おれの性欲の目覚めは…銭湯の女湯で見た、母の裸。今でもその母のたわわなおっぱいと豊かな腰つきが目の前にちらついて離れません

母の裸体が俺の性欲に火をつけてしまった件について語ります。

そう、れが小学生の頃の地方では家族でお風呂がある家などほとんどなかった。
 

 
 

だからおれの家も含め、隣近所ではどこも夕方になると家族そろって銭湯に行ったものだ。
 

 
 

 

 
 

おれは小学校三年生くらいまで母や姉と一緒に女湯に入っていた。
 

 
 

性欲には目覚めていないから女の裸に興奮もないのだが、ひとつだけいつも気になっていたことがある。
 

 
 

 

 
 

それは姉の股間についているものとおれの股間についているものがどうして違うものなのだろう、ということだった。

 

 

 
 

 
 

 
 

姉もまだ子供だったからタイルの上に股を広げて座ってしまうのだが、そうするとおま×こがぱっくり開いてしまい、おま×この上の方に突起があるのまで全部見えてしまう。
 

 
 

 

 
 

おれはその突起が気になってならなかった。
 

 
 

クリトリスというものだと後で知ったが、その頃は、あれはいったい何だろうと思い、いつもそこばかり見ていた。
 

 
 

 

 
 

そして、母も女だから、母にもあれがついているのだろうか、と、母のそこも観察したが、残念なことに母のものは見ることができなかった。
 

 
 

姉のように股を広げて座ることはなかったからである。
 

 
 

 

ただ、母のおっぱいやお尻、陰毛などはいつも見ていた。
 

 
 

子供の目から見ても母のおっぱいは他の女の人より大きかったし、それに母はスタイルも良かった。
 

 
 

 

 
 

今から思えば本当にもったいない話しである。
 

 
 

あのときもしおれに性欲が芽生えていれば、毎日めくるめくような興奮を覚えたことだろう。
 

 
 

 

 
 

母のおま×こだって何としても見ていたはずだ。

 

 

 
 

 
 

 
 

今でも遠い昔に見た銭湯での母の裸体をおぼろげながら思い出すことはできる。
 

 
 

 

 
 

お湯に濡れた白い肌もむっちりした太股もよく覚えているが、しかし、細部まではどうしても思い出せない。
 

 
 

おっぱいは大きかったが、しかしどんな張り具合だったのか、乳首はどうだったのか、陰毛もどんな具合に生えていたのか、などといったことはほとんど思い出せない。
 

 
 

 

 
 

おれは、それが残念でならない。
 

 
 

おれが中学一年のとき家が改築され、やっと我が家にも風呂ができたのだが、その頃こんなことがあった。
 

 
 

 

れが風呂に入っていると、突然母が風呂の戸を開けて中に入ってきた。
 

 
 

風呂場に何かを置きにきたのか、取りにきたのか、よく覚えていないのだが、とにかく母が入ってきたのだ。
 

 
 

 

 
 

母はまだおれが小学生くらいの感覚だったらしく、

「ちょっとごめんねー」
といった感じだったし、おれもまた、すでに性欲は芽生えてはいたが母を女とは意識していなかった。
 

 
 

母が戸を開けたとき、たまたまおれは湯船から出ようと立ち上がったところだった。
 

 
 

 

 
 

「あらっ」
と、母がおれの股間をのぞき込んだので、おれはドキッ、とした。

 

何が

「あら」
なのかわからないが、もしかしたら数日前から始めた自慰、つまりセンズリのことを母に気づかれたのではないかと思ったのだ。
 

 
 

 

 
 

当時はまだ可愛らしいもので、おれはセンズリそのものにある種の罪悪感を覚えていた。
 

 
 

おれがドキドキしていると母はおれに歩み寄り、

「○○、何だか先のところが腫れているみたいだけど・・・・」
そう言いながら息がかかるほど股間に顔を近づけてきた。
 

 
 

 

 
 

ああっ、やっぱりセンズリしていることがわかったんだ、きっと怒られる・・・おれはそう思ったのだが、母には息子のセンズリなどということは毛頭頭になかったらしい。
 

 
 

