美人女上司を性奴隷に!┃ヒステリックな堅物熟女を言いなりセフレにした件w

カテゴリー 熟女との体験談タグ

美人だがきつめで三十路ど真ん中の堅物女上司を、性奴隷にしてあげた件について語ります

 

ちなみに、ちの職場は女性職員が多い、いわゆるお堅い銀行系の職場。
 

 
 

 

 
 

だが、よりによって俺の直属上司は2つ年上のヒステリックだが脂ののったイイ女。
 

 
 

 

 
 

年齢は30代半ばでいつも冷めた表情をしてるのが印象的。
 

 
 

 

 
 

全く色気が無い顔してるくせに、体つきだけは例外。

 

大人の女を匂わせるムッチリ系のスタイルだ。
 

 
 

 

 
 

社員旅行で初めてTシャツ姿を見たが、推定Fカップはあろうかという巨乳。
 

 
 

太ってるわけではなく、印象でいうと小池栄子みたいなスタイルの持ち主。
 

 
 

 

 
 

しかも独身。
 

 
 

かれこれ1年以上前なんだけど、渋谷のラブホでバッタリ出くわしちゃった事があって。
 

 
 

 

ラブホに入って行ったら部屋を選ぶパネルの前に先客がいて、その1人が女上司。
 

 
 

それだけでも唖然としたのに、連れてた男がなんと既婚者の上司ときたもんだ。
 

 
 

 

 
 

ようするに社内で不倫しちゃってたわけ。
 

 
 

俺も唖然としたけど2人はもっとビビってた。
 

 
 

 

 
 

2人して顔を背けて逃げるようにホテルから出て行ったし。

 

真正面からバッチリ2人の顔を見ちゃってるから、もう隠せる問題じゃないのにね。
 

 
 

 

 
 

月曜日に出社したら早速呼び出されて、会議室にその2人の上司。
 

 
 

男の方は数段上の上司なのに、俺に土下座する勢いで懇願してきた。
 

 
 

 

 
 

思い出したんだけど、こいつの奥さんてこの地域で力のある人の娘だったんだよね。
 

 
 

だから浮気してるなんてバレたら、まず首は確定だろうしその後も大変だろうし。
 

 
 

 

ともと俺は仕事のできる部類じゃなかったから、これは使えるなってその時思った。
 

 
 

こいつらが出世してくれたら、俺の未来も安泰じゃんって。
 

 
 

 

 
 

だから、誰にも言いませんよって言っておいた。
 

 
 

それからは事あるごとに男上司に呼ばれ、メシ奢ってもらったり面倒を見てもらってた。
 

 
 

 

 
 

女上司は俺に対して媚びたくないのか、悔しさを滲ませながらって感じだった。

 

ぶっちゃけ

「ざまぁ~~~」
って内心思いながら仕事してた。
 

 
 

 

 
 

社内不倫してて渋谷のラブホ使う方がバカなんだよってね。
 

 
 

それからしばらくして男上司に誘われて飲みに行った。
 

 
 

 

 
 

俺が会うようなお得意さんじゃないようなレベルの人もいて、最後はザギンのクラブ(笑)座ったら数万は飛ぶような店で、女の子もつけてくれてすげぇー楽しかった。
 

 
 

男上司も楽しかったんだろうね。
 

 
 

 

言われるがまま呑んじゃって、最後は当然のように泥酔ですよ。
 

 
 

もちろん俺が送り届けなきゃなんで、上司の家へ送ったわけです。
 

 
 

 

 
 

奥さんがすげぇー剣幕で笑えたけど、さっさと置いてタクシーで帰った。
 

 
 

俺が降りてスグに運転手さんに呼び止められ、

「携帯忘れてないですか?」
って言われた。
 

 
 

 

 
 

その携帯は上司の携帯だったから、俺がもらっておいた。

 

家に帰ってから携帯を見てみようとしたんだけど、なんとパスワード付きでやがんの。
 

 
 

 

 
 

これじゃ浮気してるって言ってるようなもんじゃんね。
 

 
 

バカ過ぎだよな~って、上司の誕生日とか入れて解読してみた。
 

 
 

