浮気癖の旦那に追い詰められて若いチンポが愛おしくて堪らないんです┃甘熟女の告白w

旦那の浮気のストレスで精神的に追い込まれた甘熟女の私ですが、脱童貞を誘った若いチンポに癒されるまでの一部始終を語ります。

 

そう、は糞、ど田舎に生まれ、家にはびこる老害どものせいで体調障害を患ってしまいました。
 

 
 

 

 
 

で、逃げるように田舎の大学を卒業すると同時に家を捨てて、都会に就職し、数人の男性と交際した後、3年前に上司であった15歳年上の亭主に出会い、結婚しました。
 

 
 

 

 
 

で、家庭に入り、これで幸福になれると思いましたが、ですが、ですが、この亭主は出張をしては浮気をするくそ亭主でした。
 

 
 

 

 
 

別れようと思いましたが、ここで別れても体調障害を持ったままではどうしようもないと、くそ亭主とは体調障害を治してから離婚してやると決め、病院代を稼ぐために午前中はパートに働きに出て、午後は病院通いにしていました。
 

 
 

 

 
 

幸い、いい医者に出会い、体調障害の主な原因は極度のストレスである事が判明。

 

カウンセリングと処方箋で体調障害の治療を開始しました。
 

 
 

 

 
 

病院通いをしなくてよくなった後は公園で読書をして、心身ともにリラックスさせる毎日。
 

 
 

孤独のようにも見えるが、それ以外に章君というとても大人しくて優しい少年が話し相手になってくれている。
 

 
 

 

 
 

章君は半年に一回は来る姪の友達で私とも顔見知りであった。
 

 
 

家は捨てたとはいえ、姉妹とは連絡を取っており、姪も私には懐いている。
 

 
 

 

そんなかわいい姪の友達なので安心して話を聞いてもらっている。
 

 
 

話といっても愚痴に近い事をいつも黙って聞いてくれます。
 

 
 

 

 
 

そのおかげで心のもやもやが晴れる感じです。
 

 
 

章君にはいい迷惑ですのに本当に感謝していました。
 

 
 

 

 
 

そんなある日、私は章君にいつものように話を聞いてもらっていると、空から冷たい物が落ちてきました。

 

空は晴れているに雨?と思っていたら、あっという間に黒い雲に覆われ、どしゃ降りに見舞われました。
 

 
 

 

 
 

章君はこの公園から家まで15分以上あり、私は5分もかからないので章君を連れて、家に行きました。
 

 
 

雨はかなり冷たく、風邪を引くといけないので、玄関先で私は来ている服を脱ぎ、裸になりました。
 

 
 

 

 
 

章君は私の裸をおろおろしていましたが、私は風邪を引くと大変と強引に章君の服を脱がせました。
 

 
 

好意はありましたが私と章君は歳が一回り離れているので、男としてより子供として見ていませんでしたから裸を見せても裸を見ても気にしていませんでした。
 

 
 

 

が、彼のトランクスを脱がせた時にブルンと元気よく飛び出してきたペニスを見て、一瞬硬直しました。
 

 
 

私の裸を見て、勃起したのでしょうが、とにかく大きくて長いのです。
 

 
 

 

 
 

今まで付き合ってきた男性の中で多分一番大きいと思います。
 

 
 

何で子供がこんな物持っているのよと思わず、章君のペニスをいじってしましました。
 

 
 

 

 
 

「あの美佐子さん、それ、おもちゃじゃないですけど」
章君の言葉で我を取り戻した私はペニスをいじっている場合ではありませんでした。

 

章君を玄関において、バスタオルと夫のバスローブを取りに行きました。
 

 
 

 

 
 

「章君、タオルで体をよく拭いて、これを着て、この先に私の部屋があるからベットに入っていなさい」
そういうと私もバスタオルで体を急いで拭くとバスローブを着て、お風呂と電気ポットを沸かし、雨に濡れた服を洗濯機に放り込みました。
 

 
 

体が少し震え、私も部屋に行きました。
 

 
 

