仕事で落ち込んでる若熟女な後輩にアドバイスした結果、喉奥フェラでぶっこ抜いてくれた件w

カテゴリー 熟女との体験談タグ

職場の若熟女な後輩が、仕事でずっこけて落ち込んでるので慰めアドバイスしてあげた結果、エッチできた社内不倫体験談を語ります。

 

そう、はいつも就業開始時刻より1H以上早く出社してて、大体8時あたりにはもうデスクに着いているのだが、その静けさに充ちたフロアに一番乗りは気分がイイのだが、でも、その日は、既に先客がいたのだ・・・
 

 
 

 

そう、彼女は、アラサー若熟女ながら後輩の愛美(仮名)だ。

 

 

後輩と言っても、俺に対して敬語とタメ口が6:4くらいの割合で、仕事明けには飲みに行ったりもするので仲は良い。
 

 
 

 

ちなみに、俺の妻は愛美と同じ大学で、愛美の紹介で付き合ったという経緯がある。
 

(今回の話とは特に関係ないが一応)愛美はパソコンの画面を食い入るように見つめていて、俺が来た事にも気づいていない程に集中しているようだった。
 

 
 

 

デスク周りには、沢山の資料が積み上げられていた。

 

俺は驚かせてやろうと思い、両手の平を合わせてパチンと叩く。
 

 
 

 

静かなフロア内に乾いた音が響く。
 

愛美はビクッと身体を震わせて、こっちを振り向いた。
 

 
 

 

驚愕と安堵が混じった表情で

「・・オハヨウゴザイマス」
と軽くペコリ。
 

仕事を中断させられたのもあってか少し迷惑そうだった。
 

 
 

 

 

俺はコーヒーを飲みながら、若熟女の愛美に近づく。
 



「おはよ。ビックリした?ごめんごめん。今朝は随分早いな、もしかして徹夜?」

愛美

「ううん。徹夜じゃないよ、始発で来たから5時半出社。ちょっと急ぎでやらなきゃいけないのがあって」



「そっか。んで、片付いたの?」

愛美

「う~ん、資料はなんとか出来たんだけど、先方の責任者がけっこう怖い人だって聞いてるから、ちょっとビビッてます…」



「ふーん」
俺は出来上がった資料を一通り眺める。
 

 
 

 

イアウトも綺麗だし説明も簡潔、枚数も最小限に留めてある。
 

多少面白味には欠ける印象だが、プレゼンは資料よりもその内容の具体性と明解さが肝だと思う。
 

 
 

 

愛美は資料は上手に作れるのだが、プレゼン能力は今ひとつだった。
 

俺は読み終えた資料を揃えて愛美に渡す。
 

 
 

 

愛美

「…どーでしょうか?」



「ま、いいんじゃない?あとはどうもっていくかだね。I(企業名)は、俺も前に担当してた時期あるけど、あそこは本部決議に時間かかるから、考える時間を長く与えるとのらりくらりでかわされるぞ。ちょっと急かす位の方がいいかもな。んで、先方の責任者って何て人?」

愛美

「えっと、近藤さんていったかな。私はその人には今日初めて会うんだけど」



「え、近藤さんて池袋で支部長やってた?」

愛美

「あ、そう聞いてる。何か最近、本部勤務になったとかで」



「そっかぁ~。近藤さんか、懐かしいな。俺も当時は色々やられたわ。」

愛美

「え~、広田さん(俺のことね)先方と面識あるの?」



「うん、3年くらい担当してた。近藤さんは、確かに厳しいこと言ってくるけど、すごくしっかりした考え方をする人って言うのかな。ちゃんと筋道立てて、具体的なビジョンをイメージさせないと納得してくんないぞ。アポは何時?」

愛美

「13時です。そうなんだ…、私だけで大丈夫かなぁ。心配になってきたよ・・・」
愛美は明らかに不安そうだ。
 

 
 

 

つい今の今まで資料を作成していたのだから当然だろう。
 

俺は時計を見た。
 

 
 

 

8時20分。
 

俺は午後から1件アポが入っているから、午前中は比較的時間がある。
 

 
 

 



「よし、ロープレ付き合ってやるよ。10時からミーティング始まっちまうから、1時間でスパッとやるぞ」

愛美

「はい!宜しくお願いします!!」
さすがにこういう時は敬語一辺倒。
 

 
 

 

