凡ミスの多い甘熟女パートさん┃鬼クレームの責任を取ってもらった件

お客様からの鬼クレームの多い甘熟女な凡ミスパートさんに、チンポで責任取ってもらった件ですw

 

 
そう、はあるチェーン店で店長をしています。
 

 
 

 

 
 

32歳ですが独身です。
 

 
 

 

 
 

この店には半年前に着任しました。
 

 
 

 

 
 

総勢で12人のスタッフがいて、みんなよく働いてくれて助かっています。
 

 
 

 

 
 

その中の1名のパートさんのことで若干むかついていました。

 

何度言っても改善がなく、正直やめてもらおうと思っていたくらいです。
 

 
 

 

 
 

ほかのスタッフに聞くと、ある本社スタッフからの紹介で入社したらしく、簡単に切れないそうで唯一の難点なのです。
 

 
 

その方は真奈美さんといいます。
 

 
 

 

 
 

37歳で夫と子供3人の5人家族だそうでう。
 

 
 

夫の収入がやや少なく、生活するうえで仕事をやめれないそうです。
 

 
 

 

とはいっても私も困っています。
 

 
 

それは、お客様のクレームが多いこと。
 

 
 

 

 
 

些細なことなのですが、わずか半年で真奈美さんのクレームですでに4回もお客さんの自宅に足を運んでいます。
 

 
 

ほかのスタッフもクレームがないわけではありませんが、自宅まで行って対応するほどのことはありません。
 

 
 

 

 
 

そして、2週間前のこと。

 

5回目のクレームです。
 

 
 

 

 
 

しかも8時に営業が終わってから、自宅に向かうことになりました。
 

 
 

私はさすがに怒りが収まりませんでした。
 

 
 

 

 
 

真奈美さんを一緒に連れて行くことにしたのです。
 

 
 

私から自宅に電話し、夫に事情を説明し承諾を得て連れて行きました。
 

 
 

 

とかお許しを頂き、いったん店に戻り商品の手配をし、すべてが終わったのは10時くらいです。
 

 
 

「本当にいつもすみません。私のことで、ご迷惑ばかりかけてしまって、、、。私やめたほうがいいかもしれませんね、、、。」
真奈美さんは珍しく、落ち込んだ様子で本当に反省しているようです。
 

 
 

 

「私も、真奈美さんはこの仕事向いていないと思います。
 

 
できればやめてほしいです。でも、本社の方からの紹介で働いてもらっていますし、私の判断でやめてもらうこともできません。
 

 
今回は反省しているようですし、明日からがんばってくれるのでしたら、今日のことはなしにしましょう」



 

 

「店長さん、、、。本当に、、、本当に、、、。すみませんでした。明日からは切り替えてがんばります。」
真奈美さんはそういって、かばんを持ち帰りかけました。
 

 
 

 

しかし、私の怒りが収まったわけではありません。
 

 
 

「真奈美さん!まだ話は終わってません。
 

 
実は今日仕事終わりに私は風俗に行って、気持ちよくなって帰ろうと思ってました。
 

 
でも真奈美さんの件でキャンセルしました。真奈美さんにその責任を取ってもらおうと思っています。
 

 
そしたら、すべて流しましょう。しかも今まで通算でもう売り上げも10万以上の損が出てますからね。
 

 
どうですか?」



 

 

「店長さん、、、。それは、、、。
 

 
私には主人も、子供もいます。それだけは何とかならないですか?ほかのことでしたら何でもします。
 

 
それだけは、、、。」

 

 
しかし、僕の怒りは止められません。
 

 
 

 

「真奈美さんは子供さん3人も産んでらっしゃるのに、結構なナイスバディーをしていると見ています。そうですね、、、。
 

 
バストは90センチくらいでFカップ。
 

 
ヒップも85センチといったところでしょうか?
 

 
そのムチムチした身体ですべて流してもらえるなら、たいしたことじゃないですよ。」

 

 
そういい終わるかどうか位で、私は真奈美さんの腕をつかみ、背中から抱きついていました。
 

 
 

 

手でおっぱい、左手で股間をそれぞれつかんでいました。
 

 
 

「店長さん、、、。本当に許してもらえますか?本当に、、、。
 

 
私、仕事やめたくないです、、、。お願いです、、、。」

 

 
私は硬くなった下半身を真奈美さんのヒップに擦り付け、ブラウスのボタンをはずし、右手はおっぱいをじかに鷲掴みしていました。
 

 
 

 

「家でご主人にしているように、私の下半身を咥えてください。
 

 
できますよね?もうこんなになっているんですよ。
 

 
わかりますよね?」

 

 
そういって、真奈美さんの頭を押さえつけ、私の下半身の目の前に座り込ませました。
 

 
 

 

 
 

私はズボンをずらし、パンツも一気にずらしました。
 

 
 

硬くえらの張った下半身が現れました。
 

 
 

 

「こんなに、、、、。こんなに大きいの無理です、、、。
 

 
本当に怖いです、大きすぎる、、、。」



 

 

「ご主人はこんなに太くて長くないのですか?
 

 
それなら、この大きいのも試してみたらどうですか?
 

