同じマンションに住む若熟女はがちナイスバディ┃マンション掃除がとりもつ縁w

カテゴリー 熟女との体験談タグ

ナイスバディな若熟女と、いやいややらされる住人によあるマンション掃除がきっかけで、イイ関係になっちゃいますたw

 

 

そう、前住んでたマンションでのこと・・・・そこでは、うっとおしくも、やらなきゃならない住人による清掃がありました。
 

 
 

 

 
 

駐輪場や空いたスペースのごみ拾いなど2人1組ペアになって清掃しました。
 

 
 

 

 
 

その日は、8月のとても暑い日で朝から気温が高くとても大変でした。
 

 
 

 

 
 

私は隣の奥さんとペアでした。
 

 
 

 

 
 

30代前半でスラっとしててそれでいて胸とお尻が大きく、ナイスバディな若熟女、がちタイプでした。

 

2人で駐輪場の自転車の整理、またごみ拾い等を行いました。
 

 
 

 

 
 

奥さんはTシャツにジーパンで、汗をかいており首の下あたりが濡れていました。
 

 
 

朝からの清掃がようやく終わり、参加住民みんな暑い、暑いって言ってました。
 

 
 

 

 
 

私は、奥さんに終了の挨拶をし帰ろうとした時、

「よかったら、冷たいものでもどうですか?」
っと誘われました。
 

 
 

「いいんですか?ありがとうございます」
奥さんのお宅におじゃましました。
 

 
 

 

部屋の中は、綺麗に片付いておりやはり女性の優しさが感じ取れました。
 

 
 

アイスコーヒーをいただき、休憩させてもらいました。
 

 
 

 

 
 

奥さんは、

「ちょっと待っててね」
って言って・・・・それからしばらくして奥さんは、着替えてきました(どうやらシャワーを浴びたようでした)ブラウスに涼しそうなフレアスカートです。
 

 
 

ほんのりいい香りがします。
 

 
 

 

 
 

香水でしょうか。

 

もうお昼時です。
 

 
 

 

 
 

「スパゲッティー作るから食べてっててね」
そういって昼食の準備にとりかかりました。
 

 
 

奥さんの後姿が綺麗で、動くとお尻のパンティラインがうっすらと見えそうで見えなさそうなところが堪りません。
 

 
 

 

 
 

丸い大きなお尻です。
 

 
 

おいしいぺペロンチーノが出来上がり、いただきました。
 

 
 

 

度食べてたら4歳になる娘さんが起きて来ました。
 

 
 

その後、娘さんと遊び14時ごろ失礼しました。
 

 
 

 

 
 

部屋に帰って、私はシャワーを浴びどうしても我慢できず、奥さんのことをイメージして抜きました。
 

 
 

数日後、朝ごみ出しの際偶然奥さんといっしょになりました。
 

 
 

 

 
 

「今度カレーパーティするから。いつお休み?」

「明日の土曜日休みです」

「そう、それじゃ明日ね。早めに来てね、娘も喜ぶから」

「す、すいません。ご馳走になります。それじゃ、明日」
土曜日の10時ごろ伺いました。
 

 
 

 

奥さんは、いつもより化粧が濃いように感じられました。
 

 
 

レースのブラウスにスカートです。
 

 
 

 

 
 

ブラウスは大柄のバラの柄です。
 

 
 

うっすらとブラジャーのラインがわかります。
 

 
 

 

 
 

娘さんは、もう起きてて私が来るのを待ってました。

 

私はこのマンションに越してきて数ヶ月、奥さんは2年余だそうです。
 

 
 

 

 
 

御主人は、仕事で単身地方勤務で月に1度帰ってくるとのこと。
 

 
 

テレビがついてて、私は娘さんと遊びました。
 

 
 

 

 
 

お母さん似でとても可愛いです。
 

 
 

奥さんは、カレーの準備に取り掛かります。
 

 
 

 

ビーフカレーです。
 

 
 

暑い夏にカレー最高です。
 

 
 

 

 
 

そろそろカレーが出来上がりました。
 

 
 

奥さんは、わざわざカツカレーにしてくれました。
 

 
 

 

 
 

私らのとは別に娘さんに甘いカレーもつくりました。

 

盛りのサラダもとてもおいしくいただきました。
 

 
 

 

 
 

食後にバニラのアイスクリームも、最後にアイスコーヒーでした。
 

 
 

食事が終わり、娘さんは昼寝に入った。
 

 
 

 

 
 

奥さんと私はまどろみ、少し沈黙が・・・・目と目が合い、自然に唇を重ね、私はそのまま奥さん押し倒していた。
 

 
 

ダメダメっと数回言ったが、さほど抵抗することもなく私を受け入れた。
 

 
 

 

私は、胸はドキドキ、鼻の穴は大きく開き、既にズボンの中では、はち切れんばかりになっており、なぜか焦ってた。
 

 
 

娘さんが起きるとまずいというのがあったのか。
 

 
 

 

 
 

私は、奥さんのスカートの中へ手を入れ捲り上げた。
 

 
 

真っ白な太腿が現れ、一層いきり立たせた。
 

 
 

 

 
 

奥さんは、濃いピンクのパンティを履いてた。

 

太腿に触れるとひんやりしており、クロッチの上から大事な部分を撫でるとしめっぽかった。
 

 
 

 

 
 

どては、こんもりと発達しておりパンティを押し上げてた。
 

 
 

私は手をパンティの奥に入れた。
 

 
 

 

 
 

