思わず誰もが振り返る若美熟女┃嫁友を攻略しちゃった件w

カテゴリー 熟女との体験談タグ

思わず誰もが振り返る若美熟女な嫁友と、セクロスするまでの一部始終ですw

 
 

 

 
 

そう、妻となおみ32才(仮名)は同級生同士で、いい年だけど、なおみは綾瀬はるかに激似のとびきりの美人だ。
 

 
 

 

 
 

肌ツヤも20代。
 

 
 

 

 
 

正直、初めて見たときから惚れてしまった。

 

妻を含めてたまーに遊ぶ仲だったけど、何年もかけてやっと2人でメシを食いに行くことになった。
 

 
 

 

 
 

もちろん妻には内緒で・・・。
 

 
 

その夜、2人でメシを食い店を出て並んで歩いていると、なおみが突然体当たりをしてきた。
 

 
 

 

 
 

俺は転びそうになってびっくりしてなおみを見るとクスクスと笑っている。
 

 
 

それまではどこか壁を作られている気がしたけど、それがきっかけとなって、ぶつかりあったりと悪ふざけが始まって一気に距離が縮まった。
 

 
 

 

車を停めてる駐車場に着くときには肩を寄せ合ってすっかり恋人気分になっていた。
 

 
 

なおみはすれ違う人が振り返るほどの美人でスタイルも抜群。
 

 
 

 

 
 

正直俺なんかとは釣り合わないからこの急展開にびっくりしたし、信じられなかった。
 

 
 

車に乗るとお互い気まずい雰囲気だったけど、運転中思いきってなおみの手を握ると優しく握り返してきてくれた。
 

 
 

 

 
 

指先でなおみの手のひらを軽くひっかくように撫でると、なおみはビクっとして腕を引っ込めた。

 

なおみ

「それはちょっとヤメてよ」



「ゴメンゴメン。もうしないから、今だけ手、貸してよ」
と言うと、なおみは手を伸ばしてきた。
 

 
 

 

 
 

しばらく手を握り合って車を走らせてた。
 

 
 

世間話やお互いの恋愛観を話しながら、俺は愛撫をするようになるみの指を押し広げたり、指先をつまんだり、指の股に擦り付けつけるように指を絡めたりして、さりげなく卑猥な行為を連想させるようにした。
 

 
 

 

 
 

それが奏功したのか、なおみん家の近くのコンビニ駐車場に車を停めて2人向き合い、顔を見るとなおみの目は潤んでいた。

 

は自分のテクも満更ではないのかも、と思ったりしてた。
 

 
 

 

 
 

本当に綺麗な顔で、すぐにでもフェラ顔を見たくなったけど、なおみをとことん焦らして骨抜きにしてやろうと思い直して、愛撫を続けた。
 

 
 

手から腕、二の腕から首筋。
 

 
 

 

 
 

その間もなおみの恋愛遍歴などを尋ね、なおみが答えている隙に優しく抱き寄せて、耳に息を吹きかけるとは体をビクっとさせた。
 

 
 

なおみ

「・・・ちょっとやめてよ」
俺はわざととぼけて何が?と言って、またなおみに過去の恋愛について質問し、愛撫を続けた。
 

 
 

 

なおみは感じているのを俺に悟られないように、体をこわばらせて質問に答えてきた。
 

 
 

ふいに胸を撫でるように触ると、なおみがアッ、と声をあげた。
 

 
 

 

 
 

俺は意地悪く、

「どうしたの?」
と聞いた。
 

 
 

なおみ

「・・・私、胸、感じちゃうの」
このストレートな言葉に俺の理性も吹っ飛び、焦らそうなどという余裕も飛んでなくなってしまった。
 

 
 

 

 
 

シートを倒して抱きしめると、なおみがウウッと溜息をついた。

 

見るからに大きい胸を揉みあげると、キャミソールから覗く谷間が一段と深くなった。
 

 
 

 

 
 

バストサイズを聞くとFカップだという・・・まじかよ。
 

 
 

