美熟女とのW不倫は中出しOK牧場┃ザーメンをドップリとおまんこに受け入れるセクロス相性抜群の甘熟女w

中出し許可がOK牧場な甘熟女とのW不倫セクロスの全てをお話します。

 
そう、甘熟女の道代(仮名)とは年間に渡って中出しセクロスをし続けマスた。。。。

 
そう、コンドを使うことなくすべて生でチンポを、生まんこに受け入れてくれた・・・
 

 
 

 

 
 

思い出すと股間が熱く素直に反応する。
 

 
 

 

 
 

子供の運動クラブの親同士の飲み会で、たまたま隣に座った美熟女な奥さま道代から、旦那の収入減が原因で家の中が殺伐とし、当然レスの状態になり離婚を切り出したが旦那が首を縦に振らないと相談された。
 

 
 

 

 
 

会社の同僚に全く同じような人間がいたので後日連絡することにした。
 

 
 

 

 
 

翌月道代に同僚の話をしようと連絡したが、暗く悲惨な結果なので飲みに誘うと子供が二人いる道代は結婚を後悔し、旦那とは学生時代からの付き合いで惰性のような感じで結婚したようだった。

 

いつものように仕事に戻ると出張先で携帯が鳴った。
 

 
 

 

 
 

無言電話だったが道代からと感じ、折り返し電話すると声を聞きたかったとのことで、月末の出張帰りに食事することにした。
 

 
 

待ち合わせし食事を楽しみ、旦那のことなど忘れるような話題の会話でレスの解消など、きわどい会話の次は当然決まっていた。
 

 
 

 

 
 

ラブホに誘うと俯きながらもついてきた。
 

 
 

熟し崩れていない裸体を愛撫し道代の反応を楽しみ、クニリングスではシ-ツを握り少し艶声を出し始めた。
 

 
 

 

フェラをさせながら

「旦那とどう」

と聞くと

「硬くて大きい」
とうれしいことを言ってくれた。
 

 
 

そして両足を広げ生で道代の中にゆっくりと押し入ると眼を開き見つめていた。
 

 
 

 

 
 

途中までの挿入を繰り返し覆い被さり

「奥まで入れるよ」
と一気に奥に届くように腰を打ち付けた。
 

 
 

「アウッウッウウッ」
夢ではない、美人道代の中で生で一つに繋がっている私の男根が暴れ始めた。
 

 
 

 

 
 

体の相性はピッタリで屈曲位になり激しく道代を攻めたて

「道代このままイクッ」
ドックンドックンドクッドクッドックンドックンあまりの気持ち良さにいつになく勢いよく、たっぷりと道代の中に初めて精液を注ぎ込んだ。

 

「アッ~出されてる~」
道代は艶声を出し歓喜の中抱きついてきた。
 

 
 

 

 
 

体を重ねたまま最高の生中出しの歓喜の余韻を楽しみ道代から離れると、女性器から今注ぎ込んだばかりの精液が流れ出てきた。
 

 
 

なかなかの絶景である。
 

 
 

 

 
 

「久しぶり」
と道代も嬉しそうであった。
 

 
 

2回戦はフェラから始まり美味しそうにフェラする道代に我が男根は素直に反応した。
 

 
 

 

代は股間のティッシュを取ると自ら騎乗位で奥深く咥え込み、腰を動かし始めた。
 

 
 

腰を掴み下から突き上げると歓喜の艶声を出す道代はなかなか美味である。
 

 
 

 

 
 

正常位、屈曲位と道代の中で暴れまわり

「道代中にいくっ」
と告げ気持ち良く奥深く精液を注ぎ込み続けた。
 

 
 

カットしていることを告げ、その後の道代とのセックスでゴムを使うことはなく、危険日にも奥深く生でたっぷりと精液を注ぎ込み続けた。
 

 
 

 

 
 

道代も初めての旦那以外の男の危険日生中出しに不安を抱いていたようだったが生理がきたので安心したようだ。

 

「逢いたかった」

「そんなこと言わないで」
と涙ぐむ道代を抱きしめ、激しくたっぷりとクニリングスするとのけ反り艶声を出し始めた。
 

 
 

 

 
 

フェラと69で硬くなった男根を道代の中奥深く生で押し入ると

「今日は少し危ないの」

「だいじょうぶだよ」
激しく道代の中で暴れまわり覆い被さり腰を押し付けると危険日で感度の増した道代は大きな艶声を出しながらしがみついてきた。
 

 
 

両膝を抱え上げた屈曲位で

「道代中に出す」
道代は大きく足を広げ男根を奥深く咥え込みやすくし抱きついてくる。
 

 
 

 

 
 

ドックンドックンドックンドクッドクッ道代の艶声を聞きながら旦那には申し訳ないが気持ちよく奥深く精液を注ぎ込ませてもらった。
 

 
 

そしてフェラ、騎乗位からの2回戦を堪能し道代の奥深く再び精液を注ぎ込んだ。
 

 
 

 

道代とのセックスでは必ず2回ゴムなし中出しが定番となった。
 

 
 

いく時の合図も

「中にだす」

から

「道代どこに出す」

「中に」

「中に出して」
と道代に言わせながらドックンドックンドクッドクッドックンとたっぷり奥深く精液を注ぎ込み続けた。
 

 
 

 

 
 

気持ちの繋がった人妻セックスで危険日での中出しの時は感度も増し、淫乱そのもので旦那には言えない淫靡な歓喜を二人で味わい続けた。
 

 
 

