家庭教師のお母さんの「透けブラジャー」の太い線がたまらん┃筆おろしして貰ったアラフォー巨乳熟女の件w

カテゴリー 熟女との体験談タグ

アラフォ―巨乳の家庭教師のお母さんに、セックスの手ほどきをしてもらった件ですw

 

 
そう、あれは、が学生時代に家庭教師やってたときのこと・・・。
 

 
 

 

 
 

そこでのことです。
 

 
 

 

 
 

当時、私は大学生で注学生の男の子の家庭教師をしてました。
 

 
 

 

 
 

その子の母親にお世話になったんです。
 

 
 

 

 
 

父親は、国家公務員で他県に単身赴任してました。

 

週に2回行ってました。
 

 
 

 

 
 

奧さんは、とても親切で優しい人でした。
 

 
 

7月の梅雨時だったでしょうか、勉強の休憩でトイレを借り洗面所で手を洗おうとしてたときです。
 

 
 

 

 
 

奥さんは、買い物から帰ってきて着替えをしてたんです。
 

 
 

風呂場の前に洗面所があって、雨で濡れたようでした。
 

 
 

 

奥さんは、上はブラジャーの格好でした。
 

 
 

私は、いけないものを見てしまったような感じです。
 

 
 

 

 
 

白いブラジャーに、大きなおっぱい。
 

 
 

深い谷間です。
 

 
 

 

 
 

「す、すいません」

「雨で濡れちゃって・・・・」
私は、どこを見ていいのか目のやり場に困りました。

 

が、やはりというかしっかり谷間を見ました!私のズボンの中は、これでもかというくらいかちかちのびんびんです。
 

 
 

 

 
 

その日は、もう勉強になりませんでした。
 

 
 

アパートに帰った私は、即、何度もオナニーしました。
 

 
 

 

 
 

それから、数週間後8月のあるとても暑い日のこと。
 

 
 

いつもの様に、家庭教師をしに行きました。
 

 
 

 

ころが子供は、友達の家に行ったとかで不在でした。
 

 
 

せっかく来たんだから、あがって行く様にいわれお邪魔したんです。
 

 
 

 

 
 

丁度、昼前で奧さんは、掃除機を使って掃除してました。
 

 
 

昼飯にカレーライス用意してくれました。
 

 
 

 

 
 

あと、サラダがあったかな。

 

その間、キッチン(広い台所)で椅子に腰掛けて待ってました。
 

 
 

 

 
 

奧さんと話しながら。
 

 
 

奧さんの後姿を見て、私のあそこは既にびんびんです。
 

 
 

 

 
 

大きなお尻、Tシャツ越しにうっすらと透けて見えるブラジャーの太い帯。
 

 
 

横を向くたびにわかる、大きく突き出たおっぱい、我慢できませんカレーはとてもおいしく、汗をかきながらいただきました。
 

 
 

 

食事が終わりそして、アイスコーヒー飲みながらの会話。
 

 
 

「中沢さん、彼女は?いるんでしょ・・」

「いないです。高校時代は、部活だけだったし、浪人して一応受験勉強で」

「国立ですもんね。すごいわ?」

「もてるでしょ」

「いいえ」

「大学には女の子もいるんでしょ」

「いますけど、工学部だから。そんなには多くないですよ」

「経験は?」

「えっ」

「女性経験は?」

「えっ。あ、ありませんけど」
私は、顔を赤らめて質問に答えた。
 

 
 

 

沈黙がしばらく・・・・流れ

「私で、いいかしら?」
ソファー(長椅子)にこしかけて2人並んで話してたんです。
 

 
 

そのうちに、奥さんにキスされて。
 

 
 

 

 
 

頭撫でられて・・・目の前に、豊かな胸が・・・・

「触っていいのよ」

「えっ」
Tシャツの上から触らせてもらいました。
 

 
 

やわらかいというよりは、ずっしりした感じです。
 

 
 

 

 
 

私のズボンの中は、もう痛くて!我慢の限界です奥にある、和室へいくように言われ。

 

さんは、押入れから布団をだして敷きました。
 

 
 

 

 
 

それから、脱ぐように言われて。
 

 
 

そして奥さんも脱ぎだして・・・・私の鼻の穴は大きく広がり、胸の鼓動はバクバクで口から心臓が飛び出しそうなくらい・・・奥さんは、てきぱき(さっさっさ)と脱いだ。
 

 
 

 

