ハローワークなリストラ下衆男ですが、初パチ若熟女とイイ関係になっちゃいまスたw

カテゴリー 熟女との体験談タグ

ハローワークとパチ屋往復生活のリストラ下衆男なんですが、初パチ若熟女とイイ関係になっちゃいましたw

 

 

の発端は1ヶ月前なんだけど、俺、リストラされちゃいまして。
 

 
 

 

 
 

今、なかなか職が無く、ハローワークとパチ屋の往復みたいな生活だったんだよね。
 

 
 

 

 
 

で、いつものパチ屋でパチやってたら、パチ初心者みたいな女が隣台に座ったんだけど、カードの使い方が分からないみたいでオロオロしてた。
 

 
 

 

 
 

そうしたら、

「あのーこれどうやるんですか?」
って聞いてきたんだ。
 

 
 

 

 
 

俺、使い方を説明したんだ。

 

そうしたら、出るわ出るわ。
 

 
 

 

 
 

たぶん1000円分も使ってなかったな。
 

 
 

確変の連チャンで、気づいたら、ドル箱10箱積んでました。
 

 
 

 

 
 

俺、たまたまその場にいたんだけど、その女驚いてたんだ。
 

 
 

女のスペック酒井若菜似で、背が高く(多分165cmぐらい)乳がデカイんだけど、デブでは無いんだ。
 

 
 

 

俺、横で見てたけど、かなりスタイルは良い。
 

 
 

んで、何度かパチ屋で顔合わせるようになり、休憩で缶コーヒー飲んでたら、隣に座って話したんだ。
 

 
 

 

 
 

名前は寛美。
 

 
 

若熟女な専業主婦で子供無し。
 

 
 

 

 
 

やっぱり初めてのパチ体験だったみたい。

 

それで初めてやった日から、ハマったらしく、それから毎日通ってたみたい。
 

 
 

 

 
 

俺達は、話が合うって言うか、俺が巨乳フェチなんで、惚れちゃったんだ。
 

 
 

お互い、携帯番号とメアドを交換した。
 

 
 

 

 
 

それから数週間後・・・。
 

 
 

パチ屋で寛美が

「お金貸してくれない?」
って言われ、1万貸したんだ。
 

 
 

 

の金で打ったら、またまた確変連チャンで。
 

 
 

すぐ金返してくれた。
 

 
 

 

 
 

寛美

「今日は儲かったから、晩ご飯奢るわ」
回らない寿司屋で、たらふく酒飲んで寿司食った。
 

 
 

何年ぶりかの回らない寿司。
 

 
 

 

 
 

二人とも結構酔っぱらってた。

 

その後、カラオケ屋に行って、散々歌い倒した。
 

 
 

 

 
 

夜遅くなってきたんで・・・。
 

 
 



「そろそろ帰らなくて大丈夫?」

寛美

「今夜は旦那が出張だから平気だよ。それよか私の家で飲み直そう」
俺、心の中でガッツポーズ。
 

 
 

 

 
 

タクシーで寛美の家に行ったね。

 

んで、家で飲み始めたんだ。
 

 
 

 

 
 

はじめ向かい合わせで飲んでたんだけど、寛美がトイレから帰ってきたら、俺の隣に座ってきた。
 

 
 

ピタって、くっついてきてさぁ。
 

 
 

 

 
 

巨乳も押し付けてきたんで、襲っちゃいました。
 

 
 

そうしたら照明がついてるのに、自分から服脱ぎ始めちゃって。
 

 
 

 

俺も、慌てて脱いで。
 

 
 

それからもう、お互い発情した動物のようでした。
 

 
 

 

 
 

寛美の巨乳を揉みまくり、舐めまくりで。
 

 
 

寛美は、あえぎ声がデカくてビックリしたけど、積極的な感じだった。
 

 
 

 

 
 

フェラも、さすが人妻って感じ。

 

