旦那との温泉旅行の筈が、、、→見知らぬ男のチンポに鬼感じちゃった件by若熟女の告白w

新婚気分のアラサー若熟女が、温泉旅行で他人棒にずっぽしハメられ、寝ている旦那をよそに不倫セクロスをやらかしちゃった件ですw

 

そう私は、29歳、でして、結婚2年目ながら、未だ新婚気分でいたのでした。
 

 
 

 

 
 

で、仕事が忙しく新婚旅行も行けなかったので、先日、念願の温泉旅行に行ってきた時のお話で・・・
 

 
 

 

 
 

泊まった旅館は、結婚前から夫と何度か行ったことのあるお気に入りの旅館で、ご飯が美味しいのと、周りに何も無いことが特に私好みでした。
 

 
 

 

 
 

お風呂が何種類かあり、普通に男湯、女湯、そして貸切露天風呂(鍵をかけれるタイプ)、誰でも入れる混浴露天風呂です。
 

 
 

 

 
 

夕飯を食べ、貸切露天風呂に夫と入り、昔の思い出話にひたりながら、満喫をしてました。

 

夫が夕飯を食べ過ぎたのか、お腹が痛くなり私も一緒にお風呂をあがることにしました。
 

 
 

 

 
 

部屋へトイレに戻る夫。
 

 
 

私は女風呂に寄ってから帰ろうと思い、夫と別れました。
 

 
 

 

 
 

脱衣所で浴衣を脱いでいると、女湯の中からおば様達の高笑いが聞こえました。
 

 
 

少し興をそがれた私は、浴衣をもう一度着て部屋に戻ろうと女湯を後にしました。
 

 
 

 

部屋に戻ろうと廊下を歩いていると混浴露天風呂ののれんが。
 

 
 

昔、夫と一緒に、夜中に恐る恐る入ったことがありますが、何を思ったのか、ちょっと興味本位で中を覗いてみました。
 

 
 

 

 
 

脱衣所には服はなく、中は無人のようでした。
 

 
 

少しお酒も飲んでいて開放的になっていたのでしょうか、少しだけ入ってみようと思いました。
 

 
 

 

 
 

浴衣を脱いで入ると、中には誰もおらず、遠くからさっきの女性の笑い声が聞こえてくるぐらいで、とても静かでした。

 

露天風呂の底は割りと浅く、普通に座っても胸が隠れるかどうかのお湯の量でした。
 

 
 

 

 
 

夜空を眺めながら、段々と混浴であることも忘れ、くつろいだ気分で入っていましたが、突如、男性側の脱衣所に人の気配がありました。
 

 
 

私は慌ててタオルを手にとると、湯船に触れないように胸だけでも隠すように持ちました。
 

 
 

 

 
 

入ってきたのは、30代前半ぐらいの男性一人でした。
 

 
 

私はすぐに出ようとも考えましたが、ちょっと失礼かと思い、そのまま湯船に入っていました。
 

 
 

 

らっと見ただけでしたが、男性は引き締まった感じの体で、顔も掘りが深く、割と男前だと思いました。
 

 
 

男性は、タオルで隠そうともせず湯船に入ってくると、私の近くに腰掛けました。
 

 
 

 

 
 

(露天風呂はそんなに広くないのでどこに座っても近いのですが・・・)男性は済まなさそうな態度に、少し申し訳ない気持ちになり、

「すみません、すぐ出ますので・・・」
と声をかけました。
 

 
 

男性は

「いえいえ、あの僕こそすぐに出ていきますので・・」
と、更に小さくなって答えるので、

「私のことは気にせずくつろいで下さい」
と言うと少し微笑まれました。
 

 
 

 

 
 

男性は緊張が少しとれたのか

「お一人ですか?」
と話しかけてきました。

 

私は頭の中では

「夫ときてます」
と答えようとしていたのですが、なぜか

「一人なんですよ」
と口から出ていました。
 

 
 

 

 
 

