鍋パーティで盛り上がった勢いで友達の母親とエッチしちゃった件ですw

カテゴリー 友達の母との体験談タグ

鍋パーティの筈が、酔っぱらった勢いで友達の母親とセクロスしちゃった件です。

 

 

れはオレが18の頃ツレの家で男4女4で鍋パをしていた時の話です。
 

 
 

 

 
 

ヤンチャで、そのツレの親も全然酒や煙草をすっていても大丈夫な家で鍋パをしていました。
 

 
 

 

 
 

夕方から酒を飲み女の子もギャルばっかでおさわりしまくりの会でした。
 

 
 

 

 
 

オレは特に飲みすぎて結構酔っぱらっていました。
 

 
 

 

 
 

予定ではこの後もう二人合流して皆でカラオケに行くはずだったのですがオレがダウンしてオレはツレの家で寝てまってる事になりました。

 

皆がそろそろ行こうとするとツレの母親が帰ってきました。
 

 
 

 

 
 

その母親は見た目で言うと松下由樹で爆乳昔からオレのオナネタでした。
 

 
 

凄くタイプでたまに前屈みで谷間を丸見えにしている時もあるような母親でした。
 

 
 

 

 
 

ツレがヒロシ君(オレ)酔っぱらてるし寝かしといてーと母親に話して外にでました。
 

 
 

そして女の子達がその母親におばさん気をつけてね、ヒロシ君、酔っぱらってるし変態モード入ってるから!
 
と言うとその母親は、大丈夫よ!
 
ヒロシ君、私みたいなおばさん興味ないだろうし!
 
気つけて行っておいでねと皆を見送った。
 

 
 

 

ナイスパス!
 

 
正直オレはそう思った!
 
変態モードになってると言う前置きを作ってもらったおかげである程度しても許されるのでは!
 
っと思ったからだ!
 
ヒロシ君大丈夫かー?気持ち悪くなーい?あっオバチャンおかえり!
 
全然大丈夫!
 
今日も綺麗だねー!
 
とジャブをいれる!
 
もー酔っぱらい。
 

 
 

片付けるしゆっくりしときねー。
 

 
 

 

 
 

といい部屋にいき部屋着に着替えて片付けを始めた!
 
ん?んんん?スウェット調のハーフパンツにタンクトップにパーカーという服装だった。
 

 
 

しかし。
 

 
 

 

 
 

開いている。

 

パーカーの前のチャックが胸のしたくらいまで開いていてタンクトップから深い胸の谷間が丸見えだ!
 
胸がデカイからパーカーは開きっぱなしのずっと一本線の谷間が丸見えすげー。
 

 
 

 

 
 

しかもその格好で片付けるので前屈みになるともー丸見え状態!
 
エロい!
 
えろーーーーーーーい!
 
オレはずっと覗いているとそれに気づいまオバチャンが、もーヒロシ君エッチ!
 
見すぎー!
 
だってそんな開けてるから見るでしょー!
 
ちがうのオバチャン胸が大きいから閉めたらきついの!
 
だけどしまっとこ。
 

 
 

っといってチャックをあげる!
 
ちょっとまってーーーー!
 
閉めんといてー!
 
やだっ!
 
見ーひんから!
 
嘘つき。
 

 
 

 

 
 

見るでしょー!
 
お願い。
 

 
 

そんなん見てどーするの?帰ってから思い出してオナニーする。
 

 
 

 

ーバカっ!
 
酔っぱらい!
 
ねー開けといてよー!
 
エッチーー!
 
オレは立ち上がりオバチャンに近づいていく!
 
ちょっとだけ!
 
開けといて!
 
片付けしているオバチャンのうしろからパーカーのチャックに手をかけ下までさげる!
 
両手ふさがっているオバチャン!
 
もーヒロシ君エッチ!
 
さげただけやでー!
 
エッチってのはこーゆうことやろ!
 
と言いながらオバチャンのオッパイはうしろからわしづかみにする!
 
両手ふさがっているオバチャンはちょっとダメー!
 
コラー!
 
怒るよー!
 
ヤバイっ!
 
と思い離れる!
 
もーヒロシ君!
 
酔っぱらいすぎ!
 
だってオバチャン魅力的やし爆乳見てたら我慢できんくて、、、。
 

 
 

酔っぱらって無い時に言うわれてら嬉しいけど酔っぱらいに言うわれてもなー。
 

 
 

 

 
 

酔っぱらってるとか関係ないって昔からオバチャンのオッパイで抜いてたし!
 
えっ?私で?うん。
 

 
 

やっぱり酔っぱらいやー!
 
ヒロシ君のエッチー!
 
ほんまやし!
 
見てー!
 
