アラフィフ保険BBAの凄テク?!┃契約見直しどころかセックスwwwww

カテゴリー 熟女との体験談タグ

保険セールス担当のアラフィフBBAに契約の見直しをお願いした筈が、ミニのタイトスカートから見えるパンツに興奮させられてしまったのでご報告する。

 

険に加入したのはいいものの、よくよく考えてみると、毎月の生命保険の支払いが高すぎる。
 

最近切実にそう感じ、その保険に加入した時の担当者に内容を見直し、保険料を安くできないか?と、相談するため電話した。
 

そもそもその保険は前任地で4年前に加入したもので、俺が転勤した途端アフターはなくなっていたのだ。
 

その不満も多少あった。
 

電話口で彼女は「あら、○○さんお久しぶり!覚えてますよ!」と、ぬけぬけと言ってのけた。
 

 

事情と考えを説明し、色々話していると、彼女は電話じゃ埒が明かないからと、一度お会いして相談を受けたいと提案してきた。
 

正直、それも面倒だったが、二日後の仕事終わりに落ち合うことになった。
 

全任地はそれほど遠くなく、距離にして約40キロ。
 

時間にして40分程度だったので、お互いに中間地点のある喫茶店スで待ち合わせた。
 

俺が到着してから5分と経たず彼女がやって来た。
 

 

「お久しぶりです^^」40代後半の保険外交員の熟女は満面の笑みを浮かべ、俺の正面へ腰掛けた。
 

50代手前のBBAおばさんになっても、保険セーレスレディはスーツはミニのタイトスカートと決まっているらしい彼女が腰を下ろすと、柔らかなソファに腰が沈み、膝の位置より低くなり、俺の視線の角度と彼女の膝から股間へ掛けてへの角度が直線状に一致した。
 

デルタの隙間から、微かに逆三角形のパンティがチラ見えしてしまった。
 

普通なら、それを意識しハンカチなどを膝に乗せ見えないようにするはずなのだが、このBBAの保険レディはそれをしなかった。
 

食事をするような店ではないので、テーブルは必要最低限の面積しかなく、テーブルから少しずれて彼女は腰掛けたので、落した視線の先に彼女のスカートの中身がバッチリ見えるのだ。
 

 

その時は、パンチララッキーぐらいにしか思わず気づかなったか、これも保険レディのテクニックなのだろう彼女は、バックから書類を取り出し、狭いテーブルに並べ始めた。
 

途中、店員が注文を取りに来て、彼女は「紅茶」と、だけ店員を見ることなく注文した。
 

資料を一式テーブルに並び終えると、彼女は今の保険内容と新しい商品の話をし始めた。
 

膝はピタリと合わされているが、どうしてもタイトスカートの隙間は隠れることなく、スカートの奥は見えていた。
 

もしかして、これは俺を動揺させ、上手く丸め込む作戦なのだろうか?そんな疑念が頭を過ぎったが、熱心に説明する彼女に対し、それは杞憂であると、考え直した。
 

 

こにでもいそうな、普段着なら普通のおばさんそんな印象のはずが、パンチラを見せてくれ、一生懸命保険を説明する姿を目の当たりにすると、徐々に魅力的に見えてくる。
 

以前はこんな風に感じただろうか?結局、保険の内容説明の半分も俺は理解できなかった。
 

ただ、言える事は、新商品は今より条件がよく、多少月の支払いが安くなるそれだけだった。
 

「ひと通り説明しましたけど、何か疑問な点はありませんか?」
「う、うん、今のところ特には・・・」最早、スカートの奥が気になり、それだけに頭の中は支配されていたので、質問などできるはずもない。
 

時々、違う資料をバックから取り出そうと、身を捻る時、膝が開くので、危険ゾーンがバッチリ目に入ってしまっていた。
 

 

正直、俺は勃起していた。
 

「じゃあ、取り合えず、今すぐ決めなきゃいけないってことじゃないんで、この資料を持ち帰って検討していただけますか?」彼女は事務的ながらも笑顔で俺にそう言った。
 

「はい」彼女はテキパキと書類を封筒に入れ、俺に手渡してくれた。
 

パンチラ鑑賞もこれで終了か俺は少し残念に感じた。
 

「お時間は大丈夫なんですか?」彼女がそう聞くので「特に、予定はないですよ」と、答えた。
 

 

