バイトの若熟女が社員さんとエロビデオ鑑賞→流れにまかせてセクロスしちゃった件w

バイトのアラサー若熟女ですが、社員さんとエッチビデオ鑑賞してその勢いでセクロスしちゃた件について語ります。

 

そう、あれは位前にバイトしていた時のこと・・・

 
社員の増田さん(仮名)から地元じゃないし友達いないからバイトの後遊びに行こうと誘われました。
 

増田さんは見た目はイマイチだけど悪い人じゃないし、私をあまり女として見てないし、社員の中でも結構仲良かったのでOKしました。
 

 
 

 

バイトは12時までで、増田さんの休みの日にドライブしたりビリヤードしたり何回か遊びました。
 

ある日アダルトビデオの話をしていて私が冗談で教師ものが見たいなと軽く言うとじゃあ一緒に借りて見ようと言われました。
 

 
 

 

 

「えっ!?」
っと私は彼氏がいたしまさか変なこと考えてないよねっ、と思いながらその時は暇だったらねと流しました。
 

何日かするとバイト中、向こうからいつ暇かとか見たいAVビデオの内容とかきいてきました。
 

 
 

 

私はこの人本気なんだ、どうしよう、今更断りきれないと思いました。
 

そしてメールで何もしないよねって確認をとった。
 

 
 

 

増田さんからはあたりまえだ、ぼけ!と返信があった。

 

いよいよ当日がきました。
 

 
 

 

いつもどおり向こうが休みで私のバイトが終わってから会いました。
 

もちろん今まで二人で会った事は彼氏には内緒です。
 

 
 

 

バイト先から出ると増田さんがいて近くのビデオ屋まで借りに行きました。
 

私はアダルトコーナーに入る事が恥ずかしく外で待っていました。
 

 
 

 

 

増田さんは2本借りていて、ひとつは教師もの、もうひとつは軟派ものでした。
 

増田さん宅につくとやっぱり緊張と警戒して距離置いて座っていました。
 

 
 

 

コートも脱ぎませんでした。
 

警戒心からかどうでもいい話ばっかしてビデオのことには触れませんでした。
 

 
 

 

それを知ってかはわからないけど、向こうが何も言わずに部屋の電気を消しビデオの用意をし始めました。

 

じめは軟派ものから見ていました。
 

 
 

 

私は途中で恥ずかしくなって、窓を見ながらジュースを飲んでいました。
 

不覚にも体はいやらしく熱くなっていました。
 

 
 

 

テレビから漏れる女の喘ぎ声や、やらしい音ばかりで私たちはだまって見ていました。
 

私は欲情している自分にやばいと感じ、1本目が終わった時眠いしバイトで疲れたから帰りたいと話した。
 

 
 

 

相手も了解するものだとばかり思っていた。
 

でも、相手から出た返事は

 
「布団ひきっぱだし横になってれば・・・」
 

だった。
 

私はばかだから断りきれず布団に横になった。
 

 
 

 

警戒心でほっぺが痛かったね。

 

布団はテレビのまん前に引いてあったから増田さんは30センチも離れていない布団の上にあぐらをかいて私の後ろに座っていた。
 

 
 

 

部屋も狭かったし仕方ないと思うことにした。
 

教師ものが始まると増田さんも横になった、私はコート着てるし布団かけてる!増田さんはその布団の上に寝てるから大丈夫(なにもかけてない)!!と考えた。
 

 
 

 

でも次の瞬間体かかたまって、声もどもってしまった。
 

増田さんからコートぬげば、邪魔だろ。
 

 
 

 

と。
 

私は半分あきらめてコートを脱ぎスカートをきっちり直し再び布団に入った。
 

 
 

 

はじめは恥ずかしさからふざけた感想言ったりしていたけど、本当に疲れていたので意識が落ちたり戻ったりしていた。
 

それに気づいた増田さんは布団に入り腕枕してやると腕を出してきた。
 

 
 

 

私は眠いし疲れてたし半分欲情していたこともありその行為に甘えた。

 

