昔住んでいたマンションにはハーフで美人な人妻がいて初体験をさせてもらえた

カテゴリー 人妻との体験談タグ

学生の時住んでたマンションの隣に、とんでもねーDQNオヤジが住んでた。
 

小学生の子供がいて、見た目は若い奥さんと3人暮らし。
 

 
 

 

DQNオヤジはどう見ても40代~って感じの老けたオヤジ。
 

 
 

際は、オヤジが46歳で奥さんは31歳。
 

 
 

 

引っ越し当日、夕方に挨拶へ行くと奥さんが対応。
 

はぁ~いって扉が開いた瞬間、美人過ぎてキョドった記憶がある。
 

 
 

 

 
 

 

 
 

はこの奥さんはノルウェーと日本人のハーフ。
 

髪は金髪じゃなかったけど、白い肌と目鼻立ちがクッキリした美人だった。
 

 
 

 

その日の夜、俺は荷物整理をしていたが、突然隣から怒鳴り声が炸裂してきた。
 

 

タガタうるせぇーんだよ!このクソアマがぁ!」

「てめーコ×すぞ!ナメてんのか!こらぁー!」
うわぁ~ってテンションはガタ落ち。
 

 
 

 

どこかの粋がった中学生が、巻き舌でヤンキー口調をぶっ放してる感じ。
 

ドカン!と壁に何かが当たる音は聞こえるわ、女の

「もうやめてってば!」
という叫び声。
 

 
 

 

 

間はもう0時を過ぎてたのに、強烈な怒鳴り声が30分ぐらい続いた。
 

勘弁してくれよ~ってマジで思ったが、こんな事が頻繁に起きるとは正直思って無かった。
 

 
 

 

学校が始まって俺も忙しい日々を過ごしていたが、2~3日に1回ペースで喧嘩が勃発。
 

 

嘩と言ってもほぼ男の怒鳴り声ばかりで、女はいつも

「ヤメテ」
という叫び声。
 

 
 

 

4月の終わり頃になって初めて他の住人(60代のオバチャン)と喋る機会があった。
 

すぐに

「お隣大変でしょ」
なんて言い出すから

「そうなんですよぉ」
と軽く愚痴った。
 

 
 

 

 

によると隣の喧嘩はもう数年続いていて、それが嫌で俺が住んだ部屋は短期間で住人が出たり入ったりを繰り返すらしい。
 

不動産屋や大家が来て注意しても駄目で、みんな完全に諦めてるらしい。
 

 
 

 

オバチャン情報によると、DQNオヤジは建設会社で働くオヤジ。
 

 

き方も態度もヤンキー丸出しで、近所の人にも挨拶はせず、というより睨んでくるとか。
 

 
 

 

「あの奥さんやお子さんは可哀想よねぇ」

「息子さんはホントにイイ子なんだよ?」

「奥さんだって愛想も良くて礼儀正しい人だし」
とオバチャンは20分ほど喋りまくってた。
 

最後には

「お兄さんも関わっちゃダメよ」
なんて心配されちゃってた。
 

 
 

 

 

GWが終わってしばらくしたある土曜日、初めてDQNオヤジに遭遇した。
 

出掛けようとドアを開けた瞬間

「んぁ!あぶねーな!この野郎!」
と怒鳴られたw丁度部屋の前を通過しそうになってたらしく、ドアが突然開いてぶつかりそうになったと。
 

 
 

 

「あぁ、スイマセン」
と咄嗟に謝った。
 

 



「お前あぶねーんだよ、しっかりしろや!」
と怒られた。
 

 
 

 

しかも顔を近付けてきて凄みながら。
 

昼間なのに酒臭くて最悪だった。
 

 
 

 

 

れからちょっとした夜、また隣から怒鳴り声が聞こえてきた。
 

またかよ・・・と窓を閉めたが、隣の窓が開いてるせいか五月蠅くて仕方が無い。
 

 
 

 

初めは部屋の中だったけど、途中から怒鳴り声が移動し、最後はベランダから聞こえてきた。
 

 

月蠅過ぎてもうシャレにならん!と思った直後、いきなり何かが割れるような音がした。
 

 
 

 

