【一回り年上の先輩と社内結婚!】美熟女にチンポを縛られる快感

大学を卒業しても、まだ、童貞でした

それなりの大学に進んだけれど、女の子とお友達にはなれても親密にはなれませんでした。

早くセックスを体験したいと思いつつ、なかなか叶わず気付けば4年生になっていました。

 
長男の僕は、地元企業では一番有名な会社にUターン就職しました。

35歳の美し過ぎる女性にOJTをしてもらいました。

入社1年目は、仕事の合間に度々研修があり、新人の僕に付いた職場での指導員が、利恵さんという入社14年目の35歳の綺麗な女性でした。

 

小悪魔的な可愛さを持ち合わせていながらも優しそうな美人で、一見細身に見えたけれど、夏になるとセクシーなプロポーションだと言う事がわかって、僕にそっと寄り添って指導してくれる時に匂う女の匂いとチラチラ覗ける13歳年上のOLの胸元に女を感じてしまいました。

 
利恵さんを想いながら右手を忙しくさせる日々も終わりを迎え、利恵さんが指導員を解任される日が来ました。

内心しょんぼりしていた僕を、利恵さんが飲みに誘ってくれました。

 
「今日までよく頑張りました。今日はご馳走してあげるね。」理恵さんは美味しい居酒屋で奢ってくれました。

 

酔った利恵さんに引きずられるように、午前2時まで飲みました。

酔っぱらった三十路の先輩社員が、僕に自宅の部屋で、告白しました。

フラフラの利恵さんを抱えてタクシーに乗って、利恵さんのアパートにたどり着いたのが午前2時半でした。

 
利恵さんをベッドに寝かせて帰ろうとしたけれど、玄関を施錠した後に鍵をどうしたものかと考えあぐねていたら、「佳生ちゃん、始発が動くまでここにいらっしゃい・・・」利恵さんが起きて来ました。

 
そして、冷蔵庫から缶ビールを2本出してきて、1本を渡されました。

「まだ飲むんですか?」

「佳生ちゃん、お酒強いね。それとも私が弱いのかな・・・すぐ覚めるんだけどね・・・」

 
そういいながら、
僕が入社する直前に結婚まで考えてた彼氏に裏切られて別れたこと、
ウブそうな僕の指導員を買って出たこと、

 
夏の薄着の時期にわざと胸元を覗けるようにして過剰に触れ合ったことなんか話して、
男に対する復讐心があって僕を色仕掛けで惑わした事を謝っていました。

 

「ごめんね。イジワルして悪いお姉さんね。OJT指導員失格ね。」

「こんなに綺麗な利恵さんを振るなんて、もったいないですね。僕なら・・・」利恵さんに抱き付かれて仰向けに倒れました。

 

はじめてのキスは、舌ベラが入ってきました。

恵さんの柔らかい唇を重ねられたかと思ったら、舌が入ってきました。

僕も利恵さんの舌を舐めるように動かしました。

僕のファーストキスでした。

 
理恵さんは、「お詫びってわけじゃないけど、佳生ちゃんとしてみたくなっちゃった。」そう言ってバスルームに入っていきました。

 

やがて、バスタオルを巻いた利恵さんが、髪の毛をアップに束ねて出てきました。

ハッとしました。

 
いつも髪で隠れている利恵さんの耳やうなじが露になると、理恵さんは女子大生みたいに若くて可愛い印象に変わったのです。

 
「タオル、用意しておいたからシャワー浴びてきて・・・」特に念入りに陰茎を洗いました。

興奮しているのに緊張で陰茎が半起ち以上に元気になりませんでした。

 

 
・・・理恵さんはそっと僕のバスタオルを外すと、淫嚢をくすぐるように擦りながら半起ちの陰茎をパクッと咥えました。

フェラされて、気分は夢心地!、快楽で酸欠状態でした。

 
フェラチオなんて初めての経験の僕の陰茎は、たちまちそそり起ちました。

 
「ングッ・・・プハッ、え?、デカッ!・・・やだあ、意外とおっきいじゃない・・・さては・・・大人しそうな顔して、女の子泣かせてきたなあ・・・」理恵さんは、僕の陰茎を凝視しながら扱きました。