俺はたまらずなおみの服をまくりあげるとクビれた腰、ほのかに浮いた腹筋と肋骨が露わになった。
 

 
 

 

 
 

スカッシュが趣味で見事に鍛えあげられてる体。
 

 
 

宝石のようだ。
 

 
 

 

そのままブラごと捲り上げると見たこともないような超乳が弾けるようにこぼれた。
 

 
 

デカいが形もよい、肌もツルツルで本当に綺麗な体だ。
 

 
 

 

 
 

こんないい女を好きに出来るのか・・・!と武者震った。
 

 
 

ちょっと大きめの乳首に吸いつくと、なおみはビクビクと体を痙攣させ、それがまた一段と興奮させた。
 

 
 

 

 
 

巨乳は不感症だ、というのはやっぱり一般論なのか。

 

のまま乳首を吸い上げ、右手で乱暴に揉みあげていると、なおみの声が荒くなってきた。
 

 
 

 

 
 

なおみ

「い、いきそう・・・」



「!?」
マソコにはまだ指一本触れていないのに本当にいくのか半信半疑だったけど、俺は乳首を甘噛みしつつ強く吸い上げ、一層強く胸を揉みあげるとなおみがまた声をあげた。
 

 
 

なおみ

「・・・いいっ、いいの、いくっ、いく、いく・・・・っ!」
体をビクつかせてなおみはいった。
 

 
 

 

 
 

胸だけでいく女なんてエロ小説の中だけの話で、まさか実在するとは思わなかった。
 

 
 



「・・・ほんとにいったの??」

なおみ

「・・・うん・・・ごめん」
バツが悪そうに頷いた。
 

 
 

 



「謝ることはないけど・・・ちょっとびっくりしたwでもよかった!」

「まだ触っててもいい?」
と聞くと、

「うん、続けていいよ」
と言ったので、それから胸愛撫を再開。
 

 
 

そのまますぐに胸だけでさらに2回立て続けにいった・・・。
 

 
 

 

 
 

連続でいける女も、俺の経験ではかなり珍しくてそれもまたびっくり。
 

 
 

感度良すぎだろ・・・。
 

 
 

 

 
 

そしてついにフェラタイム。

 

ジーンズとパンツを脱ぐと既にギンギンのチンコになおみが手を伸ばしてきた。
 

 
 

 

 
 

そしてやがてジュポジュポと口をすぼめた。
 

 
 

正直フュラは上手くも下手でもなかったけど、激しめで気持ちよかったし、俺はフェラは相手の顔を見て楽しむものだと思ってる。
 

 
 

 

 
 

なおみはフュラ顔がまた本当に綺麗で、綾瀬はるかにそっくり。
 

 
 

思わず見とれた。
 

 
 

 



「キレイだよ。前から思ってたんだけど、綾瀬はるかに似てるよね」
と言ってしまった。
 

 
 

 

 
 

言ってしまった、というか喜ぶと思ったし。
 

 
 

するとなおみはチンコから口を外し、

「はるかじゃない!!なおみだよ!」
と強い口調で怒った。
 

 
 

 

 
 

かなりブリっ子風だったけど、それもまた可愛いと思えた。

 



「そうだよね。なおみだよね。ごめん、でも本当にキレイだよ」
と機嫌をとった。
 

 
 

 

 
 

普段から美人だの可愛いだの言われ慣れてるだろうし、俺の褒め言葉に全く反応はしなかったけど、またおフュラを再開してくれた。
 

 
 

ハメるか口内射精かちょっと迷ったけど、とりあえず口でいった。
 

 
 

 

賢者タイムの中、飲んでくれる?と聞いたらゴクんと飲み干してくれた。
 

 
 

俺はもう完全になおみを落とした気でいた。
 

 
 

 

 
 

それから休憩した後コンビニで買い物して、なおみのマンションへ。
 

 
 

そして一緒にシャワー浴びた。
 

 
 

 

 
 

タオルは使わずお互い体を洗いっこしようと提案すると、なおみは持ち前の巨乳で俺を洗い上げてくれた。

 

乳首が時折感じるのか体をビクっビクっとさせていた。
 

 
 