「どうしたの?どこかでぶつけたりしなかった?」
と、心配そうな声で言うのだ。
 

 
 

 

俺も少し心配になって自分のものを見下ろしたが、どう見てもいつもと同じだった。
 

 
 

すでに女湯に一緒に入らなくなってから数年経っている。
 

 
 

 

 
 

体が成長した分股間も成長し、形だって変わっていたのだが、母はまだ幼いときのままだと思いこんでいたらしい。
 

 
 

手を伸ばしておれのものをむずと掴んだのだ。
 

 
 

 

 
 

あのときの驚きというのは、今でもよく覚えている。

 

もう立派に勃起するようになった肉棒を母に掴まれたのだ。
 

 
 

 

 
 

どうしてだかわからないが、ちょっとショックだった。
 

 
 

それと、かなり恥ずかしかった。
 

 
 

 

 
 

「・・・べ、別になんともないと思うよ・・・」

「そお?それならいいんだけど」
そう答えながらも、母はおれの肉棒を引っ張ったり持ち上げたりしている。
 

 
 

おれの肉棒はムズムズしてきてしまった。
 

 
 

 

を女として意識はしていなかったが、それにしても母の指は自分の指とはまったく感触が違い、気持良かったのだ。
 

 
 

母の指はザラザラしていた。
 

 
 

 

 
 

というのも、当時は瞬間湯沸かし器など家にはなく、母は真冬でも手が切れるくらいに冷たい水で洗濯や食器洗いをしていた。
 

 
 

長い間家族のために尽くしてきた母の手は、あかぎれてザラザラだったのだ。
 

 
 

 

 
 

ところが、そのザラザラした指が妙に気持ちいい。

 

そのうちに母が肉棒の裏側を見ようとしたらしく、グイッとひねった。
 

 
 

 

 
 

少し皮がめくれ、カリ首に近い部分に指が触れたのだが、そのザリッとした感触が堪らず、おれの肉棒は母の指の中でムクムクと膨らみ、完全に勃起してしまったのだ。
 

 
 

心の中を書くと(えっ・・・ま、まずいよ、あっ、待て、やめろ・・・ああっ、た、立っちゃった、どうしよう・・・)こんな感じになる。
 

 
 

 

 
 

さすがに母も驚いたらしくパッ、と手を離した。
 

 
 

おれは母の前に裸で立ったまま、肉棒もつっぱらかして、こんなに恥ずかしかったことはない。
 

 
 

 

ようやく母もおれがそういう年頃になったことを認識したらしい。
 

 
 

少しの間気まずい空気が漂ったが、やがて母は、

「ごめんね○○、お母さん全然気がつかなかった」
それから、慌てたようにおれから離れ風呂場から出ようとしたのだが、言葉が足りないと思ったか、

「それは成長した証拠だから気にしなくていいのよ」
そう言った母の顔は頬が赤らみ、おれと同じでかなり恥ずかしそうだった。
 

 
 

 

 
 

ただ、思い過ごしなのかどうか、そのときの母の顔には、微妙に艶めかしいものが含まれていた。
 

 
 

後にも先にも、母に肉棒を触ってもらったのはこれ一回きりだ。
 

 
 

 

 
 

母はもう、こんなことは忘れているだろう。

 

しかし、母子相姦の願望に目覚めてからのおれはよくこの出来事を思い出す。
 

 
 

 

 
 

遠い昔に触ってもらった母の指の感触は、今でも忘れられない。
 

 
 

そして、もしあのとき、

「まあ、こんなになっちゃって・・・」
と言いながら母がにっこり笑い、あのままシコシコと擦って射精させてくれていたら、おれはどんなに幸せだったろう・・・などと思うのだ。
 

 
 

 

 
 

・・・・・・・・・おれが小学校一二年の頃、ときどき布団に入ってから目が冴えてしまい、いつまでも眠れないことがよくあった。
 

 
 

その晩もおれは寝つけなくなってしまったのだが、寝よう、寝よう、と悶えているうちに隣りの部屋で話す父と母の様子がいつもと違うに感じられた。
 

 
 

