初心な若熟女から「使用済みコンドームを彼氏の家で発見」って相談を受けた件

カテゴリー 熟女との体験談タグ

ウブな若熟女から彼氏の家のゴミ箱の中で使用済みコンドームを見つけてしまったと相談を受けたのきっかけで、彼氏へのあてつけ復讐セックスのお相手をさせて貰った体験談です。

 

そう、あれは、上司にバイトを探すように頼まれ、学生時代仲のいい後輩Aに頼み同じサークル内の一番器用なアラサー若熟女なMを雇うことにしたのが始まりだった・・・
 

 
 

MはAの彼女で、160cm48kgBカップ、色白で結構美人なタイプで、セックスはAしか知らないようだった。
 

 
 

 

 
 

そんなある日、そのMから電話で相談を受けたのが全ての始まりとなった・・・。
 

 
 

彼氏であるAの家に留守中に行ったら、ゴミ箱にコンドーム5つがあったらしい。
 

 
 

 

 
 

オレは、Aから

「コンドームのせいで萎えやすい。」
と冗談まじりに聞いていたので、きっとトレーニングだよ。
 

 
 

 

 

 
 

 
 

 
 

と流すように言ったが、彼女はその助言を聞くことができなかったようだ。
 

 
 

Aは、浮気をするようなヤツではないとオレは思っていたが、彼女も他の友人も、Aの浮気を信じて疑わない。
 

 
 

 

 
 

そうして電話がちょくちょくかかってくるようになり、セックスの相談も多くなって、エロ話が主流になってきた。
 

 
 

しかし、話の裏には、やはりAの浮気が気になっているようで、しかも、ゴミ箱をあさったということから、Aに問いつめることもしていないようだった。
 

 
 

 

 
 

エロ話の内容は、セックスが物足りない、ひいては、オレにやってほしいなどと冗談ぽく言ったりするようになっていた。

 

おれも、それにのって

「やっちゃうよ?」
というと、

「お願いします!」
というやりとりが続くようになった。
 

 
 

 

 
 

もちろん、半分は冗談で半分は本気なのは、お互い様だと思っていた。
 

 
 

当時、俺にも彼女はいなかったが、AとMは趣味も似ていて、似合いのカップルだと思っていたし、Aと俺とは舎弟関係が成り立っていたのでMを自分のものにしようとは、思っていなかった。
 

 
 

 

 
 

むしろ、Aを疑っているMを少し腹がたった。
 

 
 

Mがバイトに来た金曜日、めずらしく早く仕事がおわり、Mを飲みに誘った。
 

 
 

 

 

 
 

 
 

 
 

彼女は喜んでついてきて、そこでもエッチしてくださいと冗談交じりに言った。
 

 
 

俺は、酔いも手伝ってじゃあこれからホテルに行こう。
 

 
 

 

 
 

と誘った。
 

 
 

彼女は躊躇することなく、彼女は妖艶な顔をして行きましょうと言い放った。
 

 
 

 

 
 

俺の中の葛藤は、Aとの信頼関係、MのAに対する疑念、そして、目の前の色白で尻の大きな女を自由に抱く欲望で酒の勢いで高速でいつもより多くグルグル回っていた。

 

み屋をでてすぐに彼女は腕を組んできた。
 

 
 

 

 
 

この女は悪い女だと俺は思った。
 

 
 

俺は彼女に利用されている。
 

 
 

 

 
 

きっと、Aに仕返しをしたいのだと思う。
 

 
 

飲みながら、色々なことを考えた。
 

 
 

 

仕返しをしたいなら、他の誰かでいいじゃないかと、なぜ俺かというと、Aと俺との関係から、Aに大きな打撃を与えることができることだと思うのだろう。
 

 
 

そして、おれは2つの選択までしぼることにした。
 

 
 

 

 
 

1.Aを信じろと説教して彼女を送る。
 

 
 

