ウルトラ美人な中国人の人妻と映画館で不倫セックスした件w

カテゴリー 人妻との体験談タグ

二回り以上も年下でおまけにガチ美人な中国人妻と、映画館でウルトラ興奮不倫セックスをしました。

 

 
 

の名前は裕之。
 

スペックは、50代で、身長173cm、体重65kg。
 

 
 

 

不倫相手の彼女の名前は明日香(仮名)。
 

 
 

とあるージェントに頼んで、ろくでなしな日本人と結婚してしまった中国人のスーパー美人な奥さんです。
 

 
 

 

スペックは、身長164cm、バストはBだけどウエストがくびれてて脚が長く、スタイルはモデル並の28歳。
 

ある日、明日香が

「裕之、明日は昼のバイトが無いからお昼から逢えない?」
と聞いてきました。
 

 
 


 

 
 

 

 
 

ょうどあまり忙しくない日だったので午前中で仕事を終わらせて、12時にいつもの待ち合わせ場所で待っていると、大きなカバンを抱えて明日香が走ってきました。
 

明日香は時間にルーズなのか、いつも5分位遅れてきます。
 

 
 

 

僕は5分前が癖になっているので、結局いつも10分位待つことになるんですよね。
 

 
 

之、ごめんねー、お化粧してたら遅くなっちゃった」
とチュッとキスしてきます。
 

 
 


 

周りは『え?真昼間からキスしてる』って感じで見てる人もいますが、僕もあまり気にしない方なので、腰を抱いて、

「今日はいつもより美人じゃない?」
とチューを返します。

 

確かにいつもすっぴんなのに、今日は仕事用でない薄化粧しています。
 

 
 

 

 
 

た、いつもはGパンなんですが、今日はタンクトップにジャケット、パンツの見えそうなミニスカートから長い脚がきれいに伸びています。
 

明日香はヒールを履くと僕と目線が揃うので、立ってる時は自然な感じでキスできるんです。
 

 
 

 

前回のデートで買った寄せ上げブラの性能が良いのか、Bカップのおっぱいに見事な谷間が出来ていました(笑)鞄には夜のクラブで着るドレスが入っているそうです。
 

 
 

之お腹空いた!今日は焼き肉食べたい!」
そう言うので手頃な焼肉屋に入ると、普通は対面で座るテーブルで横に座ってきます。
 

 
 


 

とりあえず塩タンとハラミと生ビールを頼んで乾杯!火をつけてもらって肉が来るまで、

「裕之、好き」
とズボンの上からチンチンを握りながらキスを求めてきます。

 

女子店員さんは『もう平日昼間っからビール飲んでイチャイチャして』と呆れ顔ですが、明日香も僕も全然気にしません。
 

 
 


 

 
 

れどころか明日香の感じる乳首を服の上から摘むと、

「あ・・・ダメ・・・声が出ちゃうし、すぐにエッチしたくなっちゃう」
と自分から対面の席に移って行きました。

 

それでも焼き肉をサンチュに包んで食べさせてあげると、

「裕之、なんでそんなに優しい?」
と脚を伸ばして、ズボンの上からチンチンをつま先でなでなでしてきます。
 

 
 


 

テーブルは掘りごたつタイプなので、店員さんからはパンツ丸見えですけどね(笑)

「今日はどこに行きたい?」
と聞くと、

「映画に行きたい」
と言うので、結構楽しめる映画を選んで、いい席をスマフォで予約しておきました。

 

 
 

すがに平日の昼間なのでガラガラです。
 

 
 

 

仲良く手を繋いで映画館まで10分程歩きましたが、まあ傍から見ると普通に歳の差カップル位にしか見えないでしょうねえ。
 

明日香は途中から腕を組んできて、おっぱいを僕の腕に押し付けてきます。
 

 
 

 

 
 

画館に入ってすぐにキスを求めてきたんで、ベロチューしながらおっぱいを揉むと、

「裕之、気持ち良い」
とズボンのベルトを外してパンツに手を入れ、直接チンチンを触ってきました。

 

予告やコマーシャルが始まっていたので程よく暗くなっていました。
 

 
 

 

明日香

「裕之、もう立ってるよ」



「明日香も濡れてるんじゃない?」

明日香

「うん、裕之のキス上手だからキスだけで濡れちゃう」
ズボンの中でチンポを擦りだしました。

 

 
 

、ガラガラの映画館なのに、隣におじいちゃんのお客さんが入ってきたので一旦中断させましたが、映画を見て大笑いしながらでもずっと手を繋いでたり、明日香の背中に手を入れて抱き寄せてチューしたり、おっぱい揉んだりしながら映画を見ていると、明日香が脱いだ上着をミニスカートの上に被せて、

「あそこも触って」
とお願いしてきました。
 

 
 


 

僕の右に明日香、その右におじいちゃんが座っているので、おっぱいを触っているのは丸わかりのはずです。
 

おじいちゃんを見ると、映画よりも明日香の脚や谷間を見ています。
 

 
 

 

 
 

ンクトップの脇から右手を入れて乳房を包み込み、左手はミニスカートの中に手を入れて、膝から太ももを撫で上げて割れ目に到達するとすでにぐっしょり濡れています。
 

割れ目をパンツ越しに撫で上げると、

「裕之、乳首とクリトリスも触って」
とお願いしてきました。
 

 
 


 

もうおじいちゃんは、タンクトップの隙間から見える明日香のおっぱいをガン見しています(笑)ブラを少し持ち上げるようにして明日香の乳首をギュっと摘むと、両足で僕の左手を締め付けてきました。
 

 
 