 

 
 

すでに章君はベットの中にいました。
 

 
 

さっきの件もあり、少し照れくさかったが風邪を引きたくないので私もベットに入りました。
 

 
 

 

章君は何も言いませんが明らかに先程の件を気にしているみたいです。
 

 
 

私もそうです。
 

 
 

 

 
 

治療を開始してからはSEXは一切していません。
 

 
 

先程の巨大なペニスを見て、既に私のヴァギナは濡れ始めています。
 

 
 

 

 
 

迷っていると章君が少し震えました。

 

「ほら、章君。こっち向いて」
私は章君を自分のほうに向かせると抱き締めました。
 

 
 

 

 
 

「あの美佐子さん」

「なにもいわないで、とりあえず温める事が先だから。私に抱きつきなさい」

「うん」
章君も私を抱き締めました。
 

 
 

 

 
 

互いに激しい鼓動を感じました。

 

のヴァギナは愛液でぐしょぐしょになりつつあります。
 

 
 

 

 
 

章君は私にへんなことはしませんでした。
 

 
 

むしろ、私をいたわるように抱き締めるので、しばらくすると鼓動は少しづつ収まり、むしろ安心感を包まれるようでした。
 

 
 

 

 
 

少し冷静さを取り戻した私はこの子に愛しく感じ、この子とならSEXをしてもいいかと思いました。
 

 
 

「ねえ、章君。もっと体を温めるためにベットの中で運動しようか」

「運動?」

「そう、章君のこの熱いものを私のHな穴の中に入れて、腰を振るの。そして、私の中に章君の熱い液体を流し込むのよ」
私は章君の片手で章君のペニスを握り、もう片方の手で章君の手をヴァギナに持っていきました。
 

 
 

 

「でも、それってSEXでしょ。好きな人とじゃないとまずいんじゃない」

「私は人妻だけど。あんなくそ亭主より章君の事が大好きよ。章君は私のことが嫌い」

「ううん、大好きだよ。美佐子さん、美人だし、おっぱい大きいし、こんな僕でも優しくしてくれるから」

「良かった。私達、両思いだったんだ。ならいいよね」

「うん」
そんな恥ずかしい会話を普通にできる事が私はとても嬉しかったのです。
 

 
 

 

くそ亭主とのSEXはただ、くそ亭主を満足させるためだけにしているような物でしたから。
 

 
 

「章君。今から私はあなたの恋人よ。美佐子って呼んで」

「うん、美佐子。大好きだよ」

「私もあなたが好きよ」
私と章君は恋人してキスを交わしました。
 

 
 

 

最初は唇を重ねるだけ、そして、舌を絡めるディープキスをしました。
 

 
 

「キスは初めて」

「うん、美佐子が初めてだよ」

「そう、うれしいわ」
そういって私は彼の固く熱いペニスを擦りました。
 

 
 

 

 
 

「これも私に中に入りたいと限界みたいだし、いれちゃおうか」
私と章君は布団をめくり上げ、着ていたバスローブを脱いで抱き合い、また、キスを交わしました。
 

 
 

「綺麗だよ、美佐子。美佐子とSEXなんて夢のようだよ」

「ふふ、ありがとう。くそ亭主にも抱かれなきゃいけない事もあるけど、今日から私の体は章君の物よ。さ、寝て。いっぱい気持ちよくなりましょ」
私は章君をベットに上向きに寝かせると、その上に跨いで上になります。
 

 
 

 

きりたつペニスをヴァギナにあてがうとそのまま、腰を落とします。
 

 
 

熱く硬いペニスが私の中を押し広げて入り込み、一気に全部そのまま押し込みました。
 

 
 

 

 
 

「あ、い~」
私にとっては久しぶり、章君にとっては初めてのSEXです。
 

 
 

章君のペニスは私の中でぴったりと納まり、その子宮口に合致したような、まるで私のためあつらえた様な大きさです。
 

 
 

 

 
 

「あ、きもちいい。でちゃう」
章君は入った途端の感触が良かったのか。
 

 
 