それから1hかけてロープレ。
 

今日の所は先方とも初顔合わせだし、好印象だけはしっかり与えて来いとアドバイスを添えておいた。
 

 
 

 

午後になり、俺はアポ先に出向き商談をまとめた。
 

時計を見ると15時を回っていた。
 

 
 

 

昼休憩し損ねたので、適当な店を見つけて入ろうとしていると、携帯が鳴った。

 

若熟女の愛美からだ。
 

 
 

 

愛美

「お疲れさまです。広田さん、今大丈夫ですか?」



「おう。どうした?」

愛美

「やりました~!近藤さんの合意を貰えて、早速本部にかけ合ってくれるそうです。週明けには返事くれるって!」



「おおっ、やったじゃん、おめでと!!」

愛美

「全部、広田さんのおかげだよ~!先方と広田さんの話題で打ちとけれて、そこからは終始和やかな流れでした。すごく広田さんの事誉めてましたよ。宜しく言っといてくれって」



「そっか、俺からも近藤さんにメールくらいはしとこうと思う。とにかくお疲れさん」

愛美

「ありがとうございます!あ、広田さん、今どこに居ますか?私、錦糸町なんですけど」



「俺は錦糸町だよ。今、ランチ行こうかなって思ってたところ」

愛美

「あ、私もランチ食べてない~。じゃあ、ご馳走させて下さいよ!私、そっちまで行きますから」



「ん~、じゃあご馳走になろうかな。じゃあ、南口の改札前にいるからさ」

愛美

「了解です。今から電車に乗るんで、5分くらいかな」



「おう。腹減ってんだから早くな」

愛美

「すぐ行きま~す♪」
錦糸町で若熟女の愛美と合流後、適当な店に入ろうとするが、ランチタイムを過ぎた中途半端な時間のためか準備中のお店が多い。
 

 
 

 



「ありゃ、ここもやってないかぁ。出来たら涼しい所がいいよね?」



「そうだなぁ。出来たらソファー席とかあると最高だね」

愛美

「う~ん。あ、じゃあカラオケにしない?あそこなら涼しいし、料理も色々あるでしょ」



「そうだな。んじゃ、そこにオ○館あるよ」

愛美

「入っちゃおうっ!」
俺はこの後は会社に戻るだけ。
 

 
 

 

愛美は17時からアポがあるが、時間的に1時間ほどの余裕があった。
 

冷房の効いた室内は汗をかいた身体に心地良い。
 

 
 

 

適当に料理を注文し、歌も少し歌った。
 

平日の昼間、しかも仕事の合間にカラオケをするというのはどこか不思議な感覚だった。
 

 
 

 

愛美は商談が上手くいった事もあり、上機嫌で曲を入れていく。

 

俺は人が歌っているのを聴くのは好きだが、自分からは率先しては歌わないほうだ。
 

 
 

 

若熟女の愛美が3曲歌う間に1曲入れるくらいのペース。
 

三十路ど真ん中じゃあ、最近の新曲も全然分からん…。
 

 
 

 

何を歌うかを考えている内に、愛美が歌っていた曲の演奏が止まってしまったので、何か入れないとなと考えていると、愛美が俺の肩にもたれ掛かって来て、太股の上に手を置いてきた。
 



「さて、何を歌うかね…」
俺は我関せずという体を装っていたが、若熟女の愛美の白くてほっそりとした指で太腿を上下にゆっくりと撫で上げられている内に下半身がにわかに反応。
 

 
 

 

愛美シャツのボタンを片手で枝豆を剥くように慣れた手つきで外していく。
 

顎から首筋、乳首へと徐々に下りていきながらの細かいキスの連続。
 

 
 

 

乳首が弱い俺。
 

勃起してきた乳首を指でコリコリといじりながら耳に舌を入れられ、耳たぶをかぷっと甘噛みされる。
 

 
 

 

ここまでされたら、さすがにノーリアクションではいられない。

 



「オーイ、ここカラオケだし俺らまだ仕事中だろ。」

愛美

「えへ。してあげたくなっちゃったんだけど、嫌だった?」



「俺は仕事上のアドバイスをしただけで、実際にまとめてきたのは愛美だろ?変に気を使わなくたっていいんだよ」
俺は真面目に言っているのだが、下半身が既におっ立っているので絵面的にはかなり間抜けだ。
 

 
 

