「生でおっぱい触っていいよ…」、友達のお母さんが垂れ気味の巨乳を見せてくれた結果→wwwwwww

女友達のお母さんとエッチをやらかしちゃいましたw

 
そう、の母と理恵ちゃんの母は仲良くて、僕と理恵ちゃんが同級生ということもあり、よくお食事したり、旅行で留守のときは気にかけたりしているくらい仲良くしてた・・・。
 

 
 

 

 
 

で、あれは、その女子友達の母から電話がかかってきたときの事・・・。
 

 
 

 

 
 

家には、僕1人だったので、電話に出ました。
 

 
 

 

 
 

「もしもし、ゴウくん?」

「はい、そうです。理恵ちゃんのお母さんですね。」

「ちょうど良かった。ちょっとゴウくんに聞きたいことあって。電話じゃなくて家に来てもらえないかなぁ?」

「いいですよ。今から行きます。」
理恵ちゃんの家に着くと、リビングのソファに座りました。
 

 
 

 

向かい合わせに理恵ちゃんのお母さんは、座りました。
 

 
 

「あの、聞きたいことって、何ですか?」

「その前に約束して!私も誰にも言わないから、ゴウくんに正直に話してほしいの!お願い。」

「わかりました。なんですか?」

「瞳の弟の小5の輝気のことなんだけど、私、女姉妹だから、男の子のことよくわからないし、うちの旦那には何か話しづらくて、ゴウくんなら話しやすいから・・・」
理恵ちゃんのお母さんは白いTシャツにピンクのフレアーのミニスカートの服装で聞いてきました。
 

 
 

 

 
 

「前に輝気の部屋を掃除してたら、エッチな雑誌が出てきたの!小5なのに、ビックリしちゃって・・・ゴウ君も小5の時はエッチな雑誌見てた?」
正直に話すことを約束してたから僕は正直に

「はい、その頃はもうエッチな雑誌見てました。



「そうなんだぁ…エッチなDVDも?」
僕は頷くと

「エッチなこと興味があってどんなのか知りたいから見てるだけなの?」

「知りたいのもありますけど、僕はエッチな雑誌とかDVD見て、あれをするために見てました。」

「あれって?」

「本当に誰にも言わないでくださいね。あれってオナニーのことです。」

「本当に!小5の時にはもうオナニーしてたの!注学生くらいかと思ってたぁ。」
理恵ちゃんのお母さんは、いつもの癖で脚を組みました。
 

 
 

 

フレアーのミニスカートだったので、脚を組んだとき、ピンクの水玉のパンティが少し見えました。
 

 
 

「ゴウくんはどこでオナニーしてたの?」

「僕の部屋だったり、あと家族が誰もいないときのリビングとか、トイレとか、お風呂場とか」

「そうなんだぁ。その時期って、お母さんもエッチな対象に見えたりするの?」

「はい・・・洗濯置き場にお母さんのアソコの染みが着いたパンティがあったときは、初めて見るエッチなパンティだったので、部屋に持ちかえってお母さんのパンティ見ながらオナニーしたことありますよ。」

「えっ本当に!あとは?」

「お母さんのパンチラとか、おっぱい見たときとか、写真や映像じゃなくて、初めて目の前でエッチなの見たときは、それを思い出してオナニーしたことあります。」

「あっ。お母さんのパンティ盗んで、パンティにに出したりしたことある?この前、私のパンティに白い液が付いてて臭い嗅いだら、男性の精子で、旦那が付けたのかなぁって思ったんだよね・・・」

「はい。あります・・・ティッシュ代わりにパンティでオチンチンを包んでオナニーして、パンティに出したこと、あります。オチンチンをパンティで包みながらすると、女の人とエッチしてる感じがして・・・」

「私のパンティに付いてたのは、輝気の精子だったんだぁ・・・でも、オナニって、どうやってしてたの?」

「エッチなこと、見たり、想像すると、オチンチンが大きくなって、それで、オチンチンを手で握って、上下に動かしていくんです。」

「旦那のは、手で握ってしてあげて、旦那は、出してたけど、自分で、自分のオチンチン握って気持ちよくなって、出ちゃうの?」
理恵ちゃんのお母さんは、脚の組み方が少し開きぎみになっていて、ピンクの水玉のパンティのアソコの部分が見えていました。
 

 
 

 

「ゴウくん、オナニー見せて!お願い!輝気が、どんな風に知りたいの!」
僕は、少し考えて、

「いいですよ。

誰にも言わないでくれますか?」

「もちろん言わないよ!お願い!」
僕は、制服のズボンとパンツを下ろして、オチンチンを握り上下に動かしました。
 

 
 

 

 
 

「こうやって、するんです。」

「でも、ゴウくん、オチンチン大きくなってないのに、気持ちいいの?いつものオナニー見せて欲しいの。」

「見られたら緊張して、大きくならないですよ!しかも、エッチなの見ながらしないと、厳しいです。」
理恵ちゃんのお母さんは、旦那さんの、エッチなDVDを持ってきてリビングのテレビで見せてくれました。
 

 
 

 

乳もののエッチなDVDでした。
 

 
 

理恵ちゃんのお母さんも巨乳でした。
 

 
 

 

 
 

白いTシャツには、ピンクの水玉のブラジャーが透けてい、Tシャツの膨らみを見ると、理恵ちゃんのお母さんが巨乳だとわかりました。
 

 
 

僕は、それでも、大きくなりませんでした。
 

 
 

 

 
 

「DVDでも、ダメかぁ。じゃあ、直接、私のを見て!まずは、何みたい?」
僕は、さっきまでチラチラ見えていた、パンチラをお願いしました。
 

 
 

