お巡りチンポは最高!┃バツイチ甘熟女が年下警察官とむふふwww

バツイチ甘熟女がお巡りさんチンポをハメて貰った件ですw

 

 
そう、私は、40代真ん中バツイチ女です。
 

 
 

 

 
 

美園(仮名)と言います。
 

 
 

 

 
 

地方の警察署の食堂で働いています。
 

 
 

 

 
 

栄養士の免許も持ってるんで私がメニューを作って、他5人の女性のパートさんと仕事していますが、さすがお巡りさん!婦警さんでも食欲旺盛で仕事しがいがある職場なんです。
 

 
 

 

 
 

そこで、機動隊のお巡りさんと仲良くなりました。

 

彼は津川秋仁さんといって、私より8つ年下。
 

 
 

 

 
 

 
「最近、太りぎみなんです」
 
から始まり、私が献立の組み合わせを考えたりしています。
 

 
 

 
「美園さん!3キロ痩せました」
 
そう言って嬉しそうに報告に来る彼と一緒に私も大喜び!

 
「奥さん、やってくれないの?」
 
と聞くと、

 
「無頓着で、子供のことで忙しいみたいで・・・」
 
と、元気が無くなる彼。
 

 
 

 

 
 

ある日、職場の紘子さん(仮名)が合コンの話を持って来ました。
 

 
 

相手はいつもゴハン食べに来るお巡りさん。
 

 
 

 

 
「合コンっても、単に飲み会!」
 

 
「そうだね、みんな知ってるし」
 
でも、その中に津川さんが入っていて、少しトキめく私。
 

 
 

2週間後の金曜日、みんな翌日を非番にして、当日を迎えました。
 

 
 

 

 
 

1次会の居酒屋からみんなテンションMAXで大騒ぎ!私はずっと津川さんのそばにいて、いっぱい話しました。
 

 
 

暁美さん(仮名)がチャチャをいれてきて、イラっときてた。
 

 
 

 

 
 

彼女も狙っているのかも?2次会はカラオケ。

 

途中、しんみりした歌の時、秋仁クンがいきなりカミングアウトした。
 

 
 

 

 
 

2次会になると、苗字から下の名前で呼んでた。
 

 
 

 
「嫁とうまくいってないんだ。子供連れて実家帰ってる。あいつ、学校の先輩と浮気してた。オレも不規則だったんだけど、最近よく実家帰ると思って、非番の日迎え行ったら、子供を実家に預けて、車の中でキスしてた。問い詰めたよ。すんなり白状して、頭きて、大げんか・・・」
 
彼は溜息をついた。
 

 
 

 

 
も!」
 
と私。
 

 
 

 
「あたしもよ。旦那が会社の年下の娘と浮気して、家の中でも、堂々とメールしてんの!毎日、喧嘩してた。辛かったな。離婚した時、子供2人連れて、どうしようかって、毎日泣いてた。でも、ここの職場で明るくなる事できたよ!」
 
彼の膝に手を置いて、

 
「大丈夫!」
 
と元気付けた。
 

 
 

 

暁美さんの視線が気になった。
 

 
 

途中、トイレから出ると、秋仁クンの先輩のタカさん(仮名)がいた。
 

 
 

 

 
 

近くに誰もいなかった。
 

 
 

急にカベドンされて、キスされた。
 

 
 

 

 
 

しつこく!

 
「やめて下さい!」
 

 
「いや!」
 
思い切り抵抗した。

 

私はこの人は前にセクハラみたいなことされて、苦手いや嫌いなんです。
 

 
 

 

 
 

今夜の飲み会もこの人だけ躊躇したんですが、話しなきゃ良いやって。
 

 
 

抵抗しても、力がかないません。
 

 
 

 

 
 

舌が入ってきました。
 

 
 

私は思い切り舌を噛んじゃいました。
 

 
 

 

 
「い、痛っぇー!何すんだよ!さみしいんだろ!オレが慰めてやろってんだ!おとなしくっ」
 
私はこの男にツバをかけた!

 
「この下衆野郎!警官のくせに×××かよ!訴えるぞ!わきまえろ!だから、彼女もできないんだよ!」
 
言ってやった。
 

 
 

私は悪くない。
 

 
 

 

 
 

でも、悔しくて涙が出た。
 

 
 

部屋に戻ると、暁美さんが秋仁クンを押し倒してた。
 

 
 

 

 
 

酔って、眠くてなすがままにされそうな彼。

 

はドアを蹴り上げる様に部屋にはいり、暁美さんを押し退け、秋仁クンの手を取り、1万円を投げつけ、部屋をあとにした。
 

 
 

 

 
 

 
「暁美さんが、き、き急に・・・」
 

 
「秋くん、あんた強いお巡りさんでしょ!何、言ってんの、バカ!」
 
やっぱり、暁美さんは津川さんを狙ってた。
 

 
 

タカさんと共謀してやったみたいです。
 

 
 

 

 
 

秋くんに散々飲ませていたのもタカさんでした。
 

 
 

秋くんと一緒にタクシーに乗り込みました。
 

 
 

 

秋くんはなんと、スヤスヤ眠ってしまいました。
 

 
 

起きません。
 

 
 

 

 
 

家も分からず、困ってしまいました。
 

 
 

仕方なく、ラブホテルに入りました。
 

 
 

 

 
 

“この運転手さん、あたしの事肉食とか思ってんだろうな”秋くんを引きずり部屋に入りました。

 

ハァハァいって、ベッドに寝かせました。
 

 
 

 

 
 

酔いはいっぺんに覚め、家の娘にメールを入れた。
 

 
 

酔って、会社の人のとこ泊まるって!”バーカ”と娘からの返信。
 

 
 

 

 
 

秋くんの顔は幸せそう!その時、寝言で

 
「みそのさ~ん!みそのさ~ん。むにゃむにゃ」
 
その瞬間、私の中でマグマが滾った!乳首は一瞬にして痛いくらい勃起し、あそこはとめどなく、濡れてきた。
 

 
 

 

感じたことのない快感。
 

 
 

秋クンの下腹部はジーンズの上からでもわかるくらい、滾っていた。
 

 
 

 

 
 

私は我慢できず、触れようとしたとき、秋クンが目を覚ました。
 

 
 

 
「美園さん」
 
辺りを見回し、ここは何処?状態。
 

 
 

 

 
 

私は触れようとした手を隠し、

 
「もう、重かった!大変だったのよ!」
 

 
「ゴメン!」
 
会話が面倒。

 

うなんとかしたい!私は我慢できない!