 

愛美

「ありがとう♪でもさせてね…」
と愛美は言って、俺の首に両手を回して唇に吸い付くようにキスをして来た。
 

こうなれば俺も抵抗などしない。
 

 
 

 

お互いの舌を絡めて濃厚なキス。
 

じゅるっ、くちゅんっと音が漏れる。
 

 
 

 

室内にはBGMも流れているし、余程の大きな音を立てない限りは室外まで聞えたりはしないだろうが、男女のペアが入室して曲が流れていなかったら店員も警戒するだろう。
 

俺は若熟女の愛美とのキスをいったん中断し、このエロい空気感を壊さない程度のBGMになるような曲を適当に入れて、またキスを繰り返していた。
 

 
 

 

愛美

「ちゅっ。ちゅぱ。あん…。時間あんまりないよ。もうするね?」
愛美は待ちきれないように俺のチンポをボクサーパンツ越しにしごいてくる。
 

 
 

 

俺はシャツの上から愛美の巨乳を揉みしだきコリコリの乳首を指先で摘んだり、弾いたりする。
 

若熟女の愛美はウエストも括れていて尻も小さめなので、パッと見は小柄で細身の印象を受けるが、胸だけが規格外にデカい。
 

 
 

 

本人曰くFカップ。
 

シャツのボタンを外すと、黒いレースのブラ登場。
 

 
 

 

その谷間の深さにはやはり目を奪われる。

 

このままチンポを突っ込んでパイズリしたい衝動に駆られる。
 

 
 

 

全部脱がすわけにもいかないので、上着は着せたままブラだけを抜き取る。
 

スーツ姿の巨乳女のノーブラ状態というのは、視覚的に俺をすげー興奮させる。
 

 
 

 

俺はそのFカップにバフッっと顔を埋めてしばらくその柔らかさや匂いを堪能する。
 

俺の息がかかってくすぐったかったのか、愛美はふふっと笑いながら身体をよじらせる。
 

 
 

 

ャケットは脱がさずに愛美シャツの中に手を突っ込んで、ナマの乳首を責めたてる。
 

息をふっと吹きかけて、乳首の周辺のみを指先でゆっくりとなぞる。
 

 
 

 

胸が感じやすい愛美には、時間をかけて愛撫したいところだが、あいにく時間は限られている。
 

右の乳首を口に含み、舌で転がしたり歯を軽く立てて刺激する。
 

 
 

 

左乳首は親指と人差し指で力を入れすぎないように摘み、コリコリさせたりブルブルと振動させるように刺激する。

 

愛美

「ひゃんっ!ふっ、やんっ。はぁ…」
愛美の息も荒くなって来る。
 

 
 

 



「乳首硬くなってるよ?」
少し強めに音を立てて乳首を吸い上げては舌でレロレロと転がす。
 

愛美

「んっんつ、はぁ、んんっ!だって…気持ちいいもん」
俺は巨乳好きなので胸を攻めるのが大好きだ。
 

 
 

 

その際、乳首を転がしつつも背中やわき腹に指を這わせたり尻をぎゅっと掴んだりと、胸と同時にどこかも一緒に攻めていく。

 

乳首への快感に集中しているのに、ノーマークだと思っていた部分にいきなり触れて来られるので愛美の反応も敏感だ。
 

 
 

 

スカートを捲くり、パンティーの上からマン筋をすうっとなぞる。
 

下着越しからでもびっしょりと濡れて来ているのが分かる。
 

 
 

 

パンティーをずらしてマンコに触れようとしたところで、若熟女の愛美の手がそれを阻止する。
 

愛美

「ん…、声我慢できなくなるからダメだよ…。ねぇ、広田さんのカチカチだよ、口でしていい?」
俺のチンポをズボン越しにさすりながら、上目遣いで訊いてくる。
 

 
 

 

フェラされるのが大好きな俺はもちろんOK。
 

いいよと俺は言って舐めやすいように腰を浮かせてやる。
 

 
 

 

愛美は嬉しそうにベルトを外すと、ズボンとボクサーパンツを同時に太腿の位置あたりまで下げる。
 

俺の勃起率80%のチンポをまじまじと見ながら、細い指先でそっと触れてくる。
 

 
 

 

愛美

「やん。もうおっきい♪」
そう言って亀頭にチュッとキス。
 

 
 

 

