生活感溢れ捲りなパートのヤンママ┃お口のお世話になった件wwww

生活感溢れ捲りなヤンママ学生の時、お世話になりました。

ある居酒屋さんでバイトしていた時、昼のパートにSさんというヤンママっぽいSさんがいたんです。

 
年齢は30過ぎ、たぶん33か34歳ぐらいだったと思う。

 

顔は普通ですが、角度によっては深キョンに似ている感じもする。
性格は明るい。
サバサバした感じ。

 

ですが、痛し痒しなことには、ヤンままと言うのが一目でわかる感じなんです。

 

最初はSさんとは、バイトしてた時は普通に話す程度。

ただ俺が長くバイトしてたから、結構仲は良かった方。

Sさん家で旦那さんを交えて麻雀したり、何人かで飲み行ったり、家の愚痴聞いたり。

 

大学卒業でバイト辞めて就職してからは、ほとんどメールとか無し。

 
年に1~2回バイトの面子で集まって飲み会した時に、近況を話すくらい。

 

でしばらく期間が空いて、Sさんからのメール。

「久しぶりに飲まない?」こんな感じのメール。

 
色々相談したい事があるらしい。

仕事の都合を合わせて、会う事に夕方くらいに待ち合わせて、少し街中をブラブラしてから、飲み屋へ。

 
最初のうちは近況報告とか他愛も無い話し。

 

夏場だったので谷間チラ見えしたのが嬉しかった。

お互いそこそこ酒が入った頃にSさんから「離婚して、バツイチになっちゃった」とぶっちゃけ。

 
詳しく聞いたら、以前から夫婦仲が悪く大喧嘩した果てに離婚したらしい。

ちょっと驚いたけど、明るく話すSさんのおかげで、雰囲気は重くならなかった。

そんで次の店に移動。

 

こからは元旦那の愚痴とか今の仕事の文句とか散々聞かされた。

 
そうこうしてるうちに終電の時間。

 
「帰らなきゃ」

と言うと「まだ話し足らないから、私の家で飲も?」とSさん。

近くらしく、途中のコンビニで酒買ってSさん家へ。

 
改めて飲み始めたけど、もともとそんなに酒に強くないSさんは、ほぼ出来上がり。

 

 
ゴロゴロ寝そべったり、俺の足に寄り掛かったりSさんがゴロゴロしてると、シャツの間から薄ピンクのブラが見えた。

 
俺「ブラ見えてるよ~?」

S「スケベ!覗くなよ。」


 
俺「結構、胸あるんだね?」

S「そう見えるでしょ?でも意外と小さいんだよ?」

俺「そうなの?触ってみていい?」

S「ん?服の上からならね?」手を添えてみる。

 
柔らかいけど、シャツとブラの感触でよく分からない。

 
俺「ブラでよく分からね」

S「残念でした。」おっぱい触って俺少し興奮モード。

 

 

胸から手を離さないで少し揉んだり、乳首辺りを摘んでみたりS「ちょっとイタズラしすぎ、ぅん」調子こいてシャツの上からブラずらして、乳首をクリクリ。

 
この辺りからSさんの吐息が色っぽくなった。

 
シャツの中に手を入れて、本格的に乳揉み。

 
吐息混じりの喘ぎ声に変わって、大興奮。

 

 
シャツブラを脱がして、乳首舐めたり、乳揉んだりいざ、マムコ触ろうとズボンに手を突っ込んだら
 
S「今日は女の子の日だからダメ」生理かよ・・・orz
 
俺「もう、こんなになってるんだけど?」(ズボンの上から硬チン触らせて)
 
S「口と手で良い?」

俺「風呂とかで、しちゃわない?」

S「多い日だから血まみれになるよ?

俺「口でして?」


 
S「あまりうまくないかもよ?」そう言いながら、Sさんは俺のズボンのベルト外して、ズボンとトランクスを一気に下ろした。

 

S「先っちょ、亀頭がヌルヌル…興奮しちゃった?」

俺「かなり…Sさんの声がエロいから」

S「H出来なくて、ごめんね?これで我慢して?」Sさんが一気にチンを口に含んだ。

 

 
そのまま舌で亀頭を転がしたり、裏筋を歯で軽く引っ掻いたり、尿道に舌先を入れたり、カリを舌先でチロチロやったりうまくないかも?と言ってたけどSさんの舌使いはかなり慣れてた。

 
敏感な場所をねちっこく責めたり、全体的に優しく刺激したり、緩急つけたり。

 
Hを期待してたのとSさんのフェラ技もあって、すぐにイキそうになった俺「イキそう」

S「イッて良いよ?どこに出したい?」

俺「口の中で良い?」


 
S「口が好きなんだ?良いよ。」Sさんは今まで以上に、深くくわえてイラマチオ気味に根元を扱きながら、頭を激しく動かした。

 

さんの頭を抱えて、口の中に出した。

自分でも驚くくらい出たと思う。

射精が治まってティッシュを渡そうとしたら、ごっくんッと。

 
S「すっごい出たよ?しかも苦い!溜まってた?」

俺「Sさんが上手いから、かなり興奮した。」

S「どうだった?」

 
俺「またお願いしたいくらい気持ち良かった」

S「ありがと。私も興奮しちゃった」

俺「じゃあ、Hする?」


 
S「う~ん、生理終わったら、思い切りセックスしよ?」その後もう一回軽く飲み直して、一緒の布団で寝ました。

 

 
寝る前にもう一回お願いして口と手でイカせてもらい、お礼にSさんのクリと乳首を責めて一回イッてもらいました。

 
それからは結局時間の都合が合わず、SさんとはH出来ないまま。

Sさんが実家に帰った今は、叶わぬ夢になっちゃいました。

 

別れ際に「今度来た時にはHしようね」と言ってたSさんが、懐かしいです。

 


 
【35万箱突破のモリモリw】

 

 

 
【画像】 管理人体験談
関連体験談
最新記事
ほへーっw
当サイトに掲載している体験談は妄想好きな作者の創作物です。実在の人物や事件とは全く関係ありませんので、ご理解の上お楽しみくださいませ。なお、当サイトでは熟女とのエッチな体験談を常時募集していますので、貴方のエロ体験談を是非教えて下さい!
投稿フォームはコチラ
PAGE TOP ↑