「カミサンは実家にいるから俺は目下独身中です…」┃若熟女の誘惑に先生だって理性崩壊!

チャイムが鳴ってお隣の奥さん、脂の乗った若熟女の亜紀さん(仮名)が回覧版を持ってきたのだった。
旦那は九州福岡へ単身赴任中。
 

ちなみに、私は、武田先生(仮名)と呼ばれている

 

玄関からPCが見えたらしく
 
「武田先生、パソコンなさるんですか?・・うちのパソコン最近調子悪くて・・・良ければチョット見てもらえませんか?」
 
別に断る理由もなく、むしろ仲良くなりたいような憧れのお隣さんだったので二つ返事で亜紀さんの後について行った。
 
くフリーズするらしいのだが、見てみるとサイトから訳も分からずダウンロードしたソフトがかなり多かった。
 

送受信メールも消してない状態でメモリー不足で重くなっていたようだ。
送受信メールを読み出してしまったが、内容はメールセックスであった。
 

 
りあえず削除が必要と、
 
「ソフトやメールを削除した方がいいですよ。全部消してもいいですか?」
 


 
「あの・・・それは・・・!」
 
亜紀の返事も聞かずに一つのメールを声を出して読み出した。
 

かなり”過激な内容であった。旦那が単身赴任で寂しくてメールエッチしているようで、亜紀は恥かしそうに顔を赤くしてうつむいている。話を聞くと、サイトで知り合った相手と遠距離という事もあって大胆になり、メールで盛り上がると電話でお互いの声を聞きながらオナニーしているらしい。俺の後ろから抱きついて
 
「恥ずかしい、誰にも言わないでください」
 
と両乳房が背中に気持ちよく当る。

 
「いいですよ、その代わり亜紀さんと私の二人だけの秘密にしましょう、秘密を作りましょう。」
 
と亜紀を抱き寄せ唇を重ねたところ、亜紀は抵抗する様子は全然なし。
オッパイを揉みながら服を脱がせると素直に応じてくれた。乳首にキスして舐めながら茂みの奥に手を滑り込ませると、かなり欲求不満だったのか、すでにグッショリと濡れていた。指を出し入れしながらクリちゃんを刺激するとクチュクチュとイヤラシイ音と共に亜紀の口から声が漏れてくる。イスに座らせて足を開かせると恥かしそうにしているが・・・・、
 
「自分で広げて見せて」
 
と言うと指でおまんこを広げて見せてくれた。
それを切っ掛けに、亜紀の膣に愚息を当てると亜紀は腰を押付けて合体させてしまったのであるが、生のままで気になったがそのまま突きまくった。
 
「奥さんに悪いわ」
 


 
カミサンは昨夜から実家へ行ってるから、俺は目下独身中だよ
 
と言いながら突きまくっていたが、限界に近かったので、
 
「出そうだ・・・・・・」
 


 
「私は何回も逝ってるから、一緒に逝って・・・・・」
 
とシッカリと抱きついて離してくれなかった。
中に出しても良いとの返事と思って、ドクドクと射精が始まった。亜紀の膣の締りというか、痙攣が始まり精液が吸い込まれるような感じであった。射精が済んでもピクピクと締め付けられるようだった。二人共余韻を楽しむように抱合っていたが、
 
