「お母さんには内緒よ」、40代の美魔女リードで脱童貞→おばちゃん3P体験談!

所のおばさんに筆下ろしをしてもらった。

相手は真由美さん(仮名)という、母と知り合いの女性でした。

 
43歳、スレンダーでロン毛。

 
美魔女と言う言葉がストライクな超美人でした。

よくお茶のみに来ていて挨拶したり話をしたりしていた。

 
スカートから綺麗な脚が伸びていて、胸も細身なのに結構あり思春期の俺にはエロさがありました。

 

母親も「綺麗ねぇ」と真由美さんを誉めていた。

 
小学校に通う子供が3人もいるとは思えませんでした。

しばらくしてから母親から「真由美ちゃんあんたをかっこいいだって(笑)」とかそんな話をしてきたりした。

あんな綺麗な人から言われたら嬉しい。

 
そんな時に・・・あの日、両親が法事に出掛けて留守をしていた。

 

適当に昼を食べようとしたら、チャイムがなり真由美さんが来ました。

「お昼食べた?」と現れた真由美さん。

今日は髪をアップにしてイメージが違っていた。

 
「お母さんから明日まで居ないから様子見てって」と真由美さん。

「お昼どうぞ」と料理をいただき食べました。

 

「ねぇ・・・浩ちゃん?午後は暇?」真由美二に聞かれて「暇ですよ」

と話すと「じゃあさぁ・・・おばさんとデートしない?」と誘われた。

「○○山に行こうよ」と地元にある山にドライブに誘われた。

 
「じゃぁ一時間したら○○のコンビニで」と言われて一時間後に少し離れたコンビニで会った。

車に乗せられて走りましたが、真由美さんは膝竹のスカートに服装が変わっていた。

 
綺麗な脚が目の前に・・・生唾を飲みました。

 

ながら山頂に着いて、駐車場に車を止めて話をしました。

そして恋愛話になり、ふられた話をしたら「えー?浩ちゃんを振る女がいるんだ?」

と言われ「あたしが同い年なら絶対に付き合うのに」と。

 
そして「じゃぁまだ彼女出来ないんだ?」と言われ頷くと「あたしが彼女になっちゃおうかな?」と。

「真由美さんは綺麗すぎて」

と話すと「ウフッありがとう」と言われて、「そろそろ帰ろうか?」と車を走らせて戻りました。

 
そしたら途中で山道を下り、いきなり道をそれて林道に。

 

「どうしたんですか?」

と話すと「酔っちゃった」

と「少し休んでいい?」と言われて真由美さんはシートを倒して横に「大丈夫ですか」

と話すと「浩ちゃんて優しいね?」と顔を触られた。

 
「可愛い」と見つめられていきなり起き上がりキスをされた。

 
そしたらシートを倒されて真由美さんが上になり「食べちゃいたい」とキスを繰り返された。

 
甘い香りにクラクラしながら、真由美さんにキスをされ「いいでしょ?」と聞かれて頷くと、真由美さんは微笑み、俺のシャツを脱がせて乳首に吸い付かれた。

くすぐったい!と話すと「敏感ね?」と微笑み吸い付かれながら真由美さんは股間を触ると「浩ちゃんたら・・・もう」とチャックを開けて中にてをいれて触りました。

 

「元気ね・・・」と撫で回されて真由美さんはいつの間にかベルトをはずして気づいたらトランクスだけに。

そして脱がされ「凄い立派なオチンチンじゃない?」と微笑みいきなりしゃぶりつきました。

 
「真由美さん!」気持ちよさに声をあげてしまうと「おいしいわ」と真由美さんはなめあげました。

丁寧にしゃぶりつき気持ちいい場所に舌が絡み・・・「ビンビンね」と話す真由美さんが「あたしの中に来る?」と甘く囁き頷くと、真由美さんは上着を脱ぎ捨てて、ブラを外した。

 
細身なのにおっきめなおっぱいで、スカートを捲りパンティを脱ぐと「ちょっと起きて」と起き上がると、助手席に来て寝て足を開き「浩ちゃんの入れて」と。

 

