不謹慎ながら親戚の葬式でアラサー若熟女の実妹と近親相姦セックスをやっちゃった件

田舎であった親戚の葬儀での実妹との近親相姦セックス体験談を語ります。
 

 
 

そう、あれは、父方の兄弟の奥さんで葬儀はどでもイイのだが、久しぶりに禁断の性的関係が続く実妹に会えるという事で、チンポを膨らませながら帰省した時の事・・・
 

 
 


ぼくと、御年アラサー若熟女になる実妹とは、不謹慎ながら高一のときから近親相姦セックスの関係を続けているw

 

 
 

 

 
 

性的関係はもうかれこれ9年にもなる。

 

 

 
 

 
 

 
 

妹が結婚してからはさすがに少なくはなったが、それでも何回かはこっそり合ってセックスした。
 

 
 

 

 
 

妹が高校時代はしょっちゅうやっていて何度か親に見つかりそうなやばい時があったが、二人とも上手くごまかしながらばれずに関係を続けていた。
 

 
 

妹はとてもスケベで(ぼくもスケベだが)ここに書ききれないほどいろんな事をした。
 

 
 

 

 
 

そんな妹が結婚すると聞いた時寂しくなったけど時々妹がぼくと会ってセックスしてくれるので嬉しく思ったが、妹が会うたびに

「おにいちゃん早く彼女見つけて結婚して」
と言われ、しっかりしなくてはと思った。
 

 
 

そんなぼくもようやく彼女が出来たが、やはり妹の体が忘れられずに連絡をとっていた。
 

 
 

 

田舎に帰り半年振りに妹とあった。
 

 
 

妹は夫と同席していた。
 

 
 

 

 
 

妹はやはり可愛かった、ムラムラと燃え上がる感情を抑え妹夫婦に挨拶。
 

 
 

妹はおにいちゃん元気と普通に挨拶、夫もどうもどうもと挨拶。
 

 
 

 

 
 

通夜が終わり親戚一同バスに乗り込む。

 

 

 
 

 
 

 
 

妹は夫と離れていた。
 

 
 

 

 
 

バスの一番後ろに妹を押し込みぼくがトナリに座る、すぐにボケかっかった親戚の爺さんを隣に座らせた。
 

 
 

妹の夫はまだバスに乗り込まないドンドン詰まっていき夫は僕らの前の前の座った。
 

 
 

 

 
 

席が埋まりバスが走り出した。
 

 
 

妹の隣に座ったぼくはすぐにお尻の辺りを触った。
 

 
 

 

は平然としていた。
 

 
 

反対隣りの爺さんはボケかかってボヤーとしている。
 

 
 

 

 
 

ぼくはドンドンエスカレートしてスカートの中に手を入れた。
 

 
 

夫は親戚連中と話が弾んでる。
 

 
 

 

 
 

パンティの中に手を入れた。

 

もうぐっしょり濡れていた、妹は普通に前を見ていた、もうクチュクチュと音が聞こえそうだ。
 

 
 

 

 
 

ぼくも普通に前を見ながら右手であそこをいじくりまわした。
 

 
 

さすがに妹は息が漏れてきた、必死に我慢している。
 

 
 

 

 
 

たまにぼくの顔を見て周りを意識していた。
 

 
 

妹の左手がぼくの股間にのびてきた、ズボンの上からギンギンに勃起しているイチモツをさすった。
 

 
 

 

隣のボケ爺さんは寝たようだ。
 

 
 

ぼくはズボンのファスナーをおろしイチモツを出した。
 

 
 

 

 
 

妹は息を殺しながらしごき始めた。
 

 
 

妹のあそこはもう洪水のようになっている。
 

 
 

 

 
 

妹はとうとう顔を近づけてイチモツをくわえた。

 

さすがにぼくは周りを見て誰かに見つからないようにした。
 

 
 

 

 
 

妹は顔を上げて小さな声で

「おっきいい・・欲しくなっちゃった・・」
と耳元で囁いた。
 

 
 

ぼくは後でこっそり合おうと囁いた。
 

 
 

 

 
 

ぼくらはだんだんエスカレートしてキスまでした。
 

 
 