「中に出しちゃったの?」
 
と突然喚きだし、
 
「危ない日だったに・・・・・」
 
と俺の胸をたたき出した。

 
「中はダメとは言わず、シッカリ抱きついて離してくれなかったのは亜紀さんでしょ?」
 


 
「・・・・・・・・・・・・・・・・」
 


 
「サック用意してくれなかったでしょ」
 
亜紀は慌ててトイレへ跳ぶようにして飛び込んでいった。
数分して水洗のジャアーの音がして戻ってきたが、
 
「武田さん何型?」
 


 
「俺は見たとおり大型だよ」
 


 
「違うってば、血液型・・・・・」
 


 
「血液型はB型だよ。如何して?」
 


 
「アアア・・・良かった。旦那もBで武田さんと同じだよ・・・・良かった」
 
と言いながら、私の手を引いて浴室へ連れて行った。
24時間使える方式の浴室であったが、シャワーでお互い流しあい、特に亜紀は膣を何回も洗っていた。
 
「洗っても同じだよ。1週間分のエキスだから元気よく亜紀さんの子宮に飛び込んで行ってるよ!」
 
と言いながら浴槽に二人で沈んだ。
亜紀を後ろから抱くようにして、乳房を揉み揉みしたところ、愚息が亜紀に掴まれて膣に吸い込まれた。
 
「サックしなくて好いの?」
 


 
「・・・・・・・・・・」
 


 
「今度はベットでヤラセテくれる?」
 
と頼んだら、亜紀は先に出てバスタオルを巻いて寝室へ・・・・・・。
ベットではバスタオルを胸に巻いた亜紀が横になって待っていた。フリチンでベットの亜紀に、
 
「お気に入りの下着を着けてベットに寝てよ」
 
と言ったら、お気に入りの下着を着けだした。
下着姿の亜紀を立ったまま抱きしめ、キスをしながら乳房を揉み揉みし、片方の手でショーツの上から立て溝を擦りだした。亜紀は愚息を撫でだして
 
「ショーツが汚れるから脱がせてよ・・・・・」
 


 
「もうビショビショだよ・・・もっと濡れたらね」
 
直接触りたくなっていたので、指を2本入れて愛撫したが、いつの間にか3本指が入っていた。

 
「早くこれを入れてよ・・・」
 
と愚息を膣に宛がっていた。
愚息は吸い込まれるように挿入されてしまい、膣が締め付けられている。ピストン運動をすると、亜紀はヒイヒイと騒ぎたてるので、口に近くにあった布は私のパンツだったがそれを宛がい、ピストン運動を続けた結果、射精の感じになったので、
 
「サックは如何する?」
 


 
「そのまま出して下さい。出来ても構わないから、お願いします・・・・」
 
妊娠すればダンなの子として生むんだなと思った。
二回戦も気分良かったので、大量の子種が注ぎ込まれたと言うより、吸いだされた感じだった。

 

 
それから数日後のこと

 

 
亜紀さんは興味津々に
 
「えー、ほんと!?どうやってやるのか教えてよ!」
 
といってきた。

 
「お前、何も学校で…」
 
そうすると今度は耳元で
 
「ねぇ、勃ってるとこみたいな・・・」
 
他の生徒からは離れたプールの片隅。
水中で亜紀さんは俺の股間を鷲掴みにする。

紀さんは俺のチンポを海パン越しに揉みしだく。
サオを親指と人差し指で撫で上げ、裏筋を爪で擦って刺激する。
亜紀さんにケツを撫でられ、俺はびくっと身体を震わせた。

のブーメラン・ビキニの水着に手が差し入れられ、ケツの割れ目をすぅーっと撫でられる。
やがて指がケツの穴に到達した。
2、3度穴を指でこすられる。

 
んん…」
 
それだけで俺は切ない声を漏らした。
亜紀さんは穴をこするだけでなく、指を立て、穴をこじ開けるようにほぐしてくる。

 
「ここで勃ったりしたらさぁ…いい笑いものじゃない?…」
 
亜紀さんの言うとおりだった。

由練習だから、逆に言うと生徒はプールのどこにいようと自由だ。
今は他の生徒から離れたプールの片隅にいるが、いつ俺たちのすぐそばを生徒が泳ぎ始めるかわからない。
ここで勃起するわけにはいかない。

 
業中だしさ、まさか勃ったりしないよね?生徒におしり弄られて、チンポ勃てる教師なんかさ……」
 


 
「ぅぅぅ…」
 
穴を弄られるだけで信じがたいほどの快感が俺を襲う。
もし勃起したら、もし誰かにこの痴態を見られたら、と恐れる感情が逆に俺を煽り立てていることに、そのときの俺は気づいていなかった。

 
「くぅ…ぅ…ぉぅ!…ぅ……」
 
俺は顔を真っ赤にし、首に筋を何本も立てている。

の分だとそう長くは我慢できないに違いない。
いや、もしかしてもう……。
亜紀さんは逸る気持ちを抑えた様子で、俺の前を覗き込んだ。

たして俺のビキニは大きく盛り上がっていた。
チンポの形がくっきり浮かび上がったビキニの前を女子生徒の顔の真ん前にさらしてしまい、俺はあまりの恥ずかしさに頭が真っ白になった。
勝ち誇った表情で、亜紀さんは俺の股間に手を伸ばす。

 
ンセー、勃っちゃったんだ?生徒におしり弄られて?授業中なのに?」
 


 
「くはっ!……」
 
一瞬、水面が盛り上がったかと思うと、海パンからサオがはみ出た。
腰骨の辺りまでしか覆っていないブーメランタイプのビキニでは、俺の勃起は隠しきれない。
濃いブルーのビキニから、俺のサオのほぼ全体がはみ出てしまっている。

