さすがのオバサン証券外交員!┃きっちりと営業してくれたので気持ちよく契約しちゃいまスたw

カテゴリー 熟女との体験談タグ

営業にやってきたオバサン証券外交員のイきな営業の件について語りますw

 

 

そう、らがやってる設計事務所に営業のオバハンがやって来た。
 

 
 

 

 
 

事務所、って言ってもおらが所長で事務のアネさんが一人だけwアネさんは結婚しており、まあそちらとの話しも多少はあるんだが、それはまずおいとく。
 

 
 

 

 
 

営業のオバハンは証券会社の外交だった。
 

 
 

 

 
 

最近は普通のサラリーマンも皆ネット取引するせいか、昔ながらにMMFや投信などを営業で買ってもらえることは少ないようである。
 

 
 

 

 
 

しかし、オバハンである。

 

話し方と言い、見た目と言い、オバハンである。
 

 
 

 

 
 

話が面白かったし、ちょうど2つ現場の監理が終わって十分金があり、申告まで使う当てもなかったので安全な商品なら話を聞いてあげるか、と思った。
 

 
 

次にくる時までに考えとく、って話で終わり、翌週になって今度は二人できた。
 

 
 

 

 
 

なぜか知らないが、若い子である。
 

 
 

聞いてみるとなるほど、オバハンは営業グループの班長みたいなこともやっており、若い子を同行させることもあるそうだ。
 

 
 

 

保険会社ほど外交がいるわけではないので、少ないらしいが。
 

 
 

この子がまたボーっとしてる子で、オバハンのマシンガントークのよこでにっこりしてるだけ。
 

 
 

 

 
 

しかしながら場の雰囲気を和ませるような子であった。
 

 
 

そして胸が大きい。
 

 
 

 

 
 

当然ながらピチピチのブラウスのボタンの隙間から見えるブラをチラチラ見てしまう。

 

話をしていくうちにこの子はもう27歳(には見えない)でバツイチらしい。
 

 
 

 

 
 

おらがバツニだと知ったオバハンは商品の話そっちのけでおらと彼女の仲を取り持つかのようなナイスな雰囲気を作ってくれた。
 

 
 

そして無事契約。
 

 
 

 

 
 

上場投信と海外REITファンド。
 

 
 

オバハンとはなぜか話しも合ったこともあり、その日は飲みに行くことになった。
 

 
 

 

時半に待ち合わせの居酒屋に行くとオバハン一人だけ。
 

 
 

彼女は子供を寝かしつけてから抜け出してくるのでかなり遅くなるらしい。
 

 
 

 

 
 

で、オバハンと乾杯。
 

 
 

すごいピッチで飲むオバハン。
 

 
 

 

 
 

身の上から身の下話(笑)になったが、オバハンは42でセックスレスらしい。

 

冗談で

「やらないと女性ホルモンが崩れるし、膜も戻るらしいよwおらが健康増進のためにやってあげるか?ww」
といったところ、既に開始30分で出来上がってたオバハンは、抱きついてキスをせがむ。
 

 
 

 

 
 

事務所近くの居酒屋で誰が見てるかわからないので、とりあえず事務所に連れて行った。
 

 
 

事務所は当然誰もいない。
 

 
 

 

 
 

ソファーに座らせ水を飲ませようとしたところ、抱きつき、キスの嵐。
 

 
 

ストライクゾーンの広いおらは、そうくるならと×××っぽく荒々しく服を脱がすともはやメロメロ状態で、事務所入って5分後には挿入してた。
 

 
 

 

それでもパンツが湿りきってるくらい濡れてたオバハン。
 

 
 

前戯がない分、少々崩れた体や少々臭うマソコをなめたりしなくて済んだので、おらも萎えずにマックス状態だった。
 

 
 

 

 
 

飲んでる分なかなかイけなかったが、締まりはよく、目をつぶると最高級のセックス。
 

 
 

オバハンはカウントしてるだけで3回はイき、最後は中田氏してしまった。
 

 
 

 

 
 

20分くらい動けなかったオバハンが何故か憎めない感じだったので、頭をなでてあげてたところ、彼女からの電話がオバハンの携帯に入った。

 

たぶん全精力を使い果たしたらしいオバハンは、30分後になぜか事務所で待ち合わせ、と言い、服を着て帰ってしまった。
 

 
 

 

 
 

彼女の連絡先も知らないおらはそのまま彼女を一人待つことに。
 

 
 

やってきた彼女は、胸を強調した格好でなかなかイイ。
 

 
 

 

 
 

オバハンが帰った旨を伝えると少々うろたえて電話をかけていた。
 

 
 

そして、ちょっと待ってて、と言って何故か部屋から出て行ってしまった。
 

 
 

