【パートの甘熟女とカーセックス】、【妹と強制セックスさせられた件】

【パートの甘熟女と着衣カーセクロス】

 

 

かいのデスクのパートの主婦38歳柔らかい巨乳の吉野さんに飲み会の時に挿入してしまってから、僕の中ではどんどん欲望が募ってきてました

 

 
酔ってたことや外出ししたこと、仲が良くなっていたこともあり許してもらえましたというか巨乳の人妻が笑顔で話しかけるから、勘違いしてしまうんです
 

 

先日、5時に吉野さんが退社し、6時に僕が退社し駐車場に向かうとバッタリ遭遇車を置いて近くで買い物をしていたらしい吉野さん、何か運命的な出会いを感じますね」

 

 
「なにそれ?」

 

 
「ちょっとだけ僕の車乗りませんか?見せたいものがあるんです、なにもしませんから」

 

 
「絶対変な事するでしょ?もーー、乗るだけだからね」

 
ドアを閉めたら目を見つめ続け、唇を近づけていくと

 
「ちょっと何もしないんでしょ」

 

 
「まだなにもしてません」

 
手のひらで実際には触らず空気を揉むように仕草をしたり、乳首をツンてやる仕草をしたりしてると、触ってないのに

 
「あっ、だめっ、あっやだっ、あっ、ちょっ、あっ」

 
とビクビク反応してます絶対濡れてると思い

 
「何もしない予定だったんだけど、もし吉野さんがアソコを濡らしていたらどうする?もし濡らしていたら吉野さんが誘ってるってことだから何かしないとね、確認させて」

 

 
「いやっ」

 

 
「なんで?濡れてるから?」

 

 
「違う、今日はダメなの」

 

 
「なにが?」

 

 
「・・・・・」

 

 
「僕ね、これを見せたかったんだ、コンドーム、これがあれば問題ないでしょ?」

 
ちょっと吉野さんの顔が緩み

 
「このままいったら本気で好きになっちゃいそうで怖かったからダメって言っちゃったの」

 
ってなんて可愛いんだと思いました本気にさせたいけど、家族がいるし、僕も本気になっちゃいけないなと気づきましたそれで

 
「凄いこと思いついちゃった、嘘で好きになればいいじゃん、ねっ?そうでしょっ?」

 
戸惑いながらも頷いた僕はすかさずズボンを脱ぎ、勃起度を見せつけた

 
「なんで若い人ってそんなに元気なの?」

 

 
「吉野さんが元気にさせてるんだよ」

 

 
「嬉しいけど、ヤりたいだけでしょ?」

 

 
「でも、嫌いだったらヤりたくない」

 

 
「もー、しょーがないなぁ」

 
っていいながら、フェラを始めてくれた
 

 
街灯の明かりが差し込む車内で僕のをくわえた吉野さんの顔はものすごくエロティックだった
 

 

 
ついつい携帯で写真を撮ってしまった
 

 

 
連写で正面から横顔まで消してと言われたのでSDカードにコピーしてから、消すとこを見せた
 

 

 
コンドームの出番が来たお尻をつき出させ、スカートを捲りあげパンストとパンティを膝まで下ろしオマンコを少しいじり、周りを濡らしてからコンドームをはめる振りして挿入
 

 

キュウキュウ締め付けるし、生の罪悪感で興奮が極みに達しすぐ発射
 

 

 
一番奥に突き刺したままチンポをビクビクさせておっぱいを揉み揉みこれで終わったらあまりにももったいないので頑張って二回戦
 

 

 
楽しさと気持ち良さと罪悪感でまたすぐに興奮の極みに達し発射
 

 

 
ここではじめてイッたように声を出し、小刻みに動かし続けすべてを出しきった抜くと同時にコンドームを装着すぐオマンコにティッシュを当てて白濁液を拭き取る
 

 

 
「吉野さんまだ興奮してるの?お汁がどんどん垂れてくるんだけど」

 
と言いながら、流れ出てくる精液をこぼさないようにすくいとるコンドームをバチンと外しティッシュの山にくるめて一緒にごみ袋へ
 

 
あっという間の出来事だったけど興奮が治まらず笑みが込み上げてくるパンストを戻し、最後におっぱいが吸いたくなって服を捲りあげ、乳首をチュパチュパ満足してから服を整え見送った
 

 

それにしてもいい体だなぁと思います、一度でいいから裸と裸で重なり合いたいです。
 

 
 

 

 
 

 

 

 

 


【妹と強制セックスさせられた件】


 

 

俺と妹(高1)、山本、榊原、高柳、かおりの5人で俺の家で菓子を食べながらゲームをしていた。
 

 
 

 

 
 

俺と山本は仲が良く、その他は山本の友達であまり喋らない人だった。
 

 
 

 

 
 

みんな同級でかおりっていう女は顔は普通だが性格がめちゃ悪く、こちらからはほとんど喋りかけない人だ。
 

 
 

 

 
 

前置きはこれくらいにして、当日みんなで喋っていて、突然ものすごい睡魔に襲われたことは覚えているが、そこから何が起こったかは記憶にない。

 

