気になる姉の旦那に悶々┃乳首透けシャツで義理兄を誘惑してみた結果

義理の兄との疑似近親相姦 → 肉体関係を持ってしまいました。

 

 
 

ちなみに、は現在東京で一人暮らしをしています。
 

 
 

 

先月、義兄(姉の旦那さん)が出張で東京に来ることになった

 

で、そのついでに実家から私の印鑑を届けてもらう約束をしてました。
 

予定ではホテルをチェックアウトした後、お昼頃に届けてもらうはずでしたが、予定よりも早く、朝の10時頃に義兄が家に来ました。
 

 
 

 

 
 

はまだ寝起きだったんですが、とりあえず上がってもらってお茶を飲みながら、実家のことや甥のことなど他愛もない話をしてました。
 

寝起きだったので着替えもしないでそのままだったんですが、私はいつも寝る時は、薄手のワンピースで下着を着けずにいます。
 

 
 

 

一応上着を羽織っていたものの、ノーブラに気づかれてしまったらしく、話をしながらも、義兄は胸ばっかりに視線を集中させてました。
 

 
 

 

 
 

られてることに気づいて、着替えた方がいいかなとも思いましたが、おもむろに下着やら服やらを出して着替えるのもなぁと思い、とりあえずそのままでいることにしました。
 

 
 

 

ただ私は見られたい願望というか、見られることに興奮してしまう体質なので、話をしながらも見られてるだけで少し感じてしまったというか、少しずつ濡れてくるのが自分でもわかりました。
 

最初はまずいなぁと思っていたんですが、だんだんとエッチな気持ちが湧いてきて、(もっと見られたい)と思い始めました・・・。
 

 
 

 

 
 

EXしたいというわけではなかったんですが、見られたいという気持ちがどんどんエスカレートしてきて、お湯を湧かしに行った時に、義兄に気づかれないように自分で乳首を弄って、クッキリ立ってるのがわかるようにしてみたり、キャミワンピの裾を引っ張って谷間が見えるようにしたりしました。
 

その頃には、最初はチラチラ見る程度だった義兄も、見ることに夢中になっている感じでした。
 

 
 

 

その視線が余計に私をエスカレートさせてしまって、今度はワンピの後ろの裾をお尻の割れ目に挟んで、ノーパンだというのが判るようにお尻を突き出して物を探すフリをしてしまいました。
 

 
 

の瞬間、義兄が、

「ぁ・・・」
という声を漏らしたので、後ろを向いていながらも、見られてることがはっきりわかりました。
 

 
 


 

その時には私はもう義兄としたいと思ってましたが、でも一応、義兄と妹という関係上、露骨に誘うわけにもいかず、そのまましばらく話を続けました。
 

義兄も少し興奮しているというか、ムラムラしてるような感じはしましたが、やっぱり嫁の妹だからか、何もしてくる気配はありませんでした。
 

 
 

 

 
 

ころが、何かの話の流れで少し前に私が痴漢にあった話をしていたら、義兄がものすごく詳しく話を聞きたがりだして、ちょっとエッチな会話に話が進んでいきました。
 

どこを触られたとか、どういう風にされたかとか、

「気持ち悪かったー」
とか、そういう話をしていたんですが・・・。
 

 
 


 

義兄

「そんなにエロい体で密着されたら、我慢できなくなる痴漢の気持ちもわかるけどなー」
義兄がふざけたように言ったので、

「じゃぁ私がお兄さんに密着したら、お兄さんも我慢できなくなっちゃうの?」
と、思わず言ってしまいました。

 

 
 

のまま、座ってる兄と向かい合わせになるような形で膝立ちになって、私の胸がちょうど義兄の顔の前に来るような格好で、義兄の首に手を回して・・・。
 

 
 

 



「我慢できなくなったら触ってもいいよ」
ちょっとふざけながら言ってみました。

 

義兄

「いやいやいや、だめだよ、だめだめ」
義兄はかなり焦ってましたが、ちょっと興奮してるような感じで鼻息が荒くなってて、ダメと言いながらも片手を私の腰に置いてたので、もう片方の手を取って無理やり胸を触らせちゃいました。
 

