ウルトラ美人なくせしてモンスターペアレントの熟女を手なづけた件w

モンスターペアレントなくせしてウルトラ美熟女な四十女を手なづけた件について語ります。

 

 
 

そう、自分も、ンスターペアレントって、進学塾とは関係ないと思ってました。
 

ですが、働いてた塾にはど有名なモンスターペアレントがいました。
 

 
 

 

由希江(仮名)という四十路のメンヘラな母親

 
で、父母達をまとめてるような感じ

 
だが、端から見たら細身のセミロングの超が付くくらいのウルトラ級の凄美人。
 

 
 

さかあの人が?と思ってたら案の定、

「授業の内容について」
と話してきた。
 

 
 


 

授業が遅い、進学校に進むには内容が良くないなどかなりのモンスターぶり。
 

改善をするように言われて、彼女らの意見を取り入れるしかなかった。
 

 
 

 

 
 

 

 
 

希江がボスなので、周りがそれに合わせる風潮になっていた。
 

やれ、宿題が多い。
 

 
 

 

やれ今度は少ない。
 

 
 

倒でした。
 

 
 

 

とにかく父母との軋轢はまずいので、何かいい知恵がないかと探し、一人の講師から飲み会をしてみたらどうかと提案があり、塾長もそれに同意。
 

案内し、やはり由希江が参加すると父母達も参加してきた。
 

 
 

 

 
 

酒が入ると少し和やかになり、父母との会話も弾みだし、成功と言えばそうだったような気がします。
 

由希江もつまらなそうに塾長と飲んでて、やがて間がなくなり、塾長と席を交代。
 

 
 

 

由希江と飲んでいて、

「お酒好きなんですね」
と、酔ってるからか話も弾む。

 

 
 

めのスカートから綺麗な素足がなかなか、モンスターペアレントじゃなきゃ一発やりたいくらいの美人ママ。
 

 
 

 

元はデパガで、旦那が低学歴だから息子にはそれなりの学歴をつけたいとか。
 

「それで・・・」
なんとなくモンペの理由も分かる。
 

 
 


 

 
 

かし、酔いが回るなり由希江の雰囲気が豹変。
 

由希江は俺を翔ちゃんと呼び出し、しなだれかかるくらいにゃんにゃんに。
 

 
 

 

周りが硬直するくらいの豹変に唖然としながらも、周りはそれで楽しく飲めてるからいいのか・・・。
 

 
 

つめられて

「可愛い」

とか、

「彼女いる?」
とか聞かれて、

「40だともうおばさんかな?」
とか、周りは見て見ぬふりをし、二人で会話してるうちにお開きになった。
 

 
 


 

二次会には由希江は無理で、タクシーを拾うが

「翔ちゃん送って」
とわがままを言い出し、タクシーに乗った。

 

学長、講師、父母はみんな楽しそうに歩いていく。
 

 
 

 

 
 

かし、由希江は

「翔ちゃん」
と抱きついて寄りかかってきたが、さすがにアパートは・・・。

 

ちょっと休みますかと近くのホテルに行くと、

「やん!久しぶりに来た!」
とはしゃぐ由希江。
 

 
 


 

ベッドに寝そべり、昔より派手だとか。
 

 
 

ファに座ってテレビを点けてたら、冷蔵庫を開けて酒を飲み始めながら隣に座ると

「翔ちゃん」
と頬にキスしてきた。
 

 
 


 

「翔ちゃんタイプだよ」
と抱きついてくる痴女でメンヘラモンペアな由希江。

 

美脚もだが、スタイルも抜群にいいからニットのセーターから浮きでる胸もなかなか。
 

 
 

 

 
 

麗」
と抱きついて寄りかかってた由希江に話すと

「翔ちゃんも素敵よ」
と太ももを触りだし、やがて股間に。

 

「おっきくなってきた」
と撫で回しながら由希江が見つめてきてキスした。
 

 
 


 

チャックを開けて手を入れて握ってきた。
 

 
 

ごい硬いチンポ」

「いけません」

「あたしじゃ駄目なの?」

「たまらないですよ・・・」

「あたしも」
由希江はズボンを下げるなり、俺のをしゃぶりついてきた。
 

 
 


 

「あんっ・・・美味しい」
としゃぶりつく由希江。

 

少し煩雑な感じだが、欲しいってのが分かる。
 

 
 

 

 
 

