【パートのおばちゃん】バツイチ美熟女のS痴女チックなお誘い※ジ-パンとパンツを脱がされて・・・

社が倒産した前兆はあったが、倒産するような会社に務めている俺は、再就職も決まらず、いつまでも無職でいるわけもいかないので繋ぎのつもりでクリーニング工場でバイトを始めました。

自分の役割は集配ですが、仕事はその他様々な作業と半々です。

大変なのは工場内の気温はこの時期40度を越えるので意外とハ-ドなもので、時給がいいのもうなずけました。

この工場は男性は責任者の工場長と自分以外は全員おばさんなためなのか性格なのか、この工場長はかなり話し好きで、「うちのパートさんはバツイチとか未亡人とか、あとは主婦だから。この不景気じゃほかにいいとこないもんな」と、頭のいい人とはいえないです。

 

一ヶ月もすぎるとまわりを観察する余裕もでき、みんな会社から支給されたTシャツやポロシャツを汗でびっしょりにさせて下着を露骨に透けさせて作業してる様子が見てとれます。

でも20代の自分は、他の従業員はノ-メイクなおばさんで休憩時間にタバコをふかしたりするし、しかもおばさんじゃまったく面白みもなく、黙々と仕事をこなす毎日でした。

それでもいつの間にか世間話もするようになり、和気あいあいと接することもできて信用もできたかなと思うころでした。

いつもは軽自動車で通勤のAさんが自転車でやってきて、バッテリーが上がったとのこと。

明日の休みに直すことを約束させられました。

 

Aさんは普段は一見、近寄りがたい雰囲気をだす人ですが、面倒見もよく新参者の自分もよく助けられたので恩返しのつもりで快諾。

翌日、入り組んだ住宅街を説明と違うじゃねぇかと訝りつつ、迷いながら進むと路地に出て手を挙げるAさんを発見。

なんとかアパートに到着。

さっそく車を点検すると元をとったであろうバッテリーがあり、タイヤも溝のない冬用のまま。

嫌な予感がしてほかに気になることは?ときくとヘッドライトとテ-ルランプがダメであることが発覚。

 

悪びれるでもなく笑顔で両手を合わせられ、Aさんを乗せて車用品店へ向かい、必要なものを揃えて作業開始。

一連の作業を終えると外見があまりにも汚いので洗車場へ。

二人して車を洗い、ワックスをかけているとAさん曰く一年ぶりだったそう。

午後からはじめたのでもう夕方になり、Aさんをアパートへ送りながらの会話です。

Aさんは二十歳で出産して子供が独立してから旦那の浮気が原因で離婚へのバツイチおばさん自分も簡単ながら現在の状況を説明し彼女も金もないというと爆笑され、それなら気をつかう必要もないということになり、お礼にご飯を奢ってあげるからと一旦別れて自宅でシャワーを浴び、再びAさんのアパートへ。

 

さんを乗せて回転寿司屋へ向かうことになりました。

ですが店の入口付近に順番待ちが見えてファミレスへ変更するも閉店していてがっかり。

さらにちがう店に行くこともできましたが、面倒だからとス-パ-で食材を確保して結局はおばさんのアパートへもどりました。

手早く手料理を作ってくれて、こういうのもいいなと思いながら食べたことを覚えています。

ときどき妙に意識して会話がぎこちなくなったりもしましたが、おばさんだからと思うようにしてました。

 

でもそんなふうに考えること自体がおばさんじゃなく女性だと意識するようになっていたんだろうと思います。

車の作業をしていたときもすぐ隣で申し訳なさそうに見ていたり、妙に女性特有の匂いがして内心ドキドキとしたことも事実ですから。

考えてみれば芸能人は40前後でも綺麗な人はいますから。

食後の麦茶を飲んでいるとAさんは「ねっ、ちょっといい?」とテ-ブルをまわって自分の正面にきて絨毯にペタンと座ったかと思うといきなり押し倒されてキスをしてきました。

あんまり急すぎてアタフタすると「○○君は悪くないから、あたしが勝手にしてるだけだから気にしなくてもいいから」と震えてるような、切羽詰まったように一方的にしゃべって、また口を塞がれました。

 

それからは痴女なおばさんにジ-パンとパンツを順番に脱がされる様子をただみていました。

すぐに照明を消され、布擦れと息遣いだけの世界で下半身に伝わる温もりと重みでAさんが上に乗ったのだと知りました。

ゆっくり動いたり、腰をまわすような動きがあったり。

その時はいちばん奥に擦れる感覚があり、Aさんはそれが気持ちいいらしく、しばらくゆっくりな動きを繰り返します。

そのうち激しく腰を前後に動かしたり、上下に打ち付けたりして、下半身からの卑猥な音がいやらしく、Aさんの背中に両腕をまわして抱きしめると、そのまま覆いかぶさってお互いの口の中を舌で確かめ合うようなキス。

 

そのまま腰を動かされ我慢できないことをつたえる前に中に出してしまい、必死に謝りました。

Aさんはただ「大丈夫だから」と繰り返すだけでしたけど、あとになって生理痛がひどいのでピルを服用していることを告げられたのでした。

翌日、会社で会うと避けるような冷たい態度。

あんなことをして後悔してるのかもしれない、一度の過ちなんだと思いました。

社内で噂になれば自分もいられないですから。

 

とで携帯に連絡があり、社内の態度は人の目を気にしてのことであり他意はないこと、昨夜のことを謝罪されました。

自分は昨夜のことはびっくりしたものの嬉しかったと伝えると喜んでくれました。

ここまでが去年の出来事です。

二度目はラブホに行き、明るい中でしたったのですが断固拒否され、薄明かりならと妥協してくれました。

そこで発見したことといえば、Aさんはアパートでは極力声を出さないように我慢していたこと。

 

美形とはうらはらにかなりのマン毛が濃いこと、クリトリスが大きいこと、巨乳とはいえないがそれなりに乳首も含めて形がいいこと、汁が白濁し泡立つくらい出る量が少なくないこと、なにより実はセックスが好きなことです。

フェラチオはお世辞にも上手ではありませんが、恍惚な表情、クンニをすると出すいやらしい喘ぎ声、抱きしめられながら必死に腰を動かしたりする貪欲さにはいつもセックスってこんなにいいものだったのかと陶酔してしまいます。

現在はお互いの部屋へ行き来するようにもなりました。

今にして思えばドラマチックでもなんでもないきっかけではありましたが、きっかけさえあればこうなることは当然だったのかもと思います。

お互いに特定の相手もいませんし、なんのしがらみもないので自分はもちろん、たぶんAさんも。

 


 
【35万箱突破のモリモリw】

 

 

 
【画像】 管理人体験談
関連体験談
最新記事
ほへーっw
当サイトに掲載している体験談は妄想好きな作者の創作物です。実在の人物や事件とは全く関係ありませんので、ご理解の上お楽しみくださいませ。なお、当サイトでは熟女とのエッチな体験談を常時募集していますので、貴方のエロ体験談を是非教えて下さい!
投稿フォームはコチラ
PAGE TOP ↑