社長夫人は変態っぽいのがお好き┃ママさんバレーがとりもつ甘熟女3Pレズセクロスw

カテゴリー 熟女との体験談タグ

ママさんバレー在籍の甘熟女な社長夫人との、レズあり3Pセックスの件です(汗)。

 

 
そう、あれは、人の誘いがありミニバレーチームの練習に行くようになったことから始まった・・・
 

 
 

 

 
 

と言っても男性は5人に女性15名ほとんどママさんバレーチームです。
 

 
 

 

 
 

男性の中で一番最年少俺でさえ37才です。
 

 
 

 

 
 

ママさんたちも30代が二人残りは40代から50代です。
 

 
 

 

 
 

でもみんな人妻です。

 

先月みんなでビアガーデンがありました。
 

 
 

 

 
 

二次会三次会とありおじさん男性はかなり酔ってました。
 

 
 

チチ触りはしょっちゅうしてました。
 

 
 

 

 
 

ママさんたちの中に松崎さんと川崎さんという二人の40代人妻が抜けて飲み直さない?とひそひそと耳元で言われました。
 

 
 

先に二人が帰ると出て行く俺はタクシーまで送ってきますからとその場を出ました。
 

 
 

 

そして連れて行かれた先は松崎さん行き付けの会員制のバーで個室でしたかなり高級感がありました。
 

 
 

「上原くんお金の事は気にしなくていいわよ」
と挟まれる形で座らされました。
 

 
 

 

 
 

まず松崎さん43才で旦那さんは会社を経営してます元ミスだった松崎さんは今でもいいスタイルしてていい具合の肉付きした普通体型で推定D乳くらいで身長は165。
 

 
 

川崎さんは41才年齢よりかなり若くて可愛く30前半くらいに見えてやはり普通体型ですが胸が大きい多分Fくらいかと思います。
 

 
 

 

 
 

二人ともこの日スカートにストッキング履いてました。

 

ここでの二人は凄かったグィグィくるんです。
 

 
 

 

 
 

ボディータッチしながら

「最近奥さんとはやってるの~」

「いやぁ~あんまりしないですよ」

「あらどうして若いのに~」

「俺のがつらいらしいっすよ」

「つらい?エッチきらいなの?」

「いや~そうじゃなく大きいからみたいです」

「まああ~そうなの?」

「どのくらいなの?」
手でこのくらいですかね?とジェスチャーしたら

「まあっそんなに?うそ~あり得ないわ」
ふたりで言われました。
 

 
 

それからチンポトークが続き川崎さんがじゃあ確かめたいわと服の上から触りだした。
 

 
 

 

 
 

「やめてくださいよここで立ったら収まるのに大変ですから~」
松崎さんから場所変えましょうと言い出ました。
 

 
 

松崎さんと川崎さんに連れられた先は普通のホテルでした。
 

 
 

 

くと飲み会の時は必ずホテルに泊まるみたいでした。
 

 
 

さすがは社長夫人でした。
 

 
 

 

 
 

でもなぜシングルでなくツイン?と思いました

「ちょっと待ってて綺麗にしてくるわ~」
と二人で入って行きました。
 

 
 

一人で待つこと15分くらいしてパスローブ姿の二人が。
 

 
 

 

 
 

そして俺が入りました。

 

俺はタオルを巻いて上がると二人は下着姿で俺を待ってました。
 

 
 

 

 
 

とても人妻に見えない肉付きに俺は高ぶりました松崎さんはかなりゴージャスな下着シルクみたいな生地にシルバーでTバックでした。
 

 
 

川崎さんは薄い紫色したやはりゴージャス感がある下着でやはりTバック俺は二人に近寄らず椅子に座りました。
 

 
 

 

 
 

「どうしたの~?怖じ気づいたの?」

「そういうわけじゃないけどね~」

「じゃあ~な~に?」

「お二人できてるんでしょ?」

「どうして~?」

「わかるよなんとなく~さっきもお風呂場でキスしてたんやろ?」

「……聞いてたのね~……悪いひと……」

「二人でレズってよ先にイカされた方はお預け~」

「そっそんなぁ~」
そしてしばらくして二人はレズるようになりました。
 

 
 

またそれを眺めながらのビールが格別でした。
 

 
 

 

しかも二人はパイパンだったんです。
 

 
 

二人でのシックスナインは最高でしたね。
 

 
 

 

 
 

そしてお互いに指を挿入しての手マンでクチュクチュと動かすと川崎さんは潮を吹きました。
 

 
 

しかしイッてはなくしばらくして松崎さんも吹く始末でした。
 

 
 

 

 
 

それからすぐに身体をビクビクとさせ

「あぁ~あぁ~。だめっイッイッちゃうかもぉ~だめっあぁ~」

「イッちゃって~かなさん~イッてぇ~」
松崎さんは川崎さんにイカされました。
 

 
 

 

かなりビクビクとし目はうつろになり口はガクガクと半開きしてました。
 

 
 

息つくもなく俺は

「とりあえずイッた罰で縛って置こう」
といいバスローブの紐を手と足をそれぞれ縛りましたしかも体育座りで脚を開かせた感じにしタオルで目を隠すべく目隠ししました。
 

 
 

 

 
 

「さあ川崎さんお相手しますよ~」
とデカイ乳を握りしめました。
 

 
 