頭からサオ、根元、タマとチンポ全体をまぶすようにキスしてくる。
 

愛美なりの本格的なフェラに入る前のウォーミングアップってところだろうか。
 

 
 

 

タマをマッサージするように指で何度か揉むように刺激してから、口に含んでレロレロと転がしてくる。
 

亀頭がビクビクッとしてきて先端からガマン汁が滲んできたあたりで、若熟女の愛美はゆっくりと先端を口に含んだ。
 

 
 

 

プチュッと音がしてゆっくりと俺のチンポが愛美の口内におさまっていく。

 

愛美は口の中に唾をたっぷりと溜めてしゃぶってくるので、頭を上下する度にグチュッ、ジュルッというエロい音が出る。
 

 
 

 

ジュブジュブ、ちゅぽ、ぷちゅ、ちゅぷちゅぷ…。
 

時々、俺の顔を上目遣いで観察するように見上げてきて、俺と目が合うと

「気持ちいいんだ?」
と言いたげにニッコリ。
 

 
 

 

苦しくなってくると、口を離して

「はぁ…、ぅん」
と艶かしい声をあげ、またすぐに咥えてくる。
 

ちなみにこの時の体制は、俺がソファーに普通に腰掛けていて、愛美がソファー上に四つんばいでしゃぶっているのでほぼピンサロのボックス状態。
 

 
 

 

若熟女の愛美はひとしきり俺のチンポ全体を舐め尽くすと、今度は手首のスナップを利かせながらの手コキにシフトする。
 

右手で竿を握り、左手でタマを揉み解すようにしてくる。
 

 
 

 



「うっ…」
俺が声を漏らしたのを逃さず、愛美はチンポの先端に舌を尖らすように突っ込んでペロンペロンと高速で舐める。
 

それから、親指と人差し指で輪っかをつくるようにしてカリの部分を集中して上下にスライドする。
 

 
 

 

カリにキスをしていたかと思えば、サオをハーモニカに見たてて小刻みにビブラートする。

 

愛美のピンサロ嬢顔負けのテクニックに俺は悶絶状態。
 

 
 

 

サオ責めの後は、ゆっくりと愛美の唇が広がって俺のチンコをジュブブブッと音を立てて深く咥え込んでいく。
 

ちなみに俺のサイズは良く見積もっても人並み。
 

 
 

 

それでも無理だろうと思ったが、愛美のディープスロートは見事に俺のチンコを丸呑みにする。
 

俺の亀頭が愛美の喉奥にコツンと当たるのが分かった。
 

 
 

 

ンコの先から根元までが愛美の口内奥にまで包み込まれている。
 



「あ~、愛美、それマジでヤバイ。気持ちよすぎる!」
そう言うと、愛美は蒸気した顔で目にうっすらと涙を溜めながらも俺を見つめながら妖艶に微笑む。
 

 
 

 

それからチンポを先端近くまでゆっくりと吐き出し、また深くまで咥え込まれるという動きが追加された。
 

若熟女の愛美の頭がゆっくりと上下する。
 

 
 

 

今度は先ほどまでのような激しい音を出さない、じんわりととチンポを丸ごと溶かしていくようなネットリしたフェラだ。
 

このままだと確実にイカされるので俺は体勢を変える事にした。
 

 
 

 

愛美を床に跪かせて、顔のすぐ目の前にチンポという格好にさせる。
 

愛美はまたすぐに咥え込んできたので、俺はちょっとでも射精を遅らせようと愛美の耳の中に指を入れたり、チンポをしゃぶる度にぷるぷると揺れるFカップに手を伸ばして揉みまくる。
 

 
 

 

胸が弱い若熟女の愛美は案の定、気持ちよさから口の動きが鈍くなった。

 

俺は愛美の両乳首を指先で摘み上げながら、腰を動かして愛美の口内でピストンする。
 

 
 

 

乳首を責められているので満足にフェラできない愛美は俺に口内を蹂躙されるがままの状態だ。
 

さっきのディープスロートで味をしめた俺は、乳首から指を離して愛美の頭を両手で掴んで強引にイマラチオさせる。
 

 
 

 

ジュボッジュジュボッジュ…。
 

「ふっ、ふっ、うっ!うんっ、うぐっ、ごほっ、ごふっ!!」
愛美の苦しそうな吐息が漏れる。
 

 
 

 