 

だかいつもより声が弾んでいて、子供心にも艶めかしいものが伝わってきたのだ。
 

 
 

あの雰囲気は何だろう?と、おれは気になってますます寝られなくなってしまった。
 

 
 

 

 
 

その頃のおれの家は、八畳の部屋に家族四人で寝ていたのだが、おれと姉はいつも先に布団に入り、母と父はおれ達が寝入ってから布団に入るのがつねだった。
 

 
 

やがて深夜になり、父と母がふすまを開けて入ってきた。
 

 
 

 

 
 

「寝てるか?」

「だいじょうぶよ」
おれと姉の様子を伺ってから、二人は服を脱ぎ出した。

 

まあ、ここまではいつもの通りだった。
 

 
 

 

 
 

当時、おれの家ではパジャマなどは身につけず、皆上衣を脱いで下着で寝ていた。
 

 
 

前に寝つけなかったときに、ここまではおれも薄目を開けて見ていたことがある。
 

 
 

 

 
 

父はランニングとパンツで、母は昔で言うシミーズ姿になって布団に入るわけなのだが、その晩に限って、なぜか二人とも布団の中でさらに脱ぎ下ろすような音が聞こえたのである。
 

 
 

おれはこの頃に詳しい知識は持っていなかったが、漠然とは知っていた。
 

 
 

 

だから、父と母が下半身をむき出しにしているのだということは容易に想像がついた。
 

 
 

子供が知ってはいけないことがこれから始まる・・・・そう思ったおれは体を石のように固くし、寝入ったふりをした。
 

 
 

 

 
 

今から思えば残念だったのだが、そのときはよかったと思ったのは、おれが姉を挟んで部屋の端に寝ていて、父と母には背中を向けていたことだ。
 

 
 

顔が父と母の方に向いていたらとても寝たふりは続けられなかったろう。
 

 
 

 

 
 

とにかくおれは、自分が起きていることを絶対に悟られまいと思った。

 

と、何か囁きあってから二人が抱き合ったのがわかった。
 

 
 

 

 
 

物音ひとつしない深夜だから、衣擦れの音がやけに大きく聞こえる。
 

 
 

おれはますます体を固くし、息さえも止めて聞き耳を立てた。
 

 
 

 

 
 

すると、突然クチャッ、クチャッという音が聞こえてきて、おれは驚いてしまった。
 

 
 

本当にクチャッ、クチャッ、という音なのだ。
 

 
 

 

っ、何だろうこの音は・・・)とにかく嫌らしい音で、幼いおれにとっては衝撃的だった。
 

 
 

後から思えば、二人は布団に入る前から興奮していて、母はすでにあそこを濡らしていたのだ。
 

 
 

 

 
 

しかし、そんなことはわからないから、いったいどことどこを合わせればあんな音がするのか不思議だった。
 

 
 

しかも、クチャッ、クチャッ、という音に混じって、かすかだがギシッ、ギシッ、という音も聞こえてきた。
 

 
 

 

 
 

それらの音がだんだん激しくなり、おれにはクチャ、クチャ、という音とギシッ、ギシッという音が部屋中に響いているように感じられた。

 

やがて父が

「うっ、うっ」
と呻き、母も

「あふー」
という吐息を漏らして行為は終わった。
 

 
 

 

 
 

何か囁きあってから二人は離れ、ガサゴソと下着をつける音が聞こえてきた。
 

 
 

二人の寝息が聞こえてきてからも、おれはいつまでも眠れなかった。
 

 
 

 

 
 

かなり昔の思い出である。
 

 
 

あのとき、おれは父と母があんなすごい音をたてて抱き合ったことがショックだった。
 

 
 

 

神聖な母の像にひびが入ったような気がしたのかもしれない。
 

 
 

しかし、そのことはすぐに忘れてしまった。
 

 
 

 

 
 

長いこと忘れていて思い出したのは、官能小説を書き始めてからである。
 

 
 

鮮明にあの音を思い出したとき、おれはかなり興奮した。
 

 
 

 

 
 