 

ペニスはビクビク震え、あっという間に射精をしてしまいました。
 

 
 

章君は腰を引こうとしましたが、私は腰をしっかりと密着させ、ちゃんと膣内射精をさせました。
 

 
 

 

 
 

大好きな男の子の初めての射精で私に中に出してもらわければいやでした。
 

 
 

ペニスから私の子宮に精液が流し込まれ、私は章君の物になったのだと思うととても嬉しかったです。
 

 
 

 

 
 

「ごめんなさい。いきなり出して」

「ううん、いいの。このヴァギナは章君の物だから。いくら出してもいいんだよ。私は体調障害で生理が中々こないの。ヴァギナは濡れているけど、私のお汁は少し量が少ないから、章君の精液がSEXの潤滑油の代わりだから問題ないわ」
そう説明すると章君はうんと嬉しそうに頷きました。
 

 
 

 

私は章君を抱きしてキスしました。
 

 
 

そのまま腰だけをくねくねと動かし、章君のペニスを締め上げます。
 

 
 

 

 
 

章君の精液は潤滑油の代わりになるとともに膣内に広がります。
 

 
 

(好きよ、大好きよ、愛してるわ、章君)心の中でそう叫びながらさらにうねりを咥えると萎え始めたペニス再び硬くなっていきます。
 

 
 

 

 
 

(ああ、硬い。これがいいの)私は腰をうねりをやめ、上下に振り始めました。
 

 
 

 

あまりの快感にキスがとかれ、甘い声を私と章君は上げました。
 

 
 

また、章君も私の腰の動きに合わせて腰を振り始め、勢いよく突かれるとペニスが奥に当たります。
 

 
 

 

 
 

私も章君もテクニックになく一心不乱に腰を振り、快感を貪ります。
 

 
 

やがて、私が先に絶頂を迎えてしまいました。
 

 
 

 

 
 

だが、章君はさらに腰を振ります。

 

君、ダメ、私おかしくなっちゃう」
そんな言葉も洩れますが章君は力強く腰を振り、また、絶頂感が襲ってきます。
 

 
 

 

 
 

二度目の絶頂を迎えるとともに章君も達したみたいで、私の腰をしっかり両手で押さえて、ペニスを奥にあてがい、射精しました。
 

 
 

私は章君の上にぐったりと体を預けました。
 

 
 

 

 
 

章君は射精が終わると私の顔を自分に寄せて唇を奪いました。
 

 
 

そして、不器用ながらも舌を絡め、私もそれに応えました。
 

 
 

 

「美佐子、とっても気持ちよかった。大好きだよ」

「私も良かった。章君を愛しているわ」
私達は愛を確認するように抱き合いました。
 

 
 

 

 
 

この後、章君は正上位で私を抱き、それが終わると二人でお風呂に入りました。
 

 
 

お風呂で二回戦行い、洗い終えた服を乾燥機に入れ、その間、二人で食事を取り、もう一回ベットで行った後、服を着て章君は家に戻りました。
 

 
 

 

むろん、別れる前にしっかりとキスをして。
 

 
 

それから毎日の様に章君は私の家に来ました。
 

 
 

 

 
 

公園で話をする友人からベットの中で愛し合う恋人になったのですから。
 

 
 

章君とSEXする事で私のメンタル的な部分が大きく変わりました。
 

 
 

 

 
 

生きる事が苦痛でしなかった私は、心から愛し合いえる人を得た事で生きている事に充実感を感じられるようになったのです。
 

 
 


 
【35万箱突破のモリモリw】

 

 

 
【画像】 管理人体験談
関連体験談
最新記事
ほへーっw
当サイトに掲載している体験談は妄想好きな作者の創作物です。実在の人物や事件とは全く関係ありませんので、ご理解の上お楽しみくださいませ。なお、当サイトでは熟女とのエッチな体験談を常時募集していますので、貴方のエロ体験談を是非教えて下さい!
投稿フォームはコチラ
PAGE TOP ↑