 
結構気持ちいいと思いますよ!」

 

 
そういって、真奈美さんの口に強引に下半身を突き出し、中へと滑り込ませました。
 

 
 

 

 
 

最初は雁首の辺りから、徐々に奥まで深く挿入していきます。

 

口からはたくさんの唾液が垂れ流されています。
 

 
 

 

 
 

「すごい、、。すごく太いし、、、。
 

 
硬い、、、。こんなの本当に見たことない、、、。
 

 
主人より本当に大きいです、、、。
 

 
私の中にこんなのが入ったら、、、。
 

 
入ってきたらどうなるのかしら?店長さんのこれ、、、私の中に入れてください!」

 

 
真奈美さんをカウンターに手をつかせ、お尻を突き出させました。
 

 
 

 

ごくやらしい眺めです。
 

 
 

制服のスカートをめくると、ストッキング越しに見えてきたショーツは黒のレースのやつです。
 

 
 

 

 
 

ストッキングを剥ぎ取り、ショーツを横にずらし、指でオマンコの濡れ具合を確認してやりました。
 

 
 

結構いい感じのスケベな音がしてきました。
 

 
 

 

 
 

「真奈美さんって本当はドスケベな奥さんなんですね?
 

 
こんなに濡らしちゃって、、、。
 

 
本当は犯されたいんじゃないんですか?
 

 
これからが楽しみですね?
 

 
じゃあ、僕のカチカチの下半身を挿入しますね?」

 

 
そういって、バックから真奈美さんの奥深くまで挿入していきました。
 

 
 

 

ベトベトにぬれていて、ピストンしやすい状態です。
 

 
 

締め付け具合も申し分ありません。
 

 
 

 

 
 

さらにテーブルに仰向けにさせ挿入。
 

 
 

腰を動かしながら、おっぱいを吸いまくり、真奈美さんは激しく喘ぎまくりました。
 

 
 

 

 
 

 

 

「中はだめだからね、、、お願いだから、、、。
 

 
中にだけはだめだからね、、、。
 

 
あーーっでも気持ちいいーーーっ、、、。
 

 
いっぱい店長の精液をぶっ掛けて!!!お願い!!!」
私は、真奈美さんのおっぱいに大量の精液を吐き出しました。
 

 
 

 

私は大量の精液を拭き取らず真奈美さんの身体中に塗りたくり、男の匂いぷんぷんの状態で家に帰らせました。
 

 
 

次の日、私も真奈美さんも何もなかったように仕事をしました。
 

 
 

 

 
 

その次の日も、その次の日も。
 

 
 

あれから、5日がたち私はまた真奈美さんのクレームだといい始めました。
 

 
 

 

 
 

真奈美さんも申し訳ない様子で謝ってきました。

 

私は真奈美さんに一緒に処理に付き合うようにいい、一緒に出かけることにしました。
 

 
 

 

 
 

実は、クレームでも何でもありません。
 

 
 

真奈美さんを外に連れ出す口実です。
 

 
 

 

 
 

真奈美さんも気づいているようでした。
 

 
 

車に乗り込み、私は真奈美さんの股間に手をいれてみました。
 

 
 

 

んとなく気づいてはいたのですが思ったとおりでした。
 

 
 

それは、真奈美さんがノーパンで仕事をしていたのです。
 

 
 

 

 
 

ガータベルトのストッキングにノーパン。
 

 
 

もうすでにオマンコはグッチョリと濡れていました。
 

 
 

 

 
 

私は車を走らせ、近所にあるパチンコ屋の駐車場の屋上へと進みました。

 

私は真奈美さんと車の中でのSEXを楽しみました。
 

 
 

 

 
 

そして、あるときにはご主人の好意で家に招いてもらいました。
 

 
 

妻がお世話になっているとのことで、昼食を呼ばれました。
 

 
 

 

 
 

子供さんたちは学校に行っていていませんでした。
 

 
 

途中でお酒が足りないといって、ご主人が近くのコンビニへ買い出しに行ってくれました。
 

 
 

 

その間も私は真奈美さんに私の下半身を咥えさせました。
 

 
 

さらに、ショーツもブラもはずさせました。
 

 
 

 

 
 

ご主人気づいていないようでした。
 

 
 

そのうちに、飲みすぎて疲れたといって、ご主人は寝室に向かいました。
 

 
 

 

 
 

私は真奈美さんに脱いだショーツを咥えさせ声が漏れないようにしたうえで、SEXしましました。

 

これはかなり興奮しました。
 

 
 

 

 
 

今となっては、仕事はイマイチの相変わらずの真奈美さんですが、僕の性欲の処理のための最高の女となっています。
 

 
 


 
【35万箱突破のモリモリw】

 

 

 
【画像】 管理人体験談
関連体験談
最新記事
ほへーっw
当サイトに掲載している体験談は妄想好きな作者の創作物です。実在の人物や事件とは全く関係ありませんので、ご理解の上お楽しみくださいませ。なお、当サイトでは熟女とのエッチな体験談を常時募集していますので、貴方のエロ体験談を是非教えて下さい!
投稿フォームはコチラ
PAGE TOP ↑