 
 


 

 
 



「何・・・どうしたの?したくなっちゃったの?」

義兄

「◯◯(姉)に絶対に内緒にできる?」
そう言う声が、もう興奮しきっていて、聞きながらも片手で私の胸を鷲掴みにして揉んでました。

 



「お姉ちゃんには内緒にするから、たくさんして」
義兄は両手で私の胸を強く揉み始めました。
 

 
 


 

服の上から乳首をツンツンとする感じで刺激されて、私はいつも以上に感じちゃいました。
 

 
 

織っていたカーディガンを脱がされて、ワンピの肩紐と胸元を下げられて、おっぱいを中から掴み上げるような感じで出されました。
 

 
 

 

両方の指で両方の乳首を弾くように弄られて、

「ここ、気持ちいいの?」
と聞かれたので、

「ん・・・」
と言うと、

「さっきっからずっといやらしく立ってたもんな」
と言って、そのまま貪りつくように乳首を吸われました。

 

義兄にされてるっていうのが、いつも以上に感じさせられて、乳首を吸われてるだけで大きい声が出ちゃいました。
 

 
 

 

 
 

ごく気持ち良くて、自分から兄の顔に胸を押しつけるようにして、自然にお尻を突き出すような格好で腰まで動かしてしまいました。
 

義兄

「まだなんにもしてないのに、こっちも感じてるの?」
そう言いながら、太ももの裏側を撫でてそのままワンピの裾を捲りあげられました。
 

 
 


 

しばらく乳首を吸ったり噛んだりしながら、片手で乳首、もう片方の手でお尻を撫でたり掴んだりされました。
 

 
 

ばらくして乳首から顔を離すと、腰を引きよせるようにして私の顔を見上げながら、アソコに手を伸ばしてきました。
 

 
 

 

義兄

「すごいよ、ここ」
そう言いながら、手のひら全体で割れ目に沿うようにゆっくり撫でられました。

 

手のひらでアソコを拭かれてるような感じがすごく気持ち良くて、仰け反りながらも夢中で腰を動かしてしまいました。
 

 
 

 

 
 

兄はまた乳首を吸いながら、クリからアナルくらいまでを手のひらでずっと撫でてました。
 

そのあと私はベッドの上に座らされて、M字に足を広げられると、床に座っていた兄は、今度をアソコを貪るように舐め回してきました。
 

 
 

 

顔を押し付けるようにしたり、舌先で刺激されたり、わざと音を立てられたりして私はもう何がなんだかわからないくらい気持ちよくなりました。
 

 
 

兄はスーツの上着とズボン、くつ下を脱いで、ネクタイを取ってシャツとパンツになり、また乳首を舐めながら、中指をアソコに入れてきました。
 

 
 

 

中指をゆっくり出したり入れたりしながら、クリも一緒に責められて、気持ちよくなった私は我慢できず、

「もう1本指入れて」
と義兄にお願いしました。

 

義兄は興奮した感じで、

「1本じゃ足りないの?」
と言うと、今度は人差し指と中指をアソコに入れてきました。
 

 
 


 

 
 

のアソコを観察するみたいに顔を近づけて、指を出したり入れたりするので私は余計に興奮して、アソコを見せつけるように腰を持ち上げて動かしちゃいました。
 



「すごく気持ちいい・・・」

義兄

「ん・・・?どこが気持ちいいの?」
少し上擦った声で義兄が聞き返してきたので、

「・・・おまんこ、すごく気持ちいい・・・」
と答えると、

「あぁ・・・ほら、もっと気持ちよくしてあげるからね・・・」
と言いながら、ものすごい速いスピードで指をズボズボされました。
 

 
 


 

兄はものすごい興奮した様子で、

「すげーやらしい音してるよ、ほら」
と言いながら、もう片方の手でクリを挟むようにして動かしてきました。

 

 
 



