悪友の家に泊めてもらった上にその嫁さんにチンポの世話までして貰った件w

友達の家に泊めて貰った上に、その友達の若熟女な嫁にチンポの世話までして貰った件です。

 

 

そう、日、2日間の研修があったため、悪友、ヒロシの家に泊めてもらった。
 

 
 

 

 
 

自宅から行けないわけでもないが、朝の弱い俺にはどうにもキツい起床時間になるためだ。
 

 
 

 

 
 

滞りなく1日目の研修も終わり、友人の家に行くと嫁の佳織と子供しかいない。
 

 
 

 

 
 

お先にということでみんなで晩ご飯を食べ、子供の相手をして友人の帰りを待った。
 

 
 

 

 
 

ヒロシを待っている間に佳織が子供を風呂に入れるというので、俺は銭湯に行った。

 

風呂を貸してくれると言ってくれたのだが、いい機会なので、たまにはデカい風呂に気持ち良くつかろうと。
 

 
 

 

 
 

ヒロシが帰ってきたのが22時くらい。
 

 
 

友人は晩ご飯をつつき、俺は買ってきた乾き物をつまみながら、酒を飲んだ。
 

 
 

 

 
 

ヒロシが晩ご飯を食べ終えると風呂に入り、さっさと寝てしまった。
 

 
 

「あの人いつもこうなんだよね。疲れてるからしょうがないけど、少しは家の事とか手伝って欲しい」

「俺も人のこと言えてないなー。子供の面倒は見るけど、どうしても家事が出来ないんだよな」

「子供の面倒見るだけいいじゃん。うちなんか全部私だけだよ」
愚痴を聞かされながら、今度は佳織と酒を飲む。
 

 
 

 

上の子は寝たが、下の子がまだ乳飲み子でこまめに寝たり起きたり。
 

 
 

ヒロシが寝てしまったからか、大胆になり、授乳するときも全然隠さない。
 

 
 

 

 
 

俺も自分の嫁で見慣れているし、そもそも授乳している所を見たって何とも思わないのだが、とりあえず

「ちょっとは隠そうぜ」
くらいは言っておいた。
 

 
 

「え~?あんただからいいじゃん。見知らぬ人に見られてるわけでもないし」

「酔ってるか?酔ってるのか!?」

「あーうん、酔ってる酔ってる!」

「いいからちょっとは配慮してくれよ。あいつが起きてきたら面倒な事になるだろ。特に佳織が」

「しょうがないなぁ」
というと、子供におっぱいをあげたままヒロシの寝室を確認しに行き

「大丈夫だよ」
と。
 

 
 

 

「いや、何がだよ」

「だから、一度寝たら起きてこないんだって」

「それはわかってるよ!俺だって付き合い長ぇよ!半端なコントみたいな会話すんのやめようぜ」
そんな会話があって、0時半くらいには就寝。
 

 
 

翌朝、6時半くらいからごそごそしているので目がさめると、ヒロシが出勤準備していた。
 

 
 

 

 
 

佳織はまだ寝ているようだ。
 

 
 

「おはよ。朝早くから夜遅くまで大変だなー」

「あ、起こしちゃったか。悪い。今忙しい時期だし職場も遠いからしょうがないんだよな」
軽い挨拶をするとヒロシはすぐに出て行った。
 

 
 

 

当に子供と遊んだり家の事をする余裕がなさそうだ。
 

 
 

玄関の鍵が外からかかると、すぐに車のエンジンがかかり、発進した。
 

 
 

 

 
 

2度寝する余裕は十分にあるなと思い、再び布団に入ると、5分くらいしたら佳織が来た。
 

 
 

パジャマは着ているが、前は全開。
 

 
 

 

 
 

ブラもしていない。

 

「おはよ。朝からばたばたしててごめんね。いつもあんな感じ」

「おはよ。それはいいんだけど、その格好は何?」

「これね、夜添い乳しててそのままなんだわ」

「いやいや、予想通りなんだけど前しめようよ」

「いいじゃん、せっかくなんだしさ」
と言うと、上を脱いで俺に抱きついてきた。
 

 
 

 

 
 

そして

「ねえ、あきらもね」
といいながら俺の服を脱がせ始めた。

 

「素肌同士でくっつくのって気持ちいいんだよね~。体温が直に伝わってこの季節なんかだと最高。もうちょっと早いと寒いけどね」

「なぁ、俺にも家族がいるわけだし、佳織だってそうだからさ」

「“家族と性欲“でしょ。チャンスだと思ってたんだよね~。あの人小さいし早いし」
俺の股間をズボンの上からさする。
 

 
 