竿や鬼頭も舐めまくりの、吸い込みのバキュームフェラだ。
 

 
 

 

 
 

圧巻なのは、喉奥まで咥えながら、舌を使いまくり。
 

 
 

俺、思わず出そうになったもん。
 

 
 

 

 
 

俺も負けじと寛美のクリを指やら舌で攻めまくり。
 

 
 

後はもう、ひたすらヤリまくりです。
 

 
 

 

寛美は

「いっぱいしよ」
って萌えましたねぇ。
 

 
 

突くたびに声がさらに大きくなって。
 

 
 

 

 
 

久々のセックス、久々の生だったんだけど、酒のせいか、なかなか長持ちしまして。
 

 
 

寛美も何度もイッたみたいでした。
 

 
 

 

 
 

「中に出してもいいよ」
と言われたけど、怖かったんで寛美の腹に出すつもりが、胸、顔、髪に飛び散りました。

 

煙草吸って、ひと休みしてたら・・・。
 

 
 

 

 
 

「ねぇ、こっちにも入れて」
寛美が誘ったのはアナルでした。
 

 
 

実は俺、アナルはやったことが無く、どうしていいか分からなかったんですよ。
 

 
 

 

 
 

寛美は慣れているらしく、誘われるまま、正常位で初めてのアナル体験。
 

 
 

愛液をアナルまで延ばした寛美は、スムーズに誘導。
 

 
 

 

いゃあ、気持ち良かったぁ。
 

 
 

入り口が締まり、俺のチンポの根元が締め付けられる。
 

 
 

 

 
 

当然あっと言う間に射精しました。
 

 
 

寛美と俺はセフレ関係になりました。
 

 
 

 

 
 

そして先週、パチ屋で、

「寛美の友人なんですけど、私にもお金貸してくれません?」
と女性が声を掛けてきました。

 

く見ると反対側の台で寛美が打ってまして、しかも大フィーバー中らしく、電飾が光ってました。
 

 
 

 

 
 

寛美が指差して頭下げてる。
 

 
 

俺は、この人とは初対面だったけど、まあいいかって金貸したんです。
 

 
 

 

 
 

1万円。
 

 
 

そしたらその女も、あっと言う間に確変。
 

 
 

 

俺なんか、なかなか確変に入らないのに・・・。
 

 
 

アホらしくなって、自販機の前で缶コーヒーを飲んでました。
 

 
 

 

 
 

すると、さっきの女が・・・。
 

 
 

「まだ帰らないで待っててください」
俺は何の事か分からずに、休憩するイスに座ってました。
 

 
 

 

 
 

1時間後、寛美が俺の所にやってきて・・・。

 

「さっきはゴメンねぇ。私の友達なんだけど、あなたの話したら紹介してくれってしつこくてさぁ」
寛美曰く、俺が金を貸して打ったら、必ず勝てると。
 

 
 

 

 
 

あの後、何回か寛美に金貸した事があって、その都度勝っていたと。
 

 
 

寛美と話していたら・・・。
 

 
 

 

 
 

「先ほどはスイマセン。これ返します。ありがとうございました」
女が金を返してくれた。
 

 
 

 

「これから予定あります?」
その後、食事に誘われまして。
 

 
 

何だよ、パチで勝ったのにファミレスかよ?と。
 

 
 

 

 
 

金貸した女のスペック。
 

 
 

名前はさつき。
 

 
 

 

 
 

痩せていて貧乳(ガッカリ笑)。

 

かに似ている訳じゃないが美人タイプ。
 

 
 

 

 
 

独身。
 

 
 

ファミレスじゃあ酒を飲むにしても、ビールぐらいなんで、当然飲み足りなかった。
 

 
 

 

 
 

さつき

「うちのアパートで飲み直しましょう」
俺は、下心マンマンでアパートに行きました。
 

 
 

2DKのアパートで再び飲み開始。
 

 
 

 