綺麗な女性にフェラチオされて扱かれたら童貞はたまりません。

「う、うわあ、利恵さんダメです!」ビュビュビューーっと精液が噴出してしまいました。

 

「ちょ、ちょっと、ええっ?もう出ちゃったの?」

「す、すみません・・・あの、ボク、まだ童貞なんです・・・」

「えー!ウソでしょ!私、凄いもの拾った感じ・・・」僕は、利恵さんの手解きで童貞を

初めて、リアルな素人女性の裸と、おまんこを直視しました。

利恵さんのバスタオルを肌蹴た全裸を見たとき、そのあまりに見事なプロポーションにすぐに復活しました。

 
豊かな胸、くびれたウエスト、白い肌に美しく可愛い顔理恵さんはあの後もう一度シャワーを浴びて、陰茎にコンドームを装着して利恵さんに騎乗位で奪われたのです。

 
「うわー、おっきいー。スゴイ、メリメリ刺さるぅ・・・奥まで届いてるぅ・・・」利恵さんの豊かな胸が波打ち、切なそうに喘ぎ乱れる利恵さんのアップにした髪が解けて、可愛い顔が色っぽい美人に変わりました。

 

ア、もうダメ、ハアア・・・」利恵さんは僕にしなだれかかって倒れてしまいました。

利恵さんを仰向けにして股間をじっくり見ました。

初めて見た女性器は灰色がかった陰唇に囲まれていました。

コンドームをつけたペニスを、ハヤル気持ちを抑えながら、女性器へとゆっくりと挿入しました

僕はそのやや下にポッカリと開いた穴に陰茎を恐る恐る入れてみました。

「アウウン・・・ハアウ・・・」利恵さんは僕の腰に手を伸ばして、腰を振り始めました。

 

僕の腰をグッと引き寄せながら激しく腰を動かし、僕はそれに合わせるように腰を前後に動かしました。

淫嚢が利恵さんの股間を叩き、パンパンと音がしました。

 
利恵さんは虚ろな目で半開きの顔で唸りなが仰け反って動かなくなりました。

 
僕は一度射精してるだけでなく、コンドーム越しであまり強い刺激を受けていないので、2度目の射精には到達しませんでした。

 
暫くして利恵さんが起き上がって、「ねえ、もしよかったらなんだけど、私と付き合わない?年上はダメかな?」

「ボク、利恵さんのこと好きです。ずっと、利恵さんのこと想ってオナニーしていました。嬉しいです。」

「こんな逸材、誰にも使われずに眠ってたなんて軌跡だわ。まだ2回目出てないでしょ。出していいわよ。」利恵さんは股をガバッと開いて僕を招きました。

 

はじめての童貞喪失セックスですが、なかなか射精できませんでした

僕は利恵さんに挿入してガンガン腰を振って、射精しようとしましたが、利恵さんが悶えて喘いで僕の腰を掴んで自分好みに腰を使うので僕はなかなか射精出来ませんでした。

 
そうこうしているうちにまた利恵さんが逝ってしまいましたが、同時に僕も我慢できなくてコンドームの中に射精しました。

利恵さんと僕は、会社に知られないようにコソコソ付き合っていました。

 
美人の利恵さんは社内でもモテモテでした。

利恵さんは、夜の指導員になって、僕を利恵さん好みのセックスマシーンに仕立てていきました。

 

我慢できずに早めに写生してしまうと、古新聞を縛る紙製の茶色の紐で陰茎の根元と淫嚢を縛られて血流と精液を遮断され、血管が浮き出るほどに起ちっぱなしにさせられた陰茎で利恵さんが満足するまでセックスさせられていました。

 

満足するまで逝きまくった後、縛られて射精出来ない陰茎を扱かれて、切ない僕は、「利恵さん、この次は利恵さんが逝くまで射精を我慢します。約束します。だから、お願いですから紐を解いて逝かせてください。」と懇願します。

