高慢で高飛車な甘熟女を焦らしセックスで弄ぶ┃「欲しいんだったら、大声で何処に何が欲しいのか言いなさい…」

カテゴリー 熟女との体験談タグ

高慢ちきな高飛車甘熟女を、弄びセックスしてあげた一部始終です

 
そう、あれは、女のいる匿名SNSの掲示板に返事出したら直ぐに返事が帰ってきたことから始まる・・・。
 

 
 

 

 
 

驚く程の高飛車な条件に反対に興味を持った。
 

 
 

 

 
 

これだけの事を言う限りは自分にも自信を持っているのだろうと。
 

 
 

 

 
 

口説き落とすのに楽しみを感じた。
 

 
 

 

 
 

メールを続ける内に彼女の事が段々と分かりだした。

 

仕事を持つ主婦で、子供も二人いるそうだ。
 

 
 

 

 
 

中肉中背の容姿。
 

 
 

男には持てるタイプとの自己申告。
 

 
 

 

 
 

不倫経験もあり、気にいる男性を探し求めている貪欲な女の匂いが分かる。
 

 
 

たまたま彼女との会話の中でお互いに声を聞いて話をしたら少しはお互いが分かりやすいとの事で、携帯で話をした。
 

 
 

 

声ははきはきとした話し方で、声からはおばさんの匂いは感じなかった。
 

 
 

直感でOKを感じ取れた。
 

 
 

 

 
 

仕事で北陸の取引先の会社訪問の予定を急遽早める事にした。
 

 
 

彼女にこの事を告げると、都合を付けてくれると。
 

 
 

 

 
 

ただ市内では顔がさすので、あるホテルに泊まってくれと指定された。

 

そこの日本料理店は個室があるので安心だと。
 

 
 

 

 
 

約束の日、夜の7時にホテルのロビーで待ち合わせ。
 

 
 

時間に少し遅れて現れたのは、予想通りのスタイルの良い明るい熟女。
 

 
 

 

 
 

挨拶を簡単に済ませて、食事の個室へ。
 

 
 

個室は掘り炬燵の川沿いの個室だった。
 

 
 

 

かい合って座り料理とお酒を注文。
 

 
 

食事をしながらお酒も会話も進み、その会話の中で彼女はお酒が入ると寝てしまう事を知った。
 

 
 

 

 
 

食事が終わって顔を真っ赤にした彼女の目は、もう眠る準備に。
 

 
 

「部屋で少し寝る?車だし危ないから」
と言うと、

「そうする。

でも最後までは絶対にしないよ・・・良い?」
と気丈に言った。
 

 
 

 

「良いよ。部屋に行って少し寝なさい」
と部屋に招きいれた。
 

 
 

 

 
 

彼女はそのままベットに服を着たまま飛び込むと熟睡。
 

 
 

彼女に布団を被せてから、ソファに座り一人テレビを見ていた。
 

 
 

 

 
 

1時間ほどして彼女は動き始めた。

 

起きた彼女にお茶を飲ませて、少し横に座って手を握って話をした。
 

 
 

 

 
 

彼女は私の手を握りながら、手が好きだと言い始めた。
 

 
 

膝枕をしながら手を髪に絡めて撫でてあげた。
 

 
 

 

 
 

彼女は目を瞑り、頭に感じる手の感触を楽しんでいるようだ。
 

 
 

その間に色々と話をして明日の朝にもう一度ホテルに来て、一緒にモーニングをする約束などをしながら。
 

 
 

 

暫くすると彼女は唇を軽く開きながら突き上げてきた。
 

 
 

下唇の厚い彼女の唇を、私は軽く唇で食んだ。
 

 
 

 

 
 

軽く軽く食むと、彼女から唇を開き舌を求めてきた。
 

 
 

私は、自分からは今日は約束を破らない方法で行くことにした。
 

 
 

 

 
 

舌を絡ませると彼女は吸い付きさらに奥に求めてくる。

 

は、たっぷりと彼女の要求に答えてから、耳たぶへ唇を移すと、彼女の声が漏れ始める。
 

 
 

 

 
 

耳をたっぷりと食んでから、首筋から鎖骨へと吸い付くと彼女の声が変わる。
 

 
 

じっくりと責めながらブラウスを開いていき、ブラから乳首を引き出し指先で転がす。
 

 
 

 

 
 

唇はうなじから肩に。
 

 
 

素早く上半身を脱がせながら、体中を丹念に舐めあげた。
 

 
 

