酔っぱらった若熟女な同僚が求めてきた結果→膣内奥深くへザーメン注入w

カテゴリー 熟女との体験談タグ

若熟女な同僚の膣内奥深くへザーメンを注ぎ込んじゃった件です。

そう、あれは、週、会社の同僚がひとり退職することになった送別会の後のこと・・・
 

3人しか居ない貴重なウチのチームの一人。
 

 
 

 

色々とトラブルがあって、結局会社では送別会をしないようなので、ウチのチーム3人でささやかな送別会をやりました。
 

仕事帰りなので開始は21時。
 

 
 

 

会社近くの居酒屋で、2時間限定だけど飲み放題ということで、そこに行くことに。

 

 

3人で行くと、みんなで話すというよりは、誰か一人があぶれてしまうってことありませんか?この時も、自分と退職する人(男)とですっかり仕事の話で熱中する横で、ガンガン飲み続ける子がひとり。
 

 
 

 

前に一線を越えてしまった女の子です。
 

若熟女の彼女には仕事の話は退屈だったのかもしれませんね。
 

 
 

 

まぁ、素が呑兵衛で、この飲み放題を選んだのも彼女でしたから・・・。

 

2時間後、退職する人と別れ、帰りの途に。
 

 
 

 

自分と彼女は電車が一緒なので同じ電車。
 

この路線、乗り出す駅は込んでいるんですが、2~3駅を越えると空き出し、終点に着く頃にはガラガラ。
 

 
 

 

ガラガラのベンチシートに2人で座っていると、隣から腕を絡めてくる彼女。
 

ドギマギする自分をよそに、さらにしがみついてくる彼女。
 

 
 

 

 

はたから見たらすっかりバカップル状態。
 

どうやらホントに飲みすぎてしまったみたいです。
 

 
 

 

そのまま若熟女の彼女は目的駅まで眠ってしまっていました。
 

駅に着き、彼女は乗り換えがあるのでここでお別れ・・・と、なるはずでした。
 

 
 

 

「大丈夫?ちゃんと帰れる?」
という自分にフルフルと顔を横に振り、しがみついた手を離さない彼女。

 

ういう仕草に、きっと男って騙されちゃうんですよね。
 

 
 

 

結局、車を出して送ることに。
 

前に一線を越えて以来、一線を越えるような機会もなく、あの時だけの事と思うようになっていのですが、お互い仕事が忙しくそれどころではなかったというのが実際で、自分もかなり意識はしてました。
 

 
 

 

結局、自然な成り行きでホテルへ直行。
 

部屋に入るなりしがみついてきてキスを求める彼女。
 

 
 

 

そのまま靴も脱がずに彼女を貪るように愛しました。
 

入り口にはお互いの服が散乱しています。
 

 
 

 

(帰りに

「服がない!」
と2人で一瞬慌てました)彼女が身にまとっていたもの全てを外し、キレイな肌が露わになったところでさらに彼女を攻め続けます。
 

入り口のドアに手を当てさせ、後ろから彼女の一番敏感な部分に指を押し込む。
 

 
 

 

その奥はすっかり暖かく、洪水のように溢れていました。

 

そのままの状態で後ろから攻め続け、まずは若熟女の彼女をイカせたところで奥に入ろうと画策していた自分。
 

 
 

 

イカせるところまでは良かったのですが、ペタンと座り込んだ彼女は、

「自分だけズルい」
と言って自分のズボンを脱がせ、そのまま愚息を頬張ります。
 

どこで覚えたのかという上手な舌使い。
 

 
 

 

そして、上目遣いにこちらを見つめる表情にすぐに果ててしまいました。
 

ドクドクと彼女の口の中に流れ込んだ白い液体を当然のように飲み干し、微笑む彼女。
 

 
 

 

さすがに寒くなり、そのまま風呂場に直行。
 

そこで聞いたのですが、やっぱり仕事の話ばかりでつまらなかったのだそうな。
 

 
 

 

風呂で温まりながらイチャイチャしていると再び愚息も準備OKの体勢に。
 

彼女の声も次第に色気が出てくる。
 

 
 

 

そのまま風呂の中で合体しました。

 

シャバシャと風呂の湯が暴れます。
 

 
 

 

