義母に勃起したあそこを見せつけ手コキをお願いしたらそのまま・・・

カテゴリー 義母との体験談タグ ,

俺が24歳、妻が23歳の時、結婚。義母は妻が中3の時離婚している。
結婚して初めてのお盆に用事で遅れてくる妻より早く妻の実家に行った。当然前もって言ってあるので、やさしき迎えてくれた。

当時義母は47歳だった。

妻同様身長も160cm少しあり、胸もお尻も丸く柔らかそうだった。
向こうに着いたらもう汗だくだくで、Tシャツが黒くなるほどだった。

義母は

「暑かったでしょう?シャワー浴びて来たら・・」

と言ってくれたので俺はシャワーを浴びに風呂場に行った。
俺がシャワーを浴びてドアを開けるのと同時に義母が俺が使うバスタオルを持って脱衣所に入って来た。

真正面に見られてしまった。
俺はそのチャンスを逃すまいと

「お母さん、妻が着替えを持って来るので着替えがないんです。」

とその間義母は時々俺の顔と下半身を見ていた。

「そうだったわねえ。どうしよう。こんなに暑い日だから、これから洗濯するから乾くまで、バスタオルを巻いててよ。」

その間それほどの時間ではなかったと思うけど義母はすっかり俺の股間は見ていたと思う。
居間にバスタオルを巻いたまま行くとテーブルに冷えたビールが置いてあった。

それを義母は注いでくれた。俺はもう一度義母に俺のあそこを見えよう。
それもなにげなくと思いをめぐらせていた。

義母は俺の座っているソファーの真向かいに座っている。俺は思いついた。なにかの用事を作って立ちあがろう。
其の時に。不意にバスタオルで下に落ちるよう。それに其の時にはペニスが勃起した状態が最高だと。

義母と話をしながらエッチなことを思いながら勃起するのを待った。
バスタオルの下で勃起したペニスはピクピク動きはじめた。

この時と思い、片手で義母に判らないように手でバスタオルを下にひっぱりながら立ちあがった。
思いどおりバスタオるは床に落ち、完全に勃起したペニスは義母の目に入った。

「あっ・・・」

と演技しながらもそのまま立ちっぱなしでした。
義母はまじまじとその勃起ペニスを見た。

俺は言った。

「すみません。おかあさんの豊満な胸をみていたら、こんなにチンポがおおきくなってしまって。セックスする時と一緒の状態になってしまって。どうしよう?」

と演技した。
義母は恥ずかしそうに、

「でも。すごくおおきなおチンチンね。変な話だけど、こんなおちんちん見たのもう何年ぶりかしら。すごいわ。この歳になっても変な気分になりそうだわ」

と乗って来たので

「義母さん、お願いがあるんだけど、妻が来るまでまだしばらく時間があるんで、出来たら、義母さんの手で、なだめてもらえませんか?」

と、義母はしばらく俺の顔を見ていたが

「でも薫(妻の名)に悪いわ。」

というので

「こんなこと、いわなければわからないことですよ。」
「それはそうだけど・・いいの?」
「お願いします」

というと覚悟を決めたのか、義母は立ちあがり、居間のレースのカーテンを閉めた。
俺は無言で長ソファーに仰向けに寝た。其の横に義母が座り、そっと俺のいきり立ったペニスをやさしく握った。

