クリスマスはお姉ちゃんと過ごすことになり色々としていたんだがセックスも体験することになった件w

姉との掟破りな近親相姦クリスマスセックスについて語りたいと思います。

 
前中は姉ちゃんはケーキ作りに取り掛かってた。
横からクリームつまみ食いとか、スポンジカスつまみ食いとか俺邪魔ばっかしてた。
 

ケーキ出来上がって冷蔵庫で冷やしてる間に、二人で出かけて、コーヒー屋でくつろいだり、本屋よったりと駅前ぶらぶらしてクリスマスムード楽しんで、ゲーセンでちょっと遊んでプリクラとかとったあと夕飯の準備とか買出しに。
 
日はワイン空けちゃおうか。」とか背伸びしてワインも購入した。
 

家帰ってからまたしばらくイチャイチャ。
 

 
もさ、本当にこんなのでいいの?お洒落なところでご飯食べたりデートしたりとか」って聞いたら「家でこうやってクリスマス、良雄と一緒にいることなんてほとんどなかったでしょ?これが夢だったの。
いますごく幸せ」って言われてキスされた。

 

結構早めに夕飯の準備始めちゃって、夕飯食べてお酒飲んで、ケーキ食べた。

ちゃんの手料理は最高に美味いしクリスマスだからご馳走だし酒も進んじゃう。

 

ケーキもめっちゃ美味かった。
「ここんとこちょっとでこぼこで変になっちゃった。」とか照れ笑いしてたけどもう文句なしでした。
 

のあと食休みでテレビみたりしながら二人でゴロゴロしてた。
膝枕してもらってたんだけど、「膝枕好きー?。」って聞かれて「うん」って答えたら、「じゃあ耳掃除させろ!!。
」って言って頭がしってつかまれて、耳かきを隠し持ってたらしく耳掃除しようとしてきた。
 

を隠そう俺は人に耳掃除されるのがめちゃくちゃ苦手。
すげー怖い。
 

「うわああやだやだやだ!絶対無理!やめてくれ」っていってるのに、頭がしってつかまれて「動くと鼓膜破けるよー。
ほら耳の中入れちゃうから動くな!!」って言われてそのまま耳掃除強行された。
 

れるわけにもいかず「うーーーやめてやめて」って言いながら鳥肌たちまくりんぐ。
歯食いしばってた。
 

「全然綺麗だからつまんない」とかいわれてほっぺた叩かれた。

くしょうめ。
 

まあそんな感じでだらだらのんびりしながら夜もふけていったって感じで。
まあ当然の事ながら親は多分彼氏のところだろう、土日は帰らんという連絡は事前に受けてた。
 

うじゃなかったとしてもこの日ぐらいは俺たちがホテル行くなりしてたろう。
そんくらい二人っきりで夜は過ごしたかった。
 

姉ちゃんが、「あ、そうだ。じゃー良雄、ちょっと目つぶってて」って言われて、いいって言うまで目つぶってた。
 

回俺の部屋を出て行った音がしたあと、戻ってきて「まだあけちゃだめだから」って言って目つぶってたら、首にふわって何か巻かれた」
「はい。プレゼント。」マフラーだった。
 

??手編み?これ。ありがとう…。あーなんかすごい嬉しい。」って言ったら、「ベタだよねぇ。
何か中高生みたいで子供っぽいかな。すごく恥ずかしいんですけど。」ってめちゃくちゃ照れてた。
 

ーなんで?いいじゃんすごい嬉しいよ」って言って抱きしめた。
俺正直首に巻くものすごい苦手なんだがこれは嬉しすぎた。
 

手編みのマフラーだなんて想像もできなかった。

る暇なんかあったの?作ってるとこ見た事ないんだけど」って聞いたら「見られたらプレゼントになんないでしょ。
そりゃコツコツ、良雄がバイトに言ってる間とか、夜中までやったり、バイトの休憩時間とかつかって少しずーつやったんだよ。」ああああそうだったのか。
 

