「お母さんが倒れた…助けて!」、アパートお隣りの子連れシンママを介抱したら筆おろし!

アパートのお隣には、子連れシンママの三十路になる美熟女が住んでいた
 
俺は、彼女に心底惚れ、また、彼女の身に起こった命のハプニングがきっかけで、筆おろしもして貰った。

 
名前はアケミ(仮名)。

 
当時学生だったオレが夏休みで部屋でゴロゴロしてると激しく玄関を叩く音と子供の泣き叫ぶ声が。

 

 
急いで玄関を開けると隣の子供が真っ青な顔して
 
「お母さんが倒れた!助けてお兄ちゃん!」
 

と泣きながら訴えてきた

 
隣の部屋に見にいくとアケミが台所で倒れていた。
とりあえず救急車を呼び、心臓マッサージで介抱
病院に子供を連れて同伴した。

 
子供に他に知り合いがいないか聞いたが「知らない」と言われ仕方なしに先生の話を聞かされた。

 
アケミが倒れたのは、トイレの洗剤の酸性のやつとアルカリ性のやつを混ぜたときのガスを吸ったのと、夏の暑さが重なり意識を失っただけ。
その日の夜には帰れるとのことだった。

 
子供はまだ昼飯も食べてないみたいだった。

 
とりあえずマクドナルドに連れていき昼飯を食わせ、病院に戻るとアケミは意識を戻していて点滴を打ち終ったら帰宅するとのことだった。

 
オレは適当に挨拶だけ済ませてアパートに帰った。
その日の夕方アケミと子供がオレの部屋を訪れお礼に近所の焼き肉屋で夕食をご馳走したいと言ってきた。

 

用事もなかったし焼き肉が食べたかったから喜んでついていった。
よほど子供がオレのことを良い風に話したのか、アケミは「こんな時代にあなたのような良い人が隣人で本当に良かった」と何度も言っていた。

 
アケミがオレに酒は飲むのかと聞いてきた。

 
まだ未成年で童貞だったが少しは飲むと言ったら、アケミの店の名刺をくれた。
アケミはスナックでママをやってるらしく「店に来たらタダにしてあげるからよかったら暇な時にでも友達連れて遊びにきてね」と誘ってくれた。

 
その3日後ぐらいに友達のAとアケミの勤める店に遊びに行った。

 
思ったより大きな店で席も20席ぐらいあり女の子以外にボーイなんかもいたりして想像してたより全然きちんとしたお店だった。
オレとAは奥のVIP席に案内された。
お店で指名No1~No5の人気のある娘が代わる代わる付いて、まるで龍宮城のようだった。

 
酒も回ってきてオレもAもいい気分になってきた頃、アケミと店のオーナーが席に付いて丁寧にお礼をしてきた。

 
アケミは普段の安そうな服装とは変わり、高そうなドレスを身にまといハンパじゃなく美人だった時間も結構たったのでオレとAは帰ることにした。

 

 
するとオーナーが女の子たちを席から外させて系列の風俗店の無料券を10枚ぐらいくれた
 
オレは風俗とかは嫌悪感があったから断ろうとしたら、Aが目で訴えてきたから仕方なしに貰った。

 
店の外でAに無料券を全てあげたらさっそくAは悪友たちに携帯で連絡しはじめた。
オレはそのまま帰り部屋でテレビを見ていたらチャイムが鳴った。

 
こんな時間に誰だろうと玄関をあけると、アケミが苦笑いしながら申し訳なさそうに「オーナーったら変なもの渡してごめんね」と言ってきた。

 
オレは「友達が喜んでたからむしろありがたくいただきました」と言うとアケミは「〇〇くんは風俗とかには興味ないの?」と少し不思議そうな表情で聞いてきた。

 
オレは恥ずかしそうに「興味ないわけじゃないけど始めての相手はそういうのじゃないほうがいいから」と答えた。

 
アケミは「〇〇くんは誠実でいい子だね、筆おろししてあげる」とオレの頬にキスをしてきた。

 

オレは自分でも顔が真っ赤になるのがわかったシドロモドロに訳のわからないことを言って慌ててドアを閉めた。

 
それからは毎日のようにアケミのことばかり考えるようになった。

 
一週間ほど過ぎてコンビニの前でばったりアケミを顔を合わせたら恥ずかしくなり逃げ出しそうになった。
するとアケミが「待って!こないだは変なことしちゃってごめんね」と追いかけてきた。

 
それから公園で30分ほど話した。

 
アケミの横顔を見ていたら無意識にアケミの頬にキスをしてしまった。

 
アケミはびっくりしたみたいだが優しい眼差しでオレを見つめてきた。
そして唇を合わせた。

 
その日は実家に子供を預けていたらしく二人でラブホテルに行った。
オレは始めてのラブホであたふたしてた。

 
慣れた感じでアケミが部屋とか時間とか決めてくれた。

 