気がつくと信じられない光景を目にした。
 

 
 

 

 
 

目の前に妹が一糸まとわぬ全裸状態で椅子に座らされ、手は後ろで、脚は目いっぱい開いた状態で縛られている。
 

 
 

そして口にはタオルで声が出ないように縛られ、涙を流している妹がいた。
 

 
 

 

 
 

次に気づいたのは俺の腕が背中で縛られている。
 

 
 

そして極めつけは俺まで全裸にされている。
 

 
 

 

意識が戻った俺を見てかおりが

 
「あ、気がついた?やす君のおちんちん見ちゃった。かわいいね!」

 
と言って俺のちんこをつんつん突いてきた。
 

 
 

 

 
 

俺は

 
「触るな!なんだよこれは!?」

 

と言うと

 
「私達ね~、あんたのことまじでむかついてるからお仕置きしてあげようと思ってね!あんたの態度まじで腹立つんあよね!」

 
と文句を言ってきて

 
「まずはあんたの妹の性器を舐めな!」

 
と言ってきて

 
「そんなことできるか!」

 
と言うと後ろから蹴りが入って、ナイフを妹の性器に突きつけて

 
「逆らったら妹のまんこ切り刻むぞ!」

 
と高柳が言ってきた。
 

 
 

俺の髪の毛をわしづかみにされ、妹の性器のまん前に俺の顔を持ってきて

 
「さっさと舐めな!」

 
と言ってきた。
 

 
 

 

 
 

妹は

 
「ん~!ん~!!」

 
と声を出して首を横に振っていたが、俺は抵抗しても無駄な事を知ると妹のあそこを舐め始めた。

 

 
「キャハハハハ、やす君妹のあそこ舐めてる~。きも~~い」

 
と言いながらあざ笑うかおり。
 

 
 

 

 
 

この女だけは絶対許さない!そう心に誓って妹のあそこを舐め続けた。
 

 
 

5分くらい経ったときに妹の性器に変化が見られた。
 

 
 

 

 
 

あそこがぱっくり開いてぬめぬめしてきた。

 

じてるんだ・・と思うと妙に興奮してしまって、ちんぽが勃起してきた。
 

 
 

 

 
 

それを見たかおりが

 
「あ~~!妹のあそこ舐めながら勃たたしてるーーー!!変態だーー!!」

 
と言いながら俺のちんぽを握って扱いてきた。
 

 
 

 
「こうすると気持ちいいんでしょ~?」

 
と言って上下にゆっくり扱き続けるかおり。
 

 
 

 

 
 

オナニーはしょっちゅうするが、Hの経験が無い上に、異性の手でしごかれたことすらない俺にはものすごく刺激が強かった。
 

 
 

俺は快感を堪える為に唇を噛み締めて下を向いていた。
 

 
 

 

おちょくるようにかおりが、俺の顔の前に俺を覗き込むように顔を持ってきて

 
「気持ちいい?気持ちいい?」

 
とにやにやしながら扱き続ける。
 

 
 

大嫌いなかおりの手とは言え、異性の手はものすごく気持ちよく、すぐにいきそうになってきた。
 

 
 

 

 
 

 
「うぅ~。うぅ~。」

 
と堪えていると高柳が

 
「こいついきそうなんじゃね?」

 
と言ってきた。
 

 
 

 

かおりが

 
「うそ~~?まだ触ったばっかりだよ~?」

 
と言って俺の顔を覗き込みながら

 
「やす君いきそうなの?いきそうなの?」

 
とにやにやしながら上下に扱く手を早めてきた。
 

 
 

 
「私知ってるよ?やす君って私の事嫌いなんでしょ~?避けてるもんね~。その私に射精させられるってどんな気分なんだろうね~~。ホレホレ~」

 
と言って更に手を早めて扱いてきた。
 

 
 

 

 
 

もう無理・・・。

 

 
「で・・出る・・・」

 
って言った瞬間、かおりは手を離した。
 

 
 

 

 
 

 
「キャハハハハ。私にいかせてもらうなんて100年早いよ、バーーカ!」

 
と言って笑っている。
 

 
 

 

 
 

 
「あなたは妹のあそこ舐めてなさい」

 
と言って俺の顔を妹のあそこに擦り付ける。
 

 
 

俺は再び妹のあそこを舐め始めた。
 

 
 

 

るとかおりが

 
「わたしが扱いてあげるから舐めてなさい。」

 
と言って今度はゆっくりと扱き始める。
 

 
 

 

 
 

再び射精感が上がってくる中、かおりが

 
「もっと気持ちいいこと教えてあげる~」

 
と俺のちんぽを引っ張って、妹のあそこにこすり付けてきた。
 

 
 

 
「性器をこすり合わせると気持ちいいんだよ~」

 
と言って俺のちんぽの先を妹のあそこにぐりぐり擦り付けてきた。
 

 
 

 

 
 

