中学時代から憧れの高身長なモデル美女はSっぽいのが好き→M男な俺のチンポをお口で責めてもらった件w

中学時代の同級生で、高身長なモデル美女がS系女子と悟ったのがきっかけで、M男な俺のチンポを、お口で責めて貰った件について語りますw

 
ちなみに、の名前は和夫(仮名)と言い、浪人して地元の関西の大学に合格し、現在2回生です。
 

 
 

 

先日、中学校の同窓会があり、久しぶりに旧友と飲む機会がありました。
 

その同窓会には、当時ずっと好きだったモデル美女な綾子(仮名)の姿が。
 

 
 

 

綾子は高身長、170センチの細型、それなのに出ているところはしっかり出ているという、まさにモデルそのもの。

 

 

「綾子がこんなにきれいになってるなんてな~」
と自分を含め周りの男たちは口を揃えていました。
 

 
 

 

ちなみに綾子は現役で地方の大学に合格し、現在3回生。
 

彼女に振られたばかりだった俺は、なんとか綾子と仲良くなりたいと思い、話をしに行くものの、今彼氏がいるとのこと。
 

 
 

 

「こんなきれいな人が彼氏いないわけないよな…」
と諦め、同窓会は終わりました。

 

翌日、一応前々からメールアドレスは知っていたので、

「昨日は楽しかったね。また今度ご飯でも行こ~」
というようなメールをしたところ、綾子から返信が。
 

 
 

 

「あたし長期帰省しててまだこの辺いるし、来週あたり飲もうよ♪ヒロシとか雅美も誘っとくし」
え!?2人きりではないものの、まさかこんなに早く実現しちゃっていいんですか!?彼氏がいることは知りつつも、少し期待をしてしまう俺。
 

その後、俺と綾子、それと友人のヒロシと雅美が集まり、ヒロシ宅で飲むことに。
 

 
 

 

ある程度酔いもまわって来た時に、誰が切り出したというわけでもなくいつの間にか恋愛トークへ。

 

 

しかも若干の下ネタ混じり。
 

 
 

 

1人ずつ最近の恋愛事情を話すことになり、俺は彼女に振られたこと、しかもそれが

「今日こそ彼女との初セックス!」
というタイミングでの事だったことを告白。
 

ヒロシは

「年上の彼女とほぼ毎日楽しんでる」

、雅美は

「彼氏いなくて1人でたまにするだけ」
というような内容。
 

 
 

 

そして綾子の番。
 

綾子

「今の彼氏、実はそこまで好きじゃないんだよね。エッチの相性も良くないし」
来ましたよー!!これはもしやいけるんじゃないかと思い、質問。
 

 
 

 



「え、まじで!?好きでもない人と何で一緒にいんの?」

綾子

「う~ん、何回か別れようって言ったんだけど、相手がしつこくて、結局別れず終いで」



「そうなんや。エッチの相性が良くないって、具体的にはどういうこと?」
これを言ったら嫌われるかなと思ったけど、大丈夫でした。
 

 
 

 

綾子

「あたしどっちかというとSなんだけど、相手はもっとSでさ。いつも相手にやられてばっかりだからちょっとつまんない」

「どっちかというとS」
という言葉に反応(息子的な意味も含む)。
 

 
 

 

Mっ気のある俺はテンション上がりまくり。

 



「え、綾子ってSなん!?いいな~。俺もSの彼女欲しいわ」

綾子

「和夫(俺のことね)はどう見てもMやもんな(笑)まあ頑張りなよ」
そこで友人ヒロシが、ヒロシ

「お互いSとMなんやったら釣り合うやん。

綾子ちゃん和夫にやってあげれば?(笑)」
ナイスヒロシ!!よく言ってくれた!!綾子

「ちょっと、何言ってんのよ~」
と言いつつも、ほろ酔いでまんざらではない様子の綾子。
 

 
 

 



「俺は全然良いけどな!」

綾子

「ちょっと、和夫まで乗らんでもいいやん!自分らいい加減にしいや!」
しまった!!ここは友人の話に乗らないのが正解だったか…。
 

ほろ酔い状態だったからこれくらい言っても大丈夫と思ってたのに。
 

 
 