最高である。
 

 
 

 

 
 

一泊旅行に行きたいと道代が言い出し伊豆に行った。

 

新幹線とレンタカ-を使い富士山を見ながらドライブを楽しんだ。
 

 
 

 

 
 

ホテルに着き仲居がいなくなると道代を抱き寄せ下着をはぎ取った。
 

 
 

「まだ外は明るいわよ」
着衣のまま道代の中に押し入り激しく暴れまわり

「どこに出す」

「中中に出して」
思いっきり腰を押し付け奥深く精液を注ぎ込んだ。
 

 
 

 

 
 

温泉につかり

「赤提灯」
のように待ち合わせ、土産物を散見し部屋に戻ると食事の用意ができていた。
 

 
 

仲居が

「仲のいいご夫婦ですね奥様が羨ましい」
と言いながら酌をしてくれた。
 

 
 

 

しい会話と美味しい食事を楽しみながら

「あまり飲みすぎないでね」
と道代が艶目を向けてきた。
 

 
 

食後の入浴を終え部屋に戻ると床が2組用意されていた。
 

 
 

 

 
 

「一組でいいのにね」
と道代が抱きついてきた。
 

 
 

部屋を少し暗くし浴衣のひもを解き道代の熟した体を味わう。
 

 
 

 

 
 

危険日で感度もよく、大きな艶声を出す道代の口を押えつつ激しく腰を打ち付けながら、いつもの合言葉を確認し奥深く精液を注ぎ込んだ。

 

お泊りセックスはその後2回楽しんだ。
 

 
 

 

 
 

「頭が真っ白になる」
と大きな艶声を出し、のけ反る道代の痴態を旦那は知らない。
 

 
 

フェラも最初のころに比べると上手くなった。
 

 
 

 

 
 

近所のママ友から最近きれいになったわと言われたと喜んでいた。
 

 
 

毎回、温かな生精液を受け入れ吸収していたからだろう。
 

 
 

 

ある日、中にたっぷりと精液を注ぎ込み歓喜の息を整えている危険日の道代に妊娠したらどうするか尋ねた。
 

 
 

不倫関係で産むことはできないと言いながら、実は6回妊娠したと告白してきた。
 

 
 

 

 
 

旦那の子は2人のはず。
 

 
 

結婚前の社会人の時、結婚前提の付き合いをしていた2人の先輩とのセックスで妊娠し堕ろしその後旦那と結婚した。
 

 
 

 

 
 

結婚して2人の子供が生まれたが、旦那の浮気疑惑から2度のW不倫で2度妊娠し堕ろしたと告白された。

 

華麗なる男遍歴で旦那の知らない男の精液を中で繰り返し受け入れていたようだ。
 

 
 

 

 
 

そして私とのW不倫で危険日の生中出しで妊娠したら、責任を取らせ乗り換えるような考えだったらしい。
 

 
 

女は怖いね!W不倫も6年目を迎えカットしているため、ゴムなし生中出しセックスで会えば必ず2回道代の奥深く注ぎ込み続けた。
 

 
 

 

 
 

私の注ぎ込んだ精液のほうが遥かに旦那より多くなり、道代は生中出しの歓喜にのめり込んでしまったようだ。
 

 
 

そしてスリル満点の道代の部屋へのお泊り。
 

 
 

 

那が出張で不在の中、子供たちが帰ってくる前に夫婦の寝室で濃厚なセックスを楽しんだ。
 

 
 

一度帰宅し子供たちが寝静まった頃に道代のもとを訪ね夫婦の寝室で旦那の枕を腰の下に敷き、道代の口を押え生中出しセックスを楽しみそのまま泊まった。
 

 
 

 

 
 

翌朝、子供たちを学校に送り出し食事の後片付け、洗濯の準備中に道代を寝室に呼び、無理やり生中出し着衣セックスを楽しんだ。
 

 
 

隣に聞こえるぐらいの大きな艶声を出ししがみついてきた。
 

 
 

 

 
 

浴室で淫靡な生中出しセックスも楽しんだ。

 

換気口から大きな艶声が外に漏れてしまったかもしれない。
 

 
 

 

 
 

旦那のいない部屋で道代の女性器をたっぷりと弄び堪能させてもらった。
 

 
 

子供たちが帰ってくる直前にも道代の奥深くたっぷりと精液を注ぎ込ませてもらった。
 

 
 

 

 
 

「こんな体にしたのはあなたよ」
とお褒めの言葉を頂戴した。
 

 
 

しかしお互いの家族が疑いだしたので旦那のもとに道代を帰すことにしました。
 

 
 

 

道代と気持ちの繋がったセックスの醍醐味と奥深いエクスタシ-を味わう時間を共有できたことは最高に幸せであった。
 

 
 

旦那は道代の男遍歴、そして旦那より多い私の精液を受け入れた女性器を知らないほうが幸せだろう。
 

 
 

 

 
 


 
【35万箱突破のモリモリw】

 

 

 
【画像】 管理人体験談
関連体験談
最新記事
ほへーっw
当サイトに掲載している体験談は妄想好きな作者の創作物です。実在の人物や事件とは全く関係ありませんので、ご理解の上お楽しみくださいませ。なお、当サイトでは熟女とのエッチな体験談を常時募集していますので、貴方のエロ体験談を是非教えて下さい!
投稿フォームはコチラ
PAGE TOP ↑