朝っぱらからチンポを欲しがるフェラ好き熟女はこれだ!

倫相手の超絶スケベな奥さん。

舐めるの大好き、フェラ大好きな43歳、熟女。

 

やってきたのは朝っぱらの10時ちょうど。

玄関のベルが鳴り、部屋に入ってくるなりソファーに座っている僕の前にしゃがみこみ「しゃぶらせて(笑)」と。

 
「どしたの急に?(笑)」

「夢でね、フェラしてて、全部飲んじゃう夢見たの!(笑)」と言いながら、僕のトレパンとパンツを一緒に引きずり下ろしてきます。

 
「そんなエッチな夢見てるの?」

「見ちゃったんだもん、しょうがないじゃん」

「見たからって、そんな、ハウッ!」あったかくてドロドロの口の中に半勃ちのソーセージが吸い込まれました。

 
一気に根元まで吸い込まれ、くわえたまま鼻で陰毛をザラザラ擦ってきます。

大きくなってきたので一度吐き出し、玉袋を唇と舌でほぐしてくれます。

 

竿にも舐めたり吸い付いたりしながらゆっくり上に向かい、時々我慢汁を「ぷちゅっ、ぷちゅっ」って吸ってくれ、早くイキたいんでしょみたいな目をして目を合わせてきます。

 
口だけで上下してます。

 
だんだん射精感が込み上げてきて、「気持ちいからイキそう、このまま出るよ」って言うと、「ぅん、ぃぃよ」とスピードを上げてきます。

 
「あっ、出るっ」どぴどぴどぴどぴゅ、、、どぴゅっ、どぴっ。

「んんん、ーん、」ズリュズリュズリュッ音をたてながら吸いとり、口を「アーン」してからゴキュリッと飲み干してくれました。

 

 
お掃除フェラも丁寧にしてくれ、尿道に精子が一匹もいなくなるまでくらい吸ってくれました。

その後、県外まで足を伸ばし、ランチを食べて、絶景を見に少しドライブし、そこでも一発抜かれました。

 

 
私たちだけの場所探そって言われ、いい場所見つけて和んでいると、「なんかエッチな気分になってきたね」って言ってきたけど、意地悪に「全然」って言うと、ちょっとすねた感じで強引に「ホントは今私を犯そうと考えてたでしょ?気配を感じたもん」
 
僕は全くその場ではそんな気はなかったので、なんて妄想してるんだと一瞬ビックリしましたが、彼女も後に引けなくなったのか、僕の股間を触りだし、誰も来ないと思っているのか、見られてもいいと思っているのか、ズボンを引きずり下ろしてきます。

 
半勃ち気味になってて「やっぱりー」っていいながら手でシゴいてます。

 
8割りくらい勃起したか、裏筋から舐め始めだして、ペロペロ、チロチロ、チュパチュパとされ完全勃起にされました。

 

大きくなったのを見て嬉しそうにどんどんねっとり、粘っこい感じでのフェラになり、雰囲気も良くなり「入れたくなってきた」って言ったけど、ゴムはなく、生じゃダメな日なので、口で最後までしてもらうことに。

 
ジュポジュポ、ジュポジュポ、ジュリジュル。

 
早くイキたくなって「頭もってもいい?」と聞いても「んー、ーんぅー、ぅー」ってしか言わないから、両手でつかんで激しくピストンして「あー、あー、ハァハァ、きもちぃ、あー、イクよーぉーおーっ、(ドクドク)、あーっきもちぃ~、吸って~」

「ゥフッン、コフンッ」咳き込みながらジュルジュル、チュルチュル、チロチロ、チュパチュパ吸いとってくれました。

 
小声で言ってはいたけど、声を出してたことに恥ずかしくなり、車に戻り出発しました。

 
移動中はエロい話ばかりして、僕のあそこはむくむくして、パンツ汚れるからって汁を吸われ、本気でフェラしてくるから、危ないから止めてって言い、ホテル行こうかって聞いたけどお酒飲みたいって、バーで飲むことに。

 

 

酒は彼女だけで、一時間くらいした頃か、「ここでエッチして」なんて言うけど「こんなとこで出来るわけないだろ」。

 
「誰か誘っちゃおうかな~?」

「もう帰ろうか?」

 

「うんん・・・、トイレ連れてって」入り口まで連れていって、暫くすると何か叫ぶから、しょうがないなぁーと思って中に入って、ドアを開けてもらうと、なんと全裸でオナニーしてて、なんてバカな女なんだと思ったけど、僕もバカだからか口の中に肉棒を突っ込んで腰を動かし、僕も狭いトイレの中で全裸になり、彼女の巨乳でパイズリし、パイズリでイこうかと腰を早めていたら、「入れて」って言うから「今日はダメなんだろ」。

 

「いいの、生でいいの」。

外で出せばいいかと、彼女を立たせ片足あげて正面からズブリッ。

 

やっぱり交尾は生だなぁー。

 

ヌチャッヌチュッ、ズリュッずプリュッ、声を出すからキスしながら口をふさいで、ピストンピストンピストン。

 

ラストスパートをかけようと立ちバックで彼女の口を手で塞ぎながら、ピストンピストンピストン。

「あーイキそうになってきたー」

「中に来てー」マジかよと思ったけど「いいんだな?」

「いい、いいから」って言うんで、一番奥に思いっきりお尻を密着させ、「ぅあっ、あーぁっ、出るっ、あっ」ドクドク、ドクドク、ドクドク。

 
「全部だして、いいから」ドクドク、ドク。

 
出しきったかなと思いお尻から手を離すと、ヌポッとぬけ、彼女は振り返りしゃがんで、またフェラしてきます。

 

「全部だした?まだ出る?」

「もうでないよ、家帰れば出るかも」

「出るんじゃん、今出して」


 

「今は出ないよ、もう帰ろうよ?」下着はバックの中に入れ、服を着させ、垂れ落ちてた精液や愛液を拭き取って、汗だくになって店を出、家に到着した玄関で服を脱ぎ、脱がせ、立ちバックで突きまくりました。

 
生の温かさやトロトロ感を十分堪能して、また一番奥に出しました。

ぐったりした彼女を床に寝かせたまま、シャワー浴びに行き、さっぱりして出てきたらパチッと目を覚まして、シャワー浴びに行き、彼女の車に折りたたみ自転車を乗せ、送りました。

付き合ってとか彼女にしてと言ってくるので一応オーケーして、覚えているようだったら、二股で頑張ろうと思います

 


 
【35万箱突破のモリモリw】

 

 

 
【画像】 管理人体験談
関連体験談
最新記事
ほへーっw
当サイトに掲載している体験談は妄想好きな作者の創作物です。実在の人物や事件とは全く関係ありませんので、ご理解の上お楽しみくださいませ。なお、当サイトでは熟女とのエッチな体験談を常時募集していますので、貴方のエロ体験談を是非教えて下さい!
投稿フォームはコチラ
PAGE TOP ↑