 

これ以上は話さないほうが無難と考え、その話は終了。
 

数十分後。
 

 
 

 

「あ~、もうちょっとやったのに」
と思いながら席を立ち、トイレへ。
 

用を足し終え、出ようとしたときに

「トントン」
とノックの音。
 

 
 

 

はいはい今出ますよ~と思いながらドアを開けると、そこには綾子が立っていました。

 



「あ、綾子もトイレやった?」
と言って、代わろうとしたその時!ドーンと両手で押され、トイレには俺と綾子。
 

 
 

 

そして綾子が鍵を閉める。
 



「ちょっ、何、どうしたん!?」
慌てる俺。
 

 
 

 

このときすでに心臓はバクバク。
 

綾子

「…あのさ、さっきの話やけど…和夫はあたしとやったら全然良いんやんな?」



「え?さっきの話って…」

綾子

「…だから、和夫はあたしにならやられてもいいんやんな?」
来たー!!これは来た!!綾子にやってもらえる!!しかもこのままトイレの中で!?俺

「う…、うん。

でも、ここめっちゃ狭いで?それに、他の連中もトイレ来るかもしれんし」
何を言っている俺!そんなこと言ったらやってもらえなくなるかもしれないのに!綾子

「あ、うん…。

だからさ…、口でしてあげる」
まさかの展開。
 

 
 

 

人宅のトイレで綾子にフェラしてもらえるとは。
 

しかも用を足したすぐ後に!俺

「え!?…いいの?」

綾子

「…いいよ」
すると綾子は座り込み、ベルトをはずす。
 

 
 

 

チャックが開くと、そこにはトランクス越しに立派になっている俺の息子が。
 

綾子

「ちょ、もうおっきくなってるやん(笑)そんなにあたしにされるのが嬉しい?」
Mとしてはたまらない言葉を浴びせられながら、トランクス越しに息子を擦る綾子。
 

 
 

 



「あっ、ちょ、・・・・いい」

綾子

「ふふ、和夫かわいい(笑)同級生に大事なとこ触られて感じてる」



「あ・・、ふ・・、あ・・」
情けない言葉を発する俺。

 

綾子

「じゃあ直接触ってあげる」
綾子はそう言うとトランクスから息子を取り出す。
 

 
 

 

綾子

「うわ、これが、和夫のちんちん・・」



「あ・・・・・、うん・・」
綾子はしばらく俺の息子を見つめると、右手でシコシコ。
 



「はっ・・・、あ・・・・・、ん・・・」

綾子

「気持ちいい?」



「・・・うん」
鼻息を立てながら答える俺。
 

 
 

 

綾子

「良かった」
そう答えると綾子はにこっと笑って、右手のペースを上げる。
 

俺の息子は早くもカウパー気味。
 

 
 

 

綾子

「あ、なんか出てきた~」
綾子は左手の親指と人差し指を使い、俺の息子からカウパーをすくい出す。
 

綾子

「すっごいねとねとしてる」
そう言いながら、親指と人差し指をくっつけたり離したりして、すくい出したカウパーのねとねとした感触を楽しむ綾子。
 

 
 

 



「ちょっと、恥ずかしいからそういうのやめてよ」
少し余裕が出てきたのでそう答えると、綾子

「とか言って本当は恥ずかしいのが気持ちいいくせに」
…すべてお見通しですか(笑)でもちょっと仕返ししたくなった俺。
 



「そんなこと言ってるけど、綾子も俺を気持ちよくさせてるのが嬉しいんでしょ?」

綾子

「ちょっと、握りつぶされたいの?」
即座に右手で息子を強く握る綾子。
 

 
 

 



「駄目です!ごめんなさい!」
思わず同級生に敬語を使う俺。

 

綾子

「まったく……、でもこれが出てきてるってことは、本当に気持ちいいんだね。なんか嬉しい(笑)」
もう一度にこっと笑って、再び右手が上下運動。
 

 
 

 

やっぱり嬉しいんだと俺はさらに興奮。
 



「…あのさ、そろそろ口でしてくれないかな?」

綾子

「ん…、わかった」
そう言うと綾子は口を開き、パクッと俺の息子を咥える。
 

 
 