「そう・・・私も、今日の営業はこれで最後なんです(笑)」と、背もたれに身を預けた。
 

「これから帰って色々あるんでしょ?」俺は腕時計をチラッと見てそう聞いた。
 

「うぅん、今日はもう直帰よ」
「そうなんですか・・・」
「そう^^」しばし沈黙が流れる。
 

そして最初に沈黙を打ち破り彼女が「私、気楽な独り暮らしだし」
「へぇ~そうだったの?」
「うん、バツ付いてるからね(笑)」確か、最初に彼女から保険に入った頃は、家族の話をしていたように思う。
 

「気楽でいいでしょ?(笑)」他に言葉が見つからず、俺はそう言った。
 

 

「そうねぇ・・・これから帰っても、一人でご飯支度してテレビでも観て、お風呂入って寝るだけかな?(笑)」
「俺も似たようなものですよ・・・」
「あのね?」彼女が急に身を乗り出し「もう2,3時間なら時間あるわよ」と、意味有り気な表情を俺に向けた。
 

「2,3時間?なんだか危険な長さの時間だね(笑)」俺は冗談半分でそう返した。
 

「そうねぇ」
「そうですねぇ・・・」気の利いたアドリブの効かない俺は、そう答えるしかなかった。
 

「○○さんに対する今日の仕事は終わった訳だし」
「まあ、そうですね・・・」
「これからの時間一緒に過ごすとしたら、外交員でもお客様でもない訳ですよね?」
「そうですね・・・」
「じゃあ、何かしら?あたし達って」
「う~ん・・・男と女?(笑)」
「うふふ」彼女の車は、その店からちょっとだけ離れた国道沿いのパチンコ店へ放置した。
 

そして、俺の車で行動することにする。
 

 

手席の彼女は「どこ行く?」と、上目遣いで俺を見た。
 

「・・・・」
「じゃあ、どこ行きたい?」小悪魔のような表情だ。
 

「ふ、藤川さんは?」
「そんな他人行儀な(笑)かおり・・・って呼んで」
「じゃあ、かおりさんは?」
「もう!呼び捨てでいいのよ(笑)」
「すみません^^;」
「だからぁ~もう、男と女なんでしょ?」
「そ、そうだね、かおり・・・^^;」
「そ!それでいいのっ!」完全に中年のおばさんに手玉に取られた状態行きたいところはラブホテルに決まっていた。
 

おそらく彼女かおりもそうに違いない。
 

そこで「あのさ・・・?」俺は言い掛けた。
 

 

「なに?」
「見えてたよ・・・」
「んっ?何が?」知ってか知らずか、かおりはそう言いながら小首を傾げた。
 

「パンツが(笑)」思い切ってそう言ってみた。
 

「あはっ(笑)やっぱり?」
「やっぱり・・・って、わかってたの?」
「うん・・・」これはもしかして枕営業と言うやつか???今頃気付いた。
 

「でも、枕営業って訳じゃないのよ(笑)」
「えっ?」考えていたことを言われ、俺は焦った。
 

「なんかね、今日逢えるのなんとなく嬉しくて期待してたの」
「・・」思いも寄らない告白だった。
 

 

いや・・セールストークかもしれないと用心深く注意しながらも、欲情した男に冷静な判断なんて出来るはずがない「だから・・・ね?(笑)」それがかおり答えだ。
 

俺は迷いと躊躇が消え、ホテルへ向かって車を走らせた。
 

部屋に入ると「最初からここで話したらよかったかしら?(笑)」と、かおりがソファに腰を下ろしながら笑った。
 

「落ち着いて話聞けないよ(笑)」と、俺もかおりの隣に腰を下ろしてそう答えた。
 

「そうね、○○さんが我慢できなかったでしょ?」
「その言葉、そっくりお返しするよ(笑)」
「先にシャワー浴びてきていいわきゃっ!」俺はかおりのスカートに手を入れた。
 