「僕は彼女と来たんですけどね、疲れたのか先に寝ちゃいました」
私は夫への罪悪感で少し心が痛みながらも男性と会話をぽつりぽつりと交わしていました。
 

 
 

男性は言葉の端々に

「こんな素敵な人が一人でもったいない」

とか

「僕ならほうっておかない」
とか、下心みえみえの感じでお世辞を言うのですが不思議と、そんなに嫌な感じはせず、いつしかぴったりと横に座って話していました。
 

 
 

 

 
 

ちょっとヤバいムードかも・・・って思っていると、女性の脱衣所のドアを開ける音がしました。
 

 
 

私も彼も、ぱっと微妙な距離を空け、とっさに他人のふりをしました。
 

 
 

 

入ってきたのは、女湯にいたおば様達でした。
 

 
 

私は、ふっとため息をつき、

「出ましょうか。」
と言いました。
 

 
 

 

 
 

二人はお風呂から出て、男女それぞれの脱衣所に入りました。
 

 
 

周りから見たら、私たち、カップルに見えてるんだろなぁって考えると、ちょっと気まずい感じになりました。
 

 
 

 

男性と顔を合わせないように、ゆっくりと着替えて髪を乾かして出ましたが、彼はお風呂の前で待っていました。
 

 
 

私を見ると照れくさそうに

「もう少しお話しませんか?」
と言いました。
 

 
 

 

 
 

私は少しドキっとしましたが、夫のことも心配だったので、

「一度部屋に戻ってからでもいいですか?」
と言いました。
 

 
 

5分後に1階の談話室で待ち合わせをし、部屋に戻りました。
 

 
 

 

 
 

(夫がおきていたら、行かないでおこう)夫は布団で眠っていました。

 

の気配で目を覚まし、

「雅子は本当にお風呂が好きだなぁ」
というと、また目を閉じてしまいました。
 

 
 

 

 
 

私の心は決まりました。
 

 
 

少しだけ化粧をし、浴衣のままで待ち合わせ場所に行きました。
 

 
 

 

 
 

彼は私を見つけると

「もう来てくれないかと思った」
と言い、とても嬉しそうにしてくれました。
 

 
 

「彼女さんは、大丈夫ですか?」

「はい、お酒を飲みすぎたみたいで、ぐっすりです」

「でも、ここだと見つかっちゃうかもしれないですね」
私がクスっと笑うと、

「じゃあもう一度お風呂でもどうですか?」
と言い、貸切露天風呂の鍵を借りてきたことを告げました。
 

 
 

 

知らない人と、お風呂・・・そのことが、なぜか妙に気分を高揚させました。
 

 
 

私は、頷くと一緒に貸切露天風呂について行きました。
 

 
 

 

 
 

脱衣所に入ると、彼は鍵をかけました。
 

 
 

脱衣所は男女分かれておらず、一つだけ。
 

 
 

 

 
 

夫と先ほど来たときは気にもしなかったのですが、一緒の脱衣所、狭いヒノキのお風呂、色んなところが私を恥ずかしくさせました。

 

その場を白けさせないように、気にしていないそぶりで、浴衣を脱ぎ(幸い、脱衣所は少し薄暗かったので)ヒノキのお風呂に入りました。
 

 
 

 

 
 

彼は私の横にくっつくようにして入ると、

「何かどきどきしますね」
と言いました。
 

 
 

彼は、こちらに来るように手をつかんで促しました。
 

 
 

 

 
 

彼の足と足の間に私が座るような格好で、後ろから抱きしめられるようにギュっとされてしまいました。
 

 
 

私はもう何も抵抗できないと思いました。
 

 
 

 

彼は私の首にキスをし、肩、背中、そして、私に横を向かせると私の唇にキスをしました。
 

 
 

私はそのキスに、、、結婚しているのにそのキスに合わせて、舌を絡めてしまいました。
 

 
 

 

 
 

背中には彼の固くなったアレがあたっています。
 

 
 

今思い出しても恥ずかしいのですが、私は、彼に全身を愛撫され、その度に我慢できずに声を出してしまいました。
 

 
 