も由希江の胸を触りだして、意外な大きさにちょっと興奮。
 

しゃぶりつきながら由希江が起き上がり、パンティを脱ぐなり

「欲しいの」
と跨がり、いきなりぬるぬるしたアワビに塗りつけ

「アンッ!」
と沈めてきた。
 

 
 


 

「全然硬い!あああっ!」
と由希江は上下に激しく動き、俺も由希江を脱がし、目の前にはスレンダーな身体に似合わない胸。

 

 
 

で回しながら俺も由希江に動かしながらリズムを合わせる。
 

 
 

 

びちょびちょの由希江の中は程よく締め付けてきて気持ちがいい。
 

毒を食らわば皿までとは言うが、モンスターペアレントを食らわば最後まで。
 

 
 

 

 
 

た目は美人なんで息子も抜群に元気だった。
 

「翔ちゃんの凄い硬い!」
と由希江は上で動かしながら、塾の姿からは想像出来ない淫乱ぶり。
 

 
 


 

よっぽど旦那さんとしてないんだろなとは思ってたし分かる。
 

 
 

を絡めてキスしてきた由希江をソファに寝かせて正常位で突き上げると

「アアアッ!翔ちゃん!アアアッ!」
と由希江は口を開けて絶叫し、びくびくびくしながらイキました。
 

 
 


 

こんなにスケベだったらもっと前から遊べば良かったな。
 

ピチャピチャと音が漏れるくらいの濡れかたがまたエロいしたまらない。
 

 
 

 

 
 

して由希江に突き上げると射精感がこみ上げてくる。
 

「奥さん!」
と激しく突き上げると

「あんっ!翔ちゃん!出して!一杯ちょうだい!」
と。
 

 
 


 

「出すよ!」
と由希江に突き上げて限界になり、目一杯奥に入れて出しました。

 

 
 

ゃぁ!熱い!翔ちゃんのが一杯!」
と由希江は体を仰け反らせながらまたイキました。
 

 
 


 

まるで飲み干すかのように収縮を繰り返す由希江の中にばらまき、ベッドに倒れ込むと

「素敵・・・」
と由希江はキスをしながら抱きついてきた。

 

まるで別人のスケベな女で、由希江は直ぐに俺のにしゃぶりつくなり

「もっとあたしにちょうだい」
とフェラチオをし、復活させられて三回もやった。
 

 
 


 

 
 

間になると、

「帰りたくないよ!翔ちゃんとしたい」
と話す由希江に

「また今度」

と話すと

「またしよ?駄目?」
と懇願するように話してくる。

 

「もちろん、また奥さんに一杯出したい」

「絶対よ!絶対よ!」
タクシーで送り、自宅近くまで送り返して一件落着。
 

 
 


 

ふらふら路地に消えた。
 

 
 

日後、モンスターペアレントの由希江は塾に現れると

「毎月一度飲み会をしましょう」
と言い出した。
 

 
 


 

周りのママはきょとんとしたが、由希江の言葉に頷いた一同。
 

由希江は塾に対しても極端な改善を求めて来ることはなくなり、日暮れが短い間は迎えに来るようにとか、一人の子は駅まで講師の誰かが連れていくようにとまっとうな話に変わった。
 

 
 

 

 
 

かし・・・飲み会、すなわち俺と会ってセックスをする口実。
 

香水も化粧も服装もバッチリな由希江はずっと隣に座り、手を膝に乗せながら二次会に参加せず、腕を組まれて路地に連れていかれホテルでのセックスをしている。
 

 
 

 

「翔ちゃん、◯◯さんの胸見てたでしょ?」
とか言われながらホテルで二回はしてる。

 

 
 

りの父母も、塾講師も由希江と自分が不倫をしているのは判ってるが何も言わない。
 

 
 

 

皆さんがカラオケで盛り上がっているときには俺はベッドで由希江の中に入れている。
 

唯一塾長から

「学校は認知しないが、ほどほどにするように」
と言われたくらい。
 

 
 


 

 
 

年の春までは続くと思いますが、抱き心地もスタイルもスケベさも完璧で今では楽しんでます。
 

 

 


 
【35万箱突破のモリモリw】

 

 

 
【画像】 管理人体験談
関連体験談
最新記事
ほへーっw
当サイトに掲載している体験談は妄想好きな作者の創作物です。実在の人物や事件とは全く関係ありませんので、ご理解の上お楽しみくださいませ。なお、当サイトでは熟女とのエッチな体験談を常時募集していますので、貴方のエロ体験談を是非教えて下さい!
投稿フォームはコチラ
PAGE TOP ↑