ちゃん最近帰ってきても爆睡してやがってとか思ってたら、本当に夜更かししてたのか。
ごめん一人エッチばっかしてるのかと思ってたよ。
 

どうみても俺のいやらしい勘違いでした。

当にありがとうございました。
 

「あ、あとこれもおまけ。良雄アクセサリー苦手なの知ってるけど、これぐらいつけてくれたら嬉しいな。悪い虫避け。」っていって、指輪俺の薬指にはめてくれた。
 

ルバーのシンプルなやつ。
「ちょっと、こんなにもらったら俺のわたしにくいじゃんか…。」ってちょっと照れ隠しに言った。
 

直ちょっと色々感激しまくって泣きそうになってた。
んで俺の分のプレゼントも姉ちゃんに渡した。
 

前々から目つけてたチョーカー。

でできてて前部分に羽の形した装飾ついてるやつ。
 

姉ちゃん首筋綺麗だから絶対似合うと思って。
「ありがとうーーーー肌身離さず付けるから!これで良雄にもらったもの2個もつけ外でれるーー。」って喜んでくれた。
 

れからもずっとよろしくね。大好き」って言われて、キス。
 

そのまま雰囲気よくなって、キスとかしまくり。

ゃ、そろそろしよっか」って言われてドキンとした。
 

俺から先にシャワー浴びさせられて、部屋で姉ちゃん待機。
こことか他のスレに書き込んだりしてたけど緊張ほぐれず。
 

ちゃん部屋に入ってきたら寝巻きまで新調してた。
あれは反則。
 

かわいすぎた。

か本当に緊張しちゃって、なんて喋ったらいいのかわからなくなって「それ、新しいね。」って指差したら「勝負用。
」とかふざけて言われた。
 

際エッチな感じのだったし本当にドキドキでした。
で、「まー落ち着いてまず座ろうよ。」って言って二人で並んでベッドに腰掛けた。
 

くよっかかられて「はーーー。良雄ともう何回エッチしたんだろうね。ほんとに夢みたいだなぁ」とかしみじみ言われた。
 

。こんな風になるなんて全然想像してなかった」って返した。
 

「今ではすっかり私専用だもんねぇ。」とか笑われた。
 

、いきなり耳かるく噛まれた。
「ちょ。」っていったら、そのまま耳元で、「もういっこプレゼント」ってささやかれた。
 

かかってぞわぞわした。
「なに?」って聞いたら「今日から、付けないでしていいよ。
」って言われた。
 

がズギューーーーンってなってパニックに。
「え?なんで?だめだって。」って慌てて言ったら「いいの。
飲んでるから」って言われた。
 

っと耳に唇くっつけて喋ってる。
ぞくぞくしてまともに返せない。
 

「え?飲んでる?え?何?」て聞いた。

したら「ピーーール。赤ちゃんできないよ。大丈夫だから」って言われた。
 

は全然予想だにしてなくて本気で驚いたよ。
「え??いつから?」って聞いたら「先月からずっと飲んでるよ。
」とか言われた。
 

、だってさ、それでも付けてしてたし」
「だって今日までもともと内緒のつもりだったもん。」でも体調とか崩れる人もいるって聞いたから、心配になって「体大丈夫なの?平気?」って聞いたら「んー。
別に結構普通。ちょっとお酒弱くなったのと、胸がちょっとずっと張った感じになるぐらい?良雄も気づいたみたいでちょっと焦ったんだよ。」とか言われた。
 

日までエッチ禁止にしたのも、沢山欲しかったから。」って言われてキスたれた。
 

沢山とか直接言うなっての。

ちゃくちゃ顔赤くなった。
 

それでまあ、そのキスが開始の合図みたいにキスして脱がしっこした。
下着も新しいのだった。
 

は結びほどくと脱げるやつでこんなの初めてだったから変な気分になった。
久しぶりに見た姉ちゃんの裸でもう頭の中クラクラだった。
 

お互い息荒くて、かなり興奮してしまったんだが、「リラックスリラックス。深呼吸しよ」って一緒に深呼吸して、落ち着いてきたところでそのまま抱き合ってキス。
 

、ストップストップ」って一回止められて、枕元に携帯おいて再開「何?」って聞いたら「ほら、時間はかんないと。
一時間まずがんばろー。」って言われた「ムードぶちこわしだよ。
」って言って二人で笑ったら何か緊張がいい意味でほぐれた。
 