 

 
 

全く解読できなくて諦めようと思って閃いたのが、女上司の誕生日とか。
 

 
 

これがビンゴで、パスを女上司の誕生日にしてやがんのよ。
 

 
 

 

ずはメール見てやろうとチェックしてみた。
 

 
 

バカなのか何なのか、着信メールは削除されてるんだけど、送信メールは残っててさ。
 

 
 

 

 
 

それがまたキモいのなんの。
 

 
 

女上司に甘えた口調でメールしてたり、毎回愛してるとか好きとか書いててね。
 

 
 

 

 
 

もっとビックリしたのは画像フォルダですよ。

 

SDカードの中身は空だったけど、携帯の本体にはエロ画像満載さ。
 

 
 

 

 
 

もしやと思って見てたら、やっぱり出てきたんだわ。
 

 
 

熟女真っ盛りな上司の裸体が。
 

 
 

 

 
 

あの冷めた表情じゃなくてメス顔になってチンコ舐めてる画像とか、M字開脚してる画像、バイブ突っ込んでヨガってる画像、正常位・バック・騎上位でハメて喘いでる画像。
 

 
 

出るわ出るわ、全部で100枚近くあったんじゃないかな。
 

 
 

 

いつもとは違う色っぽいエロ顔。
 

 
 

想像通りの巨乳で、しかも形がマジで完璧。
 

 
 

 

 
 

アソコは剃られたのか分からないけど無毛地帯。
 

 
 

便秘症なのかアナルにちょっとポコッとした突起物あり。
 

 
 

 

 
 

即俺のSDカード入れてコピー。

 

PCで見てみると、大画面だからすげーエロいんだな。
 

 
 

 

 
 

思わずバイブ入れながらチンコ舐めてる画像でシコったぐらいエロい。
 

 
 

会社で何も知らない真面目な上司を見れるから、これは最高のオカズだもんね。
 

 
 

 

 
 

すっごい嬉しかったんだな。
 

 
 

次の日の朝、会社で上司に携帯を届けて、その時すげぇー気にしてて笑えた。
 

 
 

 

がイジりまくったせいで電源落ちてたから、

「電源切れてましたよ」
って言ったらホッとした顔してた。
 

 
 

内心

「うひゃひゃ♪」
ってほくそ笑んでたけどさ。
 

 
 

 

 
 

女上司のエロ画像で何度もシコってたある日、女上司に突然呼び出された。
 

 
 

呼び出されたって言ってもデスクに行っただけね。
 

 
 

 

 
 

そしたら凄い剣幕で怒鳴りつけてきてさ。

 

「何の事ですか?」
って聞いたら俺の仕事じゃなくて、下のヤツがやってた仕事の件。
 

 
 

 

 
 

「俺じゃないんですけど」
って言っても、俺に監督権があるとか、ちゃんと見なきゃダメだとか言われてた。
 

 
 

ムカついたから

「俺じゃなくてそいつに言って下さい」
って言ったわけ。
 

 
 

 

 
 

そしたら怒りが最高潮になったらしく、部屋中に響き渡るほどの金切り声で俺を罵倒しまくりよ。
 

 
 

会社にはお荷物だからさっさと辞めちゃいなさいとか、レベルが低過ぎて面倒見切れないとか、頼むから迷惑だけはかけないでとかね。
 

 
 

 

この怒り声を聞きつけて、問題の後輩と、いっしょに組んでた同期のヤツがやってきたわけ。
 

 
 

「なんで俺が怒られなきゃいけないの?」
ってそいつらに言ったら、また怒られてね。
 

 
 

 

 
 

実は上司の勘違いで、俺は本当に全く無関係で、同期のヤツに責任があったわけなのよ。
 

 
 

自分の勘違いって分かっても謝罪は無いし、俺にも責任がとか言い出す始末。
 

 
 

 

 
 

一応その場は我慢したけど、それはもう酷く頭にきた。

 

戻っていいわよ!なんて言われて戻ったけど怒りがおさまらず、衝動的に動いちゃったわけなんですよ。
 

 
 

 

 
 