2.Aと計算高いこの女と別れた方がいいのでやってしまう。
 

 
 

 

 
 

俺はMにあらためて聞いた。

 

ホントに良いの?何で俺なの?彼女は明るく答えた。
 

 
 

 

 
 

先輩としたいんです。
 

 
 

エッチなオーラを感じるんです。
 

 
 

 

 
 

今なら、オマエは江原か!と突っ込みたいとこだが、そのときの俺は別のモノを突っ込みたい衝動に駆られていた。
 

 
 

そして、Aとの関係が崩れても、Mと別れた方が幸せじゃないのかと思いこむことにして俺の体にあたる小ぶりの胸と柔らかい体を弄ぶことにした。
 

 
 

 

俺とのセックスをMは本当に期待していたと思う。
 

 
 

ホテルに入るとそれがすぐにわかった。
 

 
 

 

 
 

俺はまず、向かい合って両手を彼女の腰に置き、無言で彼女の目を閉じさせた。
 

 
 

彼女の唇は薄めで淡いピンク色をしている。
 

 
 

 

 
 

おれはそこに唇を重ね、彼女の期待を裏切らないような大人の丁寧なキスをした。

 

女の気分をのせようと、キスをエスカレートさせると俺のモノはすでに大きくなり、彼女の腰を引き寄せ、柔らかい太股にわざと押し当てるように動かした。
 

 
 

 

 
 

彼女も肩で息をするようになり、首筋に唇と舌で刺激すると、力が抜けていく感じがわかった。
 

 
 

彼女にとって2人目の男ということでいつもとはかってが違うことに不安と期待がふくらんでいる事が手に取るようにわかった。
 

 
 

 

 
 

キスをして胸を揉み服を脱がしていくと、彼女はシャワーを浴びたがった。
 

 
 

せっかくなので一緒にあびることにした。
 

 
 

 

互いにボディソープを塗りたぐりキスをしながらさっきの続きをした。
 

 
 

彼女のアソコに俺の膝上があたるように体を密着させると、俺の唇をだんだん強く吸い、俺の背中に回す手にも力が入ってきた。
 

 
 

 

 
 

そっと泡だらけのアソコに手を伸ばし、クリを中心にやさしく洗った。
 

 
 

Mはビクンとふるわせ、

「んっ、あ」
と我慢していた声を漏らした。
 

 
 

 

 
 

そして、大きく上を向いた俺のモノに彼女の右手を導いた。

 

彼女は声を出したことで少しリラックスし、言葉を発した。
 

 
 

 

 
 

「先輩の。大きい。」
と。
 

 
 

 

 
 

「早くベットに行きたい?」
と聞くと、彼女はコクリと頷いた。

 

ベットに行くと、丁寧にキスをした。
 

 
 

 

 
 

彼女のキスはうまくはなかったが俺の動きに答えようと必死な感じが好感が持てた。
 

 
 

彼女のエロに研究熱心さは、俺のスケベ心に火をつけた。
 

 
 

 

 
 

教えれば教えるほど応えるだろうと期待が膨らんだ。
 

 
 

恥ずかしいのか、後ろめたいのか、目を合わそうとはしない彼女。
 

 
 

 

んなことを気にせず、耳と首筋に口で吸いながら、その中で舌を回すように舐め回した。
 

 
 

彼女はのけぞり、手をぎゅっとにぎり感じている。
 

 
 

 

 
 

「先輩、それ、すごくいい」
そういわれると、やってやるのが惜しくなり、胸を激しく舐め回すことにした。
 

 
 

胸から腹にだんだん舐めるのを下のほうに彼女は、腰をくねらせ、のけぞり

「んっ、んあっ、、ふん」
と声を出しながら、その先をしてもらいたそうに、俺の舌先が中心部にいくように期待する動きを繰り返した。
 

 
 

 

 
 

意地の悪い俺は、ヘソの周りや腰骨を念入りに舐め回し、内股を舐めはじめた。

 