の加減によって、カリが水面に見え隠れする。
陰毛が水中でユラユラと揺れる。

 
「ヤバイよ、センセーは勃つと臍まで届いちゃうんだね、ちゃんと臍まで覆うスパッツにしないと。ま、それじゃダサイだけだけど」
 
生徒の言葉嬲りに、俺はギュッと目を閉じ、歯を食いしばらせて耐えている。

を嬲っている指に力を込め、人差し指をケツに突き入れられ、俺は軽くのけぞった。
水の助けを借り、指はすんなりと俺の中へ入った。

 
「くぅ…ぅ……」
 
俺はあい変らずプールサイドに両手をかけて腰から下を水中に浸け、亜紀さんはプールの中で直立した姿勢で俺の股間を見下ろした状態で、しかも他の生徒に不自然に思われてはいけないという制約から、亜紀さんの指はせいぜい第2関節までが埋められただけだった。

業中のプール、自由練習という名目で、みんな自由に遊びまわっていた。
そこここに溢れる歓声…。
それを聞きながら俺は歯を食いしばって、亜紀さんの攻めに耐えていた。

紀さんの無邪気な指が俺の内部を這い回る。
そしてそれはやがて………。

 
「ぐっ!!うっ!そ……そこ…はっ!」
 


 
「??……センセー、どうしたの?」
 


 
「んんっ!くっ!ぅっ!ぅぉっ!!」
 


 
「センセー、あんま大きな声で喘いだら、他の子たちに聞こえちゃいますよ?」
 


 
「…だっ誰が喘いでなんかっ……はぁぁぁっっ!!!」
 
第2関節まで埋められた指が襲ったのは、俺が最も感じる部分だった。

の反応を楽しむように、亜紀さんはそこを指で直接にグリグリと刺激してきた。
その度に俺は切ない声で喘がされた。
柔らかく指を包み込む内部で、そこだけは指を跳ね返していく。

度も何度も、そこを押し込むように刺激される。
俺の身体全体に力が入っているのがわかる。
顔を真っ赤にして耐えている俺は、時折ビクッビクッと痙攣するように身体を震わせる。

を向くとギンギンにおっ勃った、デカいサオが見える。
いつの間にか俺のビキニはケツの下までずり落ち、玉袋までが解放されてしまっていた。
2本の指で俺のケツを攻めながら、亜紀さんは解放された玉袋も手のひらで転がした。

業中、教育実習生は水中で勃起を晒し、女子生徒にケツと金玉を嬲られている。
周囲からは上半身を水面から出した俺に、亜紀さんが見下ろされてうつむいているようにしか見えなかった。
だから誰もが亜紀さんが何かしでかして、俺に責められているのだ、としか思っていなかったようだ。

際は逆だ。
俺が亜紀さんに攻められている。
プールの隅で繰り広げられる教育実習生の痴態。

のヤツらにバレたら大騒ぎだ。

 
「あっ…はっ…くぅ…頼、頼む…もぅ……あぁっ…はっ…ぁ…やめて…くっ…れ…この…ぁん……このまま……じゃっ…」
 
亜紀さんは聞こえないふりをする。
当然、刺激は続けたままだ。

ツの中、指を跳ね返すその感触を亜紀さんは楽しんでいるようだ。

 
「このままじゃ?他の子たちにバレて大騒ぎになるって?」
 


 
「ぅおっ!…ぉっ……くっ…」
 
バレたら大騒ぎになる。
それは間違いなかった。

が、亜紀さんが訴えたかったのはそれだけではない。
それだけではないのだが、それを伝えれば亜紀さんはどうするのだろう?即座にケツを弄るのをやめてくれるのか?それとも最後まで……。
ケツを襲う疼きがチンポを震わせる。

感がケツからカラダの芯を貫いていた。

 
「チンポ、びんびんだよ?しごいてあげようか?」
 
言うや否や、亜紀さんは手のひらでカリをこねまわした。

 
「はぁぁぁぁぁぁぁぁっっっっ!!あ!んっっんっ!んっ!」
 
俺は必死で声を押し殺す。

身はブルブルと震えている。
身体の芯から湧いてくる快感を我慢しようと懸命だった。
事実、ケツを嬲られながらカリをこねまわされた俺は、そのまま射精してしまいそうなほどの衝撃を覚えた。