SDに入ってる上司のエロ画像を携帯に出して、ツカツカと行って見せちゃった。
 

 
 

「こんな事してるくせに、自分の勘違いは謝らないんですか?」
って。
 

 
 

 

 
 

顔面蒼白でしたよ(笑)

「なっなっなっ・・なに!なによ!それ!!」
って猛烈に酷く動揺しちゃってさ。
 

 
 

「じゃ・・」
って俺はデスクに戻った。
 

 
 

 

方になって女上司に呼ばれて、画像の件で話がしたいって言われた。
 

 
 

俺には話す事無いですよって言ったけど必死になってて、マジでウケた。
 

 
 

 

 
 

20時に俺の最寄り駅で待ち合わせしたら、上司は車で登場。
 

 
 

乗せられて向かった先は、駅から20分も車で走ったとこにある寂れたカラオケ。
 

 
 

 

 
 

部屋に入ってすぐ

「何でアナタが写真持ってるの?」
ってね。

 

いつもの冷めた表情じゃなくて、マジでビビった女の子の顔で聞いてきた。
 

 
 

 

 
 

「この前上司がタクシーで忘れて・・・」
って説明してやった。
 

 
 

画像はあれだけじゃないよ、もっとたくさん持ってるよとも付け加えて。
 

 
 

 

 
 

そしたら俺の腕を掴んで

「お願い、お金なら払うから返して」
だってさ。
 

 
 

だから言ってやったのよ。
 

 
 

 

「まずは今日の事を謝ってもらえます?」
って。
 

 
 

勘違いであれだけ罵倒しておいて、勘違いを認めず謝りもしなかったしって。
 

 
 

 

 
 

「ごめんなさい。私の勘違いだったわ。本当にごめんなさい」
って素直に謝ってくれた。
 

 
 

 

それでも渡す気は無かった。
 

 
 

気分はかなり良くなったけどね。
 

 
 

 

 
 

やっぱりここでどこからか悪魔の囁きが聞こえてきちゃいましてね。
 

 
 

「返して欲しいならチンコ舐めて下さいよ」
って言っちゃった。
 

 
 

 

 
 

「えっ?何言ってるの?そんなの無理に決まってるじゃない。何言ってるのよ」
まぁ~初めはそんな感じで拒絶されてました。
 

 
 

 



「今はネットもありますからね」
とか付け加えてたら折れました。
 

 
 

俺の要求通り、ベルトを外してトランクスの上からチンコを触らせた。
 

 
 

 

 
 

黙々と触り始めたけど、何とも言えない興奮感。
 

 
 

トランクスの社会の窓からチンコを出させて、その場で舐めさせてやった。
 

 
 

 

 
 

いきなり激しくしゃぶり出したから、頭を掴んで言ってやったわけ。

 

「まずは舌で丁寧に舐めて、激しくするのはもっと後だろ」
って。
 

 
 

 

 
 

男上司に仕込まれているのか元々なのか、丁寧に舌を器用に動かしながら舐めてくれた。
 

 
 

垂れた髪をかきあげると、目の前にあのクールな上司がチンコをしゃぶってるんだからね。
 

 
 

 

 
 

ヤバいぐらい興奮してきて、俺は容赦なく巨乳を無断で揉みまくった。
 

 
 

胸を触られた時は逃げようとしたけど、途中でスグに諦めてくれた。
 

 
 

 

Yシャツのボタンを外してブラの中に手を突っ込んだら、乳首がビンビンになってた。
 

 
 

だから

「俺のチンコ舐めながら乳首をこんなに硬くしてるんだ?」
って意地悪言ってやった。
 

 
 

 

 
 

「違う・・・んっ・・・・違う・・・」
って否定してたけどさ。
 

 
 

画像にもあったように、乳首をつまんでギュッと引っ張ってみた。
 

 
 

 

 
 

画像では騎上位の時にかなり引っ張られてたから、もしかして好きなのかと思って。

 

やっぱり好きみたいで、

「んぅっ・・・・・んっっ・・・・」
って声出しながらしゃぶってた。
 

 
 

 

 
 

「チンコ美味しい?」
って聞いたらシカトしてたから、また乳首を強く引っ張ってみた。
 

 
 