互いゆっくり体中甘噛みしたり、撫で合ったり、キスしたりってやってたら、結構あっという間に1時間経過。
「もういいっぽい」って言われて気づいた。
 

最近寒かったから、エッチするときも布団かぶりっぱなしでぬくぬくしてばっかだったんだが、その日は何か体中熱くて、お互い汗びっしょりだった。

ちゃ久しぶりに一つになる上に、何もつけないでなんて、すごくドキドキしながら、キスしてからゆっくりと。
 

二人ともくぅって声漏れた。
感触違いすぎ。
 

ばかった。
俺上だったんだけど、腕で体支えてたら「体重かけていいから。くっつこ」って言われて、ぎゅーーーって抱き合った。
 

いちゃだめだよ。がまんね」って言われたけど、「つーか無理。
動けない。」って答えた。
 

気で少しでも動いたら終わりそうだった。
「ちょうどいいね。じゃあ深呼吸しよ」って息荒くなってたから二人とも一緒に息そろえて深呼吸してた。
 

か照れくさくて最初吹き出したりしちゃってたんだけど、しばらく呼吸合わせてたらほんとに会話もなくなって、深く呼吸お互いにずーーっとしてた。
何かもう動いてないのに頭がぼーーっとするっていうか、この一体感はやばかった。
 

すげえよ本気で感動した。

臓の鼓動とか、息遣いとか、体の挙動とか全部一つになった感じ。
 

本気で気持ちいい。
下腹から全身に電気ながれるみたい。
 

う時計なんて全然見てなくなった。
たまにちょっと体動かしたりするだけで姉ちゃんがビクってするようになって、それからほとんどずっと姉ちゃん定期的に下の方がびくびくってなるようになった。
 

息は全然荒くならないで深い呼吸のまま。

えは悪いけどゲロはきそうではけないときのあのすーーーはーーーっていう呼吸。
 

「ちょっと、やばい…死ぬかも。」って細い声でつぶやかれて俺も頭爆発しそうになった。
 

う何分そうしてるかわからなくなったけど、あとはたまに動いてすぐ限界になって休憩って体勢変えたりしながら続けてた。
汗びっしょびしょ。
 

全身から噴き出しまくった。

然運動してないのにめちゃ不思議。
 

体めちゃくちゃ熱いし。
姉ちゃん目がうつろでたまに「だいじょぶ?」って話しかけても「うー」って変な返事してぼーっとしてた。
 

んとにどれぐらい時間経ったかわかんないぐらいずっと繋がってた。
「そろそろいい?」って聞いて、「うん。
いいよ。」って言われて「でも本当にいいのかな?大丈夫かな」ってちょっと心配になっていった。
 

んくらい本当に中でってのに抵抗みたいなのあった。
ずっと憧れてもいたけど。
 

「いいから。大丈夫。大好きだよ。愛してる」って言われて本気で俺も愛おしくなってそのまま少し動いて、出した。
 

絶するぐらい気持ちよくて声がでちゃって、何かありえないぐらいの量がでた。
初めての感覚多すぎて脳がついていかない。
 

くぅぅっって姉ちゃん呻いてびくびくってなって、ぎゅううって抱きしめられた。

ー、すご。何かしみこむ。」とか言われて「言わなくていいから。
」って照れくさくて返した。
 

当になんか姉弟じゃなくて、普通の男と女になれたって感じがして、滅茶苦茶幸福感に襲われた。
全部出した後もしばらくずっと一緒に抱き合って繋がってた。
 

そのあともたまに体びくんっってなってた。

ーー。幸せすぎる…。泣きそう…」って姉ちゃんがつぶやいて、かわいくてキスした。
 

のままぐったりしてたんだけど、小さくなってきて、自然に姉ちゃんから抜けた瞬間、「あ、やばい、ちょっとティッシュとって、ごめんまだ立てない…」とか言われて「え?なに?どうしたの?」ってきいたら「出てきてる。
あーどうしよう。ベッド汚れちゃうからはやくティッシュ」とかぼやーっとしながらも焦って言われた。
 