屋に入るとアケミは再びオレにキスしてきた。

 
オレは押し倒されるようにベッドに横になり、アケミが覆い被さるように上に乗り激しくキスをし続けた。

 
アケミはオレとキスをしながらオレの手を握ったかと思うと、その手はオレの腕を伝い胸をまさぐったり、背中に手を回したり、耳をつついたりとまるで生き物のようにオレの身体を愛撫しつづけた。

 
オレは思わず「あっ!あっ!」と感じた声をあげてしまった。

 
アケミはオレの顔を見つめながら「どうしたの?気持ちいいの?」と優しく聞いてきた。
恥ずかしくなり目をそらすと、両手で顔を正面に向けられてしまった。
アケミは高揚した色っぽい表情でオレの目を見つめて「ねぇ気持ちいいの?」再び聞いてきた。

 
オレは顔を真っ赤にしながらうなずくと「じゃあもっと気持ち良いことしてあげる」と子悪魔のような表情で微笑み再びオレの唇を奪いだした。

 
アケミのいやらしく愛撫する手はオレの胸から腹、横腹、太ももと徐々に下に移動していき、内ももをジラすようにまさぐり始めた。

 
アケミは「凄く気持ちよさそうな顔してるね、次はどこを触ってほしいの?」と聞いてきたオレは顔を真っ赤にして何も言えずにいると「何にも言わないなら何もしてあげないよぉ、どこが触って欲しいのか言ってごらん」


 

 
オレ「え、あ、あの、、チンチン」
 
蚊の鳴くような声で答えるとアケミはオレの股間を愛撫し始めた。
アケミは激しくキスをしながらオレの股間をまさぐりながらオレのシャツのボタンを外し始めた。

 

上半身を裸にするとオレの胸板に頬擦りしながらチクビを舐めたり摘んだり、脇の匂いを激しくかいだりした。

 
ズボンもいつの間にか脱がされた。

 
トランクス越しにオレのチンコを舐めまわした。

 
トランクスはおもらしをしたかのようにアケミのヨダレでびしょびしょになった。
アケミはオレのびしょびしょになったトランクスを脱がせると激しいフェラチオてあっというまにオレはイカされてしまった。

 
アケミ「もうイっちゃったの?でも若いんだからまだまだイケるわよね?」オレのザーメンを一滴残らず口で受け飲み干しながらアケミは淫乱な笑みを浮かべた。

 
アケミは自ら服を脱ぎ始めた。

 
その裸体はとても子供を産んだことがあるとは思えないほど均衡の取れた美しいプロポーションだった。

 
オレはアケミの身体に飛び付くように抱きつき慣れない愛撫をアケミの見よう見まねでやってみた。

 
アケミは「あっ、そうよ、もっと優しく、うん、上手よ」とオレに手ほどきするように感じはじめた。
アケミのチクビを舌で転がすように愛撫していると乳頭が勃起している。

 
興奮したオレはさらに激しく執拗にチクビを舐め回した。
アケミ「はぅっ!気持ちいい、もっとチクビ舐めて!」。
本当に感じだしたみたいだった。

 
軽く噛むと身体をのけぞらせ小刻みに声を漏らす。

 
先ほどまでの痴女のような表情から少女のようなか弱い声を出すアケミを愛しく感じ、さらに愛撫はアケミの股間へ移動した。

 
綺麗な割れ目はすでに洪水状態。

 
愛液が溢れるように出てくる。
勃起したクリトリスに舌を這わす。

 
アケミの身体は反り返る。
太ももでオレの身体を締め付けてきた。

 

 
オレの再びガチガチに勃起したチンコをアケミの中に挿入した。

 
オレは何も考えずアケミの唇をむしゃぶるように吸い続けた。
腰を振った。

 
この世のものとは思えないエクスタシーはすぐに訪れた。
オレとアケミは結合したままオレの身体からアケミの身体へ大量の精液が流れこむのを全身で感じながらいつまでも抱き合った。
 
スペクタクルに感じた中出し初体験だった

 


 
【35万箱突破のモリモリw】

 

 

 
【画像】 管理人体験談
最新記事
ほへーっw
当サイトに掲載している体験談は妄想好きな作者の創作物です。実在の人物や事件とは全く関係ありませんので、ご理解の上お楽しみくださいませ。なお、当サイトでは熟女とのエッチな体験談を常時募集していますので、貴方のエロ体験談を是非教えて下さい!
投稿フォームはコチラ
PAGE TOP ↑