肉体関係のあった部長と「おかわりセックス」していた若美熟女な嫁(汗)

昔肉体関係のあった部長に「若美熟女な自慢の嫁」がおかわりセクロスされたのに気づいてしまった件ですw

 

 
そう、若熟女なが自分の知らないところで、、、

「おかわり」
 
されていました。
 

 
 

 

 
 

妻にはその事実を秘密にされ、俺の友人へ先に打ち明けるという屈辱。
 

 
 

 

 
 

今回は友人経由で明らかになったその隠し事を白状させた時の話です。
 

 
 

 

 
 

確かに、過去に会社絡みのホームパーティーと言って家を空けた日のことを思い出しました。
 

 
 

 

 
 

そのホームパーティーの開催地が営業部長の家というのは初耳だったしそれを最初から俺に隠す時点で確信犯的だ。

 

相手は妻と過去身体の関係があり、妻子持ちだった、2人には仕事以外で関わるなとあれほど強く言っておいたのに、しっかり話し合い、果帆には反省して貰わなければならない。
 

 
 

 

 
 

しかし根こそぎ話して貰う為に、大前提として伝えた事。
 

 
 

「俺は果帆と結婚出来て良かったと思ってる俺の知らない所でお前が浮気した事を知っても、結婚した事を後悔していないし、むしろ果帆と付き合う醍醐味と思ってる。ただ俺に隠し続けるつもりなら、話は別、、ちゃんと話せる?」
 
隠し事が明るみになった当日は谷との情事の音データを聴いていて盛り上がっていたので尋問で吐かせることにはなりませんでしたがその翌朝観念した果帆は徐々に話し始めました。
 

 
 

 

 
 

ほぼ谷に言ったとおりの内容で第三者からすれば、すべて言い訳でしかないでしょうが俺にとっては聞くことと、言わせることに意味が有るのです。

 

以下、果帆の言い分そのパーティーには同僚の山ちゃんに誘われていた。
 

 
 

 

 
 

果帆的には山ちゃんのお目当ての男も参加するので、恋のアシスト的なノリも有った。
 

 
 

俺に内緒にしていたのは無駄な心配をかけるだけだから、、と言い張る。
 

 
 

 

 
 

行くかどうか本当に迷っていたが、その日は俺に終日予定が入っている事を知って参加を決めた。
 

 
 

その言い方が、まるで俺が予定を入れたせいだと言っているように聞こえ腹を立てた俺は喧嘩ごしに強く怒りを露わにしてしまった。
 

 
 

 

「人のせいにすんなよ!この○リマン!」
 
思い出す度に酷い言葉を投げつけてしまったと後悔するし自分勝手な事をしていると自認している。
 

 
 

己が望んでいるにも拘らず、少しハメを外されるとへそを曲げてしまい気持ちのバランスを失って相手を責めてしまう青二才だった。
 

 
 

 

 
 

閑話休題俺の暴言に半ベソを掻きながらの果帆に話を続けさせる。
 

 
 

ホームパーティー会場へは同僚の山ちゃんと山ちゃんお気に入りの男の車で向かった。
 

 
 

 

 
 

車の手配をしたのは果帆だ世話好きの果帆らしい。

 

葉の郊外にある森邸はとても広く立派で20名近く集まった人が狭い思いすることなく楽しめた。
 

 
 

 

 
 

BBQで炭に着火する者、庭のハンモックやブランコで遊ぶ者リビングでくつろぐ者、子供とゲームで遊ぶ者果帆は奥さんとキッチンでBBQの仕込みや配膳を手伝っていた。
 

 
 

奥さんは気さくでいい人で、森と関係したことに罪悪感を持った。
 

 
 

 

 
 

食事も盛り上がってみんな騒いでいた。
 

 
 

ふと森部長から、今後は海外の姉妹会社へ単身赴任することになりそうだという急な発表がありみんな寝耳に水な話だったので、ざわついたが果帆は依願退職が決まっていたことも有りどこか蚊帳の外にされている空気だった。
 