旦、おっぱいから右手を抜いて頭をこちらに向かせると、明日香の方からベロチューしてきます。
 

 
 

 

Tバックのクロッチを横にずらして直接割れ目を触ると洪水状態になっています。
 

チューしながら中指を膣に入れると、すぐに

「あう!」
と声を出しながらギュっと締め付けてきます。
 

 
 


 

 
 

指と人差し指でクリトリスを摘まんで転がすと、だんだんと座っているのが難しくなってきました。
 

隣のおじちゃんが、

「んん。えへん!」
と空咳をするので、一旦ミニスカートから手を抜いて、回した右手を脇から入れておっぱいを揉むと、またもやガン見していました(笑)僕は映画は別の彼女と見てたのでどうでも良かったけど、明日香は

「映画のストーリー解らなかった」
と言っていました。
 

 
 


 

 
 

画が終わって立たせると、

「裕之、腰に力が入らない」
と言ってきました。

 

しっかり腕を組んで映画館から歩いてラブホテルに向かいました。
 

 
 

 

ホテルのエレベーターに乗った瞬間に明日香がベロチューしてきて、ズボンの上からチンポを擦ってきます。
 

 
 

も右手でおっぱいを揉みながら左手で明日香のミニスカートを捲って、Tバックからはみ出たお尻を撫で上げていると、あっという間に目的階に着いちゃいました。
 

 
 

 

部屋までチューしながら歩いて、部屋に入った瞬間に明日香が僕のポロシャツと中のTシャツを一緒に脱がせます。
 

次にズボンとパンツも脱がされて、パンツのゴムに引っかかったチンポがピョンと解放されたら、

「美味しそう」
と嬉しそうにすぐに咥えてきました。
 

 
 


 

 
 

はしばらくタンクトップの胸元から手を入れておっぱいを揉んでいましたが、明日香の頭を抱えながらディープスロートさせて乳首をキューっと痛いくらいに摘むと、明日香が自分からタンクトップを脱いでブラジャーを外し、上半身は裸になりました。
 

谷間の出来るタンクトップも良かったんだけど、やっぱり生乳!明日香をベッドに押し倒して、Tバックを横にずらして指を2本入れてGスポットを軽く押しながらクリトリスを舐め上げたり軽く甘噛みしながら舌先でこねまわしてチューっと吸うと、あっと言う間にイッてしまいました。
 

 
 

 

ミニスカートを穿かせたままTバックの横から生でチンポを挿入しました。
 

 
 

日香は、

「裕之、気持ち良い!気持ち良い!」
と数分ごとにイキ続けています。
 

 
 


 

そのまま30分位ピストンしていると、

「イク~~!」
と潮を吹きながら大波にさらわれてしまいました。

 

収縮を繰り返している明日香のオメコにそのまま大量の精子をぶち込むと、さらに両手両足でしがみ付いてきました。
 

 
 

 

 
 

かずにすぐにピストンを開始すると、

「ああ、またイク~~!」
と続けてイキ始めました。

 

途中でバックに切り替えて、ミニスカートを捲ってTバックを穿いた形の良いお尻をパンパンと平手打ちすると、

「あ~~!」
と言いながらオメコがギュギュと締まります。
 

 
 


 

両方のお尻が真っ赤になるまで叩き続けると、急にチンポが動けなくなる位に締め付けてきて、明日香はベッドに突っ伏してしまいました。
 

 
 

も重なり合って両手でおっぱいを揉みしだき、うなじを舐めながらズンと突くと、明日香の両足がまっすぐに伸びて強烈にオメコを締めてきたので、僕もそのままドクドクと精子を明日香の膣に流し込みました。
 

 
 

 

しばらくしてからミニスカートとパンツを脱がせて・・・。
 



「あ~あ、スカートもパンツもドロドロになっちゃったねえ」

明日香

「うん、ドレスがあるから大丈夫。まだ時間があるからいっぱい愛して!」
その時、僕はまだ靴下を脱いでいなかった事に気が付きました(笑)その日はその後ベッドで2回、シャワーでもう一回中出しして時間を見ると、明日香の出勤時間ギリギリです。
 

 
 


 

 
 

粧をしてる間に一応Tバックを洗ってドライヤーで乾燥させてあげると、

「わあ、裕之優しい!」
とチューしてきました。

 

明日香はドレスも着終わって、本当はすぐに出ないといけない時間だったんだけど、

「同伴してあげるからもう一回しよう」
とドレスのスカートを捲って、Tバックは念の為に脱がせて、立ちバックでチンポをいきなり奥まで突っ込むと、

「ああ、ンン」
と声を押し殺してキュンキュン締めてきます。
 

 
 


 

時間を考えて20分位の間に2回中出ししましたが、あまり量は出なかったので、オメコをタオルで拭いてTバックを穿かせて、最後に思いっきり抱き締めてベロチューすると・・・。
 

 
 

日香

「今日休もうかな」



「明日香、駄目だよ!同伴なら8時半までOKでしょう?まだ間に合うから急いで行くよ」
自動会計を済ませ、手を引きながら明日香の勤める店に急ぎました。
 

 
 

 

 

 


 
【35万箱突破のモリモリw】

 

 

 
【画像】 管理人体験談
関連体験談
最新記事
ほへーっw
当サイトに掲載している体験談は妄想好きな作者の創作物です。実在の人物や事件とは全く関係ありませんので、ご理解の上お楽しみくださいませ。なお、当サイトでは熟女とのエッチな体験談を常時募集していますので、貴方のエロ体験談を是非教えて下さい!
投稿フォームはコチラ
PAGE TOP ↑