デオはもう気持ち悪いとしか思えなくて見てなかったし、いつの間にか二人で爆睡していた、私は自意識過剰だったんだなと思い増田さんに悪かったなと思いました。
 

 
 

 

その時増田さんが私が起きた事に気づき目を開けました。
 

私がごめん、寝ちゃってたというと、うん、俺も。
 

 
 

 

まだ寝とけば?。
 

私もうん、と答えまた横になった。
 

 
 

 

その時増田さんがもうひとつの腕で私を抱くようにわましてきた。
 

私は増田さんに背中を向けて寝ていたので、腕がちょうどお腹のところに来た、私は抱き癖があるのでその腕を折り曲げて胸の前で抱くように寝た。
 

 
 

 

枕とか抱くとおちつくし・・・。
 

そしたら増田さんが豹変!いきなりうなじや耳をなめ回したりキスしてきた。
 

 
 

 

私は驚いて

「いや!やめて!」
と布団に潜ろうとした。

 

増田さんは黙って私を力任せに仰向けにし首や耳や唇を舐めたりキスしたり自分の足を私の足の間に入れ体重をのせ動けなくした。
 

 
 

 

私は首と耳が感じやすいので拒否しながらも体は感じていた。
 

ふと気づくと増田さんのアレは堅く、私にこすり付けていました。
 

 
 

 

それに対し私はもうあきらめ、というか母性本能をやられたというかエッチしてあげようと思うようになった。
 

増田さんは私が抵抗していた時は一切体には触れずキス・舐めだけでした。
 

 
 

 

私が増田さんを抱きしめると一旦動きが止まりまた動き始めました。
 

そしたら、お腹から服の中に手をいれブラをずらして胸をもんだり乳首をつまんできました。
 

 
 

 

わたしが

「んんっ」
と声を漏らすとキスをヤメ服を上に上げ乳首を舐め始めた。
 

私が興奮して息が荒くなって向こうも興奮したのか中指を私にしゃぶらせ乳首を舐め続けました。
 

 
 

 

私が

「はぁ、、、気持ちいいよ」

というと

「きもちいいの?」
と聞き返してきました。

 

が上を全部脱ぐと今度は背中を舌で文字を書くように舐めてきました。
 

 
 

 

言葉にもならない声を上げてえびぞりになると突き出した胸を後ろから揉んできました。
 

そんなことをしているうちに早くあそこも触って欲しいという気持ちが強くなってきて、増田さんのアレをパンツの上からさすってアピールしました。
 

 
 

 

それを察したのかすぐ乱れたスカートの中に手をいれパンティの上から割れ目を触ってきました。
 

思わず足を広げて増田さんの手を握って私のあそこに押し付けてしまいました。
 

 
 

 

それでもなかなか下着の中に入らず上から優しくクリやらあそこをぐりぐりしていました。
 

私は焦らされてたまらず増田さんに抱きつきDキスをしました。
 

 
 

 

ねっとりした舌を絡ませた後やっと下着の中に入ってきました。
 

私はもう自分でも液でヌルヌルしていたのがわかっていました。
 

 
 

 

増田さんはクリを軽く攻めた後太い指をくねらせて入れてきました。

 

今までとは違う気持ちよさに体の力か抜けもうなすがままでした。
 

 
 

 

突かれる度に

「んっんっ・・・」
と息を漏らしボーっとしていました。
 

手が止まったので増田さんを見ると私のあそこを舐めようとしていました。
 

 
 

 

私は恥ずかしいのでそれを激しく拒みました。
 

「舐めてあげる」
というと増田さんはTシャツとパンツをぬぎ仰向けになりました。
 

 
 

 

私は増田さんの両足の間に入りアレを握った。
 

近頃、同じSMで働いてる彼女と駐車場で休憩をとる様になった。
 

 
 

 

従業員用駐車場とはいえ、店舗隣接の為お客様も利用します。
 

いつもは、手を握ったり腿を触ったりぐらいでしたが・・・おせーじにも大きいとは言えなかったけど先端を下で優しく円を描くように舐めて我慢汁をふき取った。
 

 
 