 

 
 

「彼女さんに怒られちゃいますよ・・・」

「奥さんも・・・旦那さんに怒られちゃうんじゃないですか?」
彼には既にバレていたのです。

 

が一人じゃないことが・・・。
 

 
 

 

 
 

それでも誘った彼。
 

 
 

そして、それについて行った私。
 

 
 

 

 
 

私は彼の方に向き直って、アソコをつかみ、激しく上下に動かしました。
 

 
 

彼は同じように私の敏感な部分に手をあてると、上下に擦りました。
 

 
 

 

周りは静かですが、私たちの手の動きに合わせて、お湯がはねる音と、それに混じって私のあえぎ声が響いていたと思います。
 

 
 

私は頭が真っ白になり、そのまま彼にもたれるようにイってしまいました。
 

 
 

 

 
 

「もっと、気持ちよくしてもらえませんか?」
私が彼の耳元でささやくと、彼は腰の位置をずらし、カチカチになったアレを私の中に挿入しました。
 

 
 

私は我を忘れるように、わざと大きく激しく腰を振り、何度も何度も乱れて、イってしまいました。
 

 
 

 

 
 

夫とのSEXでは1回イければ良い方なのですが、その日は、何度も果ててしまい、その度に頭が真っ白になりました。

 

彼のアソコは固く、何度も奥に突き刺さってきました。
 

 
 

 

 
 

四つんばいになって後ろからされたときは、何度も気を失いそうになってしまいました。
 

 
 

最後は、私のお尻から背中にかけて、大量に精液を放出されました。
 

 
 

 

 
 

その後は照れくさい感じでイチャイチャして、少し名残惜しい感じで部屋に戻りました。
 

 
 

次の日の朝。
 

 
 

 

夫は私より先に起きて、散歩をしていました。
 

 
 

何となく目を合わせにくく、無言のまま朝食の広間に行きました。
 

 
 

 

 
 

夜は部屋食ですので、初めて顔を合わせる宿泊客がほとんどです。
 

 
 

見渡すと、ちょうど彼も朝食に来ていました。
 

 
 

 

 
 

向かいに私と同じぐらい小柄な女性が座っていましたが、この人が彼女さんなのでしょう。

 

は見えませんでしたが、彼に楽しそうに話しかけているのがわかりました。
 

 
 

 

 
 

私は何となくその場の状況に耐え切れなくなり、少し頭を冷やすために、お手洗いに行くことを告げて、席をたちました。
 

 
 

お手洗いで顔を洗い、深呼吸をして昨日のことを忘れようと頭を振りました。
 

 
 

 

 
 

ドアを開けると、彼が立っていました。
 

 
 

彼は私の手を掴むと、自分のもとに引き寄せ、唇を重ねてきました。
 

 
 

 

私は、びっくりしましたが、体が溶けたようになり、ぜんぜん抵抗できませんでした。
 

 
 

広間とトイレの間は10mもありません。
 

 
 

 

 
 

ふすまの向こうでは、夫も彼女も、私たちの帰りを待っています。
 

 
 

ごめんなさい、ごめんなさい・・・10回ぐらい心で唱えましたが、心地よい高揚感に身をゆだねました。
 

 
 

 

 
 

唇を離すと、耳元で

「また会えるかな」
と言われたのでコクンと頷きました。

 

彼は連絡先を書いたメモを渡し、朝食の広間に戻っていきました。
 

 
 

 

 
 

家に戻り、何度も電話しようと思いましたが、はまってしまうことが怖くて、まだ電話できていません。
 

 
 


 
【35万箱突破のモリモリw】

 

 

 
【画像】 管理人体験談
最新記事
ほへーっw
当サイトに掲載している体験談は妄想好きな作者の創作物です。実在の人物や事件とは全く関係ありませんので、ご理解の上お楽しみくださいませ。なお、当サイトでは熟女とのエッチな体験談を常時募集していますので、貴方のエロ体験談を是非教えて下さい!
投稿フォームはコチラ
PAGE TOP ↑