内股から膝、くるぶし、爪先と舐め、また中心部に戻るが、アソコはわざと外し、熱い息を吹きかけ別の足を手に持ち同じように舐めるようにした。
 

 
 

 

 
 

その間、俺の別の指先はMの舐められていない方の内股を触れるか触れないかの感じでスゥっと這わせる。
 

 
 

彼女の遠慮していた声は切なさを増し、だんだん大きな声になり、シーツを握ったまま、苦しそうに動かしていた。
 

 
 

 

 
 

はじめて知った別の男の感触に、最初から彼女はおそらくいつもよりも興奮しているのだろう。
 

 
 

その証拠に、直径10cm程のシミをシーツにつけていた。
 

 
 

 

彼女のアソコからは、さわらなくても分かるほど、いやらしく赤くひかっており、それをわざと確認するように足を開かせ、彼女の顔と交互にみるようにした。
 

 
 

彼女は俺の期待通り、我慢ができなくなってきているようで

「。先輩」
と、か細い声を出した。
 

 
 

 

 
 

俺は

「ん?」
と意地悪に答えそれ以上をわざと聞かなかった。
 

 
 

そして彼女は、また、泣きそうな顔で

「。先輩っ」
と高く細い声で繰り返した。
 

 
 

 

腰をくねらせながら、ねだるMに仕方なく、期待通りに聞いてやった。
 

 
 

「どうしたの?」
と。
 

 
 

 

 
 



「。」

、俺

「どうしてほしいの?」



「。舐めて欲しい」

、俺

「どこを?」



「アソコ」



「アソコって?」



「。」



「どこ?」



「。おまんこ」
と定石通りに言葉責めをしてやった。
 

 
 

 

の陰毛は黒々として生えている部分は濃いが、生えている範囲は小さくビラビラは左右対称ではなく、右のビラビラが大きい。
 

 
 

その形を確認しながら、深く熱いため息をクリを剥いてかけた。
 

 
 

 

 
 

それに反応するかのように、Mは息を吐きながら背筋を少し伸ばした。
 

 
 

大人のキスをする要領で、クリに軽くキスをし、そして小陰唇にも同じようにキスをした。
 

 
 

 

 
 

丁寧に。

 

だんだん激しく。
 

 
 

 

 
 

彼女の反応は予想を超えて、泣き出しそうなくらい激しく感じてきている。
 

 
 



「ん????ん、あぅん、いい?。凄い。先輩、、凄くいい。」
クリを唇で吸うようにして口に入ってきたクリの先を舌先で激しく転がすと彼女は内股を開いてはいられず、爪先に力が入り俺の顔が白い太股に締め付けられるそしてクリを舐めるのをやめずに指を穴にいれワザと音がでるようにクチョクチョと動かすと彼女は両足をつっぱり、M

「だめ、、いっ逝くぅ。


といいながら、果ててしまった。
 

 
 

 

しかし、俺は、その手を緩めるどころか、中指と薬指を二本にしてクリを舐め続けた。
 

 
 

そして余った片方の指先でアナルの1cm外側をマンコ汁で濡らし、やさしくなで回した。
 

 
 

 

 
 

彼女は体をヒクヒクさせながら、

「、、いっ、いやぁ」
とくねらせる。
 

 
 

それを無視して指は奥に入れながら、曲げたり伸ばしたりを繰り返しクリの裏側を刺激し続けると、声は激しくなり、

「でちゃいそう!」

「だめ!」
と激しく俺の頭を離そうとするが、アナルをいじっていた手を太股から腰を押さえるようにして、ひとこと

「だしていいよ」
と言ってやった。
 

 
 

 

 
 

「うっ、うっ、うっ」
と指にあわせて感じる彼女の顔をみようと指の動きを速くできるように、クリから口を離し、彼女の横に移動した。

 