やがてバスが本家の方に到着して、ぼくらは身なりを直しバスから降りた。
 

 
 

 

スから降りるとすぐに妹の夫が来てぼくらは離れ離れになった。
 

 
 

すぐにメールで合う約束をして翌日ホテルで合った。
 

 
 

 

 
 

半年振りにセックスをしたがやはり彼女よりよかった。
 

 
 

妹はかなり興奮していた。
 

 
 

 

 
 

夫よりやはりいいと言った。

 

しかしそれではお互いよくないと思う事に約束をしてぼくらは別れた。
 

 
 

 

 
 

妹と別れた後にぼくは直ぐにメールをして会う約束をした。
 

 
 

妹夫婦が住む社宅から車で30分位の公園で待ち合わせをした。
 

 
 

 

 
 

朝8時に待ち合わせ、妹は夫に仕事の講習会と嘘をついて出てきたそうだ。
 

 
 

ぼくの車に乗り込みどこのホテルにしようかと聞いた。
 

 
 

 

「こないだ行ったとこにしようよ、安いし空いてるし」
半年くらい前に行ったホテルだ。
 

 
 

人妻が実の兄とホテルへこれも不倫だろう。
 

 
 

 

 
 

浮気の相手が兄は珍しいが。
 

 
 

「昨日は声が出そうでもうやばかったんだからー前にうちの旦那はいるし。」

「いやぁもう辛抱出来なくて、それに黒の礼服姿がまたもう。」

「もう・・かんべんしてよ・・人に気づかれたらどうするつもりだったのよ。」
ぼくはホテルの向かって走りだした。
 

 
 

 

平日の朝8時である、ホテルは空いてるだろう。
 

 
 

ぼくと妹は葬儀ということで休暇をとっていた。
 

 
 

 

 
 

待ち合わせた公園から15分くらい車を走らせるとホテルに着いた。
 

 
 

やはり空いていた。
 

 
 

 

 
 

空いてるガレージに車を入れぼくらは部屋に入った。

 

は仕事の講習会ということで出てきたのでスーツ姿だった。
 

 
 

 

 
 

部屋に入るとすぐに着ている上着を脱ぎぼくに抱きついた。
 

 
 

ぼくはすぐに唇を重ね激しく舌を絡めた。
 

 
 

 

 
 

ふたりとも昨日の興奮が冷めてないようだった。
 

 
 

「おにいちゃん・・・あぁ・・昨日みたいにして・・・」
妹の着ている服を脱がし下着だけにして、自分もパンツだけになった。
 

 
 

 

ベットに倒れこみ重なりあい激しくキスをした。
 

 
 

ブラジャーを下にちょっとだけ下げて乳首を吸う。
 

 
 

 

 
 

ああ可愛いオッパイたまらねえ、久しぶりの妹の体だ。
 

 
 

からだのあちこちにキスをしてパンティのうえをなぞってみる。
 

 
 

 

 
 

もうすでに濡れてるはず。

 

「うう・んはぁ早くさわってぇ・・」
パンティの中にてを入れクリトリスを刺激する。
 

 
 

 

 
 

もう洪水だ。
 

 
 

クチュクチュクチュと音が響く

「ああん・・あん・・あぁん・・んんん・・いい・・きもちいい・・」

「あぁん・・あん・あん・もっとくちゅくちゅして・・」
ぼくは妹に最近旦那としてるか聞いてみた。
 

 
 

 

 
 

「ううん・・しばらくしてない・・ああん・・だからいっぱいして・・」
指を激しく出し入れする、卑猥な音が響く、キスをすると声を出せない苦しいあえぎが興奮する。
 

 
 

「むうん・・ん・・む・・んん」
唇を離すと大きくやっと息が出来るかのように

「はあっ!ん・・んん・・あぁん・・」
妹の手がぼくのパンツの上からイチモツをまさぐる、すぐにトランクスの下の隙間から手をもぐりこませギンギンのチンポを握る。
 

 
 

 

「ああん・・おっきい・・すごぃ・・かたぁい・・・」
妹は高校の頃から体形は変わってないと思う。
 

 
 