だってまだ体放心状態だったけど、あわてて起きてティッシュとって電気つけてってやってここで初めて気づいたが、シーツえらいことになってた。
ぐしょぐしょにしみてて世界地図なみ。
 

二人でびっくりしまくりだった。

うだタオルしくって書いてあったわ…とか思い出して後悔。
 

姉ちゃんのも大変だったから、ある程度ティッシュで拭いてあげて綺麗にしてから、二人でシャワー浴びて、俺のベッドはとりあえず使い物にならないので姉ちゃんの部屋で裸のまま一緒に寝た。
時計見たら5時回ってた。
 

間感覚がほんとに馬鹿になってたな。
眠りに着く前に「ほんとに幸せだよ。ありがとう」って言われて「そんなん俺だって幸せだよ。
」って言ったら「あーー。
やっと私の初めても2個もあげられた。肩の荷がおりたあ。」とか言われた「2個ってそれぞれ別カウントなんだ。
」って言ったら「当たり前じゃん。
女の子はデリケートなの。」とかわけわからんこと言われた。
 

あ俺も当然初めてなんだけど。」って言ったら「いいじゃん。
二人で初めて。あーーーもう大好き」って抱きつかれて、そのまま抱き合ったままキスとかしてたら寝てしまった。
 

んで今日は昼過ぎまで寝てた。
まだけだるい感じが取れなくて、目が覚めてもしばらく横になって寝息立ててる姉ちゃんにキスしたりしてた。
 

二人とも目が覚めたら何か照れくさかった。

日すごかったね。」
とか「また今度あれしよ。」って言われた。
 

度から生理明けは毎回これになりそうな気がします。
今日もなんか怠惰に過ごしてる。
 

ダラダラ姉ちゃんと家でゴロゴロ夕飯は外で食べる約束してる(地元の美味い中華。ほんとクリスマスっぽくないな。)からそれまではほんとのんびり。
 

っき、居間で座ってテレビ観てたんだけどいきなり姉ちゃんが「あ、うわー。うそ…」とかいきなり言い出して「いきなりなに?。
」って聞いたら「昨日の出てきた…。
」って言われて、意味がよくわからなくて(テレビの話かと思った)「昨日の?」って聞いたら「だから良雄が出したのが…。
あーパンツ汚れたぁ。トイレ」って言われた。
 

意に昨日の事また思い出させられて顔がかーーって熱くなった。
姉ちゃんはそのあとトイレに行って、結局パンツ変えなきゃいけないしとかいってついでだから、風呂一人で入ってます。
 

一緒に入ろうって誘われたけど、もうさすがに風呂はいる気おきないうえ、今入ったらまたしたくなっちゃうので。

あそんな感じのクリスマス過ごした。
 

うはーー長くなったな。
あとポリネシアンは本当に凄いって事がわかりました。
 

好きな相手がいる人はぜひ試してください。
体が溶けて一つになるみたいでした。
 

 

 


 
【35万箱突破のモリモリw】

 

 

 
【画像】 管理人体験談
関連体験談
最新記事
ほへーっw
当サイトに掲載している体験談は妄想好きな作者の創作物です。実在の人物や事件とは全く関係ありませんので、ご理解の上お楽しみくださいませ。なお、当サイトでは熟女とのエッチな体験談を常時募集していますので、貴方のエロ体験談を是非教えて下さい!
投稿フォームはコチラ
PAGE TOP ↑