 

 
 

そしてパイズリ!ソープをローション代わりに包みこんでくれた。
 

 
 

なおみがぎゅっと胸を寄せてはさみこむと、哀れ俺の並みチンコは完全に埋没した。
 

 
 

 

 
 

このままオッパイの中(?)に出すことも考えたけど、攻守交替で俺がクソニAND手マソ開始。
 

 
 

なおみは潮吹きするらしいよ!!と以前嫁から聞いていたので(そんな話、同性ならともかく異性にしないでくれと思ったけど)、初めは優しく、そしてだんだん激しく手マンすると、まぁ鳴く鳴く。
 

 
 

 

ほとんどAV女優みたいな大っきな声あげて盛大に潮吹いた。
 

 
 

俺は潮吹きさせたのは初めてだっから嬉しかったけど、今まで経験してきた女の中にはいくことすら知らない女の子もいたから、その子達のことを思いだして複雑な気分にもなったりした。
 

 
 

 

 
 

同じ女なのに、セックスで得られる快感の深さが全然ちがうってのが不公平だよなぁとか考えた。
 

 
 

シャワーから上がって、ピル飲んでるからゴムはいらない、と言われたのでそのまま生ハメ。
 

 
 

 

 
 

まじかよ。

 

んな体位でも胸がユサユサ揺れた。
 

 
 

 

 
 

そしてクビれを掴み激しく突き上げながら胸を吸い上げるとすぐに

「いきそう・・・.いく、いくっ、いくー!」
と叫びながら、生マソコでグイグイ締めつけてきた。
 

 
 

(こんな美人でしかもこんな感度のいい女もいるのか・・・・・)俺

「なおみ、大好きだよ!前からずっと」

なおみ

「俺くん、私も!大好きだよ!もっと、もっと強くして・・・!またいきそうなの!いく、いっちゃうっ・・・!!」
夢見心地で俺もフラフラになりながらなおみの体を貪った。
 

 
 

 

 
 

なおみは本当に数え切れないほどいった。
 

 
 

何度目かわからないなおみの絶頂に合わせて俺もたまらず中出し。
 

 
 

 

気持ち良すぎて息が止まるほどだった。
 

 
 

賢者タイムの中、後戯のつもりで軽めに胸を舐めていると、またなおみが感じ始めてチンコをグイグイ締めあげてきた。
 

 
 

 

 
 

(さすがにイキすぎだろ!もういいだろ)とか思ったけど、あぁやっぱりめちゃ美人だなぁとか、黙ってると清楚に見えるのに実はこんなにエロいんだなぁ、本気で付き合いたいなぁ、とか思ってるうちにマンコの中でだんだん力を取り戻すマイチンコ。
 

 
 

なおみ

「英樹くん、好きなの。ねぇもっと、もっと、、、いいの、気持ちいいのっ、いく、いく~っ!」
そんな感じで夜中まで延々ハメ倒し、最後は精巣のあたりが痛くなってた。
 

 
 

 

別れ際、また会える?と聞くと、なおみは

「当たり前じゃん!でも頻繁には良くないよねw」
と飛び切りの笑顔だった。
 

 
 

俺はこれからのセックスライフを想像し、胸を弾ませた。
 

 
 

 

 
 

それから半年あまり・・・完全に振られた。
 

 
 

結局あれから一度も会うこともなく、たまに送るLINEも既読スルー。
 

 
 

 

 
 

やり逃げされる辛さを初めて知った。

 

あんないい女もう2度と抱けないだろうなぁ。
 

 
 

 

 
 


 
【35万箱突破のモリモリw】

 

 

 
【画像】 管理人体験談
関連体験談
最新記事
ほへーっw
当サイトに掲載している体験談は妄想好きな作者の創作物です。実在の人物や事件とは全く関係ありませんので、ご理解の上お楽しみくださいませ。なお、当サイトでは熟女とのエッチな体験談を常時募集していますので、貴方のエロ体験談を是非教えて下さい!
投稿フォームはコチラ
PAGE TOP ↑