 
 

 

居た堪れなくなり、食後は1人ハンモックで休んでいると森部長が近寄ってきて、小声で

「果帆、今日は来てくれてありがとな」
 

「あ、、いえ、、すごい住まいですね」
 
たまに会社で会うとピリピリしてた印象しかなかったが、久しぶりに話をしたら優しくて戸惑う果帆。
 

 
 

「どうだ、新婚生活は?」
 

「ははは、あまり変わらないです」
 
・・・2人でこそこそ話しているのが気になったのか店舗の女性社員が、(森がsexしたと言っていた社員)すっかり酔っ払って森にしなだれかかって来たので話も終了。
 

 
 

 

 
 

山ちゃんは無事?お気に入り男と一緒に車で帰った。
 

 
 

果帆は森の提案も有り、森の車に3名で便乗させて貰った。
 

 
 

 

 
 

店舗の女性も一緒だった、すでに泥酔状態だったので、かなり迂回ルートだったが、先にその子を自宅まで送った。

 

その次に果帆ともう1人の男性社員が近くの駅に降ろされた。
 

 
 

 

 
 

電車に乗って、その男性社員と帰っている時ふと携帯を見るとメールが入っていた。
 

 
 

送信元は森部長だったので、隣の男性に気づかれないようにした。
 

 
 

 

 
 

「2人で話がしたいので、○○○駅で降りてロータリーに来て欲しい」
 
既にその駅は通り過ぎていたが、男性社員には旦那から連絡が有ったと言い次の駅で降りて、Uターンして会いに行った。
 

 
 

着くと車の中で会社が依願退職を募った時に、果帆が名乗りを上げてショックだったどうしても残れないか?と諭された果帆は質問にはまともに答えず以前出張先でレ××したことを卑怯だと責めた。
 

 
 

 

さっき泥酔した女子社員に対しても、明らかにケア不足で見ていて可哀想だよと果帆は事情を知ってしまっていたので惨めで切なかったらしい。
 

 
 

車という密室ということもあってか少し酔った勢いでずっと言いたかったことも言えて涙がボロボロ出てきた。
 

 
 

 

 
 

手を引かれいつの間にか抱きしめられて泣いていた。
 

 
 

「初めて見た時から好きだったんだ、許してくれ、、、」
 
と初めて謝罪の言葉を引き出した。
 

 
 

 

 
 

不本意に泣いてしまったので、取り繕うように笑ったら森が顔を近づけてきてキスされ旦那は今どうしてる?何時ごろ帰る?と聞かれ、そのまま高速道路出口付近のラブホテルに連れて行かれそこでしました。

 

悪感とかはどうしたの?

「んーーなんか、好きだったとか、謝罪の言葉で、ふっとんじゃったみたい」
 
そんな天真爛漫な果帆も流石に素面でsexの中身を話すのは恥ずかしいと言うので俺も果帆もお互い会社へ午前半休の連絡を入れ裸になり、Hしながら話することにしました。
 

 
 

 

 
 

始める前に盗聴した音データを2人で聞きなおそうと思いパソコンも立ち上げましたが、お目当てのファイルが入ったフォルダがどこにも見当たらない。
 

 
 

詰めの甘さは自認してますが即バックアップを取らなかったことは迂闊でした。
 

 
 

 

 
 

こっそり果帆に消されていたのです。
 

 
 

恐らく一緒にモニタを見ている時に在り処も見られていたのでしょう。
 

 
 

 

そのことで喧嘩にはなりませんでしたが、果帆には罰として、俺には浮気を許したご褒美としてw後日浮気の再現ドライブをして同じホテルに入りました。
 

 
 

改めて妻のエロさに思いっきり興奮しました。
 

 
 

 

 
 

そこでまた新たに判明したことも、、、どこから再現したかと言うと、当日の服装はもちろん森が乗っていた車をレンタカーで借りもしました。
 

 
 

ホームパーティーの日は森の奥さんが大型車で別の人達を送っていて、森は普段奥さんが乗っている軽自動車で果帆達を送ってくれました。
 

 
 