手首からふるわせるようにしながら、中指と薬指をずらした動きにしたり、薬指と人差し指とを入れ替え、中指で奥のふくらみをさわりながら、人差し指は膣の壁をこすったり、彼女の反応を見ながら、その表情を楽しんだ。
 

 
 

 

 
 

そして指を曲げながら手首を振動させ、彼女は白い肌をピンク色に染めながら

「あっんっ、で、でる」

「いっ、いっ、いく???」
と言って、潮を吹きながら逝った。
 

 
 

潮を吹くのは初めてらしい。
 

 
 

 

 
 

俺の右腕を力強くつかんでいたのを緩め、息を整えながら、

「すっすごい。」
とだけ言った。
 

 
 

 

ませるのと、研究熱心そうな彼女に今度は奉仕させることを促した。
 

 
 

まずは、彼女の舌使いはどうなのかを試した。
 

 
 

 

 
 

彼女はAに仕込まれ、褒められて自信を持っていただろうが、俺の攻撃に翻弄されたらしく、自分のテクニックに自信をなくしているように見えた。
 

 
 

セックスに関しても、彼女の優位に立ち、彼女の期待以上に応えているのが、まんざらでもない気がした。
 

 
 

 

 
 

彼女のフェラは丁寧にやろうとしてはいたが、正直、ぎこちなかった。

 

たまーに歯があたるのをそして、俺のが大きいからと言い訳した。
 

 
 

 

 
 

彼女の耳を刺激しながら、俺好みのフェラをさせることにした。
 

 
 



「舌をもっと柔らかくつかうんだよ。舌をとがらせて固めればいいってもんじゃないよ」



「はい」
彼女は敬語を使い、しかも従順にしたがった。
 

 
 

 

 
 

一通り教えて、復習させるように黙って一連の流れをやらせた。

 

まず、Mは勃起した俺のモノを手を使わずにヘソの右にある結び目のところにやさしくキスし、上目遣いをしながら舌先でやさしく刺激した。
 

 
 

 

 
 

そのままサオ全体に舌を這わせ、玉の部分まで丁寧に舐めさせた。
 

 
 

袋の余った皮を口に含み中の温もりを感じながらサオをやさしくこすった。
 

 
 

 

 
 

そして、サオを手で起こし尿道に柔らかい舌先でゆっくりと回しながら亀頭をゆっくり口に含んだ。
 

 
 

舌を柔らかく使いながら唇も力を入れさせないように命令して、サオと口の間に隙間できないようにやさしく吸うように指示した。
 

 
 

 

そして、なかで柔らかい舌をねっとりと柔らかく亀頭にからませた。
 

 
 

俺はMを褒めるように

「きもちいいよ」
と髪をなで上げウナジをさわり、彼女の頭を引き寄せ少し奥にスライドさせた。
 

 
 

 

 
 

俺は

「口をアソコだとおもってごらん」

「どういう風にされたいか口で表現するんだよ。」
と教えてあげると、彼女の舌は、俺の指示を守りながら、激しく動き、そして頭を動かしはじめた。
 

 
 

 

 
 

教えてやればやっただけ、いや、やる以上に上達する彼女をもっと自由にしたいと思うようになった。

 

のまま逝かさせるのはおもしろくないと思い、Mの体を反転させ69をすると、彼女は感じ始め、俺への攻撃が緩くなってくるが、口はそのままくわえたままで

「んんっ、う?ん、はぁ??」
とよがりまくる。
 

 
 

 

 
 

俺は指と口でクリとアナルとアソコを刺激し、彼女が耐えられず、身を起こした。
 

 
 

俺も彼女から離れ、

「いれてあげるから、イッパイ唾液をここにつけてごらん」
とモノを突きだした。
 

 
 

 

 
 

彼女は今まで以上に丁寧に舐めながら、たっぷりと唾液をつけた。
 

 
 

そして、とうとう俺のモノは彼女の中にいれることにした。
 

 
 

 