クチャッ、という音もいやらしかったが、おれにはあのギシッ、という音の方に強烈な印象がある。

 

あのギシッ、という音は母のおま×こがが父の肉棒を強く締めつけた音だったのだろう。
 

 
 

 

 
 

おれもあんなふうに、母にギシッ、と肉棒を締めつけられてみたい・・・考えてみると、おれが近親相姦の願望にとりつかれたきっかけは、あのときだったのかもしれない。
 

 
 

・・・・・あれも母子相姦に目覚めたきっかけだったのかもしれない、というできごとは、よく思い出してみるといくつかある。
 

 
 

 

 
 

中学生のとき母に肉棒を触られたこともあったが、実はおれ自身も母のあそこをわし掴んだことがある。
 

 
 

と言っても直接ではなくスカートとパンティの上からだし、まだおれが小学校に入る前のことだ。
 

 
 

 

れの母は家族の寝る布団をいつもこまめに干していた。
 

 
 

その、一日太陽を浴びた布団というのは、家の中に取りこんだときとてもいい匂いがする。
 

 
 

 

 
 

おれは、取り込まれて積み重ねられた布団の上に、飛び込むようにしてゴロゴロと転げ回るのが好きだった。
 

 
 

その日も、おれは布団にまみれるようにゴロゴロしていたのだが、それを見つけた姉が

「あーっ、またやってる、お母さーん、○○がねー」
と母に言いつけた。
 

 
 

 

 
 

といって怒っているわけではない。

 

姉も一緒になって同じことをするのだが、そうやって母を呼ぶと

「こらーっ、悪い子はどこだー」
と、母も怒ったふりをして鬼ごっこのようなことをしてくれるのである。
 

 
 

 

 
 

母が

「こらー」
と言いいながら駆けてくると二人ともうわー、きゃー、と叫びながら逃げ回り、捕まりそうになるとみんなで布団のなかに倒れこむのだ。
 

 
 

そんな遊びができたおれの家庭というのは、けっこう幸せな家庭だったのだと思う。
 

 
 

 

 
 

そんな鬼ごっこがときどきあったのだが、その晩のおれは、鬼ごっこが始まったときからチャンスがあったら母のあそこを触ってやろうと思っていた。
 

 
 

というのも、その日も銭湯で姉のあそこを見たおれは、母のものも見ようとしたがやはり見られなかった。
 

 
 

 

(前の話しでも書いたが本当に単なる好奇心だけだった)それで、見られないなら触ってみたいと思ったのである。
 

 
 

いつものようにわーわーきゃあきゃあ言いながら逃げ回り、3人で何度か布団に倒れ込んだあと、自然とおれが追いかける番になった。
 

 
 

 

 
 

次に倒れこんだとき、母の腰にしがみつくような体勢だったおれは、はしゃぐ振りをしながらスカートの上から母の股間をわし掴んだ。
 

 
 

すくい取るようにぎゅっ、とわし掴んで、あれ、間違ったぞ、というような感じですぐに手を離したのだが、その時の記憶というのは(すごく柔らかい・・・)というものだった。
 

 
 

 

 
 

残念ながらふっくらとしてとか、むにゅっとしてとかの細かい記憶はないが、とにかく柔らかいと思ったのは確かだった。

 

その柔らかさに驚いたことも覚えている。
 

 
 

 

 
 

何しろ小学校に上がる前のおれの小さな手だから、ほんの一瞬だが手の平は全体をすっぽりと包み込んだ。
 

 
 

おれは(たまたま掴んでしまったが、まったくの偶然だ)という振りをしてとぼけていたが、母はおれの好奇心に気づいたらしい。
 

 
 

 

 
 

立ち上がったとき真っ赤な顔でおれを見つめ、何とも言えない表情をした。
 

 
 

息子が母の体に興味を持っていたことが少しショックだった。
 

 
 

 

かし、注意したいのだが言葉がみつからない。
 

 
 

本当は怒りたいけれどどこか恥ずかしくて怒れない・・・母はそんな思いでおれを見つめたと思う。
 

 
 

 

 
 