 

ついに綾子が俺のを…。

 

子の亀頭部分を咥え、舌を使って先端をレロレロ。
 

 
 

 



「あ・・・、ん・・・・・・・・」

綾子

「気持ちいい?」



「うん・・・。気持ちいいよ・・・」
このままでも十分気持ちよかったが、ここでさらに右手の上下運動を再開。
 

 
 

 

フェラと手コキのダブル攻撃。
 



「うあ・・・!・・は・・・、あ・・」
まさに至福の時。
 

 
 

 

綾子

「和夫声出し過ぎ(笑)ヒロシとかに聞こえちゃうよ?」



「ふ・・・・・、あ・・・・」
気持ち良すぎて情けない声が止まらない。
 

綾子

「ほんと和夫かわいいね(笑)じゃあ、こんなんはどう?」
そう言うと綾子は息子を喉奥まで咥え直し、頭を前後に動かしながらジュパジュパ。
 

 
 

 

卑猥な音が狭い空間で鳴り響く。
 



「あ・・・、それもいい・・・・・・」

綾子

「ふぇへ、れしょ(でしょ)?(笑)」
息子を咥えながら答える綾子。
 

 
 

 

綾子の唾液がローションのように、息子にべったりと纏わり付く。

 



「そろそろ俺イクかも・・」

綾子

「・・ふぇ?もう?」
息子を口から離して答える。
 

 
 

 

綾子

「あ、でもあんまりモタモタしてると怪しまれるもんね…。わかった」
そう言うと綾子は亀頭部分を咥え、先端をレロレロ。
 

 
 

 

どうやら最初の舐め方に戻ったようだ。
 

手コキも再開。
 

 
 

 

まさか、このまま口の中でイかせる気ですか!?俺

「あ・・・、やばい。イク・・・イク・・・」
手コキの速度がどんどん上がっていく。
 

 
 

 

舌の動きもさっきより激しい。
 

間違いない。
 

 
 

 

このままイかせる気だ。

 



「あ・・・、あ・・、イク・・・!!イク・・!!はあぁ・・・!!!!」
ドピュ・・!!ドピュ・・!!ドピュ・・・・・!!…綾子の口の中で果てた。
 

 
 

 

綾子

「ん・・・・・・・」
綾子は息子を口から離し、手で自分の口を押さえる。
 

そのままトイレットペーパーにでも出すのだろうと思っていたその時、綾子の喉が少しだけ動くのを確認。
 

 
 

 



「え!?もしかして・・・飲んだ?」

綾子

「…うん。あ、駄目だった?」



「や、全然・・駄目じゃないよ」
と言いながら、突然の出来事に驚きを隠せない俺。
 

 
 

 

どうしていいかわからない俺をよそに、綾子は俺の息子を再び咥えてお掃除。
 

息子に付いていた精子も、残らず綾子の喉へ入っていく。
 

 
 

 

綾子

「ごちそうさま(笑)」
にこっと笑って俺を見つめる。
 



「あ・・、俺こそ、ありがとう・・」
夢のような出来事に、まだ頭の中が整理出来ないまま答えた。
 

 
 

 

綾子

「じゃあ、先に戻っててくれる?一緒に戻ったら怪しまれるから」



「あ・・、わかった」
そう言って俺は呆然としたままヒロシと雅美のもとへ戻った。

 

しばらくして綾子も戻り、何事もなかったかのように飲み会が再開。
 

 
 

 

そして解散となった。
 

翌日、綾子からメールが。
 

 
 

 

「昨日はびっくりさせてごめんね(笑)来年もこっち帰ってくるし、そのときはまたよろしく♪」
…またよろしくとは、また飲み会しようねということなのか、それとも…。
 

 
 


 
【35万箱突破のモリモリw】

 

 

 
【画像】 管理人体験談
関連体験談
最新記事
ほへーっw
当サイトに掲載している体験談は妄想好きな作者の創作物です。実在の人物や事件とは全く関係ありませんので、ご理解の上お楽しみくださいませ。なお、当サイトでは熟女とのエッチな体験談を常時募集していますので、貴方のエロ体験談を是非教えて下さい!
投稿フォームはコチラ
PAGE TOP ↑