 

「もう!慌てないでっ!(笑)」先程まで、散々スカートの中をチラ見して、俺の興奮度はMAXだった。
 

強引に手を奥まで入れ、柔らかな下腹部に触れた。
 

「あんっ!だめよ、汚れてるから・・・」かおりの目はトロンと虚ろだ。
 

股間を覆うパンストの表面を上下に撫でる。
 

「だめだったらぁ~」かおりは両手で俺の胸に手を当て突っ張る。
 

 

抗されると俺は益々燃えた。
 

そのまま押し倒し、スカートを腰まで捲り上げた。
 

「いやんっ」ベージュのパンスト越しに透ける、白のパンティパンストとパンティに手を掛け、一気に引きずり下ろした。
 

「ちょっと待って!」
「今更待てないっ!(笑)」そのまま手前に引き、足首から抜き取ってしまう。
 

ソファから転げ落ち、床を這って逃げようとするかおりの後ろからスカートを捲り上げた。
 

 

真っ白で年齢の割には張りのある、大きな尻が露出する。
 

「きゃーっ」そう叫びながらもどことなく嬉しそうに見えるかおりだった。
 

上から腹に手を回し、抱え上げるとベッドに放り投げた。
 

「ほんと、お願い!シャワー・・・あっ」俺は間髪要れずかおりに飛び掛り、両足首を掴んで持ち上げた。
 

かおりは恥ずかしい姿で開脚し、俺に陰部を晒す。
 

 

「で、電気っ!」
「消したら見えないだろ?(笑)」
「見なくていいのっ」かおりが両手で股間を覆ったのを強引に引き離した。
 

「よく見てやるよ(笑)」
「だめっ!汗かいてるし、きっと匂うから嫌っ」そんな言葉を無視し、50代手前の四十路熟女の股間に顔を埋めた。
 

汗と尿と女性特有の分泌液と、様々な要素が混ざり合う複雑で濃厚な香りが鼻腔を擽る。
 

俺はそこに舌を這わせた。
 

「あぁーっ!」かおりは悶えた。
 

 

閉じた秘貝に舌をねじ込み、上下に動かすとトロッとした蜜が溢れてくる。
 

「お、お願い・・だめっ!そんなことしちゃ」かおりの両手が俺の頭を鷲掴みつつ、自ら股間に引き寄せる。
 

舌に力を入れず、わざと焦らすように周囲を舐めまわした。
 

「あぁ~ん、いぃ~あぁ」
「いつからしてないんだ?」
「わ、忘れちゃったぁぁ・・・」最早かおりは抵抗することなく、俺を受け入れてくれる。
 

舌の動きに合わせて腰を振り、下腹部を突き上げる。
 

 

ごいっ!もっと、もっとー」これまでHの度、弄ばれてきただろうクリトリスは肥大し、舌で転がすとコロコロと心地いいくらいだった。
 

「そこダメッ!おかしくなっちゃうっ」クリ責めはやはり一段回テンションも上がるらしい。
 

「そこばっかり、だめだったらっあっ・・いいっ!もっと」
「どっちなんだ?(笑)」指を挿入し、Gスポットを撫でながらクリトリスを舐め続けた。
 

同時にアナルの表面を撫で回し、徐々に挿入していく。
 

「なにこれっ!!何してるのっ」かおりは3点責めされたことがないらしい。
 

 

「いやーっおかしくなるぅ~もう許してぇ」許すはずもなく、俺は愛撫を続けた。
 

「ほんとにもうイクッイッちゃうぅ」徐々に脚を真っ直ぐ伸ばして突っ張り、太腿が痙攣し始めた。
 

「イックッ!」細かな痙攣は徐々にブルブルした震えに変化した。
 

「あぁーっイグッ!」そして、かおりは大きく仰け反ると絶頂に達した。
 

身を起してかおりを見下ろすと、下半身だけ裸でピクピク痙攣する熟女が横たわっていた。
 

 