これ!
 
と言いながらオレはズボンとパンツをおろす!
 
そこにはオバチャンのオッパイをわしづかみにし興奮してギンギンに反り返った自慢のデカチン!
 
オバチャンは目が点に。
 

 
 

 

 
 

いっつもこーやってオバチャンのオッパイでしこしこしてるんやで!
 
と言いながらシゴク。

 

ヒロシ君凄い。
 

 
 

 

 
 

って何してるの早くパンツはきなさい!
 

 
パンツをはいたオレ、なーオバチャンほんまやろ!
 
いっつもオバチャンで興奮してるもん。
 

 
 

わかったけど。
 

 
 

 

 
 

もーバカヒロシ君!
 
オバチャンの顔が赤く火照っている。
 

 
 

もー開けといてらいいんでしょ!
 
っとパーカーのチャックを下げる。
 

 
 

 

オレ何やってるんだー!
 
ツレのオバチャンのオッパイ揉んでチンポ出してシゴクなんて!
 
理性が戻ってくるのと同時にオッパイ揉んじゃった!
 
チンポ見てビックリしてやったと興奮もきた!
 
とりあえず今すぐ抜きたい!
 
あのオッパイの感触のある間目の前のオッパイが目に焼き付いてるうちに!
 
しばらくの沈黙が続く。
 

 
 

今だにオバチャンの顔は火照っている感じだ!
 
それにしても凄いオッパイだ!
 
ずっと見える谷間、前屈みで丸見えになるオッパイ。
 

 
 

 

 
 

オレのチンポはギンギンをこえ爆発しそうだ!
 
トイレいこーっと!
 
立ち上がるがフル勃起のチンポで腰をひきながらトイレへ。
 

 
 

トイレでチンポを出すともー反り返ったフル勃起が限界にたっしていた!
 
あーあっオバチャンのオッパイヤバかったー。
 

 
 

 

 
 

シコシコ。

 

デカイし凄いボリュームやった。
 

 
 

 

 
 

シコシコ。
 

 
 

あの谷間丸見えの服エロい!
 
シコシコ。
 

 
 

 

 
 

もっとオッパイ揉みたい。
 

 
 

シコシコ。
 

 
 

 

コシコ。
 

 
 

シコシコ。
 

 
 

 

 
 

こんこん。
 

 
 

ヒロシ君大丈夫?えっ!
 
何が?気持ち悪いのかなーって思って。
 

 
 

 

 
 

背中擦ろうか?えっーと擦ってほしいのは擦ってほしんやけど、、、全然大丈夫カギあけてくれる?ガチャ。

 

えっ?こっち擦ってくれるかな?とチンポを見せる。
 

 
 

 

 
 

もー限界で苦しくて。
 

 
 

うん。
 

 
 

 

 
 

いいよ。
 

 
 

えっ?えーっ?マジ!
 
?うん。
 

 
 

 

オバチャンのせいでこんなになってるんでしょ?だから。
 

 
 

酔っぱらってる?ほんまに酔っぱらってない!
 
秘密にできる?うん!
 
絶対!
 
じゃーこっち来て!
 
寝室に連れていかれると、どーしてほしい?エッチがしたい!
 
と言うとそれはダメ!
 
抜くだけならいいよ!
 
じゃーパイずりがいい!
 
と言うといいよ。
 

 
 

 

 
 

挟んであげる。
 

 
 

ボクはベットに横になりパンツを下ろされる。
 

 
 

 

 
 

ヒロシ君って外国人みたいね。

 

おちんちんの大きさ。
 

 
 

 

 
 

ほんとに大きいよね。
 

 
 

はい。
 

 
 

 

 
 

オバチャンのオッパイも大きいね!
 
何カップ?と聞くとオバチャンは服を脱ぎ下着を外してオレの顔にブラジャーを載せる。
 

 
 

見てごらん。
 

 
 

 

Iカップ!
 
?デカー!
 
マジ?嫌い?大好き!
 

 
嬉しいー。
 

 
 

これあげる。
 

 
 

 

 
 

オナニーしてくれるんでしょ?ブラジャーもらっていいの?やったー!
 
そしてその手で隠している爆乳を見せてーっと手をどける!
 
ボヨン!
 
デカー!
 
3十代の体最高!
 

 
AVで見たくらいの体つき!
 
最高!
 
オバチャンがオレのチンポを触ってきた!
 
ほんとに大きい。
 

 
 

彼女大変ねー!
 
あっ。
 

 
 

 

 
 

オッパイ触っていいわよ!
 
はい!
 
揉み揉み揉み揉み揉み揉み揉み揉み!
 
