若過ぎる義理母の誘惑に理性崩壊w┃アラサー若熟女な父の再婚相手は甘エッチな教え子w

大学教授の父親の再婚相手がアラサー若熟女で、おまけに、甘スケベな教え子だった結果→義理母とのセックスライフにハマっていますw

 

そう、あれは、新しい母親の唐突な紹介から始まった・・・

 


ただいま。おい和志、ちょっといいか?」

「おかえり…、?」

「覚えてるか?この人が今度お前の新しい母親になる瞳君だ」

「お、覚えてるよ」

「また会ったわね、和志君。ヨロシクね!」

「は、はい…よろしくお願いします」
大学の教授をしている親父が再婚することになった。
 

 
 

 

 
 

相手の女性は教え子だった瞳さん(仮名)で、今はアラサー若熟女だ。
 

 
 

一度遊びに来たことがあって、初めて瞳さんを見たときにはキレイ過ぎて暫し呆然としてたものだ。
 

 
 

 

 

 
 

 
 

 
 

それがまさか俺の義理の母親になるなんて…たしかに親父は45歳にしては若く見えるしダンディーなところがカッコいいんだと思う。
 

 
 

それにしても自分の父親と同い年ほどの男性と結婚するとは。
 

 
 

 

 
 

程なくして結婚をした瞳さんと親父。
 

 
 

その後すぐに突然やってきた瞳さんとの同居生活が始まった。
 

 
 

 

 
 

新しい生活には刺激が一杯溢れている。

 

男所帯だったところに若い女の人が混ざったんだから当然か。
 

 
 

 

 
 

高校も夏休みに入り、やることもなく家でブラブラしている俺には刺激が強すぎる。
 

 
 

家の中での瞳さんはいつも露出の多いものを着ている。
 

 
 

 

 
 

まだ大学生のつもりなのか知らないが、ムチムチしてきた体型にピッタリ張り付いていやらしい。
 

 
 

そんなエロイ姿で掃除や洗濯をしていると暑い盛りだから汗でブラとか透けて見えるし。
 

 
 

 

 

 
 

 
 

 
 

階段を上る時もミニスカだからパンツ丸見え。
 

 
 

若い男が同居しているの、分かっているんだろうか?瞳さんが同居してからのボクは家の中で勃起しまくりだった。
 

 
 

 

 
 

そんな夏の夜、僕たちの関係に変化が起きた。
 

 
 

昼間友達とスポーツをしてて汗びっしょりで気持ち悪かったからシャワーを浴びていた。
 

 
 

 

 
 

熱も持った身体に冷たいシャワーが心地良い。

 

分よく身体を洗っていると、突然瞳さんが乱入してきたんだ。
 

 
 

 

 
 

「いいかな?和志君!」

「ひっ、瞳さん!」

「たまには親子同士、背中でも流しっこしようかなって思って」

「だああ?!出てってくれよ?!」

「嫌よ…たまには母親らしいことをしてあげたいの!」

「母親って…もともと俺たち赤の他人じゃないか!」

「他人って…そんなあ…一緒に洗いっこしようよ…」
そう言って身体を隠していたバスタオルをめくる瞳さん。
 

 
 

まだピチピチの白く美しい女体が俺の目の前にさらされる。
 

 
 

 

 
 

瞬間勃起してしまった股間が恥ずかしくて何とか瞳さんを追いやった。
 

 
 

「わ、分かったからそんなに怒らないでよ」

「瞳さん、もうこんな事しちゃだめだよ!」

「さあ、どうかしら?」
気になる一言を残して瞳さんはその場を立ち去った。
 

 
 

 

その日から親父が留守の日に限ってちょっかいをかけてくるようになった。
 

 
 

そして翌朝…股間に妙な感触を感じて目が覚めた。
 

 
 

 

 
 

チンコから広がる強烈な快感…、シーツの股間の部分がごそごそ動いている。
 

 
 

まさか…シーツをめくってみると瞳さんが俺のチンコをしゃぶっていた。
 

 
 

 

 
 

「おひゃよう、かふひふん…」

「なっ、何してるんだよ!瞳さんっ!」

「だってぇ?、朝からオチンチンがパンパンになってたから、楽にしてあげようと思って」
そう言うとまた気持ちのいい口の中にチンコを入れてしまった。

 

朝立ちに加え、こんな気持ちのいい起こされ方をしてギンギンを通りこしてガチガチだ。
 

 
 

 

 
 

瞳さんはおいしそうに根元をシコシコしながら深くくわえ込んでくる。
 

 
 

あまりの気持ちよさと不意打ちで、もう限界に来てしまっていた。
 

 
 