覆い被さるように迫り、真由美さんに入ろうとするが焦ってしまい、真由美さんは「焦っても駄目よ・・・ここ」と握り締めて押しあてた。

 
「ゆっくり押し込むように」と言われてゆっくりと押し込むようにしたが入らず、位置をずらした真由美さんは「してみて」と言われて押し込むと、「アアン!」と声をあげた真由美さんにヌルッと滑り込むように入りました。

 
「浩ちゃんのが目一杯!」と声をあげる真由美さん。

初めての中はヌルヌルして暖かでした。

見よう見まねでゆっくり動かすだけで凄い気持ちいい。

 

ちゃんの凄い!」と真由美さんは声をあげていました。

 
プルンプルンと揺れるおっぱいも見ているだけで興奮して・・・直ぐに高まりました。

「浩ちゃん!我慢しなくていいから・・・出したくなったら出していいから」と言われて押し込むように激しく動くと急速沸騰し「真由美さん!」と声をあげると抱きつかれてそのまま・・・快感と興奮が最高潮になりました。

 
「浩ちゃんのが一杯!アンッ!」と抱きつかれながら真由美さんは声をあげていた。

「浩ちゃんの凄いよ」とキスをして微笑む真由美さん。

 

「気持ち良かった?」と聞かれて頷くと「あたしも凄く気持ち良かったわ」と。

 
興奮が覚めやらない俺に「またエッチしよっか?」と聞かれて「したい!」

と話すと「お母さんには内緒だからね?」と。

気づけば夕方で、真由美さんと着替えて帰りました。

 
しかし、セックスの気持ちよさを覚えた俺はその夜に夕飯を持ってきてくれた真由美さんに抱きつき、部屋で交わりました。

それからは連絡を取り合って待ち合わせし、ホテルとかでセックスをしていました。

 

騎乗位、バック、対面や、クンニなども真由美さんから仕込まれました。

 
なかなか時間が作れなかったんですが、お子さんがサッカーをしている間に人気のない公園でカーセックスもしました。

そんな時に・・・「今日は子供と旦那が居ないから家においでよ」と誘われた。

夕方に行くと真由美さんと抱きつくと「駄目よ・・・今日は人がいるから」と。

 
「留守だよね?」

と聞くと「友達が来てるから」と。

 

今に行くと細身の髪の長い女性が「こんにちわ」と。

「あたしの高校時代の親友で憲子」と。

真由美さんに負けず劣らずの美人でした。

「貴方が浩二くん?」と聞かれて頷くと「可愛い子だね?」と憲子が話をしてきた。

 

あたしの可愛い彼氏よ🎵」と真由美さんが抱きついてきた。

 

らしい」と憲子が話すと真由美さんが「会ってみたいって言ったのは誰?」と。

そして真由美さんが「今からお楽しみよ」と話すとてをつかみ真由美さんに寝室へ連れていかれた。

 
「浩ちゃん」と真由美は憲子がいる前でベッドに押し倒してキスをしてきた。

「憲子の前で楽しもう」と真由美は自ら脱ぎ俺を脱がすと上になりキスをして、おっぱいを押し付けてきた。

 
「浩ちゃん上手」と真由美さんが声をあげて見せつけていた。

 

真由美さんはいやらしく「もっと舐めて」とおっぱいを押し付けてきた。

夢中でしゃぶりつき俺は真由美さんにしゃぶりついていた。

「ンっ・・・アンッ・・・」頭を押さえつけて来て俺は真由美さんにしゃぶりついていた。

 
そして没頭していると下半身がムズムズし、ペニスが生暖かな感触が当たるような・・・「真由美さん・・・いたずらしないでよ」

と話すと「なにいってるの?なにもしてないわ」と。

 
えっ?と起き上がると真由美さんが振り向き「憲子!駄目よ!」と。

 

