我慢しきれないの?会社のトイレでオナニーする若熟女な女子事務員を発見w 即座に性欲発散のお手伝いを申し出て俺の自慢のイチモツを突きいれてやった件

カテゴリー 熟女との体験談タグ

会社での若熟女な女子オナ社員とのエロ過ぎる社内セックスのお話をさせて下さい

 

ちなみに、会社は業務用の食品を扱っていました。
 

で、新しく支店を立ち上げるという事で、私もその人員に選ばれてしまったんです。
 

は既婚者ですので、家族は嫁の実家に残し、単身赴任を選択しました。
 

立ち上げ当初は本当に忙しく、それこそ睡眠時間を削って業務をこなしていたんです。
当時の事務所には私を含めて男は5人で、女は事務員の1人でした。
 

 

 
務員の『貴子(仮名)』は、当時28歳と8か月のアラサー若熟女。



私は24歳でした。
 

貴子は喜怒哀楽が激しく、仕事が溜まってくると軽いヒステリックを起こしていました。
 
も貴子からの意味もない八つ当たりを受けていたんです。
 

支店長にも八つ当たりしていたのを見た時は、軽く引きましたけどね。
貴子の容姿ははっきり言って普通以下です。
 

 
応彼氏は前の支店に居たんですが、まあ私は選ばないと思います。
身長も割と小柄、スタイルもこれといって巨乳でも貧乳でもない。
 

唯一、眼鏡をかけている事が私にとってのポイントなのかと・・・。
 
んな貴子と関係を持ち始めたのは、支店を開設して3ヶ月が経った頃でした。
 

幾分ゆとりが出来始めていた頃でしょうか。
当時の会社は、業務用食品を取り扱っている会社にしては珍しく、ほとんど土日祝日が休みだったんです。
 

 
かし中には土曜日に配送をしないといけない顧客もあったので、休日配送は営業の人間で交代しながら出勤していたんです。
普段の出勤は大体6時位ですが、休日配送は1~3件位の近場なため、出勤は比較的ゆっくりでも大丈夫でした。
 