黒々とした陰毛は、色んな液で濡れて光っている。
 

汗ばんだ額に乱れた髪が張り付いていた。
 

「はぁ、こんな激しいの久しぶり・・・」かおりはようやく薄目を開け、俺を見上げた。
 

俺はその場に立ち上がると、スラックスを脱ぎ始めた。
 

期待に羨望の眼差しを股間に注ぐかおり。
 

 

トランクスまで下ろすと、自分でも驚くほど誇らしげに勃起したペニスが上を向いていた。
 

「すごい大きい・・・」かおりの顔に跨って腰を落すと、かおりは頭を上げ、竿をペロペロ舐め始めた。
 

「どう?俺の(笑)」
「立派・・・」ほんの数十分前まで、熱心に保険の説明をしていたやり手の真面目な熟女外交員の面影はどこにもない。
 

陰嚢を舌に乗せて転がし、竿を舐め上げ、亀頭に舌を絡ませる。
 

やがて、頬張り一心不乱に頭を振った。
 

 

いひい・・硬いよぉ」よっぽどご無沙汰のペニスが嬉しいらしい。
 

しゃぶらせながら残りの衣服を脱がせにかかると「オッパイ垂れてるから恥ずかしい」かおりがそうつぶやいた。
 

「いいから見せてみろよ」
「だって・・・」ジャケットの前を開き、ブラウスのボタンを全て外した。
 

キャミソールを首まで捲り上げると、パンティとお揃いの余所行きブラが現れた。
 

「やっぱり、仕事の時は何が起きるかわからないから、こんなお洒落な下着着けてるのか?」
「そうじゃないわ、身だしなみ」
「いつも勝負下着だろ?(笑)」
「い、意地悪・・・」一旦かおりから体を離し、起した。
 

 

その場に立たせると、衣服を剥ぎ取り、ブラも外す。
 

やはり年齢と重力には勝てないらしく、乳房は垂れかかっていた。
 

しかし、かおりは着やせするタイプらしく、これほど乳房に体積があるとは驚くほど巨乳の垂れ乳だ俺は乳房を中央に寄せるよう持ち上げると「結構大きいんだね」と、感心して言った。
 

「でも、手を離せば落ちちゃう(笑)」
「そのくらいがいいんだよ」勃起した黒い乳首を抓る。
 

「あっ・・」摘んだまま手前に引っ張ると結構伸びた。
 

 

「すごなぁ~」
「あぁ・・・もっと強くしてっ!」
「こう?」摘んだ指に力を入れる。
 

「あぁ~そう・・・」
「痛くないの?」
「へ、平気・・・」タイトスカートも脱がせ、かおりを全裸にした。
 

ベッド脇の壁一面の鏡に、その全身が映し出されていて、やはり歳相応の体だ「ごめんなさい、こんなおばさんで^^;」
「そんなことないさ、十分魅力的だよ」俺はそうかおりを褒めながら、本当にそうだ!と、感じていた。
 

かおりの手が股間に伸びてきて、ペニスを掴んだ。
 

「すごい・・・ずっとこのまま?」
「そうだよ」
「素敵」かおりは両手でペニスを大事そうに包み込み、そのまま扱いた。
 

 

「あぁすごい・・・」愛とおしさで一杯と、いうほど至福の表情だった。
 

向かい合ったまま、そのまま腰を下ろした。
 

かおりの手はペニスを離すことなく、ずっと愛撫してくれている。
 

「お願い、もう挿入れて」今にも泣き出しそうなほど切ない表情だ。
 

そして、ゆっくり後ろに倒れこむと両脚を大きく開いて、受け入れる体勢を取った。
 

 

ぇ、早く~」俺はかおりに覆い被さった。
 

かおりは両脚を俺の腰に巻き付けて引き寄せた。
 

下半身が密着した。
 

わざと竿をヴァギナに擦り付けて焦らす。
 

「意地悪してるでしょ?早く挿入れて~ぇ!」かおりは腰をクネクネと動かした。
 

 