そしたら

「好きですっ!んやあっ!好きですぅっ!」
って。
 

 
 

 

 
 

まだまだ完全に落ちたわけじゃないと思って、しゃぶらせながらどうしようか考えてみた。
 

 
 

「もうフェラはイイから、そこでM字で座ってみてよ」

「もう許して下さい・・・」

「こんな事で?そんなぐらいの価値なの?あの画像たちは」

「いや・・・違います・・・お願い・・・返して・・・」

「じゃ~早くM字になってよ」
渋々うつむきながら、上司はソファーでM字になった。
 

 
 

 

ンツスーツだったから股間やケツはピッタピタ。
 

 
 

隣に座って優しく割れ目に沿うように人差し指で撫でてみた。
 

 
 

 

 
 

予想してたらしくグッと目を閉じて下を向く上司。
 

 
 

太ももから割れ目へと、何度も焦らすように優しく触りまくった。
 

 
 

 

 
 

10分以上焦らした後で、急に2本指でアソコを上から圧迫してみた。

 

予想通りの反応で、腰がヒクヒク痙攣ぎみ。
 

 
 

 

 
 

どんどん圧迫しながら指の腹を使って、クリトリスを中心に撫で回してやった。
 

 
 

感じてるのが手に取るように分かるほど反応してくれてた。
 

 
 

 

 
 

何度もM字の足を滑らせちゃうし、腰が時々クネっと動いてた。
 

 
 

足を下ろさせて今度は下着の上から触ろうと、ベルトとボタンを外しジッパーを降ろした。
 

 
 

 

少しの抵抗はあったけど、もうほぼ無抵抗だった。
 

 
 

パンストは穿いてなかったから、パンツの上から触ってスグに分かった。
 

 
 

 

 
 

下着にも染み出るほど大洪水。
 

 
 

こりゃ~下着の上からでも直接でも同じだなと、そのままパンツの中に手を入れて触った。
 

 
 

 

 
 

毛はやっぱり無くて、ビラビラがベチョベチョになってるほど濡れまくってる。

 

クリを中心に指でクルクル回してやった。
 

 
 

 

 
 

だんだん息も荒くなってきて、ウケたのは足をピンと伸ばしてた事だね。
 

 
 

耳に口をつけて

「気持ちイイんでしょ?我慢しないで喘いでイイよ」
って言ったら

「んっ・・・んっ・・・」
って言うだけ。
 

 
 

 

 
 

そのくせ足は伸ばしてアソコはベッチョリなんだからなぁ。
 

 
 

クリトリス攻撃で多分20分ぐらい、その後中指をアソコに入れて、最後は指を2本。
 

 
 

 

刻みに膣内を攻撃しまくって、耳に口を付けながらずっと言葉攻めしてやった。
 

 
 

「こんなになってて本当はスケベなヤツだったんだな」

「ここ気持ちイイんだろ?腰を勝手に動かすなよ」
散々イジメ抜いて耳を舐めたりし続けた。
 

 
 

 

 
 

指を2本にして攻撃し始めてちょっとした時、完全に熟女真っ盛りな上司が落ちたよ。
 

 
 

下を向いて

「んっ・・・んっぅ・・・」
とかしか言わなかったくせに、いきなり俺に抱き付いてきて、俺の口にしゃぶりついてきたんだから。
 

 
 

 

 
 

それはそれは激しいディープキス。

 

キスっていうか勝手に俺の口の中に舌を入れてきて舐め回してきたり、舌をチンコみたいにしゃぶってきたりしてきちゃったんだよね。
 

 
 

 

 
 

しかもキスしながら喘いじゃって。
 

 
 

女上司が落ちて俺も指の動きをスピードアップ。
 

 
 

 

 
 

我慢してたみたいでスグにイッちゃったみたい。
 

 
 

イクときがまた凄くてね。
 

 
 

 

俺の舌をしゃぶりながら

「んくっ!んっくっ!!!うっくっ!!!」
って言ってた。
 

 
 

イキながら膣内がウネウネし始めてて、指が変な風に締めつけられてた。
 

 
 