彼女の腰がさらに激しく動き始めたところで風呂場の壁にまた手をつけさせ、後ろから攻め続ける。
 

彼女の激しい声が風呂場中で共鳴して、その声に若熟女の彼女はさらに激しさを増していく。
 

 
 

 

本当ならこのままベッドに行ってもいいのですが、イチャイチャ中にAVの話が出まして、

「風呂場だったら顔射してもすぐ洗えるね」
と言っていたので、それをする予定でした。
 

彼女が先に果てたところで、彼女をバスタブの淵に座らせ、ついさっきまで自分自身の中に入っていた愚息を咥え込む彼女。
 

 
 

 

そのまま激しい勢いで吸い付きます。
 

瞬く間にイキそうになる。
 

 
 

 

「イキそうだ、かけるよ」
という声に彼女は、

「うんうん」
と激しく口を動かしながら応えます。
 

そしてイク瞬間、彼女の口から愚息を外し、彼女の顔めがけて放出。
 

 
 

 

精子にまみれた彼女から一言。

 

「どんな感じ?」
顔中に飛び散った精子が若熟女の彼女をさらに淫靡にしていた。
 

 
 

 

風呂から出て、そのままの姿を鏡に映し彼女に見せる。
 

「いゃぁ恥ずかしい」
そう言う彼女を鏡とは反対側の壁に押し付け、そのまま彼女の前に跪き、彼女の大切な部分に顔を埋める。
 

 
 

 

そして溢れ続ける泉に舌を宛てがう。
 

ビクンビクンと激しく抗う彼女の体を強引に押さえつけながら彼女を弄り続ける。
 

 
 

 

彼女の瞳が閉じるたびに、

「閉じちゃダメ、感じてる自分をちゃんと見なさい」
と言って目を開けさせる。
 

その度に、精子にまみれ快楽に溺れた自分の表情を見て、さらに激しく腰をひねる彼女を押さえつけながら絶頂を迎えさせる。
 

 
 

 

最後はその場にペタンと座り込む彼女。
 

そのまま風呂場に戻り、最後はベッドへ。
 

 
 

 

ここまでかなり激しかったこともあり、ベッドで若熟女の彼女の体内を指でまさぐると激しい潮を吹く。

 

しく、量に。
 

 
 

 

すっかり快楽に溺れたように激しい彼女の声は前回とは比べ物にならないほど激しく、そして自ら卑猥な言葉を叫び続ける。
 

ここまで激しい女の子は初めてだった。
 

 
 

 

そして最後のフィニッシュ。
 

イキそうになる自分にしがみつき、

「イッちゃうの!お願い、出して~!!」
と叫ぶ彼女。
 

 
 

 

言われるがまま彼女の体内に放出。
 

そのまましばらくずっと2人とも繋がったまま動けませんでした。
 

 
 

 

ふと我に返ったところで彼女の体内から体を離し、彼女の体内に入っていった白い液体を拭き取ろうとティッシュを手に取り、彼女の入り口を探りましたが全く出てきません。
 

かなりの時間フタをしていたので、かなり奥まで入ってしまったようです。
 

 
 

 

さすがに2人顔を見合わせ、

「できちゃったかな?」
と声を合わせました。

 

まぁそうなったらドロ沼になりそうですが、体の相性は確実に妻よりも彼女の方が合うようです。
 

 
 

 

とりあえず、来月に生理が来るかどうかで判断するしかないということで一息。
 

すっかり激しくなっていた彼女も落ち着いてきたところで、自分が相当卑猥な言葉を叫び続けていたことを思い出したようで、しきりに恥ずかしそうにしていました。
 

 
 

 

翌週からはチームは自分と若熟女の彼女の2人だけ。
 

正直ちょっと心配になってきた。
 

 
 

 

仕事、大丈夫かな?
 

 
 


 
【35万箱突破のモリモリw】

 

 

 
【画像】 管理人体験談
関連体験談
最新記事
ほへーっw
当サイトに掲載している体験談は妄想好きな作者の創作物です。実在の人物や事件とは全く関係ありませんので、ご理解の上お楽しみくださいませ。なお、当サイトでは熟女とのエッチな体験談を常時募集していますので、貴方のエロ体験談を是非教えて下さい!
投稿フォームはコチラ
PAGE TOP ↑