もうそこは、ヌルヌルで中指がなんの抵抗もなく入った。
 

 
 

その瞬間、奥さんは眉間に皺をよせ口を半開きにして

「あっ」
を喘ぎ声を漏らした。
 

 
 

 

キスをしながらブラウスの上から愛撫して、ブラウスを捲くったところ、こちらも濃いピンクでどうやらパンティと揃いのようでした。
 

 
 

ずり上げようと試みたけどだめで、背中に手を回してホックを外した。
 

 
 

 

 
 

綺麗な巨乳が現れました。
 

 
 

乳首、乳輪はそれほど黒くなく、乳輪はほどよい大きさです。
 

 
 

 

 
 

私は、ゆっくり揉みました。

 

身スラっとしてるのに大きい乳房です。
 

 
 

 

 
 

たまんない。
 

 
 

そろそろ頃合をみて、スカートを脱がせました。
 

 
 

 

 
 

次にパンティを脱がせようとしたところ、奥さんは抵抗しました。
 

 
 

私の手を払いのけたり、パンティの端に手をかけ下ろそうとしても無理です。
 

 
 

 

ここまできてるのに女って抵抗するのかと思いました。
 

 
 

何度も下ろそうと試みました。
 

 
 

 

 
 

そのときです、

「私だけ?」

「・・・・・俺も脱ぐ」
奥さんにそう言われ、即私は着ていたTシャツ、ズボン、そしてパンツ全部脱ぎました。
 

 
 

私のあそこはこれでもかというくらいにいきり立ち、天を仰いでいます。
 

 
 

 

 
 

先端からは、汁がでています。

 

奥さんは、観念したようで自分でパンティを脱ぎました。
 

 
 

 

 
 

そしてブラウス、ブラジャーも脱ぎました。
 

 
 

裸になった奥さんは、すくっと起きて奥の部屋へ。
 

 
 

 

 
 

なにやら小箱を持ってきました。
 

 
 

それはまだ封の切ってないコンドームでした。
 

 
 

 

「コンドーム、お願いね」
コンドームを私に渡したあと、また奥の部屋へ。
 

 
 

今度は敷布団を持ってきました。
 

 
 

 

 
 

リビングに敷布団を敷き、そして大き目のバスタオルを奥さんの尻の下あたりに敷きました。
 

 
 

奥さんは、仰向けで布団に横たわり、私は奥さんの方を向いてもらったコンドームを着けます。
 

 
 

 

 
 

奥さんは、じっとコンドームを着けるところを見ていました。

 

け終ると奥さんは、安心した表情をしました。
 

 
 

 

 
 

いよいよです・・・・

「いい?」
奥さんは黙って頷きました。
 

 
 

私は奥さんの両脚の間に入りました。
 

 
 

 

 
 

そして大きくいきり立ったものを一気に奥まで貫いて入っていきました。
 

 
 

奥さんは、ものすごくつらそうな表情をして、

「あんっ」
と大きく喘ぎ声を出しはじめました。
 

 
 

 

中はものすごく熱く、とろけるようです。
 

 
 

すごく気持ちいいです。
 

 
 

 

 
 

よく子供を産んだ女性は綺麗になるとか聞きますが、身体もいいんでしょうか。
 

 
 

最初一つになったとき、奥さんの身体は布団の上の方へずり上がりました。
 

 
 

 

 
 

もとのところに戻し、ゆっくり腰を動かします。

 

もちろん、乳房等を愛撫しながら。
 

 
 

 

 
 

奥さんは感じてるようで、喘ぎ声を出しながらシーツにしがみついています。
 

 
 

髪も豊富で、眉も濃くやはりヘアーの面積の量も多く黒々と生茂っています。
 

 
 

 

 
 

私はそろそろいきそうです。
 

 
 

「奥さん、そろそろいくよ!」

「うん・・・私もいきそう・・・」

「う、う、う、いぐ」
私のモノは奥さんの中で激しく脈打ち大量の精液を放出しました。
 

 
 

 

奥さんの下腹は、脈打っておりすごい光景です。
 

 
 

奥さんも同時にいったようで、白目をむいて口は半開きです。
 

 
 

 

 
 

しばらくして、私は奥さんから離れました。
 

 
 

コンドームには、大量の精液が溜まっておりました。
 

 
 

 

 
 

奥さんは、仰向けの状態で大の字になっています。

 

オルケットを掛けてあげました。
 

 
 

 

 
 

奥さんが起きたのは30分後でした。
 

 
 

1回だけなので私はものたりなく、かといって娘さんが起きちゃまずいと思いながらも、奥さんにまだいいですかって聞きました。
 

 
 

 

 
 

「すごくよかったわ、もう一度お願い」
そのあと正常位でもう一回。
 

 
 

そして奥さんが、後ろからして欲しいって言うんでバックでもう一回しました。
 

 
 

 

奥さんのお尻は、広く大きなお尻でした。
 

 
 

こんな感じで、翌年の春に旦那さんが単身赴任から戻るまで大変お世話になりました。
 

 
 

 

 
 


 
【35万箱突破のモリモリw】

 

 

 
【画像】 管理人体験談
関連体験談
最新記事
ほへーっw
当サイトに掲載している体験談は妄想好きな作者の創作物です。実在の人物や事件とは全く関係ありませんので、ご理解の上お楽しみくださいませ。なお、当サイトでは熟女とのエッチな体験談を常時募集していますので、貴方のエロ体験談を是非教えて下さい!
投稿フォームはコチラ
PAGE TOP ↑