極上な美熟女と信じていた嫁が…┃弟たちのチンポを試していたのを発見してしまった件(涙)

極上の美熟女だった嫁が弟のチンポで欲望を満たしていたのを発見してしまった件です(涙)。

 

 

そう、数年前に結婚したアラサー若熟女ながら年下の妻は、とてもかわいく、体型もちょっとぽっちゃりしているけれど、その分胸も尻も大きくたっぷりしていて、申し分ない。
 

 
 

 

仮に舞衣(仮名)と書くけど、妻の舞衣は、料理もう舞衣し、性格もおだやかで優しい。
 

仕事がハードで帰りが遅くても、文句もいわずにごはんを作って待っていてくれる。
 

 
 

 

本当に自慢の妻だったんだけれど、あるとき弟からメールが来て、

「おねえさん、浮気してるよ」

 
というんだよ。
 

俺には弟が2人いて、一人は28歳で会社員。
 

 
 

 

もう一人は2年浪人して入ったために、22歳の大学生。
 

で、真ん中の弟の方からメールが来ていたから、

「どこかで見たとか、証拠はあるのか?」

 
返信したら、一番下の弟と妻が自宅のソファーでセックスをしている写真が送られてきた。
 

 
 

 

信じられなくて、

「合成か何かだろう」

 
ってはぐらかしたんだけど、後で冷静になって考えてみると、一番下の弟と妻のセックスしている最中の写真を、どうして真ん中の弟が持っているんだろうか?
 
しかももう一度確認してみたら、第三者が写したようなアングルで、抱き合うふたりがしっかりとフレームに収まっている。

 

 

これは、真ん中の弟も怪しいと思って、罠をしかけることにした。
 

 
 

 

「明日から3泊で出張なんだ。妻が心配だから、学校終わりとか仕事終わりで構わないから、いっしょに夕飯でも食べてやってくれないか?舞衣、料理うまいぞ」
 

って、二人の弟にメールを送信。
 

 
 

 

舞衣が夜寝ている間に、脱衣所やリビング、寝室、キッチン……複数の盗聴器をしかけておいた。
 

で、ノートのパソコンをつけておいて、リモート操作できるように設定し、翌日漫画喫茶にこもって様子を見ていた。
 

 
 

 

そしたらしばらくして、一番下の弟がやってきた。
 

「おねえさん、昼飯買ってきたよ。いっしょに食べよう」

 

「ありがとう。わざわざごめんね、あとでお金渡すね。飲み物入れるから、座って~」

 
最初は普通に食事を食べていて、そのあと片付け。
 

 
 

 

 

してしばらくして、

「ねぇ、今日出張なんでしょ?兄さんもそのこと知ってるの?」

 

「うん、なんか、メールがきたからって。お仕事終わったらすぐ来るって言ってたわよ。わざわざ教えるなんて、あの人もちょっとおバカだよね。大事な奥さんが、弟たちにおかされちゃってるのに」

 

「犯されちゃってるっていうけどさ、ねえさん喜んでたじゃん。年下好きだから、オレとのセックス楽しいって。兄さんも、きっと仕事終わってからならスーツでくるから、大好物のスーツ姿でセックスしてもらえばいいよ。」

 

「やだ、想像するだけで濡れてきちゃうじゃない。でも、夜まで待てないから、先に一回しちゃわない?」

 
信じられなかったが、妻から誘っている様子だった。
 

 
 

 

そのまま妻が

「私が固くしてあげる」
なんて言っていたから、フェラチオでもしたんだと思う。
 

 
ソファーに座ったりして、むっちりとした胸の谷間を見下ろしながらフェラチオしてもらっているんだろう。
 

 
 

 

「よしっ、もうパンパンになったね。でもまだ入れちゃダメだよ?私のことも気持ちよくしてくれなくちゃ。いっぱい舐めてほしくて、さっきシャワーも浴びておいたんだから」

 

「ねえさんってばエロいね。……うわ、パンツはいてなかったの?舐めなくてももう濡れてるし、入りそうだけど…でもオレも舐めるの好きだから、いっぱいしてあげるね…」

 

「あはっ、そこそこぉっ!そこもっと舐めてぇ~!あっあっ、もういく、すぐいっちゃうのぉっっ!」
舞衣はクンニが好きだが、俺はあまり好きではないから、いつもそんなにしてやらなかった。
 

