不動産屋の役得→子供になつかれ接客から不倫セクロスに発展した件w

若熟女な三十路の奥さんとの、不動産屋の営業役得セクロス体験談ダスw

 

そう、あれは年の話。
 

 
 

 

 
 

俺は某不動産屋に勤めて5年目の29歳でした。
 

 
 

 

 
 

お客は大手の商社に勤める32歳の旦那さんと31歳のきれいな奥さんが来店されました。
 

 
 

 

 
 

新築を探されていたのでいくつか物件を紹介し、何度か自宅にもお邪魔させていただいたりと、ご夫婦とも大変俺の事を信頼していただいてました。
 

 
 

 

 
 

お子さんは男の子が2人いて、何度かご案内しているうちに子供も俺にだいぶなついてきました。

 

ようやく物件も決まり、間取りの打ち合わせや資金の相談などする為に自宅にお邪魔しているうちに、夕食もちょくちょくご馳走になるくらいの信頼関係でした。
 

 
 

 

 
 

当時にしてはご主人さんは年収がとても多く、その反動で残業・泊り込みも多かったようです。
 

 
 

ある、お昼書類をもらいに自宅まで行くと奥さんに相談されました。
 

 
 

 

 
 

「うちの子供水泳が苦手であんまり泳げないんです、石田さん泳げます?」
と聞かれたので

「泳げますよ」
と答えると、

「うちの主人も泳ぎ得意じゃないし、あんまり家に帰って来ないから、今度子供に泳ぎ教えてあげてくれませんか?」
と言われたのでこころよく引き受けました。
 

 
 

2日後に近くの市営プールに行く約束をし、当日仕事が休みの私は車で自宅まで向かえに行きました。
 

 
 

 

更衣室で子供達を着替えさせ、3人でプールに入るのかと思っていましたが、その奥さんも水着に着替えプールに入ってきました。
 

 
 

今まで気がつきませんでしたが、とても子供が2人居るとは思えないようなバツグンのプロポーションで、胸は張りのあるEカップくらいで思わず少しいやらしい目で見てしまいました。
 

 
 

 

 
 

両腕に浮き輪をつけた子供2人に水泳を教えようと子供用のプールで教えてる間、奥さんはプールサイドでニコニコ見てました。
 

 
 

30分くらい教えたところで若熟女な奥さんが

「私にも少し教えてくれない?」
と言うので、子供達は滑り台とかで遊ばせ、奥さんと俺は2人で大人用のプールへ行きました。
 

 
 

 

 
 

奥さんもほとんど泳げないようで俺が両手を持ってあげてなんとか浮いてる程度で、あとは俺がひっぱるような感じです。

 

奥さん

「なかなか浮かないもんだね?」
とう言うので、俺

「胸が大きいからじゃないんですか」
と冗談まじりに言うと、奥さん

「そう?そんなに大きくないよ?」
とかわいい笑顔で言いました。
 

 
 

 

 
 

ときにはプールサイドのへりにつかまり、俺が足をつかんでバタ足のコツを教えたり、浮いてる奥さんの腰を持ってあげてス?っと押してあげたりして、肌と肌のふれあいとかを感じてるうちに勃起してる自分に気がつきました。
 

 
 

なんとか若熟女な奥さんには気がつかれないように気にしてましたが、そんな事考えれば考えるほどギンギンになってしまいました。
 

 
 

 

 
 

奥さん

「そろそろ出ましょう」
と言ったので、俺

「ダメちょっと勃っちゃってるから先に上がってて」
と言いました。
 

 
 

奥さん

「やだなんで勃っちゃうのよ??」
とニコニコしながら言うので

「男とはそんなもんなんです」
と言い訳しました。
 

 
 

 

うやく勃起もおさまった頃俺もプールから上がり、着替え帰る事になりました。
 

 
 

車の中でたわいもない会話をしていると奥さんが

「夕食食べていって下さい。水泳教えてくれたお礼します」
と言うので、すでに何度か食事はご馳走になっていたので

「はいありがとうございますご馳走になります」
と答えました。
 

 
 

 

 
 

自宅に4時頃つきました外はまだ全然明るく、子供達は

「外で遊んで来ていい?」
と聞くと奥さんは

「いいよ6時までには帰ってきてね」
と言い、家の中には気がつくと奥さんと2人きりになっていました。
 

 
 

冷たい麦茶を出しながら若熟女な奥さんは、

「シャワー浴びます?なんか体がプール臭いでしょ?」
と言いました。
 

 
 

 