 

 
 

「もうやめてくれよ。出ちまうよ!」

「いいよ、出して。朝一番の濃いのを味あわせて…」

「あっ、だめだ!出るっ!」
すぐに限界が来てしまって、瞳さんの喉奥深くに射精してしまった。
 

 
 

 

腰から下がコントロール不能なほどビクビク痙攣してスゴイ勢いの射精だった。
 

 
 

その大量に発射された精液を全部口で受け止める瞳さん。
 

 
 

 

 
 

チンコを咥えている口の端から入りきらなかった精液が垂れている。
 

 
 

「こんなにたくさん出ちゃうんだ…やっぱり若い子のって濃いのね…」

「俺の精子、飲んじゃったんだ…」
瞳さんは口から精液をたらしたエロイ顔のまま、俺を見て微笑んだ。
 

 
 

 

 
 

もう我慢も限界だった。

 

んなエロくて美しい女性にずっと誘惑され続けていて我慢できるわけがない。
 

 
 

 

 
 

それが例え相手が親父の新しい妻ではあっても。
 

 
 

俺はガバッと跳ね起きると瞳さんのネグリジェや下着をひん剥いて素っ裸にした。
 

 
 

 

 
 

「やあ?ん、和志君、ケ・モ・ノ…」
必死になっている俺とは対照的に余裕たっぷりで嬉しそうにされるがままになってる瞳さん。
 

 
 

その股間に俺は飛び掛っていった。
 

 
 

 

ぴったり閉じられたままの太腿の間に舌を入れる。
 

 
 

舌で陰毛を掻き分けながらクリトリスを穿り返そうと奥へと進んだ。
 

 
 

 

 
 

舌先に硬くとがったものを感じ、窮屈だったけどひらすら舐めた。
 

 
 

「瞳さん、もっと脚、開いてくれない?」

「え?、いいわよ?」
少しだけ開くのかと思ったら両脚を思い切り広げてくれた。
 

 
 

 

 
 

その間に頭を入れじっとあそこを眺めてみる。

 

「瞳さんのあそこ、何かもう濡れてるんだけど…」

「和志君のをおしゃぶりしてたらちょっと感じちゃった…」
両手を伸ばして両胸の柔らかい感触を楽しみながら、その濡れて光るあそこにしゃぶりついた。
 

 
 

 

 
 

すっかり蕩け切っていて膣穴からどんどん蜜が滴り落ちてくる。
 

 
 

乳首を両手で虐めながら膣穴とクリトリスをひたすら責めまくった。
 

 
 

 

 
 

そう…俺がここにすんなりと入りやすいように。
 

 
 

「ああ…和志君の舌、気持ちいいよぉ?」
瞳さんは俺の愛撫に感じまくってくれている。
 

 
 

 

「瞳さん、いいかな?」

「うふっ、いいって何が?」

「ここに…入れてもいいかって事…」
開き切っている花びらをさらに広げて指先で穴の入り口をクチュクチュしてみる。
 

 
 

「入れるって、母親にこんな大きなオチンチンを入れるって事?」
あそこをいじられるに任せたまま瞳さんは僕の顔の上に跨ってチンコをシコシコし始める。
 

 
 

 

 
 

「うっ、そんなにしたらまた出ちゃうって!」

「だって?、和志君のオチンチンかわいんだもん」

「瞳さんのあそこだって、こんなに僕を誘ってるよ…」
自然とシックスナインの体勢になってお互いの股間を舐め始めた。
 

 
 

瞳さんの喉を下から突き上げながら、膣穴を2本の指で出し入れする。
 

 
 

 

 
 

まだ若いだけあってヌルヌルしているのにきつく締め付けてくる。

 

リも一緒に舐めてあげながら激しくズボズボすると股間から声になっていない悲鳴が聞こえてきた。
 

 
 

 

 
 

ここまでしているんだからセックスしてもいいよな…そう思っていた矢先、瞳さんは俺の上からすっとどいてしまった。
 

 
 

「じゃあ、そろそろ入れてみる?」
汗で濡れて光る裸体を赤く上気させながら潤んだ目で俺を見つめてくる瞳さん。
 

 
 

 

 
 

こんなエロイ人妻が俺の義母だなんて…ラッキーなのかアンラッキーなのかは分からないが、とにかくこのスケベな身体を自由に出来る。
 

 
 

期待と興奮でさっきから先走りがにじみっぱなしだ。
 

 
 

 