どんどん飲んで酔っぱらううちに・・・。
 

 
 

寛美

「やっぱりさぁ加藤さんのお金には運があるんだよ」
(嘘つけぇ、俺は勝てないぞ)さつき

「うんうん確かに運があるかも。

私ここんとこ負けっぱなしだったもん」
それは、たまたまだと言いたかったが・・・。
 

 
 

 

 
 

さつき

「ねぇ寛美・・・あの話も本当なの?」
(何の話だ?)寛美

「さあね。

さつき試してみるフフフ」



「何の話だよ?」

さつき

「加藤さんとエッチすると、次の日はもっと運がつくって」
何じゃこいつら。
 

 
 

 

酔っぱらってるのかぁ?さつきが俺に擦り寄って来た。
 

 
 

巨乳フェチの俺としては、さつきはタイプではないが、俺のチンポは反応しちゃってたんです。
 

 
 

 

 
 

自然と俺は、さつきにキスしてしまった。
 

 
 

こうなったらエロモード全開です。
 

 
 

 

 
 

さつきとディープキスをかまし、首筋をベロベロ舐めました。

 

酒のせいなのか、さつきも大胆です。
 

 
 

 

 
 

寛美は、じーっと俺達を見てました。
 

 
 

さつきのブラウスを脱がし、ミニスカのファスナーを下ろし、足で引っかけ脱がすことに成功。
 

 
 

 

 
 

ブラを外すと、意外にも胸がある。
 

 
 

これなら食える!さつきの胸を揉み、乳首を舐めると、ビクッビクッと凄い反応。
 

 
 

 

底的に乳首を攻めました。
 

 
 

あえぎ声が独特で、高い声であえぎます。
 

 
 

 

 
 

パンツの上からでも、バッチリ濡れてるのが分かる。
 

 
 

パンツを剥ぎ取り、クリを舐めます。
 

 
 

 

 
 

もう入れましたよ。

 

たまんなくなって。
 

 
 

 

 
 

何気に寛美を見たら、オナってました。
 

 
 

それ見たらもっと興奮してきて、ガンガン突きまくり、やっぱ怖いので外に大量にブチまけました。
 

 
 

 

 
 

寛美もイッたようで、3人して寝転がり放心状態。
 

 
 

すると・・・。
 

 
 

 

寛美

「私にもして」
俺のチンポはすぐには復活しません。
 

 
 

寛美がフェラしてくれました。
 

 
 

 

 
 

すると、さつきもフェラ。
 

 
 

Wフェラなんて生まれて初めてです。
 

 
 

 

 
 

で、寛美とセックスしながら、右手の指でさつきに手マン。

 

初めての3Pで俺は、戸惑ってました。
 

 
 

 

 
 

なんて言うか、集中力に欠けます。
 

 
 

寛美がイッたみたいなんで、チンポを抜きさつきに入れるという忙しいセックス。
 

 
 

 

 
 

もう、訳分からなくなりまして・・・。
 

 
 

それから寛美は、旦那に電話し、さつきの家に泊まる事を告げて明け方までやりまくり。
 

 
 

 

日が黄色く見えたのも初めてでした。
 

 
 

その後も、彼女達がパチで負け始めると俺とやる日々だったんですが・・・。
 

 
 

 

 
 

俺、先日就職先が決まってしまって、転勤が多い職場なんです。
 

 
 

いつまで、この関係を続けられるか心配です。
 

 
 

 

 
 


 
【35万箱突破のモリモリw】

 

 

 
【画像】 管理人体験談
ほへーっw
当サイトに掲載している体験談は妄想好きな作者の創作物です。実在の人物や事件とは全く関係ありませんので、ご理解の上お楽しみくださいませ。なお、当サイトでは熟女とのエッチな体験談を常時募集していますので、貴方のエロ体験談を是非教えて下さい!
投稿フォームはコチラ
PAGE TOP ↑