さすがに他人のしかもお客さんの奥さんと2人きりの部屋で俺がシャワーを浴びるというのはマズいかなぁとも考えましたが、やはり男の本能というか下心というか迷わずに

「そうします」
と答えてました。
 

 
 

風呂場に行き奥さんに使っていいバスタオルを聞き、シャワーを浴び始めました。
 

 
 

 

 
 

その時、俺の頭の中では

「もしかしたら俺に気があるのかなぁ?」
なんて都合のイイ事を考えてました。
 

 
 

体を洗い始めてしばらくするとナント!奥さんがドアの向こうでこう言いました。
 

 
 

 

 
 

「3人に教えて疲れたでしょ?背中流しましょうか?」
と。

 

これは冗談かギャグか?と一瞬考えましたが、思わず俺は

「いいんですか?」
と言ってしまいました。
 

 
 

 

 
 

「もちろんいいですよ」
と言うと、ドアの向こうでガサガサしています。
 

 
 

すでに想像で勃起状態です。
 

 
 

 

 
 

マジかよ?平気かな?と不安もかなりありましたが、一応背中を流してもらってるだけという言い訳も出来るなと半分開き直りました。
 

 
 

俺がドアに背を向けて座っていると、ドアがカチャっと開きました奥さんも裸だったらどうしようと勝手に想像してました。
 

 
 

 

少し振り返るとバスタオルを体に巻いています。
 

 
 

あきらかに裸です。
 

 
 

 

 
 

思わず俺は

「バスタオルの下ちゃんとなんか着てますか?」
と純な青年のような心にもないような事を言うと、

「着てるはずないじゃない、だって背中流したらそのまま私と変わってもらって私がシャワー浴びるんだもん」
と言いました。
 

 
 

俺の息子はギンギンに上を向いていたので一応恥ずかしいかったので、イスに座っている俺は腰にヘチマのタオルをかけていました。
 

 
 

 

 
 

「じゃあお願いしま?す」
と言うと、ハンドタオルにボディーソープをつけ背中を洗ってくれます。

 

当なら体を洗うタオルでこするのでしょうが、俺の腰(イチモツ)に乗せてあるので普通のタオルでこすってくれました。
 

 
 

 

 
 

やわらかいタオルなのでくすぐったいし気持ちいいしで、チンポはどんどんパワーアップします。
 

 
 

背中を3?4回ていねいに流してくれました俺

「ありがとう」
と言うと、奥さんは

「前は?」
と言いました。
 

 
 

 

 
 

「前?前って前?前ってチンポじゃん」
と自分の頭の中で色々考えました。
 

 
 

しかしそこは男

「前も洗ってくれるの?」

と聞くと

「いいよ、こっち向いて」
と優しく言ってくれます。
 

 
 

 

前を向くと、暑さでうっすら額に汗をかいています。
 

 
 

それがみょうにかわいかったです。
 

 
 

 

 
 

若熟女な奥さんは胸から下はバスタオルだったので、俺は試しに

「暑いでしょバスタオル取れば?」
と言ってみましたが

「それは私が危険でしょ?」
と言い、軽くかわされてしまいました。
 

 
 

俺はギンギンになったチンポにタオルを乗せてる以外はすっ裸です。
 

 
 

 

 
 

奥さんが

「はい足伸ばして」
と言うので足を伸ばすと、足の先からていねいに洗ってくれます。

 

少しづつ上に来ます。
 

 
 

 

 
 

勃起しているチンポには当然気がついてるはずですが、わざと見ないようにしているようで、洗ってる足だけを見たり俺の顔を見たりしながらニコニコしています。
 

 
 

洗うタオルが足の先から少しずつ上に来ます。
 

 
 

 

 
 

俺は

「チンポはどうするのかなぁ」
と考えてると、タオルが太ももまで来ます。
 

 
 

チンポはすでに腰のタオルを持ち上げています太ももの途中に来ると足の付け根まで来ないで、

「はい次は胸とおなかね?」
と言いながら俺の胸を洗ってくれます。
 

 
 

 

その時のショックはありましたが、胸を洗ってくれる時に密着感で気分は最高潮でした。
 

 
 

胸を流し終わり

「これで終わりか・・・」
思ってた矢先、奥さんは

「はい立って」
と言いました。
 

 
 

 

 
 

俺はギンギンになったチンポにタオルを押し付けながら、座っている奥さんの前に立ちました。
 

 
 

すると

「はい洗ってあげるから手をどけて」
と言いました。
 

 
 

 

 
 

おそらく今までこんなにドキドキした事なかったでしょう。

 

キドキしながら俺は

「タオルは?着けといた方がいい?」

と聞くと

「着けててもいいよ」
と言われましたが俺はタオルを取り、ギンギンになったチンポを見せつけるかのように仁王立ちです。
 

 
 