俺は押さえつけていた手を離し、髪を掴んで愛美の顔を上げさせる。
 

愛美はとろんとした目つきで俺を見上げながら懸命に奉仕している。
 

 
 

 



「愛美。俺の顔みながらやってくれよ」
俺がそう言うと、若熟女の愛美は俺の顔を上目遣いでじっと見つめながら、もの凄い勢いで首を上下に振り続けて回転も加えてきた。
 

 
 

 

唾液をたっぷりと絡ませているので、ジュブジュッポジュジュッポッジュッ…と断続的にエロい音が出ている。

 

美は単調な動きにならないようにと、空いた右手に唾を塗りこんで俺のアナルに指を這わせて来た。
 

 
 

 

アナルを刺激されて、俺が愛美の頭から手を離すと、口内からチンポを一旦抜いた。
 

そこから裏スジをチロチロとしたり、タマを口に含んで転がしてくるなどの変化も忘れていない。
 

 
 

 

多彩な口業に俺も限界が近づいてきた。
 



「愛美っ、そろそろヤバイ…」
俺がそう言うと、愛美はチンポを口から離し、逆手にした激しい手コキでフィニッシュにかかる。
 

 
 

 

愛美

「いっちゃいそう?いいよぉ、いっぱい出してっ」
激しい逆手の手コキに亀頭を柔らかく尖らせた舌先でペロペロチロチロ…。
 

亀頭からカリまでの部分を唇で挟み込んで、先端から精子をこじ開けるような高速ピストン!ジュゴジュポジュジュッズズズゥ、ジュジュボッジュボボズズズゥ…。
 

 
 

 



「やべっ、もう無理!イクよっ!」

愛美

「うん。このままらひてぇ…。広田さんの飲みたい」
飲みたいと言われた所で、俺も限界がきた。
 

 
 

 

途中、愛美の手は俺の太腿辺りに添えられたいたのだが、射精の瞬間に愛美は俺のチンポの根元まで深く咥え込み、両腕は俺の腰にがっちりと回されていて、俺は口内射精したというよりもむしろさせられたという気分だった。
 

そんなに溜め込んでいた訳でもないのに、射精の律動がなかなか治まらない。
 

 
 

 

自分でもこんなに出たのは久しぶりだなと思うくらいに大量に出ているのが分かる。
 

射精が完全に止んでも若熟女の愛美は俺のチンポをずっと頬張ったままでいた。
 

 
 

 

くすぐったさに俺が腰をよじってもニコニコしながら離してくれない。

 



「ねぇ、愛美。もう離してよ。くすぐったいよ」

愛美

「んふふ~。ひもひよかった?」
愛美は咥えながら喋っているので、口内にその振動が伝わってチンポがムズムズとする。
 

 
 

 



「うん。最高だよ。だから離してくれよ」
ちゅぽんっ!と音をたてて、ようやくチンポを離してくれた。
 

 
 

 

れから俺の顔を見つめながらゴクッと喉を鳴らして見せてくれた。
 

愛美

「う~、すごい量!広田さん、溜まってたの?最近、結衣(俺の妻)としてなかった?」



「いや、そんな事ないんだけど、愛美が上手すぎ」

愛美

「そうなん?でも、気持ちよくなってくれたみたいで良かった。ご馳走様でした♪」



「あれ、飲むの嫌いとか言ってなかったっけ?」

愛美

「うん。苦手なんだけど、途中から広田さんのなら飲んであげてもいいかなって気になっちゃって。好きなんでしょ、飲まれるの?」



「まーな。男は大体嬉しいもんだよ」

愛美

「そっかぁ。じゃあ、今度またしてあげる♪あ、今度会社でもしてみる?」



「いやいや、さすがに危ねーよ。」
そこで修了5分前を知らせる電話が鳴った。
 

 
 

 

俺達はさっさと見支度を整えるとカラオケBOXを後にした。
 

 
 


 
【35万箱突破のモリモリw】

 

 

 
【画像】 管理人体験談
関連体験談
最新記事
ほへーっw
当サイトに掲載している体験談は妄想好きな作者の創作物です。実在の人物や事件とは全く関係ありませんので、ご理解の上お楽しみくださいませ。なお、当サイトでは熟女とのエッチな体験談を常時募集していますので、貴方のエロ体験談を是非教えて下さい!
投稿フォームはコチラ
PAGE TOP ↑