いや、もしかしたら睨みつけていたのかもしれない。
 

 
 

そしておれは、そんな母の顔にドキッとした。
 

 
 

 

 
 

なぜドキッとしたのかそのときはわからなかったが、あっ、怒られる、とは思わなかった。

 

だからたぶん、赤面し、複雑な思いを浮かべた母の顔に艶めかしさを覚えたのだろうと思う。
 

 
 

 

 
 

そのためか、母のその表情は今でも鮮明に覚えている。
 

 
 

・・・・・・・・・きっかけと思われる出来事はまだある。
 

 
 

 

 
 

これはおれが成人して家を出てからのことだが、あるとき友人達と温泉旅行に行った。
 

 
 

その温泉はおれの実家に近いところだったので帰りに寄ることにしたのだが、突然友人達を連れて立ち寄ったおれを母も父も喜んで迎えてくれた。
 

 
 

 

まあ、そこまではいいのだが、実家を出て帰路についた車内で、

「○○のお袋って美人だな、年はいくつ?」
と友人の一人がおれに聞いてきた。
 

 
 

「47か8くらいだと思う」

「そうか、ちょうどいいな」

「何が」

「いやあ、十分やれるっ、と思ってさ。○○のお袋っておれのタイプなんだ」

「・・・・・」

「だって○○のお袋って美人だしさ、おっぱいがでかくてすんごくそそられるんだ。あのおっぱいに顔を埋ずめてみたいよ・・・」

「・・・・」
別の友人がたしなめて止めてくれなかったら、おれは嬉しそうに喋るそいつを殴っていたかもしれない。
 

 
 

 

 
 

とにかく不快だった。

 

腹も立った。
 

 
 

 

 
 

あのときなぜあんなに怒りに駆られたのか考えてみると、理由は二つあったと思う。
 

 
 

一つは、まだ願望に目覚めていないおれにとって母は、誰にも、絶対に、汚してほしくない存在だった。
 

 
 

 

 
 

その母が性欲の対象にされたことがすでに悔しかった。
 

 
 

もう一つは、一瞬、そいつに母が犯されている場面が頭に浮かんだことだ。
 

 
 

 

のときおれは、不快感や怒りのほかに胸を締めつけられるような哀しい気分も味わったような気がする。
 

 
 

たぶん、そいつに母を奪われてしまうような気がしたのだろう。
 

 
 

 

 
 

そういえばもっと小さい時にも同じようなことがあった。
 

 
 

おれの母の実家に婚礼の祝いで親戚が大勢集まったときのことだ。
 

 
 

 

 
 

母の妹の旦那が、ベロベロに酔っぱらってあたりかまわず親戚の女の人をくどき始めた。

 

酒癖の悪いことは知れ渡っていたので

「あーあ、また始まった」
と皆適当にあしらっていたのだが、どういうものかおれの母は

「そうですか、はい、ああ、そうですね」
とまじめな顔で聞いてやっていた。
 

 
 

 

 
 

そのときおれは、妹の旦那が他の人には聞こえないような小声で

「○○ちゃんとやりてえ」
と言ったのを聞いてしまった。
 

 
 

何をやりたいのかはわからなかったが一瞬見せた何とも嫌らしい表情におれはかなり不快なものを覚えた。
 

 
 

 

 
 

母は表情を変えずニコニコしていたが、それが逆に嫌だった。
 

 
 

何か怒りのようなものが込み上げたのだが、あのときもやはり、おれは母を奪われてしまうような気持ちを味わっていたのだと思う。
 

 
 

 

母と息子禁断の部屋からの頂き物
 

 
 

 

 


 
【35万箱突破のモリモリw】

 

 

 
【画像】 管理人体験談
関連体験談
最新記事
ほへーっw
当サイトに掲載している体験談は妄想好きな作者の創作物です。実在の人物や事件とは全く関係ありませんので、ご理解の上お楽しみくださいませ。なお、当サイトでは熟女とのエッチな体験談を常時募集していますので、貴方のエロ体験談を是非教えて下さい!
投稿フォームはコチラ
PAGE TOP ↑