 
「アキクン、罰!」
 
私はアキクンに跨った。
 

 
 

 

 
 

シャツを脱がし、ベルトを外しまどろっこしいので、ジーンズとパンツを一緒に脱がしギンギンに勃起してるチンポにしゃぶりついた。
 

 
 

 
「あ、あおぅ~」
 
呻くアキクン。
 

 
 

 

 
 

私は容赦ない。
 

 
 

たっぷりのツバで絡めつく。
 

 
 

 

私も脱いだ。
 

 
 

黒の下着。
 

 
 

 

 
 

 
「美園さん、エロいよぉ」
 
チンポから離れ、ブラジャーを取り、べっとりのキスから、オッパイをアキクンの顔に押し付ける。
 

 
 

アキクンは乳首を探りあて、含む、舐める、噛む。
 

 
 

 

 
 

アキクンの頭を抱え、悶えまくる私。

 

ぐしょぐしょのあそこ。
 

 
 

 

 
 

パンティも脱ぎ捨て、

 
「アキクン、入れるよ!」
 
思い切り腰を下ろす。
 

 
 

勝手に上下に腰が動く。
 

 
 

 

 
 

アップにしていた髪をほどき、振り乱し、絶叫していました。
 

 
 

アキクンの腹筋に力が入り、それがチンポに伝わり、子宮に当たります。
 

 
 

 

 
「あ、おぉぉうゥゥゥあぁぁぁぁ」
 
涎を垂らし、逝っちゃいました。
 

 
 

 
「オレがめいっぱい、気持ち良くしてあげる」
 
アキクンが蘇った。
 

 
 

 

 
 

男らしさがムンムンしてる。
 

 
 

上と下と交換し、正常位で突かれた。
 

 
 

 

 
 

股が裂けるかと思うぐらいのピストン!時には、ゆっくりグラインド。

 

が真っ白になる。
 

 
 

 

 
 

 
「アキクン!おかしくなっちゃうゥゥゥ、さけちゃうよォォォ~」
 

 
「美園さん、ずっとSEXしたかった。美園さんで何回オナニーしたかわかんないよ!」
 
その言葉で、また熱くなる。
 

 
 

 

 
 

 
「好き、好き、好きィィィアキクン大好きィィィまた、逝く逝く逝く逝く逝くゥゥゥ」
 

 
「オレもオオオオー」
 

 
「アアアアー逝くゥゥゥ」
 

 
「あたしもォォォー」
 
アキクンはチンポを抜くと、私の腹とオッパイめがけて大量の精液を射精した。
 

 
 

お互い、汗だくで、ハァハァしながら、キス。
 

 
 

 

アキクンは私をお姫様抱っこすると、風呂場へ行き2人でシャワーを浴びた。
 

 
 

落ち着くと、またイチャイチャアキクンは部屋へ行くと、ローターと大人のオモチャを持ってきた。
 

 
 

 

 
 

執拗に責められ、愛撫され、何度も逝ってしまった。
 

 
 

風呂から出ると、夜が明けそうだった。
 

 
 

 

 
 

出窓に手を付き、立ちバックで朝日をあびながら愛しあいました。

 

そこから、ベッドに倒れこみ、いろんな体位でSEXしました。
 

 
 

 

 
 

 
「また、オレ逝っちゃいそう!中に出したい!美園さん、絶対幸せにするから!」
 

 
「うん、うん、イイよ!アキクン、イイよォォみそのの、みそのの中にいっぱい、いっぱいアキクンの。精液、いっぱいちょうだいィィアァァァ~ン」
 

 
「いくよ、いくよ、ウゥゥ~アァァァ~」
 
また、2人で逝っちゃいました。
 

 
 

 

 
 

あそこから、どろっとしたアキクンの精液が溢れ出してきました。
 

 
 

アキクンの腕の中で深い眠りに落ち、起きると既に10時その日は2人とも、別れるのが嫌で、腕を絡ませ人目も憚らず、キスしたりしてました。
 

 
 

 

やっと、夕方帰りました。
 

 
 

子供達には呆れられましたが、最高に濃密な夜でした。
 

 
 

 

 
 

その後、アキクンは奥さんと正式に離婚しました。
 

 
 

子供と会えなくなるのが辛いと泣いた事もありました。
 

 
 

 

 
 

でも、今日の非番の日、私の息子とグラウンドでサッカーしています。

 

が帰ってきたら、みんなで焼肉食べに行きます。
 

 
 

 

 
 


 
【35万箱突破のモリモリw】

 

 

 
【画像】 管理人体験談
関連体験談
最新記事
ほへーっw
当サイトに掲載している体験談は妄想好きな作者の創作物です。実在の人物や事件とは全く関係ありませんので、ご理解の上お楽しみくださいませ。なお、当サイトでは熟女とのエッチな体験談を常時募集していますので、貴方のエロ体験談を是非教えて下さい!
投稿フォームはコチラ
PAGE TOP ↑