私の休日配送の番が回ってきました。
 
日にある程度の準備をしたので、7時30分くらいに事務所へ行きました。
 

事務所はかなり大きく、倉庫の中に事務所があるんです。
倉庫は冷凍庫や冷蔵庫もあるので、とにかくびっくりするくらい大きいんです。
 

 
ると、貴子の車が駐車場に止まっていたので、“あれっ?“と思ったんです。
休みの日に事務所へ出勤してくるなんて今までなかったんです。
 

そんなことは関係ないやと考え、早く終わらせて帰ろうと、一旦自分の机にカバンを置いて準備に取り掛かろうとしたんです。
 
も貴子の姿が見えなかった。
 

私の業務には居ても居なくても今日は関係ないので、トイレに行ってから商品を出そうとしたんです。
トイレは事務所内にあり、男女別になっています。
 

 
がトイレの近ずいたその時、あまり聞いた事のない音が聞こえたんです。
一瞬ビクッとして辺りを見回したのですが、どうやらトイレから聞こえる。
 

しかも男子トイレから。
 
イーン、ブイーン“(なんだこの音は・・・)恐る恐るトイレに近づくと・・・。
 

“ブイーン、ブイーン、ブブブブブ“といった音が聞こえてきたんです。
そして、トイレに耳を当てると・・・。
 

 
っ、あふぅ、あ~んいやぁ」
 


「高次ぃ(彼氏の名前)」
 


「はぁはぁ・・高次ぃ高次ぃ」
 

・・・と小さいながらも声が聞こえたんです。

(貴子だ!)貴子が会社のトイレでオナニーをしていたんです。
 

しかも男子トイレで。
 
の状況をどうしようか考えていたんですが、とりあえずそのまま聞く事にしたんです。
 

滅多に聞けるものでもないですからね。
貴子はドア1枚隔てたところに私が居る事なんて知るはずもなく、オナニーを続けていました。
 

 
んだん貴子の声も大きくなってきて・・・。
「挿れて~高次ぃ挿れてよぉ」
 


「あぁぁすごぉい高次すごいわぁ」
 

普段ならあり得ないような声を出していました。
 


いつもどんなSEXしてるんだろうと気になりましたが、時折聞こえる“クチュックチュッ“と明らかにバイブがマンコへ入ってる音が聞こえてきたんです。
 
んな行為を聞いているもんだから、私のチンチンも大きくなっていました。
 

(思い切ってノックしてみるか?それとも終わるのを待ってドアの前で待つか・・・)考えていると・・・。
「イクゥーイクゥー」
 

貴子が絶叫し始めたんです。
 


 
く会社のトイレでオナニーできるよな。誰か来たらどうすんだよ)いやらしい笑みを浮かべながら待っていたんです。
 

トイレットペーパーを取る音が聞こえてきたので、少し離れた所で待ち伏せました。
 
ャー」
 

と流す音が聞こえ、「ガチャッ」
 

と貴子が出てきました。
 


何食わぬ顔で私が貴子の前に行くと、貴子はかなり驚いた表情を浮かべてました。
「おはようございま~す」
 

いつものように貴子へ挨拶をすませると、貴子は軽くパニックになりながらも・・・。
 


 
お・・おはよう、どっどうしたの?」
 


「え?今日は休日配送の番ですよ。貴子さんこそ何で事務所に居るんですか?」
 


「あっ、きょ・・今日は、来週に使う資料の作成をしに来たんだよ・・・昨日は最後まで出来なかったし・・・」
 


「そう言えば。そうでしたね~大変だ。もう終わったんですか?」
 


「あっ・・うっ、うん、終わったの。だから帰るね。お先に~」
 

・・・と、貴子はかなり動揺した様子で会話をしたんです。
 


 
く帰りたい貴子は自分のカバンを取り、早歩きで出ようとしたんですが、私が貴子の腕を掴んだんです。
「なにするの!」
 

貴子は逆切れのような声で私を睨みつけました。
 


「何って・・・貴子さんオナニーしてたでしょ(笑)」
 


「何言ってるの。そんな訳ないでしょ。あなた頭おかしいんじゃないの?」
 


「よく言うよ。『高次高次』って叫んでたくせに。そんなに高次さんはいいんですか?」
 


「だからそんな事してないっていってるでしょ!T君バカでしょ!」
 

Tとは私の事です。
 


 
ゃあこれ聞いてみてくださいよ」
 

私はポケットからあるものを取り出し、スイッチを入れました。

「挿れて~高次ぃ挿れてよぉ」
 


「あぁぁすごぉい高次すごいわぁ」
 

実は棚卸用に使うボイスレコーダーを使い、録音をしていたんです。
 


まさか自分の卑猥な行為を録音されているとは思わなかったんでしょう。
 
れを聞いた貴子は顔を真っ赤にして下を向いていました。
 

「ねえ、気持ちよかったですか?ん?」
 

私が聞くと、貴子は顔を両手で押さえながら泣き崩れました。

「心配しなくても高次さんにも誰にも言わないですよ。僕の言う事を聞いてくれたらね。もう一度僕の目の前でオナニーしてよ」
 


「イヤ!そんな事出来るわけないじゃん!」
 


「嫌ならこれどうなるんですかね~、高次さんもびっくりするんだろうね」
 


「お願い!高次には言わないで・・・お願い」
 

貴子は泣きながら私に言って着たんです。
 


 
ゃあオナニーしてくださいよ」
 


「わかったわ・・・絶対に・・・絶対に言わないでよ!」
 

そう言うと貴子を連れて流し場に行きました。

事務所の流し場は、食品メーカーがサンプルを調理するために結構な設備があり、割りと広いんです。
 

調理台に貴子を座らせ、「早くしてくださいよ(笑)」
 

と私がにやけて貴子に命令しました。

 
次には絶対にいわないで・・・」
 


「わかってますから、早くしてくださいよ。配送もあるんですから」
 

そう言うと、貴子は顔を下に向けながらオナニーを始めました。
 


「パンツの上からじゃ気持ちよく無いでしょ?バイブ使ってなかった?もしかしてローター?」
 

そう言いながら、貴子のスカートを捲り上げようとしました。

 
