仕事の出来るおばさん看護師の「透け見えしないパンティライン」が気になって仕方がない件wwwww

場に新人さんが入社してきた。

名前はヒロミで中途採用。

 
年は41歳。

 
スレンダーで背は155cm

キレ可愛い美人な彼女。

 

 
介護士の上級資格を持っている。

年下の俺は沢山見習う事がある仕事の出来る女性だった。

 

 

仕事の合間に数人で雑談してる時の彼女はおっとりゆっくり話をする

世間知らず丸出しの無防備な天然さん。

笑顔も素敵

 
一ヶ月もすると彼女の事が気になってチンポがむずむずして仕方なくなってきた。

 

ヒロミは年下にもゆっくり敬語で話をする。

 
髪は仕事の時は纏めていて、俺はいつの間にかヒロミのうなじフェチになっていた。

 

 
彼女は小さな体で力仕事をこなす為に介助する際にかなり腰を落として仕事をするのだが、薄手のジャージを履いている為にお尻の形がぴったりと浮き上がる。

 

 
それをチラチラと見ながら仕事するのが私のささやかな楽しみだった。

 
毎回楽しんでいるうちにヒロミはパンティーラインがいつも出ていないと気が付き、そればかり気になるようになっていた。

 

気になり出していつの間にか彼女の事ばかり考えてしまい好意を寄せるようになった。

 

 
本人に直接は深いことは聞けないので、話好きのおばちゃん達の情報でヒロミの事を知っていった。

 

 
彼女はバツイチで今は彼氏は居ないらしい事
 
お酒が好きなこと
 
情報を仕入れながら彼女のお尻やお風呂介助の時のホットパンツでのM字開脚を見ているうちにヒロミのパンツが見たくてたまらなくなってきた。

 

 
まったく形を見せないヒロミの下着
 
突き出した小さいが色気のある尻
 
見たくて見たくて仕方がない
 

 

 
で、最後に着替えるヒロミを盗撮する事に決めた
 

その矢先の出来事…
 

通販で購入したカメラが届く数日前に職場で飲み会が開催される事になった。

 

 
私はヒロミと同じ日の別フロアでの夜勤の時に彼女のお手伝いを率先して行い、時間の許す限り話をして好印象をもってもらう事にした。

 

そして飲み会の席で彼女に連絡先を聞いてみる。

 

 
「ヒロミ(の名字)さんライン教えてください!」
 
と言ってみると
 
「ん?はい、良いですよ」
 
とあっさりオッケーされた。

 

 
そのあと二次会でヒロミの隣の席をゲットし、楽しく会話出来た。

 
連絡先もゲットしたし、ゆっくり良いとこ見せて仲良くなろうと思ってたら、家に帰って直ぐにヒロミから連絡が。

ヒロミ「もう帰った?二人で飲みにいこうと思ってたのに~」とタメ口でラインが。

 

 
かも二人でて…帰った事を失敗したなぁと思いながら朝まで二人でライン出来て幸せだった。

翌日は2度目の二人で夜勤だった。

別々のフロアだが、ずっと二人でラインしていた。

 

 
深夜1時頃盛り上がってきた会話の流れから、ヒロミが
 
「優しいね、好きな人とかいないの?」
 
と言ってきたので、勢いで…
 
「俺が好きなのはヒロミ(名字)さんだ!」
 
と告白してしまった。

 

 
しばらく返事がなかったのでやらかしたと思ってたら誰か降りてくる音がして、やって来たのはヒロミだった。

 

ヒロミはニコニコしながら初めてライン以外でタメ口で話しかけてきた。

 

 
「あはは、告白しちゃったね」
 
と笑ってた。

 
おっとり天然のお嬢さんタイプだと思ってた彼女が見せた意地悪な笑顔だった。

 

ここ連日、不倫系熟女でにぎわっています

pcmax
  1. 累計会員数1000万人以上の業界最大手!
  2. サクラがいない
  3. 女性会員が多く書き込みが賑わっている
  4. セフレ募集が多い
PCMAXの魅力はなんといっても圧倒的な広告戦略です。女性への知名度を上げることで、女性の登録者数も非常に多いです。
年齢層にバラツキはあるものの、真剣交際を求める女性よりもセフレ系熟女や人妻が多いので、甘い関係を求めている方が利用しやすいサイトと言えます。

 

追伸: ちなみに、ここだけの話ですが、
登録直後限定ボーナスが
あったりします↓

 
「PCMAXってなにそれ?」って方のまとめサイトがありました。
PCMAXの実態はこちら
 

 
【画像あり 管理人体験談】普通のおばちゃんもいますが…
ほへーっw
当サイトに掲載している体験談は妄想好きな作者の創作物です。実在の人物や事件とは全く関係ありませんので、ご理解の上お楽しみくださいませ。なお、当サイトでは熟女とのエッチな体験談を常時募集していますので、貴方のエロ体験談を是非教えて下さい!
投稿フォームはコチラ
PAGE TOP ↑