 

思ったより大きく柔らかな形の良い乳房もたっぷりと。
 

 
 

背中からわき腹も感じる反応を声を上げてしてくる。
 

 
 

 

 
 

次に手を彼女の下半身へと・・・・・パンストと下着を一気に下げて、お尻を掴んだ。
 

 
 

両手で柔らかな張りのあるお尻を掴みながら、指先で軽くアナルを突っついて責める。
 

 
 

 

 
 

口では両骨盤を吸い付き、少し強めに歯をあてて舐める。

 

それだけで彼女は下半身をもじもじと反応を・・・・下半身も全部脱がせて、内腿、膝、脹脛、踝、足の甲と舐めながら下り、足の指を1本1本吸って指の間を強めに舐めて・・・・それから反対の足は、指先から上の順に舐め上げていく。
 

 
 

 

 
 

たっぷり感じさせながら・・・・・焦らしていく脚の付け根までたどり着いてから、唇を再び重ねて。
 

 
 

そして指はクリに・・・・・もうクリは立っており割れ目からの湿りが感じれた。
 

 
 

 

 
 

指先で転がすと声を大きく上げながら抱きついてくる。
 

 
 

そのまま指先で割れ目を触ると・・・・・もうぱっくりと開いた中は大洪水。
 

 
 

 

指で擦るとぶちゃびちゃと音が出るほどである。
 

 
 

すかさず私も下半身を脱ぎ、既にいきり立ったペニスに彼女の手を導く。
 

 
 

 

 
 

彼女は何の躊躇いもなく手で確認すると、握り、そして硬さを確認するように両手で擦ってきた。
 

 
 

それをさせながら私は体を入れ変えて、彼女の割れ目を舐める。
 

 
 

 

 
 

舐め、吸い、転がしながら責めると・・・・舌を硬くして割れ目に入れると、さらに大きく声を上げて感じる・・・これを続ける。

 

が付くと彼女は私のペニスにむしゃぶりついて来た。
 

 
 

 

 
 

音を立てながら一身にむしゃぶる彼女。
 

 
 

69の体制でお互いにむしゃぶり続けて、そのまま彼女は2回いった。
 

 
 

 

 
 

息を荒げている彼女に少し意地悪を・・・・・彼女の口からペニスを引き出して、彼女の割れ目にペニスを。
 

 
 

ペニスのカリでクリを強く擦りながら、それを見させて感じさせる。
 

 
 

 

それを暫く続けてから・・・・・

「今日は最後までしない約束だから・・・・・ここまでね。明日の朝は抱いても良いのかな?」
と彼女に聞くと。
 

 
 

 

 
 

彼女は息を荒げた声で・・・

「今頂戴・・・今・・・・早く・・・」
と。
 

 
 

私は、さらに焦らして

「今日はしない約束でしょう。明日まで我慢しなさい」
と。
 

 
 

 

彼女は自分の割れ目の寸前にある私のペニスを両手で擦りながら・・・・・

「駄目・・・・お願い・・・・欲しい・・・・入れて・・・今・・・早く」
と。
 

 
 

「自分からの約束でしょう?本当に欲しいなら何が欲しいの?言ってごらん」
と意地悪を。
 

 
 

 

 
 

「あれ・・・あれを欲しい」

「あれでは分からないよ。大きな声で何が何処に欲しいかを言わないとあげないよ」

「私の・・・おまんこに・・・・貴方のあれを・・・・」

「私の何???聞こえないよ・・・」

「貴方のちん・・・・・」

「聞こえないよ・・・・・ちゃんと言いなさい」

「ちんちん・・・・ちんちん頂戴。頂戴。早く・・・」
一気にペニスを彼女の子宮に突き刺した。
 

 
 

 

彼女の中はびくびくと私のペニスを締め付ける。
 

 
 

そのままたっぷりと彼女の子宮のご褒美を・・・・最後は安全日との事で子宮にたっぷりとかけた。
 

 
 

 

 
 


 
【35万箱突破のモリモリw】

 

 

 
【画像】 管理人体験談
関連体験談
最新記事
ほへーっw
当サイトに掲載している体験談は妄想好きな作者の創作物です。実在の人物や事件とは全く関係ありませんので、ご理解の上お楽しみくださいませ。なお、当サイトでは熟女とのエッチな体験談を常時募集していますので、貴方のエロ体験談を是非教えて下さい!
投稿フォームはコチラ
PAGE TOP ↑