 
れ?今、まさかイキそうだった?ヤバいよ?、ここでイッたりしちゃ。授業中だよ?授業中に先生が海パンずらして勃起チンポ晒してるのも問題なのに、射精までしちゃったら…」
 
俺のケツの中の、指を跳ね返すあの部分を、亜紀さんの指を時が刺激する。
俺はそのたびに、ビクンビクンと反応する。

が水中をもがいたせいで俺のビキニは大きくずり下がり、膝の上で辛うじて留まっているにすぎなかった。
授業中のプールの中、寄せ返す波が時折、俺の勃起チンポを空中に露にする。
ケツにずっぽりと指を埋め込まれ、感じる部分を存分に刺激され、俺はもう限界だった。

 
…む……ぉぁっ!…頼むから…指…んんんっ!…指を抜いて…くっ!くれっ!」
 
崩れ落ちそうだった。
俺は亜紀さんの手を掴み、必死で訴えた。
このままじゃ…このままじゃ俺は……。

ツの中で蠢く指は的確に啼き所を突いている。
俺はもがいた。
膝に引っかかっていた海パンは、俺がもがいたせいで膝から抜け、水中で脹脛に張り付き、足首に絡まった。

か水中に潜っていれば、教育実習生が水中で全裸を晒していることに気づくかもしれない。
俺は今さらながら股間を手で隠そうとした。

 
「え!?センセー、我慢できなくなっちゃったの?」
 
勘違いした亜紀さんが言う。

して股間にまわした手を振り払われた。

 
「しごいちゃダメでしょ?センセー、授業中にイク気?」
 
違う、違うんだ…焦燥が募る。
金玉が引き上がっていた。

ツに与えられる快感は限界を超えており、決壊するのは俺には明らかだった。

 
「ほら、センセー見てよ、こっち見てる子がいる」
 
亜紀さんが顎で指し示した方角には、確かに何人かの生徒が、俺と亜紀さんの方に顔を向けていた。
ただし、その顔には笑顔が溢れ、俺の痴態に気づいている様子はなかった。

れど、そのときの俺に彼らの表情までは目に入らなかった。
(ああ…こんな…恥ずかしい姿を……生徒に見られて…)生徒に見せてはならない痴態を見られている。
授業中のプールで全裸になり、ケツを指で犯されて、チンポを勃起させている。

かも射精の瞬間はもう間もなくだ。
ダメだっ!それだけは…授業中に…授業中にイクわけには絶対にいかない!俺はそう強く意識し、改めて全身に力を入れて耐えようとした。
そんな俺をあざ笑うかのように、その時はやってきた。

 
っっんっ!ぅっ!んんっ!ぅぉ、はぁ、うっ………かはぁっ!!!!!!!」
 
俺は声にならない声を上げた。
顔を空に向け、水中に立てた一本の棒のように身体を硬くする。
一瞬の静止の後、水面から顔を覗かせた鈴口からびゅっ!と真上に向かって第一弾が打ち上げられた。

をガクガクと震わせながら、俺は続けて水中に白濁した欲望を撒き散らした。
辺りには見る見る間に、湯の花のような白い帯状の粘液が漂う。
波にさらわれて勃起チンポが水面に顔を出す。

口からはドクドクと溢れるように精液が噴き出していた。

 
「ぁぁっ…ぁあっ!…っ……くっ…はぁ…ぁぁ……ぁっ…」
 
亜紀さんは驚いた。

 
「えっ!!セ、センセー、ホントにイッちゃったんだ……」
 
ケツのいちばん感じるスポットを亜紀さんからぐっと押されると、水面に顔を出したチンポからそれまで溢れ出ていた精液が、その時だけまたびゅっ!と勢い良く射出され、亜紀さんの顔面を直撃した。

 
おっ!…ぁ…ぉぁ…………」
 
俺は快感に打ち震えながらも、自分の喘ぎ声を絶望的な思いで聞いていた。
なおも射精を続ける俺のケツから指を抜くと、亜紀さんは何事もなかったかのように、そのまま泳いで行ってしまった。

 

 


 
【35万箱突破のモリモリw】

 

 

 
【画像】 管理人体験談
関連体験談
最新記事
ほへーっw
当サイトに掲載している体験談は妄想好きな作者の創作物です。実在の人物や事件とは全く関係ありませんので、ご理解の上お楽しみくださいませ。なお、当サイトでは熟女とのエッチな体験談を常時募集していますので、貴方のエロ体験談を是非教えて下さい!
投稿フォームはコチラ
PAGE TOP ↑