 

その後は裏筋を舐めて一気に口の中にいれピストン運動をした。

 

の唾液でベチョベチョになったアレを今度は手でしごいた。
 

 
 

 

そしてガチガチになったアレをしごきながら先端を舌で舐め回してみた。
 

3分もしないうちに増田さんがそれやるとイきそうと言うので一旦やめDキスしたり抱き合っておさまるのを待ちました。
 

 
 

 

体が火照ったまんまだったので恥ずかしいけど

「やっぱりあそこ舐めて欲しいんだけど」
というと、

「いいよ、俺舐めると気持ちいよ」
といって私の膝に手をかけ足を広げました。
 

正直まじまじと見られるのはかなり恥ずかしかったんだけどそれよりも快楽を楽しみたいという気持ちのほうが大きかったので我慢しました。
 

 
 

 

ドキドキしていると少しヒヤッとしたやわらかいものがあそこに触れました。
 

そうしてるうちに舌がクリを上下にさわり

「あっあっ」
と声を上げてしまいました。
 

 
 

 

増田さんは今度はクリを吸い付き始め

「ちゅっちゅっ・・・」
という音お鳴らしながら顔をうずめていました。
 

私はクリを吸われるたびに

「んーっ」
と声を上げ相手の頭を掴み腰をあげあそこを増田さんの顔に押し付けました。
 

 
 

 

何も考えられないくらい気持ちよくて放*してしまいそうでした。

 

今度はあそこに舌を入れて動かしているようでした。
 

 
 

 

うちももで頭を挟み声を押し殺しました。
 

私は我慢できなくて

「もうだめ、お願い、入れさせて」
と頼みました。
 

 
 

 

増田さんは無言でまた仰向けになりました。
 

アレはまだギンギンでした。
 

 
 

 

私は馬のりし、アレを手で支え自分のあそこにあてがいゆっくり入れていきました。
 

「うっ気持ちい・・・」
増田さんはそういうと目を閉じ私の動きを待っているようでした。
 

 
 

 

私は腰を前後に振りました。
 

その時に出る音はあのAVビデオのものと同じでいやらしいものでした。
 

 
 

 

私は気持ちよくて

「いいぃ、いいの、凄く気持ちい」
などを連呼し快感が絶頂になるまで腰を振り続けました。

 

手が

「イく!イきそうだ!抜いて!」
といってきても構わずクリをこすり付ける感じに降り続けました。
 

 
 

 

増田さんは無理やり私を引き離し自分のアレを見ていました。
 

きっと少しでも射精していないか見ていたんだと思います。
 

 
 

 

お互い息を乱し汗だくで布団に横になりました。
 

増田さんが

「少し休まないとおさまらないよ」
と私を抱きながら言ってきたので少し寝ようかと話、お互い下着のまま布団に入りました。
 

 
 

 

増田さんはずっとブラに手をいれ私の胸を触っていました。
 

私はバイトの疲れでいつの間にか寝ていて起きると朝で増田さんは起きていて

「おはよう」
と声をかけてくれました。
 

 
 

 

朝になっていることに焦り(うちの親は無断外泊に厳しいので)増田さんに

「帰る」
と告げました。
 

増田さんは私を抱きあそこを撫でながら

「うん」
と、キスをしました。
 

 
 

 

別れ際なんか恥ずかしかったけどこの後会って2回位Hしました。

 

いずれも凄く感じました。
 

 
 

 

以上です。
 

 
 


 
【35万箱突破のモリモリw】

 

 

 
【画像】 管理人体験談
関連体験談
最新記事
ほへーっw
当サイトに掲載している体験談は妄想好きな作者の創作物です。実在の人物や事件とは全く関係ありませんので、ご理解の上お楽しみくださいませ。なお、当サイトでは熟女とのエッチな体験談を常時募集していますので、貴方のエロ体験談を是非教えて下さい!
投稿フォームはコチラ
PAGE TOP ↑