先っぽが入るか入らないかの状態でぐりぐりやられ、すぐにいきそうになり

 
「だ、だめ・・・もう無理・・・」

 
と言った瞬間、かおりが

 
「やす君童貞なんでしょ~?さらば童貞!!」

 
と言って俺の腰を後ろからグッと押してきた。

 

俺のちんぽが妹のあそこに

 
「にゅるっ」

 
っといって奥まで入った。
 

 
 

 

 
 

その瞬間

 
「あっ!!」

 
と声を出す間もなく

 
「ドピュッ!!ピュッ!ピュッ!!」

 
と妹の中に思いっきり射精してしまった。
 

 
 

かおりが

 
「え~~??うそ~~???入れただけでいっちゃったの~~?っていう~か、妹の中に出しちゃったの~~~??知らな~~~い」

 
と笑っている。
 

 
 

 

 
 

 
「出してもまだ勃ってるねー、腰をゆっくり引いてごらん」

 
と言って来たのでゆっくり抜こうとすると抜ける間際に腰を後ろからグッと押し出す。
 

 
 

3回くらい同じことをされ、その度に俺は喘ぎ声を出してしまった。
 

 
 

 

 
「はい、今度は自分一人でやってみなさい」

 
と言われ、俺はその初めて味わう快感に負けてしまい、腰を前後に動かし始めた。
 

 
 

気持ちいい・・・10回くらい前後に動かすとまたもや射精感がこみ上げてきて

 
「だめ・・・また出ちゃう・・・」

 
と情けない声で言うと

 
「いいよ。

出しちゃいなさい」

 
とかおりがにやけながら言う。
 

 
 

 

 
 

もう腰が止まらない・・・

 
「ああーー、出るーーー!」

 
と叫んで腰を突き出し、再び妹の中でいってしまった。
 

 
 

 
「あーーー、すっきりした。そんじゃ帰るからね。あ、妹さんの中に出した精液早く出さないと妊娠しちゃうよ」

 
と言って俺の腕の紐だけ解いて帰って行った。
 

 
 

 

妹を中に出した精液を出さなきゃ、と思って妹の性器に伸ばした。
 

 
 

その時、改めて見る妹の性器に見とれた。
 

 
 

 

 
 

これが女性の性器・・・そしてゆっくりと手を伸ばして精液をかき出す為に指を妹のあそこに入れた。
 

 
 

 
「うっ」

 
と言って腰をビクッとさせる妹。
 

 
 

 

 
 

精液をかき出す為に指を前後させる。

 



 
「うっ」

 

 
「うっ」

 
と声を漏らす妹。
 

 
 

 

 
 

感じてる・・・・?と思って、精液をかき出す振りをしながら指を出し入れする。
 

 
 

出し入れする度に

 
「ぐちゅぐちゅ」

 
と音がする。
 

 
 

 

 
 

俺は左手の親指でクリトリスをぐりぐりした。
 

 
 

異変に気づいた妹は突然

 
「うーー!うーー!!」

 
と言って首を横に振り出した。
 

 
 

 

俺は構わずクリトリスをグリグリしながら指の出し入れを早めた。
 

 
 

妹の体に力が入ってきて、より大きなそぶりで

 
「ううーーー!!」

 
と言って首を横に振ったかと思うとビクンッとしてのけ反った。
 

 
 

 

 
 

そしてガグン。
 

 
 

とした。
 

 
 

 

 
 

いってしまったんだろう。

 

そして俺のちんぽはまた勃起状態でもうがまんできなくなって

 
「ごめん・・もう我慢できない。もう一度だけやらせて・・」

 
と言った。
 

 
 

 

 
 

妹を見ると無言で横を見ている。
 

 
 

俺はちんぽを妹のあそこに当てがって、ゆっくりと腰を突き出した。
 

 
 

 

 
 

 
「にゅるっ」

 
といって奥まで入れるとゆっくりと腰を前後に動かした。

 

気持ちいい・・・そして徐々に腰を早く動かした。
 

 
 

 

 
 

すでに2回出しているとはいえ、俺を射精に追い込むまでに5分とかからなかった。
 

 
 

 
「だめ・・出そう・・・」

 
妹は横を向いて事が早く済んでほしいといった感じだった。
 

 
 

 

 
 

 
「出るっ!」

 
どぴゅぴゅぴゅっ妹の中に3度目の射精をした。
 

 
 

そして妹を縛ってる紐を解くと妹は無言で風呂場に行った。
 

 
 

 

してそれ以来妹とは言葉を交わすこと無く月日が流れたある日、食事をしていると突然

 
「うっ」

 
と手で口を押さえてトイレに駆け込む妹の姿があった。
 

 
 


 
【35万箱突破のモリモリw】

 

 

 
【画像】 管理人体験談
関連体験談
最新記事
ほへーっw
当サイトに掲載している体験談は妄想好きな作者の創作物です。実在の人物や事件とは全く関係ありませんので、ご理解の上お楽しみくださいませ。なお、当サイトでは熟女とのエッチな体験談を常時募集していますので、貴方のエロ体験談を是非教えて下さい!
投稿フォームはコチラ
PAGE TOP ↑