最強の五十路痴女┃50代ご夫婦とのスワッピングセックスは中出しOKだったw

人に言えない特別な性癖がある変態夫婦です。
スワップ夫婦なのです。

ちなみに、40代になるごく普通の中年夫婦なのですが…。

 

夫婦交換・・・、目の前で妻が寝取られている姿を見ながら自分も他人の妻を抱く

 
そんな変態的なシチュエーションに異常な程ハマってしまっているんです。

いつも、その類の掲示板を閲覧してお相手を捜しておりました。

 

そこに、少々年上の50代ご夫婦が目に入りました。

 
メールのやり取りをし、目線入りの顔写真を交換して、一目で気に入り、向こうの夫婦も気に入った様で、いざ温泉宿でお会いする事になりました。

 
当日、お風呂に入り、食事を済ませて身支度を整えて、妻には上下黒のランジェリーを着けさせ、黒の網タイツの姿。

自分が観ても、下半身が膨らんできたのです。

その上に、浴衣姿でお相手を待ちました。

 

 
夫婦、お互いに高揚し、お酒を呑んで待っていたら「コンコン」っと、ノックの音。

 
「初めまして!どうぞお入り下さい!」そこには、一人の普段着のラフなスタイルの50男と、その後ろにスレンダーな五十路になる奥様がいました。

 
髪は長めで、年齢よりは若く見え、ミニスカートの姿。

お二人には、奥のテーブル横のイスに座ってもらい、自分達はベットに腰掛けてお酒を呑み始めました。

 
TVはアダルトコナーにチャンネルを合わせて話をしてましたが、相手の奥様が足を組みかえる時にスカートの奥のパンティーがチラチラ見えるのです。

 

ストッキングは光沢のあり、足は綺麗な脚線美だ。

 
相手の旦那さんが「妻は・・さんの為にドレスアップして、朝から落着かない様子でしたよ」

 

「そうなんですか?」暫く時間が経過して、旦那さんが「お前、先に旦那さんとベットに移動していいよ!」


 
「ハイ!」

「行きましょう」っと、手を引かれ奥のベットへ移動したのです。

 
もう、自分のチンポはそそり立ち、奥さんがスラックスの上から触り「凄い!もうこんなに!」

「貴方、凄いわ」

「そうか!可愛がってもらえよ」スラックスのファスナーを開けて、チンポを引っ張り出し、口へ。

 
「気持いい!」これは凄い、バキュームフェラチュパ音をたてての凄技のフェラです。

 
奥さんの股間に手を入れると、もう湿っている!「・・さん、濡れて凄いの!」と、奥さんが言う!横を観ると、妻もッフェラ。

 

う、隣の事は頭から飛んだ。

 
もう自分の世界へ突入へ。

 
奥さんの、ブラウスを脱がし、スカートを取ると純白の上下お揃いの清楚なランジェリー

そそる姿だ。

 
黒とは、また違う興奮。

 

自分も脱ぎ、奥さんと舐め合う。

 

 
下の毛は無い!旦那さんの趣味らしい!ヤバイ、フェラだけで出そうだ!枕元のゴムを奥さんに渡すと「必要ないですよ!ネェ~貴方!」
 
隣の旦那さんは「そのまま、中出してもOKです」


 
「妻は、ゴムが苦手で嫌いなので、中だしでどうぞ」

「コチラは、ゴムはしますので安心して下さい!」


 
「奥さん、いいですか?」

「いいから、早く入れて下さい」の催促。

 
もう、マンコの周りは愛液でべチャ、べチャ状態。

 
「入れますよ!」

「大きい、凄い大きいの!」
 

隣の旦那さんが「旦那さんのチンポ、大きいのか?良かったな!」自分もビックリ!
 
入った瞬間、キツイ!凄い締まりだ!もう、奥さんは腰を振り
 
「いい、凄いいい!もっと、もっと突いて」
 
このままじゃ、時間が持たない今度は奥さんを上にしたのだ髪を振り乱し、腰をグラインドさせる薄暗い部屋で、奥さんの後ろ照明が体を照らしているのだが、奥さんの汗ばんだ体が輝いて見えるのです。

 
今度は、奥さんが自分に覆いかぶさりながらキスをしてきて、舌を凄い勢いで絡めて来るのです。

 

 
口の周りは、二人の唾液でべチャ、べチャ。

 

 
再度、自分が上になり、腰を動かすのだが、最近、自分のチンポがこんなに大きくなった事があったでしょうか出し入れを観てても、奥さんのヒダがめくれて、奥さんの愛液をチンポがカキ出してくる様が凄いそのたびに
 
いぃ~もう駄目、出して、中にザーメンを出して~ェ!
 
グチャ、グチャと愛液の音と、奥さんの声に感じた自分は我慢出来ずにフィニッシュ。

 
奥さんも「いっ、いいいいい、イクうッ~

 
同時に、睾丸から勢い良く出た感じがした。

 
こんなに、疲れて、大量排出は久々だその時だっだ!隣の旦那さんが「出してもらったのか?」

「ハイ、凄い量みたいよ!」隣の妻の方から旦那さんが来て、何をするかと思うと、奥さんのマンコに指を入れて確認しているのです。

もう、ビックリしました。

 

お相手の、ご夫婦はSMの趣味もあるようでした。

 

その後、旦那さんが「旦那さんのチンポを口で綺麗にしなさい!」と命令されて、愛液とザーメンでベタベタになったチンポを、奥さんは丁寧に舐めてくれたのです。

 

さぁ~、お風呂に行こうとしたら「・・さん、ザーメンを飲ませてくれませんか?・・・

「ンッ?」な、なんと精液を飲ませての要求。

 
既に、終った妻と旦那さんを見たら、旦那さんはうなずくのです。

 
「妻は精液が好きなのです」と、一言言う断る理由も無く、そのままフェラ続行。

 

 
2回目でも、気持良いものは、気持ち良い凄い勢いでしごき、見る見るうちに快感に達し「出ます、行きますよ」奥さんは吸う、吸う、バキュームでほとばしりザーメンを飲み込む最強痴女なのです。

 
いやぁ、凄かった。

奥さんの目は虚ろな状態。

凄い興奮した体験でした。

 


 
【35万箱突破のモリモリw】

 

 

 
【画像】 管理人体験談
関連体験談
最新記事
ほへーっw
当サイトに掲載している体験談は妄想好きな作者の創作物です。実在の人物や事件とは全く関係ありませんので、ご理解の上お楽しみくださいませ。なお、当サイトでは熟女とのエッチな体験談を常時募集していますので、貴方のエロ体験談を是非教えて下さい!
投稿フォームはコチラ
PAGE TOP ↑