「今度は下のお口で和志君の精液を味わっちゃおっかな…」

「それって中出しって事?さすがにまずくない?」

「だって?、和志君の熱いのがほしいんだもん」

「妊娠しちゃったらどうするの?ダメでしょ!」

「大丈夫よ!お父さんと血液型一緒でしょ。」

「それって…もういいや…どうでも良くなってきた…」
瞳さんの発情したエロイ身体を押し倒すとあそこにチンコを押し当てる。
 

 
 

 

 
 

熱くほてったあそこがヌルヌルになって挿入を待っている。
 

 
 

「瞳さん、入れるよ」

「入れて…2人で気持ちよくなりましょ…」
つながろうとしている部分を見つめながら腰を前に進めると、少ししか力を入れていないのに俺のチンコはヌルンっと膣内に呑み込まれていってしまった。
 

 
 

 

 
 

「はあっ!熱いっ!和志君の太いの入ってきた!」

「くうっ!気持ちいいっ!」
簡単に入っていったから結構ゆるいんだなと感じていたのに、瞳さんの体内に全部おさまったと思った途端凄い力で締め付けてくる。

 

根元の周りがギュウ?っとされて折れてしまうんじゃないかと思えるほどだ。
 

 
 

 

 
 

「きゃああ!すっごい入って来てるぅ!やっぱり若い子のって全然違う!」
当たり前だ!親父のふにゃチンと比べられて負けるわけがない。
 

 
 

中年男とばかりやってて若い男に飢えていた若義母に有り余ってる性欲をぶつけてやる!しっかりと締め付けてきて動き辛いのを無理やり動かして義母に挑みかかった。
 

 
 

 

 
 

膣内の抵抗感が強い摩擦となってその気持ちよさときたら…予想以上の瞳さんの気持ちよさにゆっくりとした腰使いなんてしていられなかった。
 

 
 

入り口付近から一番奥まで長いストロークで高速ピストンを開始した。
 

 
 

 

「そんなに奥まで入れられたら子宮に当たっちゃうっ!妊娠しちゃうよっ!」
何言ってるんだか…生で入れさせておいて血液型まで調べておいて、俺の子を妊娠してもいい気でやってるんでしょ。
 

 
 

もう半分瞳さんを孕ませる気で、この若義母の身体をむさぼった。
 

 
 

 

 
 

若い性欲を体の奥に叩きつけられて、瞳さんはさらに締め付けてきながらよがり泣いた。
 

 
 

「瞳さん…そんなに気持ちいいの?」

「うんっ!スッゴク気持ちいいっ!」
瞳さんは俺に突きまくられながら潤んだ目でそう答えた。
 

 
 

 

 
 

そして、夢中になってピストンしている俺の背中に手を回しながら瞳さんが甘えた声で耳元で囁く。

 

え…今度は後ろからして…深く突き上げて…」
若い義母を後ろから生で犯す…願ってもないお誘いに高速ピストンを一旦停止し蕩け切ったおまんこからチンコを抜く。
 

 
 

 

 
 

瞳さんを四つん這いにしてお尻を高く上げさせ股間を覗く。
 

 
 

熟れた若い人妻のおまんこはさっきまでの挿入で膣穴が開き切って中から蜜を溢れさせている。
 

 
 

 

 
 

大きく真っ白な尻タブの間に潜む可憐なアナルも丸見えだ。
 

 
 

この欲しがりでだらしのない瞳さんの下半身を滅茶苦茶にしてやるっ!

「瞳さんのお尻…」
両手でその真っ白なお尻を握り締めるとビクビク脈打ってる俺のチンコいきなり根元まで差し込む。
 

 
 

 

挿入した途端に瞳さんのおまんこが再び嬉しそうに締め付けてくる。
 

 
 

激しい快感と興奮でもう自分を抑えることが出来ない。
 

 
 

 

 
 

「今度はもっと激しく行くからねっ!」
義母の大きなお尻めがけて思い切り高速ピストンを開始した。
 

 
 

膣内に大量に溜まっていた愛液が抜き差しと共に飛沫となって飛び散り俺と義母の太腿を濡らす。
 

 
 

 

 
 

そのヌルヌルが根元のきつい締め上げからピストンを助けてくれる。

 

俺の硬い幹に心地よいしめつけ快感を感じながら瞳さんの子宮を後ろからえぐりまくってやった。
 

 
 

 

 
 

「ああ?ん!オチンチンが深いところを突き上げてくるぅ!」
瞳さんはもう半狂乱になって髪を振り乱しながらもだえまくってる。
 

 
 

自分でつながっている所やクリトリスを触って快感を高めていた。
 

 
 

 

 
 

