母親のタイトスカートから覗く脚に興奮した息子

従姉の結婚式に出る為に車で行きました。
親父は都合悪かったので母と2人で行ったんですが、普段ほとんど素顔でただのオバサンっぽい母が、厚化粧でスーツを着た姿におもわず勃起しました。

ピチピチのタイトスカートから覗く脚が妙に生々しかったんです。
椅子に座るとなんとなく奥が見えそうで、見えない…。

うわ、触りてえ!心の中で叫んだ俺。
普段、風呂上りとか裸っぽい姿で、うろうろする母がキモくてイラついて罵倒していた俺。

俺が照れてると勘違いした母は、「やあねえ。エッチい。」を身をくねらせていたっけ。

結婚式も終わった。
俺の運転する帰りの車。かなりお酒を飲んだ母は助手席で熟睡。

家に着いてもソファでうとうと。

俺は風呂の準備をして母を眺める。
だらしなく開いた脚。そっと太腿の内側を撫でる。

「あ、なあに。」
「キモいんだよ。閉じろよ。」
「もう、、、」

と脚を閉じたが俺は手を差し込んだまま。

「あ、やめてよお。」

と身をくねらせる母。
指先をあそこに。

「あ、ちょっと、、、、、、」

うずくまって身をよじった。
床に母を落とし、脚の間に身体を入れて、あそこを揉みまくる。

母は顔を真っ赤にし、「あ、やだ、、やめて。」と可愛い声で呻く。
正直、目的は達したからそこで終わるつもりだった。

「風呂入れよ。」

と母に言った。俺はとりあえず抜かなきゃ収まらない。

「一緒に入ろうか?」

まあ冗談のつもりで声をかける。

「いいわよ。」

といやらしく笑う母。あれ? その気になった?
どうする?どうする?心の中で自分自身に聞きながらも母を裸にしていく俺。

俺も真っ裸になり一緒に風呂に飛び込んだ。
やっと二人で入れるぐらいの湯船。

母は太っているというより、身体がぱんぱんに張ってる感じ。
胸もでかいけど垂れていない。

母をうしろから抱っこするように湯船にはいり、胸をまさぐる。

「あん、やん。」
「舌出して。」

母が振り向きキスして舌をからめてきた。
脳髄に刺激が走る。うわあ、勃起しすぎて出そうになった。

そそくさと身体を拭いて出ると母の布団を敷き寝かせる。
あそこの毛はうすく茶色っぽかった。

脚をひらかせるとばっくりとひらいたおまんこ鑑賞。

指を突っ込むと中はぬるぬる。
ぐちょぐちょと音を立て、俺の2本の指が母の中で暴れる。

「ああ、ここ、、ここお!」

芋虫みたいなクリトリスを弄れとおねだりする母。
親指の腹でつぶすようにこねると腰をひねり悶える母。

弄るうちにコツをつかんだ俺。
いわゆるGスポ責めをして、母は絶叫してのけぞる。

「ああ、だめ!イっちゃうううう、、、」
「ふー、ふーっ」

とうなりながら小刻みに腰が痙攣していた。
俺は腰を引きよせちんこをねじ込む。

「(中で)出しちゃだめよ。」
「わーってる。」

めっちゃゆるい。それでも母の腰を持ち上げたりむちゃくちゃ突いたりしてたらイきそうになってあわてて抜く。

母の太腿に出した。


 
【35万箱突破のモリモリw】

 

 

 
反抗期の僕を心配していた母が、ある日父からプレゼントされたピチピチなミニスカートをはいていた。その妙にエロい母を見て僕は興奮してしまった。ある夜、僕は誘惑に負けてほろ酔いの母に迫った。初めは拒否していた母が徐々に反応し始めた。更に媚薬を飲ませて淫乱になった母はすっかり僕の肉棒の虜になった…。
【画像】 管理人体験談
関連体験談
最新記事
ほへーっw
当サイトに掲載している体験談は妄想好きな作者の創作物です。実在の人物や事件とは全く関係ありませんので、ご理解の上お楽しみくださいませ。なお、当サイトでは熟女とのエッチな体験談を常時募集していますので、貴方のエロ体験談を是非教えて下さい!
投稿フォームはコチラ
PAGE TOP ↑