「あぁ~んら乱暴にしないでぇ~あぁ~」

「若い娘じゃああるまいし……こうされたいんだろ~?」

「あぁ~はああぁ~あなたって…エッチになると変わるのね……」

「さあ~俺によく見えるように股開きなよビラビラを拡げてどうされたいか言いな」

「あはああぁ~わたしのアソコ舐めてください……」
俺はむしゃぶりつきました。
 

 
 

 

 
 

「あぁ~あぁ~はああぁ~はああぁ~あぁ~いぃ~いぃ~あぁ~」
そして指も入れました。

 

ぁ~すごく太い指ぃ~あぁ~すごいぃ~あぁ~いぃ~いぃ~出ちゃうまた出ちゃうう~あぁ~」
ピュッピュッピュッピュッピュッピュッと噴射する始末でした。
 

 
 

 

 
 

「さあ~今度はお待ちかねのチンポを気持ち良くしてくれ~」
タオルを外したら

「すっすごぃぃ…こんなにぃ…」
目隠ししてる松崎さんが興奮してみたいわみたいわと言うが無視した。
 

 
 

川崎さんはくわえだしてフェラが始まった。
 

 
 

 

 
 

「大きくて顎外れそうう~カチカチだし……すごぃ……」
フェラされてる間松崎さんのマンを指で触ってあげました。
 

 
 

松崎さんはかなりあえぎ潮吹きする始末でした。
 

 
 

 

「川崎さん入れたいか?」

「うん……入れたいわ」

「俺は生主義だかいいか?」

「今日は安全日だから……」

「よしさっきみたいに股開きなよ」
そして入り口に入れだすと

「あはあああはああぁ~すすぅごぃぃ~大きいいぃ~避けちゃうう」
そしてしばらくしてマンコに欲しいかと問いかけたら狂ったようにおねだりする松崎さんのオマンコにぶち込んだ。
 

 
 

「あああああっああっすぅごいぃ……」
縛られたまま乱暴に突いて突きまくりました。
 

 
 

 

 
 

川崎さんは横でセックスみながらオナニーしてました。
 

 
 

そしてバックからまたかなり乱暴に突いて突いて突き動かし松崎さんの顔は社長夫人の顔ではなくなってました。
 

 
 

 

 
 

そして中に出していいかと聞くと

「出して出してぇ~たくさん中にちょうだい~」
と言うので最後の激しい突き動かしにやはり失神した。

 

松崎さんに大量に精子を出しました。
 

 
 

 

 
 

抜くとすぐに川崎さんのフェラで掃除してもらいました。
 

 
 

松崎さんと川崎さんとの行為は週に一度するようになりました。
 

 
 

 

 
 

内緒で松崎さんとは二人で会ったりもしてます。
 

 
 

この松崎さんはとんでもないスケベな人妻でした。
 

 
 

 

あるセックスの後俺に口説いて欲しい女がいるんだけど……と相談がありました。
 

 
 

それは松崎さんの旦那の姉だと言うんです。
 

 
 

 

 
 

年齢は46歳写真も見せてもらいましたがメチャクチャきれいなんです松崎さんと川崎さんと比べてもきれい。
 

 
 

たまたま写真が何かのパーティーみたいでドレス姿でした。
 

 
 

 

 
 

群を抜くのがやはり胸元で相当あります。

 

もどうやって?と思うと

「あなた整体師でしょ?個人でやってるということで家に訪問させるから……」
普通にでは落とせないだろうから私が薬を使うわといいその日を待ちました。
 

 
 

 

 
 

そしてその日がやってきました。
 

 
 

松崎さんの家に出向き上がりましたがまだ義姉は来てませんでした。
 

 
 

 

 
 

しばらくしてチャイムがなりました。
 

 
 

「はじめまして…松崎しのぶと言います」
と挨拶された。
 

 
 

 

生で見るとメチャクチャきれいで若い。
 

 
 

しかも服からでもわかるくらい大きい胸。
 

 
 

 

 
 

川崎さんよりも膨らみがありました。
 

 
 

「とりあえずお茶でも出すわねあっしのぶお姉さん整体しやすい服持ってきました?」
というが持ってきてないと言います。
 

 
 

 

 
 

それもそのはず松崎さんは一切伝えてないからです。

 

じゃあ私のを貸すわねといい二人で消えていきました。
 

 
 

 

 
 

そして多分薬が入ってるハーブティーを出してきました。
 

 
 

すぐに

「やっぱり恥ずかしいわこの服?持ってくれば良かったわ」
といいハーブティーを飲み干した。
 

 
 

 

 
 

すぐにエアーマットレスを用意した洋間に案内されてしのぶさんは巻いてたタオルを外しました。
 

 
 

「あんまり見ないでね」
というがタンクトップにショートパンツでした。
 

 
 

 

胸はすごいし生足はムチムチしてました。
 

 
 

そして整体を始めました初めは普通でしたが触ってるうちに変わっていくのがわかりました。
 

 
 

 

 
 

次第に声を出すのがわかりました。
 

 
 


 
【35万箱突破のモリモリw】

 

 

 
【画像】 管理人体験談
関連体験談
最新記事
ほへーっw
当サイトに掲載している体験談は妄想好きな作者の創作物です。実在の人物や事件とは全く関係ありませんので、ご理解の上お楽しみくださいませ。なお、当サイトでは熟女とのエッチな体験談を常時募集していますので、貴方のエロ体験談を是非教えて下さい!
投稿フォームはコチラ
PAGE TOP ↑