 

すげえうまい。
 

 
 

なんだこいつ。
 

 
 

 

 
 

「俺にも理性のたがというのがあって」

「うーるーさーい!あんただって若い頃さんざん遊んでたでしょ!私も遊んでたのに、あんただけはタイミングあわなくて何もなかったから狙ってたの!一人で丸くなってちゃダメ。だから一緒に若返ろ?」
学生時代の頃のような上目遣いで言われると弱い・・・。
 

 
 

 

 
 

というか本当にズボンの上からでもうまい。

 

構いいもの持ってるね。何人くらい遊んだの?」

「よく覚えてないなぁ。20人ちょい?」

「え、そんなもん?私もっとだわ」

「何人くらいとしたんだよ」

「さー、それはどうだろね」
無邪気に笑いながら俺のズボンとパンツを下げると、優しくペニスを握り、しごき始めた。
 

 
 

 

 
 

ヤバい。
 

 
 

こいつはマジでうまい。
 

 
 

 

「私ばっかりするのもなんだからさ、一緒に触りあおうよ」

「よし、俺の腕もすっかりさび付いて嫁しか知らんようになってるというか、嫁とも全然してないけど、いっちょ頑張るか!」

「あんたそれ寂しいな」
お互い全裸になり、お互いをまさぐりあった。
 

 
 

「んっんっ・・・」

「ここまできて言うのもなんだけど、ちょっと気恥ずかしいな」

「ん、いいよ。もうヒロシとしか出来なくなってたから、これを機会にこういう関係になろ?」
しばらくはお互い、手だけで愉しんだ。
 

 
 

 

 
 

さすがに佳織もうまいが、感じると手が止まるので俺としては凄く助かった。
 

 
 

シチュエーションや相手が違うというのもあり、暴発しそうだった。
 

 
 

 

これを読んでる人はこの気持ち、わかってくれると思う。
 

 
 

ほっとしながら手で攻めていたが、あえぎ声混じりに言い出した。
 

 
 

 

 
 

「んっあっあっ!欲しい!あっ!口で、する!」
ヤバい。
 

 
 

これは非常にヤバい。
 

 
 

 

 
 

ただでさえ手でもうまいのに、口でされたらどうなるんだ。

 

でも断れない。
 

 
 

 

 
 

俺のペニスがしゃぶられたいと言っているようだ。
 

 
 

「んふ~。我慢汁おいし。食べ応えのあるおちんちんいただきまーす」
ぺろっと先端を舐めてから口にくわえた。
 

 
 

 

う、ストロークする、舌を使う。
 

 
 

どれもが絶品だ。
 

 
 

 

 
 

場数が違いすぎる。
 

 
 

俺の嫁なんか、フェラでいかせてくれたことなんか滅多に無い。
 

 
 

 

 
 

シチュエーションがどうこう以前に、レベルが違いすぎる。

 

嫁もしっかり調教したつもりだったが、世の中は広い。
 

 
 

 

 
 

「ごめん、あんまりされたらイッちゃうって」
言うと口からはなし、手で根本をさすりながら全体を丹念に舐める。
 

 
 

これがまた絶妙。
 

 
 

 

 
 

こいつ本当に風俗店でトップを張ってたくらいじゃないのか?と疑問を持つレベル。
 

 
 

とにかく休むことなく、使える全てを使って刺激し続けてくる。
 

 
 

 

「我慢出来ないでしょー。イキたいでしょー」

「いや、イキたくない」

「えー?なんでー?出してもいいのにー」

「イク直前の最高の快感をずっと味わいたいんだよ」

「じゃあ、イカせないようにする!」
再びくわえると、ストロークをせずに舌をとにかく動かす。
 

 
 

 

 
 

「おちんちんが大きくなってると、先がふにふにしてて、それが好きなんだよね」
・・・本当にもう勘弁してください。
 

 
 

攻守交代いいですか?ダメですか?いや、しますけどね。
 

 
 

 

 
 

「ダメ!今度うまくタイミング見計らってラブホデートしてあげるから!」
そう言うと口からペニスを引き抜き、俺が再び攻撃。

 

「ああああああ!いきなり激しくしないで!いい!あああああっあっあっ!もっと!激しく!」

「若い頃の俺も全然かなわん淫乱だな、佳織は。攻めるのが好きみたいだけど、攻められるのもいいみたいだね」

「うん!うん!ああ!いい!」
乳首を口で攻め、まんこの中をかき回す。
 

 
 

 