 

恵さんは小悪魔的な薄ら笑いを浮かべて紐を解いてくれます。

そうすると、2回目とは思えない大量の精液がビュビュッと宙を舞うのです。

もう、心も体も利恵さんの虜になっていました。

 
僕は、指導員だった利恵さんと一緒にいても不自然だと思われませんでした。

僕よりも利恵さんが、「利恵ちゃん、初めて育てた社員が可愛いのはわかるけど、いつまでも佳生君離れしないと、佳生君に彼女できないぞ。で、利恵ちゃん今夜どう?飲みに行かない?」と誘われていました。

 

利恵さんは、「みんなで行くならいいわよ。佳生ちゃんも行こうよ。」大抵こうして4,5人で飲みに行って、帰りは利恵さんと一緒に利恵さんのアパートでセックスして帰るのが定番になっていました。

 
ところがある日、セックスしたさに、あからさまに二次会を断り僕と利恵さんが帰ったために怪しまれて後をつけられてしまいました。

 
2時間くらい利恵さんと淫乱で濃厚なセックスを楽しんだ後、利恵さんの部屋を出ると、「ねーねー、2人だけでどんな二次会やってたの?利恵さんのアンアンって声が聞こえる二次会ってどんなかなー?」同僚数人の男女がニヤニヤしながら利恵さんのアパートの前に立って缶ビールを飲んでいました。

 

何事かと出てきた利恵さんは、「あはー、バレちゃったかぁ。ハイ、私、利恵は指導した後輩社員に手を出しました。」そういいながら、僕を後ろから抱きしめて、「佳生ちゃん、大人しそうに見えるけど最高なんだ。

 
私、離したくないんだ。」

僕は24歳で37歳の利恵さんと社内結婚をしました。

両親は、13歳も年上の先輩OLに誑かされたとあまりいい顔をしませんでしたが、利恵さんを紹介したら、あまりの美しさに絶句してしまいました。

 
父は、「でかした!こりゃあベッピンさんだ。いやあ、参ったなあ。」と言って、親戚中に嫁を見せびらかす計画を立て始めて母に叱られていました。

今、結婚して3年経って、子供も生まれたので僕の実家をリフォームして同居する予定です。

 

恵さんは今年40歳を迎えますが、美しさに大人の色気が加わって実家の町内では、凄い美熟女な女房がやってくると評判になっています。

 
凄い美人の姉さん女房は、凄いスケベの淫乱女房でもあるのです。

今でも、月に1,2回、先に精液を漏らしてしまい、紐で陰茎と淫嚢を縛られてお仕置きされています。

それでも利恵さんの美しい顔と色っぽい体の虜の僕は、毎日一生懸命腰を振っています。

 

ここ連日、不倫系熟女でにぎわっています

pcmax
  1. 累計会員数1000万人以上の業界最大手!
  2. サクラがいない
  3. 女性会員が多く書き込みが賑わっている
  4. セフレ募集が多い
PCMAXの魅力はなんといっても圧倒的な広告戦略です。女性への知名度を上げることで、女性の登録者数も非常に多いです。
年齢層にバラツキはあるものの、真剣交際を求める女性よりもセフレ系熟女や人妻が多いので、甘い関係を求めている方が利用しやすいサイトと言えます。

 

追伸: ちなみに、ここだけの話ですが、
登録直後限定ボーナスが
あったりします↓

 
「PCMAXってなにそれ?」って方のまとめサイトがありました。
PCMAXの実態はこちら
 

 
【画像あり 管理人体験談】普通のおばちゃんもいますが…
ほへーっw
当サイトに掲載している体験談は妄想好きな作者の創作物です。実在の人物や事件とは全く関係ありませんので、ご理解の上お楽しみくださいませ。なお、当サイトでは熟女とのエッチな体験談を常時募集していますので、貴方のエロ体験談を是非教えて下さい!
投稿フォームはコチラ
PAGE TOP ↑