「もうイッちゃう・・・」
声にならない声で言うと、指でアソコを激しく掻き回されて、そのまま私はイッちゃいました。
 

 
 


 

ぐったりしてる私を横目に、兄は我慢できないといった感じでパンツを脱ぎました。
 

私はあまり年上と付き合ったことがないので、30代の人のオチンチンはそんなに元気がなさそうな印象を持ってたんですが、義兄のオチンチンはお腹にくっつきそうなくらい反り返ってました。
 

 
 

 

 
 

ッドに座った私が、今度は立ってる兄の腰を引き寄せるような感じでフェラしました。
 

舐めたりしゃぶったりしてるうちに、

「もう入れていい?」
と義兄に言われて、うつ伏せでお尻を突き出すような格好にされ、プリプリのオチンチンの頭を濡れたアソコの入口に宛てがわれました。
 

 
 


 

そして、兄のカチコチのおちんちんがアソコの肉を押し広げながら、ゆっくりと入ってくる快感に、私は、

「あっ・・・、あっ・・・、あぁぁぁーーー!」
と、声を上げてしまいました。

 

 
 

が動き始めると、義兄とセックスしているという背徳感からか、興奮でアソコがキュッキュッと収縮して義兄のオチンチンを締め付けるので、アソコの壁とオチンチンの密着が強くなって、私は快感で震えてしまいました。
 

 
 

 

さらに深く挿入されて、膣の奥のコリコリとしたところに当たると、ビクンッと体が痙攣し、そこからゆっくりとオチンチンのエラで濡れた肉襞を掻くように抜けそうなところまで引き抜かれると、奥とは違った快感が湧き上がってきます。
 

この、膣中を奥から入口まで、兄のカチコチのオチンチンで捏ね回され、擦り上げられる動作を繰り返されて、私の頭の中は真っ白になり、わけの分からない喘ぎ声を上げながら、何度も達してしまいました。
 

 
 

 

 
 

のうちに、兄の動きで膝をついてお尻を突き出していた姿勢が崩されて、うつ伏せでお尻だけを少し持ち上げて、両脚を揃えた体勢になっていました。
 

この体勢は、膣の肉襞とオチンチンの密着度がさらに高まるので、お互いに快感が凄くって兄も限界が近づいたみたいで、

「どこに出すっ!?」
って聞いてきたので、私は中で兄のすべてを感じたくて、

「だ・・・、だいじょうぶ、だから・・・きて・・・」
と喘ぎながら言いました。
 

 
 


 

兄はできる限り奥まで挿入しようと、股間を私のお尻に擦りつけるようにして動きを止めました。
 

 
 

の直後、兄のオチンチンがグワッと膨張して私の肉を内側から圧迫したかと思ったら、ドビューッと熱い液体が当たるのを感じました。
 

 
 

 

兄のオチンチンは5~6回くらい力強く脈動し、私のアソコもそれに合わせて収縮を繰り返していました。
 

奥に温かいものがジワーッと広がるのを感じた時には、夢の中に落ちるように深く達していました。
 

 
 

 

 
 

人ともしばらく動けないで重なったままでした。
 

この後、フェラで兄のオチンチンを綺麗にしてあげて、私もたくさん舐めてもらいました。
 

 
 

 

そして2回目に突入して、お互いにタガが外れて貪り合うようなエッチをしてしまいました。
 

 
 

度だけで終わりにしないといけないことは分かっているのですが、体の相性の良さを感じてしまった私は、正直なところ自信がありません。
 

 
 

 

これからどうなるのかな・・・。
 

姉が羨ましい。
 

 
 

 

 

 


 
【35万箱突破のモリモリw】

 

 

 
【画像】 管理人体験談
関連体験談
最新記事
ほへーっw
当サイトに掲載している体験談は妄想好きな作者の創作物です。実在の人物や事件とは全く関係ありませんので、ご理解の上お楽しみくださいませ。なお、当サイトでは熟女とのエッチな体験談を常時募集していますので、貴方のエロ体験談を是非教えて下さい!
投稿フォームはコチラ
PAGE TOP ↑