【終焉した母との関係】締まりの良いイカセおまんこ依存症だった俺

カテゴリー 母との体験談タグ

年お母さんとHしているんです。でも、今年の春、そんなお母さんは再婚しました。

もう、お母さんとセックスすることはできません。

何時が最初だったのかは、憶えています。

11歳か、12歳だったと思います。

憶えているのは、夜中になると、お母さんが僕の体の上で、裸の体を揺り動かしている姿です。

 

僕の陰茎は、お母さんの口で大きくされて、お母さんがそれに腰を落とすようにして、自分の中に導き入れてくれて、後はお母さんに全て委ねる様にして、目を閉じて快感に身を任せる、それが、何時からか始まった2人の儀式でした。

僕が小学4年生か、5年生の時に、お母さんと親父が離婚して、看護婦の資格を持っていたお母さんは、僕を連れて病院の寮に住んでいました。

当時、31、2歳だった筈です。

明るい人でしたが、夜になると、時々、蒲団の中で泣いてる事も有りました。

お母さんが僕とセックスするようになったのは、寮に入ってから2ヶ月くらい経った頃だったと思います。

 

仕事が一番きつかった時期だったかも知れません。

疲れ切った顔をして帰って来て、眠りにつくと、必ず何かに魘されていました。

そんな、ある日、寝ていた僕が気付いた時、お母さんが僕の下半身に顔を埋めて僕の陰茎をフェラチオしていたのです。

ぼんやりしながらも、気持ち良くて、僕の陰茎はすぐ勃起してしまいました。

まだ、オナニーさえも知りませんでした。

 

お母さんのヴァギナに包み込まれ、締め付けられた時、僕はその気持ち良さに声を上げてしまいました。

お母さんは、暗闇の中、どんな表情をしてたのかは判りません。

黙って、腰を上下に動かし始めて、僕はその動きに連れて、ますます気持ち良くなって行きました。

「お母さん、、、、お母さん、、、」僕は小さい声でお母さんを呼びながら、四肢を突っ張らせていました。

お母さんも、だんだん荒い息をしながら、喘ぎ始めていました。

 

ケちゃん!」どれぐらい経ったか、お母さんの体が痙攣するように動きを止めて、僕の体の上で弓なりに体を反らせて、僕の名前を叫ぶと、後はぐったりと僕の上に凭れ掛かってきました。

重かったですが、お母さんのヴァギナがびくびくと僕の陰茎を締め付けて、気持ち良かったのを憶えています。

何時の間にか、寝ていました。

朝起きると、お母さんはとっくに起きていて、いつもの明るい、元気な、お袋さんでした。

僕は半分夢を見たような気持ちで、何も言えず、普段のように学校に行きました。

 

でも、夢じゃなかったんです。

その晩も、何時の間にか、お母さんが僕の陰茎を嬲ってくれていて、そして、セックスしました。

日中は、いつものお母さんで、普通の親子でしたが、夜になると、僕の体の上で狂ったように腰を揺すって、僕を貪る、それが日課になってしまいました。

僕が精通、初めての射精を経験したのは、1ヶ月目くらいでした。

僕の下半身がいつもより熱くなって、細かい震えが止まらなくなってきて、その瞬間は、思わず体を起こしてしまって、お母さんの体にしがみ付いて、射精してしまいました。

 

お母さんも声を上げて、合わせる様に、達したと思います。

お母さんとのセックスが、一方的でなくなったのは、僕が射精してからでした。

次の日の夜、晩飯を食べて、風呂に入って、いつもの様に横になる前に、お袋さんが、コンドームを出してきました。

そして、明りを点けたままで、裸になってくれたのです。

僕の陰茎は、すぐに勃起し始めて、お母さんがオールヌードになった時には、完全に勃起し切っていました。

 

今まで、薄暗い中でしか見た事の無いお母さんの裸でした。

僕の前にしゃがむと、僕の陰茎にコンドームを着けてくれました。

初めて、お母さんの体の上で、お母さんの開いた足の間で、僕はぎこちなく、夢中で、腰を動かしました。

その日から、徐々に、色々なセックスの方法を覚え始めました。

お母さんの陰部を舌で愛撫する事も、乳房を、乳首を愛撫する方法も覚えていきました。

 

番セックスに夢中になったのは、宙学生になってからだと思います。

周りの友達達が、ビニ本や、AVに興味を持ち始めた頃、僕はもう本当のセックスをしていたのですから。

それに、お母さんは綺麗でした。

今でも綺麗ですが、その頃まだ32、3歳で、友達達の間でも評判になるくらいでした。

僕も背が伸びて、お母さんより大きくなりかけていた頃で、成長盛りだったのか一晩に3回もする事があったほどです。

 

お母さんと僕はマンションに移っていました。

僕とのセックスが激しくなり始めたのも一因だと思います。

お母さんは小児病院に移っていて、ほとんど、夜は早く帰れるようになっていました。

日曜日の休みには、家の中でほとんど裸で過ごして、3、4回のセックスをすることもありました。

高校に入って、僕に彼女が出来て、2年生の時には、お母さん以外の女性と初めてのセックスもしました。

 

お母さんも、その頃から、僕との関係を止めなきゃ、と思い始めたようです。

ただ僕の方は、他の女としてから、お母さんの体の良さを改めて知ったような気になっていました。

16歳の処女1人と、17歳の今で言えばコギャル1人の2人とそれぞれ8回か9回しただけだったのですが、お母さんの体と比較すると、比べ物にならないように思えたのです。

絶頂に達する直前の表情とか、喘ぐ声とか、何よりも絡みつくようなヴァギナの感じが違うのです。

僕が18歳で、お母さんが39歳になった頃でした。

 

お母さんが、今の旦那と付き合うようになったのです。

ほぼ1年間、僕は全然気がつきませんでした。

僕は、大学受験の勉強もあったし、お母さんも仕事が忙しくなったと言っていたので、週に2日ほど夜勤があると言っても、気にしなかったのです。

セックスは週に3日はしていました。

ただ、だんだんお母さんが僕とのセックスを避けるようになり始めたのです。

 

学に入って、忙しくなったばかりだった事もあって、初めは気にしませんでした。

4月の終わり頃でした。

土曜日の夜で、当然のように、僕はお母さんを抱いて、その晩2回目のセックスで、お母さんをバックから攻めたてていました。

絶頂に向けて、お母さんの腰を抱いて、激しく抽送している時に、お母さんが泣き始めたのです。

最初の内は、喘ぎ声かと思っていました。

 

「タケちゃん、あたし、、、もう、だめ、、、」ぼろぼろ、涙をながしながら、僕に泣きながら、告白しました。

病院の先生と1年ほど前から付き合い始めて、3ヶ月ほど前から、セックスもしている事を。

結婚を申し込まれて、昨日受けようと決めた事も。

僕は、ショックでした。

お母さんとずっと、これまでの関係が続く事が当たり前だと思っていたからです。

 


 
【35万箱突破のモリモリw】

 

 

 
【画像】 管理人体験談
関連体験談
最新記事
ほへーっw
当サイトに掲載している体験談は妄想好きな作者の創作物です。実在の人物や事件とは全く関係ありませんので、ご理解の上お楽しみくださいませ。なお、当サイトでは熟女とのエッチな体験談を常時募集していますので、貴方のエロ体験談を是非教えて下さい!
投稿フォームはコチラ
PAGE TOP ↑