ちゅぱちゅぱちゅぱちゅぱ。

 

あっあーん。
 

 
 

 

 
 

喘ぐオバチャン。
 

 
 

しゃぶってあげるね。
 

 
 

 

 
 

パクっ!
 
うう゛ー!
 
大きいよー。
 

 
 

声にならない声で言う。
 

 
 

 

アゴ外れちゃうね。
 

 
 

カリが大きすぎて大変!
 
気持ちいいよー。
 

 
 

 

 
 

オッパイを揉みながら言う。
 

 
 

夢みたい。
 

 
 

 

 
 

じゃー挟んであげるね。

 

オバチャンの爆乳がチンポを挟み上下する。
 

 
 

 

 
 

熱くて大きいわー。
 

 
 

オバチャン感じちゃう。
 

 
 

 

 
 

あーもー気持ちよすぎる。
 

 
 

出そうー!
 
待って!
 
ダメ!
 
私に入れて!
 
えっ?いいの?、、、うん。
 

 
 

 

ー私のあそこびちょびちょなの。
 

 
 

じゃーっと言うと私が入れるね!
 
オバチャンはボクを押し倒し上にのってきた!
 
オレのチンポをつかみ、下唇をかみながらゆっくりとオメコに入れていく!
 
あーーー二人の声がどんどん大きくなっていく。
 

 
 

 

 
 

奥まではいると、、、ダメー!
 
っとオバチャン倒れこんだ!
 
はぁーはぁっはぁーごめん私イッちゃった。
 

 
 

入れるだけていくなんて初めて!
 
私動かすねと上で大きなオッパイを自分で持ち上げながらオレの目を見つめて上下する腰喘ぐ声が叫び声になっていく。
 

 
 

 

 
 

あーダメー!
 
いっちゃう。

 

再びいっちゃうオバチャン。
 

 
 

 

 
 

なお腰を動かすオレ!
 
下から激しくつきあげる!
 
オレにデカチチを押し付け泣き叫ぶ!
 
あーーーーーーーー!
 
あっ!
 
あーーーん!
 
ダメー!
 
またいっちゃう。
 

 
 

ダメー!
 
いくー。
 

 
 

 

 
 

オバチャンは再びいった!
 
そして正常位にかえ再び侵入激しく揺れるデカチチ!
 
そのデカチチを揉みながら激しいディープキス。
 

 
 

その時だった携帯がなる!
 
オバチャンの携帯が!
 
あっ!
 
旦那の着信音!
 
慌てるオバチャン!
 
ヒロシ君静かにしてね!
 
電話が終わるとヒロシ君ゴメン!
 
駅で旦那まってるから急いで向かえにいかないと!
 
自分だけいってオレまだいってないからと急いでいるオバチャンを無理矢理押し付け侵入!
 
ダメー!
 
あーーーーーーーー!
 
あっ!
 
あーーーん!
 
ほんとにもーダメだって!
 
時間ないの。
 

 
 

 

ごめん!
 
あーーーーーーーー!
 
あっ!
 
あーーーん!
 
抵抗するも無理矢理押し込み激しく腰をふりつづける!
 
大きいよー!
 
壊れちゃうー!
 
もーだめー爆乳をゆらすオバチャンにオレは中だしした!
 
オバチャンはピクピクしていた。
 

 
 

オレは慌て服をきて家に帰った!
 
大丈夫かなーばれないかなー!
 
次の日行ってみるとツレが大丈夫か?おー!
 
全然大丈夫!
 
オバチャンと目があう!
 
何もなかったかのような笑顔!
 
ヒロシ君いらっしゃい。
 

 
 

 

 
 

しばらくしてツレの部屋からトイレ行くとオバチャンがヒロシ君開けて。
 

 
 

ガチャ。
 

 
 

 

 
 

ヒロシ君ー!
 
っと抱きつきディープキスをしてきた!
 
昨日の事が忘れられないの。

 

私をオモチャにして!
 
その日からオモチャになった!
 
ツレの家で遊んでいてもトイレ行くたびにちをしゃぶらせたり!
 
県外のビジネスホテルで窓を全開で見られながらしたり!
 
ノーブラでデートしたり。
 

 
 

 

 
 

極めつけはオレの知り合いの前でセックス!
 

 

 
 


 
【35万箱突破のモリモリw】

 

 

 
【画像】 管理人体験談
関連体験談
最新記事
ほへーっw
当サイトに掲載している体験談は妄想好きな作者の創作物です。実在の人物や事件とは全く関係ありませんので、ご理解の上お楽しみくださいませ。なお、当サイトでは熟女とのエッチな体験談を常時募集していますので、貴方のエロ体験談を是非教えて下さい!
投稿フォームはコチラ
PAGE TOP ↑