものパターンです。
 

 
 

若い頃は、淫核を吸うと妻は痛がりましたが、今は肥大した淫核を吸って舌の先でレロレロして妻をイカせることも出来ます。
 

 
 

 

 
 

通常の夫婦の営みは、正常位でじっくり交わることが多いです。
 

 
 

舌を絡めてキスしながら、融けて一つになりたいと願うようなネットリとしたセックスをします。
 

 
 

 

 
 

今でもお互いのことが大好きなんです。

 

子夫婦以外に、月1回ですが2組の

「お気に入り交際」
しているご夫婦がいますし、年に3~4組初めてお手合わせするご夫婦もいますので、マンネリにはなりません。
 

 
 

 

 
 

というより、明子夫婦とは週1回という頻繁な交換交際をしていますが飽きないのです。
 

 
 

理由は明確です。
 

 
 

 

 
 

私と明子は懐かしい感情を伴いながら本気で愛し合いますし、

「こんなに若くて可愛い奥様に中出ししていいんですか?」
と言っていましたから、明子のご主人は妻を40歳くらいと思い込んで楽しみにしているようです。
 

 
 

それに、明子のご主人と妻は、私と明子のハメ撮り映像を見て性欲以外の何かを感じ、嫉妬心を爆発させて夫婦性活に刺激を与えているのです。
 

 
 

 

前にもお話しましたが、私と明子は学生時代の2年間、本気で愛し合いました。
 

 
 

出来れば結婚したかった女性でした。
 

 
 

 

 
 

50歳の妻と45歳の明子を比べたら、妻のほうが可愛いくて若く見えます。
 

 
 

明子は清らかと言うか淑女なんです。
 

 
 

 

 
 

真面目で質素な女性で、婚外性交などするようには見えません。

 

それでも明子は私と濃厚に唇を重ね、かつて私が開通させた秘穴を愛でられれば吐息を漏らして喘ぎます。
 

 
 

 

 
 

昔愛した恋人の使い込まれた性器を眺めて、離れていた時間を思い描き嫉妬するのです。
 

 
 

あの後、明子は何人の男に抱かれたのだろう、何本の肉棒が入れられたのだろうと考えてしまうのです。
 

 
 

 

 
 

そして、学生時代に帰って真剣に愛し合うのです。
 

 
 

でも、いつまでもこの関係が続くことはありません。
 

 
 

 

明子はご主人の転勤でいずれはこの地を去るでしょう。
 

 
 

その時が明子との最後のお別れになると思います。
 

 
 

 

 
 

それは10月か、来年の4月か・・・私と明子はそのことを口にはしませんが、もう二度と会えなくなる日を覚悟して愛し合っています。
 

 
 

今までお手合わせしたご夫婦は、

「お気に入り交際」
の3組を含めて11組です。
 

 
 

 

 
 

妻は、私以外に11本の肉棒を味わったのです。

 

も、妻は私の肉棒、特に嫉妬に狂って反り返った肉棒が一番好きだと言います。
 

 
 

 

 
 

時々違うものを味わって、私の愛着のある肉棒の良さを確認するんだなんて言われたら嬉しいですよね。
 

 
 

今までお手合わせしたのは、半分は私達と同じ40代後半~50代前半と思しきご夫婦です。
 

 
 

 

 
 

でも一組だけ、どう見ても20代前半の奥様と20代半ばのご主人にしか見えないご夫婦と夫婦交換したことがありました。
 

 
 

自分の子供と同じくらいの奥様はアソコもとても綺麗でした。
 

 
 

 

私のネチッこい中年セックスに美しい肢体を震わせていました。
 

 
 

後にご主人は私に、妻の使い古されて真っ黒な陰唇と可愛らしい外見のギャップが興奮したと言いました。
 

 
 

 

 
 

まさか、妻が50歳とは思わなかったでしょうね。
 

 
 

このご夫婦には、初めから1回限りと言われていましたので、

「お気に入り宣言」
は遠慮しましたが、父娘のようなセックスは興奮しましたね。
 

 
 

 

 
 

逆に70歳近いのではないかと思えるご夫婦もいました。

 

見るからに上品そうな奥様は、私の妻より綺麗なアソコでした。
 

 
 

 

 
 

私は滅多にしないのですが、是非にとお願いされて4Pをしました。
 

 
 

私が上品な奥様をクンニしているところをじっと眺めるご主人の肉棒は、妻がフェラしても元気になりませんでしたが、私の肉棒で掻き回されて悶える奥様の淫らな姿を見たとたんに勃起したご主人に、

「すみません、代わって下さい。」
と言われてご主人に奥様を明け渡しました。
 

 
 

 

 
 

目の前で繰り広げられる高齢夫婦のセックスは、とても感動的で思わず見入ってしまいました。

 

ご主人が奥様で果ててしまったので、ご主人に促されて妻と奥様を並べて味比べしました。
 

 
 

 

 
 

高齢の奥様に気を遣ってあまり激しいのは避けましたが、ご主人に、

「女房の壷の中に放ってくだされ。」
と言われ、奥様の膣内に射精しました。
 

 
 

 

 
 

すると、それを見たご主人は半立ちまで回復し、何とか妻に挿入して腰を動かし始めました。
 

 
 

ご主人は、

「奥さんは、娘くらいの年ですかなあ・・・可愛い子だ・・・」
と言いながら、いつしかまた勃起していました。
 

 
 

 

はりご主人は、妻を40歳くらいと見たのでしょうね。
 

 
 

でも、高齢の男性に抱かれて喘ぐ妻を見ていたら私も復活しまして、再度奥様に挿入しました。
 

 
 

 

 
 

二人分の精液を溜めた膣からブジュブジュと卑猥な音をたてて精液が溢れ、

「奥さん、恥かしい穴からいやらしい音がしてますね。」
と言ったら、それまでは上品な反応をしていた奥様は、

「はぐううー」
と呻いて仰け反り、首に筋を立てて本気でイキました。
 

 
 

 

 
 

その淫ら過ぎる光景に量は少ないものの2発目を放ちました。

 

愛する奥様を抱きたい一心で、嫉妬勃起のために他人の肉棒を与えるご主人に、将来の自分を見たような気がしました。
 

 
 

 

 
 


 
【35万箱突破のモリモリw】

 

 

 
【画像】 管理人体験談
関連体験談
最新記事
ほへーっw
当サイトに掲載している体験談は妄想好きな作者の創作物です。実在の人物や事件とは全く関係ありませんので、ご理解の上お楽しみくださいませ。なお、当サイトでは熟女とのエッチな体験談を常時募集していますので、貴方のエロ体験談を是非教えて下さい!
投稿フォームはコチラ
PAGE TOP ↑