えっ?えぇっっ?!と焦った俺がカーテンを開けて覗くと、隣との境にある非常用の箇所に穴が開いてた。
 

分かりますかね、あの足で蹴破る非常用出口みたいな場所です。
 

 
 

 

 

ばらく怒鳴り声が聞こえてから、オヤジは外に出て行きました。
 

だからベランダに出て穴を見ていると、奥さんが穴からこちらを覗き込みながら平謝り。
 

 
 

 

どうしましょう、これ、直りますか?本当にスミマセン、あぁ、どうしよう。
 

 

ンパっちゃってたので、大家に言えば修理はできると言っておいた。
 

 
 

 

部屋の中に戻って数分後、今度は玄関先に奥さんがやってきて、また平謝り連発。
 

「もう大丈夫ですよ、直してくれれば大丈夫ですから」

「あぁぁ、ゴメンなさい、本当にご迷惑ばかりお掛けして・・・」
それを機に、奥さんとは少しずつ喋る仲になっていった。
 

 
 

 

 

んな美人と喋る機会はそう無い俺は、チャンスを見計らっては喋り掛ける日々。
 

ベランダで洗濯物を干している時なんて、最高のチャンス到来でした。
 

 
 

 

穴は段ボールで塞いだままだったので、ある時そこから部屋にお邪魔した。
 

 

茶でもどう?」
なんて誘われた時は、マジで天にも昇る勢いでした。
 

 
 

 

奥さんはあの旦那のせいで近所に知り合いはおらず、寂しい思いをしてたみたい。
 

平日の2日間だけ午前中で帰ってきてた俺は、その2回とも毎回お邪魔してた。
 

 
 

 

 

さんは喜んで俺を招き入れてくれて、2時間以上は喋りっぱなし。
 

ある時から喧嘩の原因も話してくれた。
 

 
 

 

どうやらあのDQNは酒乱らしく、しかも会社で使えないオヤジっぽい。
 

 

から酒を飲んで八つ当たりするんだとか。
 

 
 

 

「これは内緒だからね?」
奥さんは子供が中学生か高校生になったら、旦那とは離婚する予定だと言ってた。
 

その頃にはノルウェーの実家へ帰れるし、子供も連れて行けそうなんだとか。
 

 
 

 

 

れまでの辛抱なのと悲しそうな顔をしてた。
 

その悲しげな姿に吸い寄せられる感じで、何を思ったのか、思わず抱き締めてしまった。
 

 
 

 

瞬間的に奥さんは

「いやっ」
と俺を払い除けようとしたが、ギュッと抱き締めると脱力し、更には俺の背中に手を回してくれた。
 

 

ロい感情とかではなく、ただ抱き締めてあげたかっただけ。
 

 
 

 

それが通じたのか、奥さんも強く抱き付いてきて、そのままシクシクと泣き出してた。
 

しばらく、多分10分ぐらいは抱き締めあってたと思う。
 

 
 

 

 

を離すと

「ありがとう」
と感謝された。
 

それからの展開は、まさにあっという間。
 

 
 

 

次の週にもまた喧嘩が幾度も勃発し、お邪魔した時

「もう耐えられない」
と嘆かれた。
 

 

からまたそのまま抱き締めると、今度は奥さんの方から強く抱き付いてきた。
 

 
 

 

そして至近距離で見つめ合った直後、奥さんからキスをされた。
 

すぐに舌を絡ませるディープキスへと発展し、そのまま押し倒す形になっていった。
 

 
 

 

 

が上になったり奥さんが上になったり、何度も姿勢を入れ替えながらのキス。
 

我慢なんてできるはずもなく、胸を触ると柔らかい巨乳の感触にドキドキした。
 

 
 

 

恥ずかしいけど、俺はその時はほぼ童貞。
 

 

スとパイ揉みで馴れてないって即バレたみたい。
 

 
 

 

「初めて?」

「いや・・まぁ・・はい・・」

「焦らないでね」

「はい・・」
ここじゃイヤだからと言われ、ベランダからウチへと移動した。
 

ベッドに腰掛けてすぐにまたキスを再開し、ベッドに倒れ込んで体を触りまくった。
 

 
 

 

 