「あたしの浩ちゃんなんだから」と起き上がると憲子さんがいつの間にか下着姿で俺のをしゃぶりついていた。

 
「あたしの」と真由美が話すと「元気なチンポで堪らないわ」と憲子さんがジュポジュポとしゃぶりついていた。

 
真由美さんと全く違う感触で気持ちいい。

 
「貸して」と真由美さんを避けると憲子さんがキスをして首筋から乳首にキスをしてきた。

「若いわ・・・」と憲子さん。

 

甘い香水が漂い、また違う雰囲気に興奮してしまった。

「アン・・・」憲子さんが跨がりいきなり中に。

「アアンッ!凄く硬い!」と憲子さんが激しく上下に動きだした。

 
真由美さんとは違いウネウネとした襞が絡みつきびっくりしたが気持ちいい。

「アアンッ!アアンッ!アアンッ!」と憲子さんが絶叫した直後に「イクゥ!イクゥ!」と憲子さんがビクッとさせた。

 

れ込んだ憲子さんを寝かせて足を開かせてそのまま入り込むと「アアンッ!凄い!奥に硬いのが来るぅ!」憲子さんが声をあげる。

 
ヌルヌルになった中に突き入れていくと射精感が。

 
激しく突き上げて「凄い!いいっ!」と憲子さんが声をあげた直後に俺は快楽に達しました。

 
押し込むように入れて、ぐったりする姿をみて疲れてぐったり仰向けに。

 
「す・・・凄いね・・・」憲子さんがぐったりしながら話すと真由美さんが「駄目よ・・・あたしの浩ちゃんなんだから今日は貸しただけだから」と話すと真由美さんが「今度はあたしの番よ」と萎えたものをくわえて、俺は直ぐに立ち上がり真由美さんに乗られた。

 

三人でぐったりしながら寝て休みました。

「ごめんなさいね浩ちゃん、憲子が若い子としてみたいってせがむから」と。

そして真由美さんがシャワーを浴びに行くと憲子さんが「元気だねぇ」と微笑みながら話しかけてきた。

「びっくりしちゃった・・・オチンチン旦那よりおっきいし、硬さが全然違う」と。

 

「ね?あたしともエッチしない?」甘く囁かれた。

 

「真由美だけじゃ足りないでしょ?あたしも凄く気持ち良かったし・・・どう?」と。

 

でも、と迷うと憲子さんが俺の携帯を取り上げてアドレスを打ち込んだ。

「ね?真由美に秘密で」とキスされ、俺は欲望に負けてしまいました。

憲子さんが連絡をよこして俺は待ち合わせてホテルに行くようになりました。

 

クールビューティな憲子さんがイヤらしく貪欲な姿に興奮してした。

 

そして真由美さんとも続けて、あるときには午前中に真由美さんと会い、午後からは憲子さんと会ってダブルヘッダーをしたりもした。

十代だからなせる技でした。

 

高校を卒業してからしばらくし、真由美さんが旦那さんの転勤で引っ越しして終わりましたが、憲子さんとは今もホテルでセックスをしています。

 

ここ連日、不倫系熟女でにぎわっています

pcmax
  1. 累計会員数1000万人以上の業界最大手!
  2. サクラがいない
  3. 女性会員が多く書き込みが賑わっている
  4. セフレ募集が多い
PCMAXの魅力はなんといっても圧倒的な広告戦略です。女性への知名度を上げることで、女性の登録者数も非常に多いです。
年齢層にバラツキはあるものの、真剣交際を求める女性よりもセフレ系熟女や人妻が多いので、甘い関係を求めている方が利用しやすいサイトと言えます。

 

追伸: ちなみに、ここだけの話ですが、
登録直後限定ボーナスが
あったりします↓

 
「PCMAXってなにそれ?」って方のまとめサイトがありました。
PCMAXの実態はこちら
 

 
【画像あり 管理人体験談】普通のおばちゃんもいますが…
ほへーっw
当サイトに掲載している体験談は妄想好きな作者の創作物です。実在の人物や事件とは全く関係ありませんので、ご理解の上お楽しみくださいませ。なお、当サイトでは熟女とのエッチな体験談を常時募集していますので、貴方のエロ体験談を是非教えて下さい!
投稿フォームはコチラ
PAGE TOP ↑