 

0分後に帰ってきた彼女は買い物袋をぶら下げていた。
 

 
 

聞くと

「一人暮らしで手料理に飢えてるだろうから作ってあげなさい。大事な客になるから」
みたいな事を言われたらしい。
 

 
 

 

 
 

料理、得意なんですよ、と言いながら、最低限の調理器具しかない事務所のキッチンに立った。
 

 
 

もう10時近いし、腹へってないし、性欲も満たされてるし、などと考えながら棟上げの時もらったお神酒をあおってると、料理が出来たらしい。
 

 
 

 

よく覚えてないが、煮物系と魚で確かにうまく、せっかく作ってくれたので一気に食べた。
 

 
 

うまそうに食ったのが嬉しかったらしく、お神酒を飲みながら和む彼女。
 

 
 

 

 
 

そしてまたも身の上話から身の下話になり(藁)ノリは悪いものの、最近はしてないと言うところまでは聞き出した。
 

 
 

そして12時近くなり、彼女は後片付けをし始めた。
 

 
 

 

 
 

オマイらもわかってくれると思うが、台所で背を向けて家事をしてる女を見たら、とめどない欲望が湧き上がった。

 

酒も入っているし、彼女も少々酔っ払っているので、勢いで行けとばかりに後ろから首に腕をそっと回してみた。
 

 
 

 

 
 

一瞬声を上げたが、力を入れないで抱きしめたのが功を奏したのか、そのままの体制で固まってしまう。
 

 
 

そのまま腕を彼女の口元に持っていくと唇をそっとつける。
 

 
 

 

 
 

たまらなくなり、もう片方の手を胸にそっと置いた。
 

 
 

びくつき腰をひねるが、置いたまま何もしなかったので、拒否もしない。
 

 
 

 

髪の毛にキスをしてると、彼女の息が少し荒くなってきて鼓動の大きさも感じられた。
 

 
 

前を一気に向かせ、キスをすると最初ははねつけるような手が力が抜けてきた。
 

 
 

 

 
 

またもやソファーにw今度はオバハンと逆にゆっくりと力をいれずに攻めていった。
 

 
 

別に逃げようと思えば逃げれる感じに責めたが、途中からは完全にモードに入った。
 

 
 

 

 
 

胸は子持ちでやはり垂れはじめだったが、柔らかさといい、いやらしさは完璧に近い。

 

ェラもさせると素直に応じた。
 

 
 

 

 
 

4時間ほど前にはオバハンの中に入っていたモノである。
 

 
 

オバハンは匂いが間違いなくあったはずなので、わかるはず。
 

 
 

 

 
 

それを無表情でなめてる彼女を見るとすごく興奮した。
 

 
 

濃い目の陰毛がそれほど処理されてないのが、身奇麗にしてる外観とのギャップでこれも良い。
 

 
 

 

濡れも相当。
 

 
 

その代わりイかせてしまったら、少しゆるめなのが残念だった。
 

 
 

 

 
 

でも、互いに満足した感じで、終わった後も帰ろうとせず、結局朝までソファーのうえでイチャイチャ。
 

 
 

朝(と言っても5時頃)になって朝ごはんを作ってくれて、帰っていった。
 

 
 

 

 
 

その日は仕事にならず、事務所を臨時休業したwその次の日にオバハンが一人でやってきて、何もいわずに投信の申込書を差し出す・・・そりゃ文句は言えないわなw別に余裕資金だったし、幸い金には困ってないので、気持ちよく判を押してあげた。

 

オバハンはあの日のことを何も言わないし、彼女とも話してはいないようであった。
 

 
 

 

 
 

それからはお得意さんのおらとはたまに飲みに行くこともあったが、することもない。
 

 
 

そして彼女は・・・中出汁(無理やりじゃないよ)が当たったと大騒ぎ(一部の人間の間で)になったが、結局遅れていただけだった。
 

 
 

 

 
 

今でも夜遅く仕事をしてる窓の光を確認すると、突然事務所にやってくる。
 

 
 

料理作って、セックスして、って感じです。
 

 
 

 

未だに電話番号も知らないのだがwもしかして、オバハンの描いた絵通りだったのかな、なんて思う日々です。
 

 
 


 
【35万箱突破のモリモリw】

 

 

 
【画像】 管理人体験談
関連体験談
最新記事
ほへーっw
当サイトに掲載している体験談は妄想好きな作者の創作物です。実在の人物や事件とは全く関係ありませんので、ご理解の上お楽しみくださいませ。なお、当サイトでは熟女とのエッチな体験談を常時募集していますので、貴方のエロ体験談を是非教えて下さい!
投稿フォームはコチラ
PAGE TOP ↑