 

理恵ちゃんのお母さんは、ソファに座りながら脚を大きくM字に開いてピンクの水玉のパンティを大胆に見せてくれました。
 

 
 

大きく開いていたので、パンティの脇から、理恵ちゃんのお母さんの陰毛がハミ出ていました。
 

 
 

 

 
 

「ゴウくんのオチンチン大きくなってきたね。やっぱり生で見ると大きくなるんだね。次は何みたい?」
僕がおっぱいが見たいと言うと、理恵ちゃんのお母さんはTシャツをたくしあげてピンクの水玉のブラジャーで包まれている巨乳のブラジャーを見せてくれました。
 

 
 

 

「理恵ちゃんのお母さんって、巨乳ですね!凄いです。触ってみたいです!」
理恵ちゃんのお母さんがうなずいたので、僕は、右手でオチンチンをシゴキながら、左手で理恵ちゃんのお母さんの巨乳をブラジャーと一緒に触り揉みました。
 

 
 

 

 
 

「ゴウくん、生で、おっぱい触っていいよ!」
お母さんはそう言って、水玉のブラジャーを脱いで少し垂れぎみの巨乳を見せました。
 

 
 

DVDの女優さんの乳首よりも、乳輪は大きく少し黒ずんでいましたが、これが人妻の巨乳だ思うと、異常に興奮しました。
 

 
 

 

 
 

僕は、理恵ちゃんのお母さんの隣に座り、生の巨乳を揉みました。

 

柔らかくマシュマロのようでした。
 

 
 

 

 
 

「ゴウくんのオチンチン凄い大きくなってきた!注学生にしては、巨根だね!」
目の前に、マシュマロのような、おっぱいと、陰毛か覗いてるパンチラを見ながら、オチンチンをシゴいていたら、我慢の限界になり、

「理恵ちゃんのお母さん、出ちゃいそうです。

ティッシュください。」
でも、その瞬間、僕は、自分の手のひらでオチンチンの先を包んだ状態で精子を出してしまいました。
 

 
 

 

 
 

「ゴウくん、間に合わなくて、汚しちゃったね。ごめんね。私かティッシュ用意遅かったから。」
理恵ちゃんのお母さんは、巨乳のおっぱいとパンチラを見せながら、精子だらけの手のひらとオチンチンを、おしぼりで拭いてくれました。
 

 
 

 

きかたがエッチで、また、僕のオチンチンが少しずつ大きくなってしまいました。
 

 
 

「理恵ちゃんのお母さん、また、大きくなってしまいました。すいません。」

「注学生の男の子って凄い。旦那より全然早く回復しちゃうんだから!ゴウくんのオチンチン大きいままだと可哀想だし、オナニー見せてくれたから、お礼に口でしてあげるね!」
理恵ちゃんのお母さんは、僕のオチンチンを握り、オチンチンの先をペロペロと舐めてきました。
 

 
 

 

「ゴウくんのオチンチン硬いね。あと巨根ね。」
笑顔の素敵な理恵ちゃんのお母さんは、淫乱な人妻に変わり、僕のオチンチンを、むしゃぶりつくように喰わえて、激しくフェラチオしてきました。
 

 
 

 

 
 

まるで逆×××されている感じでした。
 

 
 

僕のオチンチンに理恵ちゃんのお母さんは、唾液を垂らしてフェラチオしたり、ジュポジュポと音を立ててフェラチオしてくれました。
 

 
 

 

僕は、すぐに射精しないように頑張っていました。
 

 
 

でも無意識に、理恵ちゃんのお母さんの巨乳をフェラチオされながら揉んでいました。
 

 
 

 

 
 

「ゴウくん我慢しなくて、いいよ!口の中に出していいからね!」
理恵ちゃんのお母さんは、僕が頑張って出さないようにしてるのを分かったらしく、早くイカせるように、理恵ちゃんのお母さんは水玉のパンティを下ろして陰毛がフサフサのオマンコを見せてくれました。
 

 
 

「ゴウくん、これ見たら我慢できないでしょ!」
理恵ちゃんのお母さんのオマンコを見ながらのフェラチオは、オマンコにオチンチン入れてる感じに思えました。
 

 
 

 

 
 

「理恵ちゃんのお母さん、すいません、出します!」
僕は、理恵ちゃんのお母さんの口の中に射精しました。

 

二回目なのに、いっぱい出ました。
 

 
 

 

 
 

「ゴウくん、こんなに、いっぱい出せるなんて凄い!」
お母さんは僕の精子を飲みながら言いました。
 

 
 

「理恵ちゃんのお母さん、本当にすいませんでした。でも、セックスしてるみたいで気持ちよかったです。ありがとうございます。」
理恵ちゃんのお母さんは、巨乳の、おっぱいと、オマンコを見ながら、素敵な笑顔で

「こちらこそ、ありがとうね!二人だけの秘密だからね!」
僕は、しばらくの間、理恵ちゃんのお母さんのことを想像して、何度もオナニーしました。
 

 
 

 

 
 


 
【35万箱突破のモリモリw】

 

 

 
【画像】 管理人体験談
関連体験談
最新記事
ほへーっw
当サイトに掲載している体験談は妄想好きな作者の創作物です。実在の人物や事件とは全く関係ありませんので、ご理解の上お楽しみくださいませ。なお、当サイトでは熟女とのエッチな体験談を常時募集していますので、貴方のエロ体験談を是非教えて下さい!
投稿フォームはコチラ
PAGE TOP ↑