めて!触らないで!」
 

貴子が私の手を払いのけ、睨みつけるように言いました。
 


「そんな事言うとこれがどうなるかなぁ~」
 

私がレコーダーを見せると・・・。

「わかったから!言う通りにするから!だから・・・やめてください」
 

今まで高飛車な性格で鼻につくような言動の貴子が初めて私に敬語を使ったんです。
 


 
が貴子のスカートを捲り上げ、パンストを破り、オナニーをしろと命令しました。
貴子はパンツの横から指で自分のマンコを弄りだしました。
 

少し前までオナニーをしていたため、触り始めでも濡れていたんです。
 
子さん。おっぱいを見せてよ」
 

私がそう言うと、無言で制服のベストを脱ぎ、シャツのボタンを開けブラを外したんです。
 


「へぇ~思ったよりキレイなおっぱいですね。乳首もピンクじゃん」
 

貴子は黙ったままです。
 


 
止まってるの?さっきみたいにしてよ」
 

また無言でオナニーを始める貴子。

でも次第に声が荒くなってきてるんです。
 

「いつになったら道具使うの?って言うか使えよ!」
 

少し大きめな声で貴子に命令すると、観念したかのようにベストのポケットから小ぶりのバイブとローターが出てきました。

 
ぉ~本当に使うんだ!早くしてよ!興奮してきましたよ貴子さん」
 

貴子は私に視線を合わす事無く、バイブでマンコを刺激し、ローターでクリトリスを弄り始めました。
 


こうなると貴子も声が大きくなり・・・。
「ハァハァ・・・ングッ・ンッンッ・ハァ・・・ァァ」
 


「おいおい、凄いですね~貴子さんのマンコ。大変な事になってますよ~」
 

相変わらず舐めた態度で貴子にそう言った。
 


 
も私のチンチンもはち切れんばかりに大きくなっていて、正直我慢の限界でした。
普段なら貴子なんて見向きもしない。
 

ましてや私は妻帯者の身しかし単身赴任をして、家に帰っても誰も居ない。
 
末に帰省しても疲れているし、ゆっくりしたいので溜まる一方。
 

「ねえ貴子さん、僕のチンチンもしてくださいよ」
 


「ンッ・・なっ、何言ってるのよっ・・ンァ、そんな事できるわけ・・な、ないでしょ・・・」
 


「そんな事言って、貴子さんも見たいんじゃないんですか?ほら見せますよ」
 

私はズボンを下ろし、ギンギンになったチンチンを貴子の前に見せたのでした。

一瞬下を向いた貴子でしたが、目だけはチンチンをしっかりと見ていました。
 

 
ぇ貴子さん、僕のもしてくださいよ。気持ちよくしてくださいよ」
 


「何言ってるの・・・T君は奥さんがいるでしょ・・・そんな事できるわけないでしょ・・・」
 


「へぇ~じゃあ高次さんがこの事を知ったらどうなるんでしょうね?二人だけしか居ないんだし、誰にも言わないんですから気持ちよくしてくださいよ。ねっ」
 


「高次には・・・内緒にしてよ・・・本当にお願い・・・します」
 

そう言うと貴子は調理台から降り、私のチンチンを舐め始めました。
 


 
~誰も舐めてなんか言ってないのに(笑)」
 

貴子は一瞬私の方を見ましたが、またフェラを始めました。

「いや~貴子さん上手いですね。めっちゃ気持ちいいですよ。高次さんにもしてるんでしょ。羨ましいなぁ」
 

本当に高次さんが羨ましいくらい貴子のフェラは上手かったんです。
 


 
が経験した中でも群を抜いて上手いんです。
「ングッングッ」
 

貴子は私が言うまでもなくディープスロートやタマも舐め始めたんです。
 


よだれを垂らしながら、ジュポジュポと音を立てたり、舌でカリやタマを口撃したり。
 
なり溜まっていたので早くもイキそうになり、貴子へそう告げました。
 

貴子は口に出されるのが嫌だったみたいで口を離そうとしましたが、私が貴子の頭を抑えつけました。
「あ~イキそうだ。貴子さんイキますよ~ぁイク、イク」
 

貴子の口へ思いっきり出しました。
 


 
子の頭を離す事無く、最後まで出しつくしました。
貴子は咽ながら私の精子を床に吐き出しました。
 

「ウエッ・オッオエッ・・・高次にも出された事ないのに!もう終わったんだから、早く配送に行ってよ!」
 

貴子は蛇口で口をゆすぎながらこう言いました。

 
の時、時間は8時30分くらいだったかな?配送は10時までに終わらせればよかったので大丈夫だったんです。
 

「いやぁ、貴子さんがイってないでしょ?今度は僕が貴子さんを気持ち良くさせてあげますよ」
 

そう言うと私は貴子のを抱きかかえ、調理台の上に乗せました。

抵抗するかなと思っていたんですが、案外すんなりといきました。
 

 
てと。貴子さんのマンコはどうなっているのかな?」
 


「やめて・・・見ないで、触らないで・・・お願いだから・・・」
 

そんな事を言いながらも抵抗する素振りは見せない貴子。
 


指で貴子のオマンコを軽く刺激すると貴子の身体がビクンと動く。
 
らにマンコの中へ指を入れ激しく指を動かし、オッパイを舐め回していました。
 

乳首は硬くなり、私の唾液でいやらしく光っていました。
小刻みに震える貴子の身体。
 

 
層激しくマンコを弄ってると貴子が突然・・・。
「ぁあああああああんぁあああああいやぁぁあああああ」
 

叫んだかと思うと、すごい勢いで潮を噴いたんです。
 


「貴子さん、すごいですね~!今のヤバいですよ」
 


「お願いもうやめてください」
 

身体をビクビクさせながら貴子は私に言ってました。

 
子さん・・・今の見たらこんなになっちゃいましたよ」
 

溜まっていた事もあり、私のチンチンは再び大きくなっていました。
 


しかし、今度は目を背けるわけでもない貴子。
「挿れてもいいですか?貴子さん、いいでしょ。ここまできたんだから貴子さんも挿れたくなってませんか?高次さんには絶対に言いませんし」
 