 

 
 

なんか、柔らかい指でランダムに握られてるって感触。
 

 
 

「なに勝手にイッてんだよぉぉーーっ!」
って、余韻に浸ってる状態のまままた指を激しく動かした。
 

 
 

 

 
 

「いやぁーっ!待ってっ!まってっ!ダメッダメッ!!!」

「よぉ~し・・・・待ってやるよ・・・・・ってウソだけど~~~!」

「んひーっっ!だめっ!!!いやっいくっ!!ダメッ!!!」

「じゃヤメるか・・・・」
焦らしまくって何度もそんな事を繰り返してたら、もう上司には上司の表情は無かった。

 

ダメとかイヤとか言いつつ、もっとしてって感じで俺の舌に吸い付いてくる始末。
 

 
 

 

 
 

しかも右手はちゃっかり俺のチンコを握ってて、シコシコ動かしちゃってたんだからねぇ。
 

 
 

もう相当なエロ女でした。
 

 
 

 

 
 

「チンコ入れたいのか?」

「あぁ・・入れたい・・・」

「もっとちゃんとお願いしろよ」

「はい・・入れて下さい・・・・」

「どこにだよ」

「オ・・・・マ・・・・ンコにです・・・」

「なに?」

「オマンコです・・・」
指で膣内をクネクリ回しながら言葉攻めすると、これがまた面白いように反応してくれる。
 

 
 

上司の口から

「オマンコ」
なんて言葉が聞けるとは夢にも思わなかったし。
 

 
 

 

テル行くのもなんだから、そのまま上司を俺の家へ連れて行った。
 

 
 

駅からだいぶ離れたマンションなんだけど、駅近くと同じ値段で部屋が1つ多い。
 

 
 

 

 
 

この1つを寝室に使ってるから、部屋に入れてお茶も出さず、その部屋に連れ込んで全裸にしてやった。
 

 
 

キスしながら脱がしたんだけど、これがまたウケる。
 

 
 

 

 
 

自分でも早く脱ぎたいみたいで、舌をしゃぶりながら体をクネらせて脱がせるのを手伝ってるわけ。

 

全裸にさせてからしゃがませて、そのままおしゃぶりタイム。
 

 
 

 

 
 

さっきとは打って変わって、自主的な濃厚フェラ。
 

 
 

上手いってさっきも思ったけど、それ以上に上手い舌ワザ。
 

 
 

 

 
 

しばらく仁王立ちフェラを楽しんだ後ベッドに横になり、まるで風俗みたいなリップタイム。
 

 
 

好きなのか仕込まれたのか、俺の乳首も丹念に舐めるんだな。
 

 
 

 

舐めながら胸をチンコにプルプル当てたり、乳首を亀頭に当てたりもする業師。
 

 
 

どっかの風俗で働いてたのか?ってマジで思った。
 

 
 

 

 
 

もう俺の前戯は必要ないらしく、舌をしゃぶりながら亀頭をアソコに擦りつけながら勝手に挿入。
 

 
 

「何勝手に入れてんだよ」

「あぁ~・・ごめんなさい・・・でも・・・・あんんあぁぁ・・」
ってドンドン腰を動かし始めて、気が付いたら根元まで生で入っちゃってた。
 

 
 

 

 
 

腰をクネらせて動いてたかと思ったら、今度は起き上ってグラインドですよ。

 

画像のように乳首つねって引っ張ったら動きが激しくなるんだからねぇ。
 

 
 

 

 
 

「勝手に腰振るなよ!」
とケツをパシッ!と引っ叩いたら喜ぶエロ女。
 

 
 

今までの上司からは想像できないほどエロ顔になってて超興奮した。
 

 
 

 

 
 

このエロ女、言えば正常位でもバックでも腰を振る女だった。
 

 
 

しかも何度もイクという素晴らしい女で、最後の方は狂ったように歯を食いしばってイッてた。
 

 
 

 

白だから胸も俺に揉まれて叩かれて真っ赤だし、ケツにも手の跡がついてたなぁ。
 

 
 

生で勝手に入れられるとは思ってなかったから、最後の出し場所には困った。
 

 
 