さきっぽでクリを刺激し、そして左右非対称のビラビラに絡ませ、

「いれるよ?」
と聞くと、Mは

「はい」
と答える。
 

 
 

「ほしい?」
と聞き直すと、

「うん」
と言い直した。
 

 
 

 

 
 

ゆっくりと入れるフリをして、奥までズンと一突きし中で彼女の感覚を味わった。
 

 
 

彼女は狂いそうな表情でこっちを向いて

「すっすごいぃぃ、とどいてる、とどいてるぅ、うぐぐっ」
と感じた。
 

 
 

 

 
 

そして中をかき回わすように腰をグラインドさせたり高速でついたり、抜くフリをして奥まで激しく突いたりを繰り返した。

 

一連の動きでMを2回ほど逝かせたあと、俺も息が上がってきたので抜かぬまま、バックから責めて、彼女のくびれたウエストと大きな尻を見ながら、逝くことにした。
 

 
 

 

 
 

これ以上ない速さで腰を動かすと、Mは言葉にならない声を上げ続けた。
 

 
 



「もう、いくよっ、いくよっ」

Mは

「きて、きて、きてぇ、お願いっ!」
と叫んだ。
 

 
 

 

 
 

俺はギリギリまで彼女のアソコを楽しみ、そして逝く瞬間に抜き取ると彼女のアソコからはプスっという音とドロドロ愛液がでてきた。
 

 
 

そして俺の白いものは、彼女の後頭部をかすめて勢いよく、ピュ、ピュと飛んだ。
 

 
 

 

彼女は脱力しながら

「。す、すごぉい」
と言ってぐったりとベッドに倒れ込んだ。
 

 
 

 

 
 

この後、朝まで3回ほど交わり、この悪い女を少しだけかわいそうに思った。
 

 
 

完全にAとは性の不一致だと確信した。
 

 
 

 

 
 

彼女を何度か抱くことになったが、捨てたはずのAへの罪悪感が蘇ってきた。

 

へは、愛しているという感覚はなかったが、情みたいなものはあったと思う。
 

 
 

 

 
 

AとMは好きあっているのは分かっていたし、俺は間男だとおもった。
 

 
 

Mは、Aへの仕返しのために俺との関係をうち明け、俺と付き合うと言い出した。
 

 
 

 

 
 

俺もMと付き合ってみようとおもった(すぐにわかれるだろうというのを前提)。
 

 
 

しかし、Aは俺の予想通り、オナニー好きでコンドームは練習用に使ったものだと彼女にうち明けると、彼女は俺へ態度を豹変し、俺が悪者になるよう友人に話した。
 

 
 

 

やはり、予想通り、悪い女だ。
 

 
 

それでも、まぁいい。
 

 
 

 

 
 

Aとの関係も崩れるならばそれでいいと思うようになった。
 

 
 

それは、Aも屈強にみられている俺へ優越感をもったり、Mもその後も色々な男に抱かれるようになったり、とバカな男とズルい女でそれでお似合いなんじゃないかと思うこととした。
 

 
 

 

 
 

それよりも、硬派な印象を身近な火遊びで、ただの鬼畜と周りの印象にしてしまった代償は小さくはなかった。

 

救いは、もう社会人で誰とも逢ってないことだけだった。
 

 
 

 

 
 

途中でペーパーアドベンチャーのように選択肢にしたのは、1を選択すべきだと、俺は後悔しているからである。
 

 
 

 

 


 
【35万箱突破のモリモリw】

 

 

 
【画像】 管理人体験談
関連体験談
最新記事
ほへーっw
当サイトに掲載している体験談は妄想好きな作者の創作物です。実在の人物や事件とは全く関係ありませんので、ご理解の上お楽しみくださいませ。なお、当サイトでは熟女とのエッチな体験談を常時募集していますので、貴方のエロ体験談を是非教えて下さい!
投稿フォームはコチラ
PAGE TOP ↑