「後ろからが気持ちいいの!和志君の太いオチンチン大好き!」

「ボクも瞳さんの柔らかいオマンコ好きだよ。いっぱい楽しませてよ」

「うん!たっぷり締め付けてあげるからたくさん突き上げてね!」
いやらしい若義母のおねだりにさらに興奮しまくってしまった俺は斜め下から腰骨を狙う感じで突き上げピストンをする。
 

 
 

 

瞳さんのひざが浮くぐらいの力で何度も何度も繰り返して真っ白なお尻に波紋を作った。
 

 
 

「いや?ん…気持ちいい!息子のオチンチンなのに突き上げられて気持ちよくなっちゃう!」

「瞳さん、僕も気持ちいいよ!」

「和志君、もっといっぱい突いて!義母さんのオマンコめちゃくちゃにして!」
親父と結婚したばかりの新婚さんなのに、その息子のチンコをもう咥えこんでる瞳さん。
 

 
 

 

 
 

こんなスケベな若い母親を持ったなんて俺ってなんて幸せなんだろう…この後の甘い二重新婚生活の事を考えると頬が緩んで仕方ない。
 

 
 

親父に若い俺が負けるわけにはいかない。
 

 
 

 

 
 

欲しがりな若い義母の身体を満足さてやろうと滅茶苦茶に突きまくった。

 

子でセックスして感じちゃうなんて…私、なんてダメな母親なのかしら!」
そんな事を言っているのに自分からお尻をボクにぶつけてくる瞳さん。
 

 
 

 

 
 

全身が桜色に染まり、吹き出る汗が肌をテカらせてキレイだった。
 

 
 

膣内の締め付けが根元から全体へと変わってくる頃俺の絶頂が近づいてきた。
 

 
 

 

 
 

「ああっ!頭の中が真っ白になってくる!息子でおかしくなる!」

「うぐうっ!出ちゃうっ!義母さんに出しちゃうよっ!」

「いいよっ!このまま…、中で出して!」
瞳さんは両手で自分の尻肉を開き、俺へ膣内射精をねだる。
 

 
 

「中出ししてっ!義母さんの膣内でいっぱい射精して!」
新しい俺の母親なのに、その体内に中出しする。
 

 
 

 

息子に中出しをねだるいやらしい瞳さんの言葉と甘い締め付け感に全身がゾクゾク身震いする。
 

 
 

どうせなら息子の俺の子供を宿してしまえと射精の瞬間、瞳さんの子宮に先端をピッタリとくっつけ思いっきり精液をぶちまけた。
 

 
 

 

 
 

「ううっ!でるっ!義母さんの中なのにいっぱい出る!」

「ああ…和志君の精液、いっぱい出されてる?息子の精液なのに?」
激しい快感と共に尿道を大量の精液が送り出されていく。
 

 
 

ドピュッ!ドピュッ!とものすごい勢いで何回も精液の弾丸が瞳さんの子宮に打ち込まれていった。
 

 
 

 

 
 

俺の肉竿の脈動に合わせビクビク痙攣する義母の膣内。

 

全部出し終えた俺はいつまでも幸せそうに痙攣している義母の美しい身体を見ながら幸せ感いっぱいだった。
 

 
 

 

 
 

「瞳さん、大丈夫かな…こんなにいっぱい出しちゃったよ…」

「うん、今日は多分安全な日だから大丈夫だと思う…」

「何だ、良かった…」
散々妊娠するかもと言ってたからちょっと拍子抜けした。
 

 
 

もう一線も越えてしまったし妊娠しにくい日なんだったら…

「瞳さん、俺まだ満足できてないみたいなんだけど…」

「あらあら、そんなに私の中が気に入っちゃったの?甘えん坊の息子くん…」
瞳さんが潤んだ視線を送りながらおまんこの中を収縮させる。
 

 
 

 

 
 

若義母のスケベな身体は1回だけじゃ物足らないのが、まだつながったままの部分から伝わってくる。
 

 
 

「もう一回中で出してもいいかな?」

「いいけど今度はママって呼びながらしてくれる?」

「いいよ、ママ…」
連結させたまま正常位に体位を変えて、俺はまたこの美しい若義母に挑みかかっていった。
 

 
 

 

 
 

 

 


 
【35万箱突破のモリモリw】

 

 

 
【画像】 管理人体験談
関連体験談
最新記事
ほへーっw
当サイトに掲載している体験談は妄想好きな作者の創作物です。実在の人物や事件とは全く関係ありませんので、ご理解の上お楽しみくださいませ。なお、当サイトでは熟女とのエッチな体験談を常時募集していますので、貴方のエロ体験談を是非教えて下さい!
投稿フォームはコチラ
PAGE TOP ↑