すこしずつ上下に擦る始めた。
俺は大げさに

「ああ・・・気持ちいい・・・義母さん上手です。薫よりずっとうまいです」

と義母が目をペニスに向けて少しずつため息なのか、喘ぎなのかが聞こえて来た。

「義母さん、最高、もうチンポの根元まで精液が来ているよ。我慢できない。口に受けて」

というと反射的に義母さんは俺のペニスをパクリと咥えた。
そして射精した。

すごい量が出ている。義母さんはそれをこぼさないように全部飲み込んでくれた。もうその後は今までの義母さんではなかった。

「こんなこと、本当に久しぶり。でもすごい量だったわね。」

と未だペニスを軽く握り、揉みながら言った。義母さんはすごく汗をかいていた。

「義母さん汗びっしょりですよ。シャワーを浴びて来たら?」というとか「そうねえ。そうしようかな・・」とたちあがりバスに行った。

シャワーの音が聞こえて来る。
俺はそっと脱衣所に行き、義母さんが着ていたものをすべて居間に持って来た。義母さんが使う、バスタオルも。

ドアが開く音がした。

「健介さん。意地悪をしないで。服もバスタオルの全然ないじゃないですか?」

と言うから「そのままでこっちに来て下さいよ」というとしばらくして、片手で胸を片手で下半身を隠して入って来た。

俺は立ちあがって義母さんを長いソファーに押し倒した。

義母さんはびっくりして「止めて、冗談はこのくらいで・・」というので、

「義母さん今度は義母さんを気持ちよくさせてあげますよ」

と全裸の俺のペニスはとっくに戦闘状態になっていた。
義母さんの身体の上にまたがり両足を担ぐようにした。

黒々とした陰毛を分けてぱくりと割れ目が見えた。俺はそこに勃起したペニスをあてがうと腰を落とした。
なんの抵抗もなく奥まで挿入してしまった。

義母さんは

「ああ・・入ってしまった。すごい・・・いっぱい。」

と言った。おれは次第にピストン運動を強くしていった。
義母さんの腰が俺のピストンにあわせて動き出した。
両方の手はしっかりと俺の背中に廻されていた。

「ああ・・いい・・久しぶりだわ・・いいの・・・気持ちいい・・・」

ともう抵抗など一切しなかった。
俺は意地悪に「義母さん、どこがいいの?」と聞くと健介さんのチンポ大きい。

おまんこいっぱいよ。壊れる位。いっぱいおまんこからお汁がでているわ」と。

こんな言葉が義母さんからでるなんて信じられなかった。
もう射精が近いのがわかり「義母さん、だすよ、一杯だすよ」というと

「駄目・・駄目よ。もし、妊娠したら・・・出しちゃダメ。」

と渾身の力で腰を横に動かせた。
俺はより腰を密着するとどくどくと射精した。

ペニスが抜けると義母さんは俺のちいさくなりかけたペニスを咥え、舐め始めた。
終わると俺の顔を見て

「すごいことしちゃったね。でも・・ありがとう」

と服を着始めた。

夕方妻が来た。もう先ほどのことなどなかったかのように義母は振る舞っていた。妻が見えなところで義母んのお尻をスカートの上から撫でると、ちいさな声で

「薫にみつかったらどうするの?やめて・・・」

といたずら小僧のような目でにらんだ。

其の夜、妻がお風呂に入っている時、居間で俺は義母さんの服の下に手を入れ、生おっっぱいを揉んだり、スカートの下に手を入れ、パンティーの間からあそこに指を突っ込むと、ぐっしょり濡れていた。

俺はちいさな声で

「義母さん、すごく濡れているよ。どうするの?」

というと

「早く入れて、でないと薫がお風呂から出て来るから」

と、よつんばになって大きなお尻を突き出した。

一気に挿入し、力強くピストンし、射精した。余韻を楽しむことなく義母さんは衣服を直し、ソファーにすわった。
そんなことも知らず妻が風呂から出て来た。

其の晩、妻が求めていた。隣で義母さんが寝ている。きっと聞き耳をたてて一人でオナニーいしていることだろうと思った。

翌朝、妻のいないところで義母さんが言った。

「昨晩、薫としたんでしょう?身体をぶつける音がよく聞こえたわ。たまらなくなって、一人してたの。今日薫に買い物を頼むからその間に抱いて・・」

と長年我慢していた性欲が一気に吹き出し、女性の本能にブレーキがかからなくなったんだろう。


 
【35万箱突破のモリモリw】

 

 

 
【画像】 管理人体験談
関連体験談
最新記事
ほへーっw
当サイトに掲載している体験談は妄想好きな作者の創作物です。実在の人物や事件とは全く関係ありませんので、ご理解の上お楽しみくださいませ。なお、当サイトでは熟女とのエッチな体験談を常時募集していますので、貴方のエロ体験談を是非教えて下さい!
投稿フォームはコチラ
PAGE TOP ↑