 
 

クリトリスは仕上げだ。
 

 
 

と思っていたがそうはいかなかった。
 

 
 

 

 
 

自分の手でクリトリスをいじり始めた。

 

ああん!気持ちいい!あきらいい!好き!」

「ここはどこだ?何してるんだ?」

「んっ!あん!ここ、私と!ヒロシの家!ああっ!あきらとセックスしてる!」
こんな感じの言葉責めを織り交ぜて攻め続けていたら、軽い痙攣をしてイッてしまったようだ。
 

 
 

 

 
 

「私ね、我慢出来なくなって自分でもしちゃうの。もちろん本番になると動き的にそんなこと出来ない事が多いけど、気持ちいいのはするのもし始めてからも我慢出来ないの。ね、もう我慢出来ない。入れて?」

「生で?」

「生でなきゃだめ。大丈夫。もうすぐ生理だろうし、最後は綺麗に、ね」
まずは正常位から。
 

 
 

 

子供を2人産んでいるとは思えない。
 

 
 

いや、うちの嫁だって2人産んでいるが、割とまんこの状態は良い方だ。
 

 
 

 

 
 

「すごい!すごい!この存在感久しぶり!もうヒロシとじゃダメ!」

「(ヒロシ・・・可哀想な奴)」

「もっと!もっと動いて!大きいの久しぶりなの!」
正常位でも積極的に腰を使ってくる。
 

 
 

どうやっても俺だけのペースにならない。
 

 
 

 

 
 

性に貪欲というのはこういう事を言うのかと感じた。

 

続いてバック。
 

 
 

 

 
 

「ほら、旦那のいないうちに何してるんだ?」

「んっあっ!後ろから犯してもらってる!もっとつよく!痛いくらいして!」

「ほんっとうに淫乱だな。さすがに俺もこんなの初めてだぞ」

「ああああああああ!痛い!ダメ!」

「ダメならやめるか?」

「もっとぉ!もっと突くの!」
洒落になってない。
 

 
 

 

 
 

うちの嫁なんかじゃ軽く突いただけで痛がってどうにもならんのに、佳織は俺が止まっても全力で腰を振ってくる。
 

 
 

そのまま背面騎乗位になると、もう完全に佳織のペース。
 

 
 

 

「やっと私の番が来た♪」

「え、ちょっと待って。どうするん?」

「気持ちいい顔見せてね?」
緩急の付け方が半端じゃない。
 

 
 

 

 
 

どうやったら初めての相手する男の感じ方をコントロール出来るんだ。
 

 
 

俺もイク気はないが、向こうはもてあそんでいる。
 

 
 

 

 
 

対面の騎乗位になると、俺に胸を触られ、腰を上下前後左右に自在に動かし、可愛い声を上げ続けている。

 

ん・・・本当はホテルなんかでもっともっと大きな声が出せると最高なんだけどね」

「俺は今でも最高だな。佳織と出来るならいつでも最高だ」

「今も最高?イッていいよ?ね、綺麗にするから」

「ごめん、そろそろ耐えられなさそうだったし、イカせてもらうわ」
俺の言葉を合図にして、さっと俺の上から降りると、素早くペニスを口に含んで、素晴らしいフェラ。
 

 
 

 

 
 

「イクよ!出る!しばらくしてないから一杯出るぞ!」

「ん!ん!んんん!」
昇天。
 

 
 

昇天したところで最後の一滴まで吸い取られ、綺麗に舐められ、それでも手は裏筋をなで続けている。
 

 
 

 

 
 

「やめて!マジやめて!くすぐったい!」

「こんなのまだいいでしょ。ヒロシなんかこれやったら身をよじって逃げるよ♪」

「今度はもっと本気で相手させてもらうから。リベンジするぞ」

「時間が合いそうなときはいつでも言ってね。私も受けて立つよ。しっかり奥さんで練習して私を気持ち良くしてね」
そしてしばらくして、俺は研修2日目に向かった。
 

 
 

 

頭も下半身もすっきりしていた俺は、帰りの電車で爆睡でした。
 

 
 


 
【35万箱突破のモリモリw】

 

 

 
【画像】 管理人体験談
関連体験談
最新記事
ほへーっw
当サイトに掲載している体験談は妄想好きな作者の創作物です。実在の人物や事件とは全く関係ありませんので、ご理解の上お楽しみくださいませ。なお、当サイトでは熟女とのエッチな体験談を常時募集していますので、貴方のエロ体験談を是非教えて下さい!
投稿フォームはコチラ
PAGE TOP ↑