らかいオッパイにも感動したが、綺麗過ぎる真っ白い肌にも超感動。
 

見よう見真似でオッパイを揉みながら乳首を舐めた。
 

 
 

 

乳首は小指の先ほどあって舐めやすく、舌で転がしながら舐めたり吸ったりした。
 

 

さんは俺を抱き締めながら

「はぁぁ・・はぁぁ・・・」
と悶えてた。
 

 
 

 

いろいろ考えて焦りながらも、互いに全裸になる事には超ギンギン。
 

クンニしようと思ったけど

「シャワー浴びてないから」
と断られ、俺も浴びてないって言ったのに奥さんはフェラを開始。
 

 
 

 

 

の暖かさとリズミカルなバキュームが最高で、しゃぶる顔をガン見していた。
 

奥さんは嬉しそうにチンコを舐め回し、時折ニコッと微笑みかけてくる。
 

 
 

 

どうして良いのか分からない俺は、照れ笑いをして返しておいた。
 

 

テない君の部屋にゴムなんてあるはずもない。
 

 
 

 

一回服を着て買いに行かなきゃだと思っていたが、

「そのまま挿れて」
と言われた。
 

ビチャビチャに濡れていたのでスムーズに挿入完了。
 

 
 

 

 

の後はひたすら腰を振る事に集中した。
 

でも奥さんに腰を足でカニばさみされ、教えられながら腰を動かした。
 

 
 

 

本当にあっという間のセックスだった。
 

 

ストは気持ち良過ぎて高速で腰を振った直後に、お腹の上に射精して終了。
 

 
 

 

終わってからも奥さんはご機嫌で、旦那には絶対内緒ね?と笑いながら約束させられた。
 

この日から奥さんとはセフレのような関係が始まる事になる。
 

 
 

 

 

は奥さんはもう5年以上のセックスレス。
 

やはり出産をすると極端に減るんだとか言ってた。
 

 
 

 

だけどやっぱり性欲は溜まるし、もしかすると出産前より性欲が増したかもと言ってた。
 

 

からなのか、この奥さんの性欲はまさに底無し。
 

 
 

 

しかもフェラチオが心底好きらしく、しゃぶり出すと止めない限りずっと咥えてる。
 

美人でハッキリした顔立ちの見た目とは真逆で、奥さんは自称ドMさん。
 

 
 

 

 

技でもイイから襲って」
なんて言うぐらいのドM。
 

ウチや奥さん宅で、週に2~3回はセックスしてた。
 

 
 

 

秋になる頃には、2人とも貪欲に求め合うメスとオス状態だった。
 

 

間の許す限りセックスしてたし、俺のアナルも喜んで舐めてくれてた。
 

 
 

 

DQNのチンコは俺のとは比べ物にならないほど短く、そして早漏らしい。
 

だからここまで気持ち良いセックスは10代の頃ぶりなんだって。
 

 
 

 

 

んでもらおうと、ネットで購入したセックスマニュアルを駆使して、初めて奥さんを手マン&クンニでイカせた時は超感動した。
 

多分それがターニングポイントだったように思う。
 

 
 

 

それ以来奥さんは俺にドップリはまった気がする。
 

 

業するまでの4年近く、俺は奥さんとセックスしまくりだった。
 

 
 

 

旦那がパチンコに行った週末なんかも、ドキドキしながらセックスしてたし。
 

俺の精液は何リットル飲んだのかw俺の為にパイパンだった奥さんは、安全日だけ毎月中出しもOKしてくれた。
 

 
 

 

 

業して引っ越したのでそのまま終わったが、もうそろそろ離婚してるのかも。
 

今になって後悔してるけど、連絡先聞いておけば良かったw

「これでさっぱりお別れしよう」
なんてカッコつけずに・・
 

 

 


 
【35万箱突破のモリモリw】

 

 

 
【画像】 管理人体験談
関連体験談
最新記事
ほへーっw
当サイトに掲載している体験談は妄想好きな作者の創作物です。実在の人物や事件とは全く関係ありませんので、ご理解の上お楽しみくださいませ。なお、当サイトでは熟女とのエッチな体験談を常時募集していますので、貴方のエロ体験談を是非教えて下さい!
投稿フォームはコチラ
PAGE TOP ↑