 

 
 

自分の布団だし、シーツ汚すと洗濯がダルいし。
 

 
 

当然やっぱり最後は口に出してやった。
 

 
 

 

 
 

「口に出すぞ」

「んあぁ・・はい・・・出して・・・出して…っ」
正常位でバンバン激しく突きまくって、失神するんじゃないかってぐらい感じてたけど、チンコ抜いた瞬間起き上ってチンコにしゃぶりついてきた。

 

これも手慣れたもんで、俺のリズムに合わせてしゃぶるから、久し振りに身の毛がよだつほど気持ち良く射精で来た。
 

 
 

 

 
 

チュポッてチンコから口が離れたら、そのまま後ろにバタんと倒れ、グッタリしてる姿がまたエロ過ぎ。
 

 
 

お掃除フェラさせようと口元にチンコを近づけたら、またもや勝手にしゃぶりついてくる始末。
 

 
 

 

 
 

もうその時には口の中に精液はなく、たぶん出されながらそのまま呑みこんでたみたい。
 

 
 

その後俺は部屋を出てシャワーを浴びて、リビングでコーヒー飲んでた。
 

 
 

 

しばらくしてシャツで前を隠しながら上司が出てきて

「シャワー貸して下さい」
だってさ。
 

 
 

「もう隠す必要無いでしょ。勝手に使っていいよ。タオルもね」

「あぁ・・ありがとう・・」
シャワーから出てきた上司はYシャツにパンツ姿で出てきて、俺はコーヒーを入れてやった。
 

 
 

 

 
 

お礼を言われ2人で黙々とした時間を過ごしてたから

「画像1枚消しとく?」
って聞いてみた。

 

「うん・・・でも・・・やっぱり消しておいて・・・」

「100枚近くあるけど、これじゃ俺と100回ぐらいヤラないと無くならないね」
って言ってやった。
 

 
 

 

 
 

上司は無言で頭だけコクリと動かしてたな。
 

 
 

「でも・・・彼女いるんでしょ?」

「いるけどあんなエロくないからなぁ」

「彼女さんに悪いから・・・」

「じゃ~セフレでイイよ。不倫は続けるんでしょ?」

「それは・・・分からない・・・」
結局なにも決めずに、女上司は帰っていった。
 

 
 

 

 
 

熟女真っ盛りな上司は俺との関係を、不倫相手には言わなかったらしい。

 

えるわけないんだけどさ。
 

 
 

 

 
 

だってその後も、てか今も俺のセフレだし。
 

 
 

仕事中はキビキビした態度のくせに、ベッドの上じゃただのメス豚。
 

 
 

 

 
 

しかも完全なるドMだから、罵倒されると喜んじゃってね。
 

 
 

最近じゃ会社の屋上でもフェラさせたし、廊下の奥で舌をしゃぶらせたりオッパイ揉んだり、会議室でもフェラさせたりしてる。
 

 
 

 

「もう・・・」
とか言いながらも、顔は喜んじゃってるホントにエロ上司ですわ。
 

 
 

しかも画像を1枚ずつ消してくとか言ってたけど、途中からハメ撮りもしちゃってるんだよね。
 

 
 

 

 
 

写真撮られると興奮するんだってさ。
 

 
 

フェラしてる時携帯向けると、しっかりカメラ目線でフェラの動きも止まるし。
 

 
 

 

 
 

不倫相手の上司とエロ上司がいる限り、俺の未来はかなり安泰。

 

ホント最近は充実した毎日です(笑)調子にのりすぎるとしっぺ返しとかありそうなんで、まぁ~ほどほどに楽しんでます。
 

 
 

 

 
 


 
【35万箱突破のモリモリw】

 

 

 
【画像】 管理人体験談
関連体験談
最新記事
ほへーっw
当サイトに掲載している体験談は妄想好きな作者の創作物です。実在の人物や事件とは全く関係ありませんので、ご理解の上お楽しみくださいませ。なお、当サイトでは熟女とのエッチな体験談を常時募集していますので、貴方のエロ体験談を是非教えて下さい!
投稿フォームはコチラ
PAGE TOP ↑