「場所がわからないよ(笑)」
「嘘つき!意地悪なだけでしょ?」腰を引き、亀頭を膣口へ押し当てる。
 

「そのまま真っ直ぐ」自ら導きいれようとかおりは腰を突き出した。
 

俺はわざと引く。
 

「いやーんっ!どうして逃げるの」
「あはは!」そして、意表を突いて一気に腰を前へ突き出した。
 

ヌプッ!「あっ」スルスルと奥まで到達した。
 

 

「ぁあぁ~」至福の絶頂・かおりの表情はまるで白雉だ。
 

元々なのか、使い込んでいた所為なのか、かおりの膣中はちょっと緩めだった。
 

俺はゆっくりピストンを始めた。
 

「すごいっ気持ちいい~」ジュブジュブといやらしい音と共に、愛液が止め処もなくシーツに滴り落ちる。
 

「もっとアナルに力入れろよ」俺はそう言って尻の下に手を伸ばし、アナルに指を挿入してやった。
 

 

「あっ」挿入時にアナル責めすると、ペニスが締め付けられる。
 

「そうそう、そうやってここに力入れて」指を出し入れした。
 

「あぁこんなの初めてっ」
「俺もだ・・・」顔の細かい皺は化粧でも隠し切れない。
 

しかし、かおりを抱きながら、それもそそると感じた。
 

結合部を見ると、改めて白髪の混じった陰毛を数本発見した。
 

 

かし、それを発見したからといって萎えることはなかった。
 

唇を合わせ、舌を絡ませながら、弛みかかった、女体を抱く。
 

乳房は横に広がり、黒々とした乳首は伸び気味に勃起している。
 

なんだか訳もわからず、俺はそんな女体に興奮した。
 

衰えていく自分を感じながらも、女の欲望に貪欲なかおりの姿に欲情したのかも知れない。
 

 

自分の意思とは裏腹に、ペース配分を考えず、俺は腰を振り続け抽送を繰り返した。
 

「すごいっ!もっと突いてっ」かおりの叫びに俺は応え、下腹部をぶつけるような勢いでピストンを繰り返した。
 

挿入してからすぐ、いきなりラストスパートの動きを続けた。
 

「あー!だめっまたイッちゃうぅ」
「俺も、俺もイクよ」
「来て~あぁぁー」
「あぁイッイク」俺は抜かずにそのままかおりの中に射精してしまった。
 

「あぁぁ」その時の快感は、とても言葉で言い表せない。
 

 

「うっ!うっ!」残りの全てを搾り出し、俺はそのままかおりに倒れ込んだ。
 

かおりの体は熱く火照っていて、お互いの汗で濡れた肌が密着しても、不快ではなく心地よかった。
 

最初に口火を切ったのはかおりだった。
 

「ありがとう。
 
すごいよかったわ・・・」
「うん・・・」
「こんなの久しぶり」
「俺も・・」
「私、よかった?」
「うん、最高だった、でも・・・」
「でも?」
「勢いで中に出してしまったよ」
「大丈夫よ、今日は・・・(笑)」
「そっか・・・」その後俺たちは一緒にシャワーに入り、再び勃起してしまったので、バスルームで立ったまま2回戦に突入した。
 

 

ホテル代はかおりが支払ってくれた。
 

その代わり「保険、ウチで更新してね♪」もちろん、断ることはできない^^;「ねぇ?」かおりが助手席で聞いていた。
 

「次のエッチも更新時?(笑)」
「じゃあまた4年後か・・・」
「そんなに待てないわ(笑)また、近々・・・して」
「いいよ、ビジネス抜きなら」
「もちろんよ、今日だってそうじゃなかったんだからね(笑)」どうやら、契約書にはない特約付き保険に入ってしまったようだ
 


 
【35万箱突破のモリモリw】

 

 

 
【画像】 管理人体験談
関連体験談
最新記事
ほへーっw
当サイトに掲載している体験談は妄想好きな作者の創作物です。実在の人物や事件とは全く関係ありませんので、ご理解の上お楽しみくださいませ。なお、当サイトでは熟女とのエッチな体験談を常時募集していますので、貴方のエロ体験談を是非教えて下さい!
投稿フォームはコチラ
PAGE TOP ↑