 

 
 

俺も○○○駅付近で軽自動車を借りて、そのままロータリーで待ち合わせ家を出る前にビールと焼酎を飲ませていた果帆が到着し実際少し照れ臭そうに車に乗って来ました。

 

目の前に居る自分の妻が、こんな風に自然に抱かれに行っていたのか、、、ぽってりと厚く、グロスで艶やかに潤った唇を見つめてしまう。
 

 
 

 

 
 

この時、俺にも照れが有ったので、台詞を台本通りに言う事は出来ずただ腕を引っ張り、性欲に任せて唇を塞ぐ、果帆の吐息のアルコール臭は濃い。
 

 
 

グロスに果実的な味が付いていて、アルコールと混ざり合い淫靡なカクテルの様だった。
 

 
 

 

 
 

同じ味を他の男にも味合わせたと思うと、股間の硬直は早くも最高潮に途中から舌を絡めてくる果帆、、、森の時もそうしたんだろうな、、股間が脈を打つ。
 

 
 

車を発進させ、ホテルへ向かうと

「足触って」
 
それは?実際にも言ったの?

「ううん、勝手に触られてたw」
 
でも拒まなかったんでしょ?

「うん、サービスw」
 
サービス得意だよね~wシリアスになりそうな空気を照れ隠しでごまかすところが果帆らしい。
 

 
 

 

レギンスパンツを履いている太ももを鷲掴みしながらホテルへそのホテルは郊外ということもあり設備が豪華だった。
 

 
 

同じ部屋も空いていた、エレベーターの中でどうするか指示してねと言うと憎らしいほど屈託のない笑顔で

「じゃぁ、、部屋に入ったらぁ、靴脱ぐ前に、、襲って貰える?」
 
少し上目遣いで挑発してくる単純に挑発に乗ってしまった俺は部屋のキーを開け、先に果帆を通し、ブーツを脱ごうとする果帆の背後から欲望をぶつける背中に覆いかぶさり、耳元でこうか!?こうやって迫られたのかっ!?カーディガンをずらし、肩を露出させ、肩に舌を這わす

「ち、がーぅ、そんなのされてなーぃぃ」
 

「前から、正面から、だ、よ、、もぅw」
 
振り向き、微笑みながら俺の首根っこに手を回し大きく口を半開きにして舌を見せたまま顔を近づけてくる果帆。
 

 
 

 

 
 

興奮に身を任せ貪るようにキスをする。
 

 
 

果帆もノリノリで舌を吸ってくるので実際もそうしたのか、今の興奮がそうさせてるのかその思惑狭間で股間の脈打ちが止まらないが、唇を離して次の指示を求める。
 

 
 

 

 
 

「ちょっと待ってぇ、、って言ったんだけどぉ、、時間無いからって、、、脱がされちゃった」
 

「そのチェストに脚を掛けさせられ、、、舐めて」
 
片足立ちの果帆の足元に跪き股の間に顔を埋め、クリトリスも露出させ、舐める下から果帆の表情を伺いながら部長のクンニでも感じちゃったんだぁ?とあえて露骨な言葉で虐めると

「そう、、、なんかぁ、、最近○○、あんまり舐めてくれないじゃん?、、感じちゃって」
 
確かにそうだ、以前はHの度に必ず舐めていたのに、今はしない方が多いなマンネリに流されていた、、気をつけなければと自らを省みる羽目になった。

 

の後、果帆にベッドへ誘導され攻守交代。
 

 
 

 

 
 


 
【35万箱突破のモリモリw】

 

 

 
【画像】 管理人体験談
関連体験談
最新記事
ほへーっw
当サイトに掲載している体験談は妄想好きな作者の創作物です。実在の人物や事件とは全く関係ありませんので、ご理解の上お楽しみくださいませ。なお、当サイトでは熟女とのエッチな体験談を常時募集していますので、貴方のエロ体験談を是非教えて下さい!
投稿フォームはコチラ
PAGE TOP ↑