 
 

 

だから、そういうのも原因で、たっぷり舐めてくれる弟を選んだのかもしれない……。
 

 

悔しさとか怒りで涙が出そうになるのを堪えながら、数時間に及ぶ、二人のセックスを聞いていた。
 

 
 

 

そしたらやっと真ん中の弟もやってきて、夕食も食べずに、すぐセックスに加わっているようだった。
 

 

「あー疲れた。腹減って死にそうだから、舞衣ちゃん食べちゃおっかな~。って、うわ、もうどろどろじゃん。妊娠したらどうするの?」

「平気よ、だって兄弟みんな血液型いっしょなんでしょ?」

 

「うわぁ、ねえさんひどいな~。悪女だよ~。まぁ、オレたちは生で中出しセックスさせてもらえて最高だけど」

 
避妊もしていないのかと愕然として、リビングに置いてあるパソコンをリモート操作して、パソコンに内蔵しているウェブカメラをオンにしたら、一番下の弟が下半身裸でソファーに座っていて、その股間を舐めて奉仕しながら、四つんばいになって後ろから真ん中の弟に挿入されている妻の姿が映った。
 

 
 

 

その日はその映像を録画しておいて、何も知らない顔をして3日後に帰宅して、そのデータをDVDに焼き付けてまずは妻の実家へ。
 

 

「なんでうちに?」

 
とオロオロしていた妻も、妻の家のリビングでノートパソコンを取り出し、DVDを再生したところ、急に泣き出した。
 

 
 

 

「だって、寂しかったんだもん!それにもともと、年下の男の子が好きだったから……寂しいときに優しくされて、関係もっちゃって……そしたら、今度はふたりとも遊びにきて、三人でしようって誘われて……」

 

「言い訳はそれだけか?申し訳ないけど、離婚してほしい。弟ともセックスしているような妻なんて、正直、気持ちが悪い」
親御さんに
 

「娘さんに、バツをつけてしまうことになります。

申し訳ない」

 

って頭下げたら、ご両親ふたりとも涙流しながら、

「悪いのはこの子です。

いつまでかかってでも、償わせますから」
って、とりあえず謝罪ってことで100万円渡された。
 

 
 

 

婚届は後日郵送するからってことで妻は妻の実家に置いて帰って、妻がこれからバイトなりなんなりして稼いだお金から、毎月30パーセント程度を送ってもらうことになった。
 

で、今度は俺の実家だ。
 

 
 

 

両親を呼んで、今のテレビで例のDVDを見せたら、

「弟たちをこんなふうに育ててしまって、ごめん」
って謝られた。
 

離婚することを伝えたら、
 

「あちらの親御さんにも伝えたのなら、あとは好きにしたらいい。弟たちのことは、もう勘当しよう。あいつらもいい歳だし、ほうっておいても生きていけるだろう。あんなことするやつを人間として信頼できるはずもないし、もう息子でもなんでもない!」

 

 
って、父親も涙流しながら怒ってくれた。
 

 
 

 

そもそも、なんで真ん中の弟が俺に話したのかってことだけど。
 

多分、妻が一番下の弟を特にかわいがってるのが、面白くなかったんだろうな。
 

 
 

 

それで、弟だけ、この関係から切ろうと思ったに違いない。
 

本人と話すことももうないから、俺の想像にすぎないけれど。
 

 
 

 

それから職場の上司のうち、本当に信頼できる人にだけ、今回の件を話した。

 

で、違う県の支部にうつらせてもらえることになって、弟たちとも元妻とも綺麗さっぱり別れられたよ。
 

 
 

 

外見がかわいいとか、いくら優しくていい子でも、裏では何思って何してるかわかったもんじゃない。
 

女って、ほんと怖いよ。
 

 
 

 

 
 


 
【35万箱突破のモリモリw】

 

 

 
【画像】 管理人体験談
関連体験談
最新記事
ほへーっw
当サイトに掲載している体験談は妄想好きな作者の創作物です。実在の人物や事件とは全く関係ありませんので、ご理解の上お楽しみくださいませ。なお、当サイトでは熟女とのエッチな体験談を常時募集していますので、貴方のエロ体験談を是非教えて下さい!
投稿フォームはコチラ
PAGE TOP ↑