 
 

私は、Tシャツとズボンは脱いだが、やはり恥ずかしくパンツははいたままでした(初めてあそこを女性に見せるとなると)奥さんは、私にパンツも脱ぐように言いました。
 

 
 

私は、観念しパンツを脱ぎました。
 

 
 

 

ものは、大きく天を仰ぎこれでもかというくらいいきり立ってます。
 

 
 

たぶん、先端からは既に汁がでてたでしょう。
 

 
 

 

 
 

奥さんは、私の下腹のあたりをちらっと見て言いました

「まぁ?、おちんちん、すごいのね」
奥さんの肌は、白くとても綺麗だった。
 

 
 

30代後半の脂ののった存在感のある身体です。
 

 
 

 

 
 

「うわ?すごい」
今にもこぼれそうな、みごとな乳房です。

 

昔は、ボインっていってましたが今で言う巨乳です。
 

 
 

 

 
 

乳リン、乳首少し黒っぽかったけど垂れてなくて綺麗だった。
 

 
 

あと、覚えてるのがじょりじょりってのとぬるぬるって・・・ヘア、濃くて面積広かった。
 

 
 

 

 
 

それと、あそこぬるぬるだったよ。
 

 
 

しばらくして、奥さんコンドーム持ってきたんです。
 

 
 

 

見たことはあったけど、着けるのは初めてです。
 

 
 

私は仰向けに寝ました。
 

 
 

 

 
 

奥さんが着けてくれます・・・奥さんの指は、ひんやりとしててとても気持ちがよく・・・私のものは、ぎんぎんでもう我慢できないあ・・・・・・・・・ば、爆発です(す、すいません)あたり一面に大量の精液が飛び散りました。
 

 
 

「す、すいません」

「大丈夫よ、気にしないで」
奥さんは、そういうと濡れたタオルを持ってきて布団や畳にの汚れたところを拭きました。
 

 
 

 

 
 

「少し、休もうか?」

「は、はい」
奥さんは、麦茶を持ってきてくれました。

 

ても冷たくて、おいしかったです。
 

 
 

 

 
 

私は、どうやら落ち着きました。
 

 
 

仰向けになり、もう一度コンドームを着けてもらいました。
 

 
 

 

 
 

根元までしっかりと。
 

 
 

今度はうまくいきました。
 

 
 

 

ものは、弓なりにいきりたちこれでもかというくらいに天を仰いでます。
 

 
 

和室には、エアコンがなくもう汗でぬたぬたです。
 

 
 

 

 
 

「ごめんなさいね・・・」
って、奥さんは言い私に跨りました。
 

 
 

それから、私のものを握り、大事なところのとば口にあて、ゆっくり大きなお尻を下ろしました。
 

 
 

 

 
 

2度3度上下したでしょうか。

 

「あ・・・・・・」

「う」
奥さんの奥深くまで入りました。
 

 
 

 

 
 

あの中は、ものすごく熱いです。
 

 
 

奥さんは瞼を閉じてます。
 

 
 

 

 
 

すごい光景です。
 

 
 

目の前に、大きなおっぱいの奥さんが裸で上になっています。
 

 
 

 

奥さんは、腰を何度か動かしました。
 

 
 

私は、とても我慢できずあっというまにいっちゃいました。
 

 
 

 

 
 

時間にして、数分でした・・・次も奥さんが上になったんだけど・・・・突然、自分でおっぱい揉みだして、その後私の手とって揉むよう指示された。
 

 
 

両手で下から、揉みあげた。
 

 
 

 

 
 

圧巻です。

 

さんは、感じてるようで

「あん、あん」
喘ぎ声をだしちゃって。
 

 
 

 

 
 

まあ、こんな感じでした。
 

 
 

9月ぐらいから、奥さん私のアパートに訪ねてくるようになって。
 

 
 

 

 
 

弁当、おにぎり持って来てくれたり、夕飯作ってくれたりしました。
 

 
 


 
【35万箱突破のモリモリw】

 

 

 
【画像】 管理人体験談
関連体験談
最新記事
ほへーっw
当サイトに掲載している体験談は妄想好きな作者の創作物です。実在の人物や事件とは全く関係ありませんので、ご理解の上お楽しみくださいませ。なお、当サイトでは熟女とのエッチな体験談を常時募集していますので、貴方のエロ体験談を是非教えて下さい!
投稿フォームはコチラ
PAGE TOP ↑