無言だった貴子が調理台から降り、少しふらつきながら調理台へと手をつきました。
 


 
次には本当に言わないで」
 


「その格好は挿れてもいいって事ですか?」
 


「はい・・・早く挿れて・・・ください」
 


「貴子さんも早く言えばいいのに。じゃあ挿れますよっと」
 

貴子のマンコへ思いっきりチンチンをぶち込みました。
 


思いっきり入ったので貴子は「ひゃぁぁん」
 

と叫びました。

 
の後もバックから突きまくってると・・・。
 

「すごいぃぃすごいぃこっち来てからSEXははじめてなのぉ~!突いて~突いて~オマンコ突いてくださいぃぃぁひぃぃ」
 

さっきまでの様子とは一変し、すごい乱れていました。

「T君突いて・・T君のオチンチンで私のオマンコついてぇ」
 

この時なんて貴子のオマンコから流れる液体が床に信じられないくらいありました。
 


 
を動かすたびに、グチュ・・グチャ・・と卑猥な音を立てています。
「いっちゃうよぉT君いっちゃうよぉ~!T君のオチンチンでいっちゃうよ~」
 

貴子はそう言って絶頂を迎えました。
 


私が腰を振りながら、虚ろな目をしてこちらを振り向いた貴子。
 
っとしてくださいT君のオチンチンで貴子のにマンコしてください」
 


「わかりましたよ。でも僕もイキそうなんですよね、貴子さん」
 


「貴子って呼んでイっていいからもっと突いてください」
 


「じゃあ貴子、今度こそ口で受け止めてちゃんと飲んでくださいよ」
 


「こっ高次にもしたこと無いのに・・」
 


「じゃあオマンコしませんよ。自分でシコってイキますから」
 


「いやぁいやぁオマンコしてぇぇ!飲むから!飲むからオマンコしてください!」
 

そう言うとめちゃくちゃ早く腰を振り、貴子を座らせ、貴子の口へチンチンを突っ込みました。
 


 
んんんん」
 

苦しそうにしている貴子。

「ちゃんと最後まで吸ってくださいよ」
 


「んんんんんぁいングッングッ」
 


「よし、いいですよ。貴子、ちゃんと飲んでくださいね~」
 

苦しそうな表情で私の精子を飲む貴子。
 


 
み終えると、虚ろな表情で私を見上げていたんです。
「貴子、今度はゆっくりしようね」
 


「・・・はい」
 

それからはお互いのアパートや、時には会社の倉庫でSEXしてました。
 


一度冷凍庫でSEXした時はめっちゃ寒かったです。
 
んせ-20℃くらいあるんです。
 

その分フェラがとても暖かく、貴子のマンコがとろけるくらい暖かかったです。
二度としませんでしたが。
 

 
た、本当にフェラが上手い貴子。
誰も居ない倉庫でフェラをさせた時は、眼鏡に顔射したんですが、商品にかかった時はかなり焦ったんです。
 

そんなこともあり、殆どは私のアパートでSEXしてました。
 
ざとお風呂に入らずに、汚いチンチンをフェラさせたりしてましたが・・・。
 

「T君のチンチン好きなのぉ!貴子が綺麗にするからいっぱい出してよぉ」
 

あんなに精子を飲む事に抵抗があった貴子ですが、いつしか飲む事が大好きになっていたんです。

貴子は高次さんとたまにSEXしてたみたいですが、私とのSEXで見せた淫乱振りを見せる事や精子を飲む事はなかったみたいです。
 

 
レるのを怖がったんです。
お互いに好きとかそういう感情は無く、あくまでもSEXのみの関係だったんです。
 

楽で良かったです。
 
が退職するまでの8ヶ月間の間、貴子とは週に3、4回SEXをしてました。
 

最後の方には中出しまでしてました。
「T君の精子を貴子のマンコに出してくださいぃ!中出ししてぇ!中が一番気持ちいいよぉ・・中出しいいよぉ、T君の精子が貴子のマンコでドクンドクンしてる・・・」
 

貴子は今は高次さんと結婚したみたいですが、子供は私の子かも知れません。
 


 
れくらい中出ししたんですよ。

 

 


 
【35万箱突破のモリモリw】

 

 

 
【画像】 管理人体験談
関連体験談
最新記事
ほへーっw
当サイトに掲載している体験談は妄想好きな作者の創作物です。実在の人物や事件とは全く関係ありませんので、ご理解の上お楽しみくださいませ。なお、当サイトでは熟女とのエッチな体験談を常時募集していますので、貴方のエロ体験談を是非教えて下さい!
投稿フォームはコチラ
PAGE TOP ↑