10代の頃から完成された大人っぽいスタイルで、バストはそんなに大きくないが形はいいと思う。
 

 
 

 

 
 

アラサー若熟女な年代にさしかかった現在もそのまんまですごくいいと思う。
 

 
 

そんな妹をすっかり全裸にしてまさぐりあった。
 

 
 

 

 
 

すごく気持ちがいい。

 

を入れたまんまでチンポを顔に近づけフェラしてもらう。
 

 
 

 

 
 

「あぁん・・もうだめ・・はやくぅ・・」
ぼくがえっと聞き返すと

「いやぁん・・ちょうだい・・はやくぅ・・ねぇ・・」
それでも黙ってると

「ああん・・いじわるしないで・・・・いれて・・」
いつものパターンだが興奮する。
 

 
 

体勢を整え正上位のかっこでしばし休憩。
 

 
 

 

 
 

コンドームをはめて、さあ入れる。
 

 
 

チンポの先っぽでクリトリスをグリグリっとすると

「ああん・・・ちょうだい・・・・ねぇ・・あぁん」
あまり焦らしてもしらけるのでここらでグッと挿入。
 

 
 

 

「はぁん!・・あん!・・おっ・きぃ・いい・・」
すぐにピストン運動。
 

 
 

「あん・・あん・・はぁん・・ううん・・いやぁん・・・きも・ち・いぃ・・」
ああ最高だ。
 

 
 

 

 
 

なんかもうイってしまうかもヤバイなぁ。
 

 
 

と思いつつも激しくピストン。
 

 
 

 

 
 

「あぅん・・あん・・お・にい・ちゃん・・きもち・・いい?あたし・・もう・・だめ・・」

「おに・い・ちゃ・あ・ん・・あたしの・こと・・すき?・・あん・・ねぇ・・」

「ああ・好きだよ・ああオレもういきそうだ・・・!」

「ああんん・・まだ・だめ!・・もっとぉ・・」

「いや!ダメだいきそうだ!」
ぼくは激しくピストン!

「ああん!そう・・いい・・もっとついて!・・ついて!あぁんん・・!いい・・きもちいい・・」
全身に気持ちよさの神経がつらぬき、ぼくは射精した。

 

コンドームをしての射精だが妹のからだにも気持ちよさの神経にスイッチが入り、声にならない快感がからだを仰け反らしていた。
 

 
 

 

 
 

「あっ!はぅ!うう~ん!・・・・・・・・・・・!!はぁ・・・・はぁ・・・・・・・・・・・・・」
ぼくは愛液まみれのチンポをぬき、ティッシュでおまんこを拭いてあげた。
 

 
 

自分のチンポを拭き、静かに抱き合いキスをした。
 

 
 

 

 
 

やはり妹とのセックスは気持ちがいい、離れられない、困ったものだ。
 

 
 

その後一緒の風呂に入り浴室で一回、ソファーで一回、合計3回もセックスをした。
 

 
 

 

浴室ではおしっこのかけ合いと顔射、ソファーでは服を着せて手を縛り目隠しをしてやった。
 

 
 

最後は口の中に射精した。
 

 
 

 

 
 

すこしザーメンをこぼし仕事スーツを汚した。
 

 
 

夕方待ち合わせた公園に行きぼくらは別れた。
 

 
 

 

 
 

妹、香織はなにくわぬ顔で家に帰り旦那と夕飯を食べるのだろう。

 

晩、旦那がせまってきたらするのだろうか、それとも拒むのだろうか?香織はセックス中、ぼくの方が気持ちいいと何べんも言っていた。
 

 
 

 

 
 

 

 


 
【35万箱突破のモリモリw】

 

 

 
【画像】 管理人体験談
関連体験談
最新記事
ほへーっw
当サイトに掲載している体験談は妄想好きな作者の創作物です。実在の人物や事件とは全く関係ありませんので、ご理解の上お楽しみくださいませ。なお、当サイトでは熟女とのエッチな体験談を常時募集していますので、貴方のエロ体験談を是非教えて下さい!
投稿フォームはコチラ
PAGE TOP ↑