 

 
 

「凄いね・・・・」
と奥さんは言いながら手にボディーソープを付けるとおしりの穴を手で洗ってくれます。
 

 
 

その気持ち良さは最高でした。
 

 
 

 

 
 

奥さんはチンポを指指しながら、

「ここはタオル?それとも手で洗った方がいいの?」
と聞くので、俺は

「手の方が痛くないから手がいいな」
と言うと、奥さんは手の平にまたボディーソープをつけ俺のタマをやさしく洗ってくれます。
 

 
 

いよいよチンポですカリの裏とかまで全体的になでてくれます。
 

 
 

 

あまりの気持ち良さに俺が、

「ヤバイよイっちゃったらシャレになんないじゃん」
と言うと奥さんは、

「大きいね、しかもドクドクいってるよ」
と言われた瞬間、俺の理性はプツンと切れてしまいました。
 

 
 

その瞬間、ほぼ強引とも言える力で奥さんの汗でビショ濡れのバスタオルを剥ぎ取りました。
 

 
 

 

 
 

すると陰毛は濃かったですが、乳首は小さく大きなオッパイは俺の理想としてるオッパイでした。
 

 
 

奥さんを立ち上がらせてキスしてしまいました。
 

 
 

 

 
 

もう止まりません。

 

そのまま奥さんを浴槽のへりに座らせオッパイにしゃぶり付くと、俺のチンポをつかみ激しく上下運動です。
 

 
 

 

 
 

奥さんは

「口でしてあげる」
と言いながら俺のチンポを咥えました。
 

 
 

今考えればフェラはあまりうまいとは言えないレベルでしたが、その雰囲気で極上に気分でした。
 

 
 

 

 
 

俺はフェラをしていた若熟女な奥さんを立たせて抱き合いながら、奥さんのアソコに指を持っていくと

「ダメ・・・」
と言いましたが力ずくで持っていくとグショグショに濡れてます。
 

 
 

俺、お客の奥さんなんて事は、とっくに忘れてました。
 

 
 

 

指でクリをなでてやるたびに腰砕けになり、座り込みそうになります。
 

 
 

それでも無理やり立たせて指を入れながらクリをいじると、

「そんな事したらイっちゃう・・・」
と言いったので、

「イっていいよ」
と優しく言ってあげました。
 

 
 

 

 
 

すると今度は俺が浴槽のヘリに座らされて、座ってる俺の上に奥さんはまたがって座ってきました。
 

 
 

俺が

「入っちゃうよ」
と言うと俺のチンポを掴み、奥さんのアソコの割れ目と手で挟み上下運動です。
 

 
 

 

 
 

いわゆる素股です。

 

さんも自分でクリを刺激してるようで感じまくってます。
 

 
 

 

 
 

俺はあまりの気持ち良さとハイテンションのせいで奥さんの腰の動きと止めると、俺の腰を少し動かし無理やり入れました。
 

 
 

すると

「あ???ダメ??」
と凄い声を上げます。
 

 
 

 

 
 



「もうガマンできないよ」
と腰を突き上げます。
 

 
 

奥さんは

「イクとき言ってぇぇぇ」
と言いました。
 

 
 

 

ガンガン突きまくると若熟女な奥さんも腰を使います。
 

 
 

すでに奥さんは2~3回はイったようでした。
 

 
 

 

 
 

俺も2~3分位しかガマンできず

「ダメだもうイク」
と言うと、奥さんが

「中に出さないで・・」
と言ったのですぐ抜きました。
 

 
 

奥さんはすぐ俺のチンポを手と口でしごいてくれました。
 

 
 

 

 
 

「ビュッ」
と勢いよく奥さんの顔にかけてしまいました。

 

まさか自分のお客さんの奥さんに顔射する事になるとはと思いませんでした。
 

 
 

 

 
 

私は独身(彼女有り)ですが、その若熟女な奥さんとは今でも不倫関係でお付き合いしております。
 

 
 

「不動産屋っておいしいな」
と思った次第でございます。
 

 
 

 

 
 


 
【35万箱突破のモリモリw】

 

 

 
【画像】 管理人体験談
関連体験談
最新記事
ほへーっw
当サイトに掲載している体験談は妄想好きな作者の創作物です。実在の人物や事件とは全く関係ありませんので、ご理解の上お楽しみくださいませ。なお、当サイトでは熟女とのエッチな体験談を常時募集していますので、貴方のエロ体験談を是非教えて下さい!
投稿フォームはコチラ
PAGE TOP ↑